ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

磐梯朝日国立公園

104件の記事があります。

2022年01月28日久しぶりに青空が

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 村上英夫

裏磐梯は昨年末から冬の厳しい天候のため、雪に押し込められる日々が続きました。

しかし1月25日の火曜日は、ついに朝から青空が広がりました。

除雪機とスコップに触れることなく朝から仕事を始めることができたのは、1月になってからおそらく初めて!

しばらくフィールドへは出ることができなかったので、このチャンスを逃がさず、五色沼探勝路へ向かいました。

まず基点の裏磐梯ビジターセンターから毘沙門沼へ。

雪と氷に覆われた沼の向こうに磐梯山が、青空の中に白く輝いていました。

雪に埋もれかけた弁天沼の展望台に上がると、たおやかな白のラインを描く西吾妻の姿が望めます。

探勝路の積雪は1メートルほど。

気温が低いので雪はサラサラ。

降雪によってハイカーの踏み跡がリセットされると、ルートファインディングが難しい場所もあるのですが、この日は探勝路全体に明確なトレースができていました。

周辺にはいろいろな動物たちのたくさんの足跡が。

木々の梢でさえずる鳥たちや、沼をゆらゆらと進むカモの姿も。

弁天沼の先には、るり沼があります。

ここに設置された展望台も、磐梯山のきれいな眺望を楽しむことができる絶好のスポットとして人気があります。

1時間半の巡視中に、6組のハイカーの方々とすれ違い、挨拶を交わしました。

三脚を据えて望遠レンズで写真を撮影している方も。

自分が生まれ育った福島に、雪と氷に覆われた美しい景色を楽しめる場所が身近にあることを再発見した嬉しい朝でした。

ページ先頭へ↑

2022年01月14日雪がたくさん降っています

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 村上英夫

裏磐梯自然保護官事務所は、猪苗代町から北へ約10キロ、北塩原村の五色沼の近く、国道459号の道路沿いにある小さな平屋の建物です。

標高は801メートル、冬は降雪量が多く、会津地方の中でも気象条件が比較的厳しい地域です。

先週は気温がマイナス15℃まで下がりました。

雪がたくさん降った朝は、私たち職員の車を止めることができず、事務所に入れず、事務所を訪れる方々のための駐車スペースもなくなってしまいます。

なので、朝の最初の仕事は除雪です。

昨年11月末に最初の大雪が降り、年末から年明け以降も、どんどん雪が降り続いています。

スコップだけではおそらく1日かけても終わりません。

事務所が所有する除雪機を2台使い、階段や出入り口付近ではスコップで頑張ります。

それでも雪が多い朝は2時間近くかかります。

地面に降り積もった雪が、屋根の上の雪とつながってしまうと、建物が押しつぶされるので、屋根の雪下ろしも必須。

ロープとカラビナで体を確保して屋根に登ります。

事務所からは南に磐梯山、北東に西吾妻の山々が望めます。

雪雲が切れて山がきれいに見えることもあります。

ですが3月になるまでは、雪をまとって白く輝く山々の姿を目にするチャンスは多くありません。

この季節に裏磐梯を訪れるハイカーは多くありませんが、裏磐梯スキー場や猫魔スキー場、グランデコスノーリゾートへ向かう車や、ワカサギを釣りに桧原湖へ向かう他県ナンバーの車をたくさん見かけます。

国道は、県と村の除雪車が、1日に何度か道路を往復し、きれいに雪を除けてくれます。

除雪車が道路の雪を削り取って行くと、道路脇には数十センチの雪の壁が残ります。

除雪車に押し固められた雪なので、人も車も踏み越えられない高さになると、またスコップと除雪機で仕事をしなければなりません。

このような日が毎日続く時期もあります。

吹雪の中の除雪は寒いなんてものではなく、顔や髪に冷たい雪がへばりつき、眼鏡も曇って目が見えなくなり、泣きたくなります。

でも、体が鍛えられます。特に上半身の鍛錬になります。体幹も鍛えられそう。

健康的! 悲喜こもごも・・・

ページ先頭へ↑

2022年01月12日Before After

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

新年のご挨拶

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

クリスマス寒波と年越し寒波の影響で、一気に雪まみれになりました。

雪と暴風で前が見えないくらいです。自然の厳しさを直に感じながら生活をしています。

では、雪が降る前と降った後の写真を並べてみましょう。

●羽黒自然保護官事務所

Before

After

●月山ビジターセンター

Before

After

●羽黒野営場

Before

After

●羽黒山五重塔

Before 4月の私がいます。

After こちらは澤野保護官の作品です。しんしんと降る雪の音が聞こえてきます。

美しいのは夏だけではありませんよ!!

冬季通行止めの道もかなりありますので行ける場所は限られますが、是非冬の磐梯朝日国立公園も訪れてみてくださいね。

ページ先頭へ↑

2021年12月21日羽黒山スキー場開き

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

本格的に冬がやってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

一軒家の小さな事務所は、雪景色になりました。

さて、12月18日に羽黒山スキー場開きの式典に参加してきました!

今年度は雪が少なく(晴れ女風間が庄内にいるからでしょうか)、当日のオープンはできませんでしたが、無事に式典は終了しました。

当日の天気です。吹雪いています。庄内の冬がはじめての私にとって、新鮮な経験です。車の運転もゆっくりのろのろ走行です。

式典の様子は撮影できませんでしたが、無事に終了しました。

山伏のいる山、羽黒山。式典は厳粛な雰囲気に包まれました。長い年月の伝統を感じました。

満面の笑みの澤野保護官です。「みんなスキーしに来てね~」

最後に、雪の羽黒をお楽しみください。

月山ビジターセンターも雪に包まれています。冬季もOPENしていますので羽黒地域に遊びに来た際は是非訪れてみてください。

寒い冬でもほかほかの館内です。のんびりするのもよし、雑誌を読むのもよし、出羽三山のことを勉強するのもよし。

月山ビジターセンターのHPはこちら → https://gassan.jp

羽黒山の入り口です。大きな鳥居をくぐって中に入ります。(防寒・防風対策を!足下は登山靴・長靴等をはいてください。天候が悪いときは行かないようお願いします。)

赤い橋から見える大きな滝。それはそれは幻想的です。寒さと引き替えにこんな素晴らしい景色に出会えるとは・・・行く価値大ありですね。

少し奥に行くと、「五重の塔」が現れます。雪をかぶった塔は、周りの木々と同化しているようで静かにそこにたたずんでいます。なんと立派なのでしょう。塔の下ではあまりの迫力に皆さん開いた口がふさがらない様子でした。

ずぼずぼと雪の中を進みます。夏の雰囲気とはまた違い、荘厳な雰囲気に包まれています。生き物の気配がせず、何も音が聞こえないので、本当にこの世かな?といった雰囲気です。

羽黒山に登頂しました。ここも一面雪景色。三神合祭殿に手を合わせてきました。雪の羽黒地域は寒いだけではありません。神秘的な雪景色を体験するために、そしてウィンタースポーツを楽しみに、是非来てみてください。

寒がりな私は澤野保護官に驚かれます・・・。

それでは皆さん、良い年末を!!是非全国の国立公園にも行ってみてくださいね。

ページ先頭へ↑

2021年12月03日裏磐梯地区パークボランティア活動反省会・研修会

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 村上英夫

1127日の土曜日は、朝から雪が降り続く寒い一日でしたが、予定通り、磐梯朝日国立公園裏磐梯地区パークボランティア活動の本年度の反省会を実施しました。

〈裏磐梯ビジターセンター〉

今年も昨年度と同様に、新型コロナウイルス感染症対策のために活動が大きく制限されました。例年なら4月中旬に始動式を行ってから11月下旬まで約7ヶ月間、裏磐梯一円の探勝路と磐梯山、吾妻連峰の登山道において、清掃やロープ張りなどの保全活動、巡視活動および外来生物防除活動等を実施します。令和元年度は46回、それにビジターセンター支援活動が17回加わって合計63回の実施。しかし昨年度は感染症対策により40回、今年度は8月始動で26回の活動にとどまりました。

〈反省会〉

Aさん(パークボランティア):現在は無雪期の活動のみですが冬の活動はできないでしょうか?

S氏(ビジターセンター):スノーシュー体験の企画を検討しているところです。

Bさん:いくつかの団体がオオハンゴンソウ防除に取り組んでいますが協力体制が必要だと思います。

レンジャーO:外来生物や生物多様性への関心が高まり、防除活動を実施している団体が増えました。

Cさん:オオハンゴンソウの脅威については情報発信をさらに積極的に行うべきです。

・・・・・

意見交換は1時間半に及びました。ボランティアさんたちは高い問題意識と取り組みへの強い意欲をお持ちの方が多く、今後の活動へ向けて様々な示唆と提言をいただきました。

反省会は午前中で終了し、休憩をはさみ、午後は研修会を開催しました。

〈研修会〉

今年4月に赴任した黒江国立公園保護管理企画官は、前任地が小笠原諸島でしたので、ボランティアさんたちから「ぜひ小笠原のお話を!」という声が上がり、『黒江レンジャーがこっそり伝える外来生物対策の最前線~小笠原諸島世界自然遺産~』というタイトルで約2時間の講演会を行いました。

        〈配付資料〉                   〈小笠原産カカオが原料のチョコ〉

ボランティアの方々の豊富な知識は、植生や野生生物、地域の歴史など様々です。巡視や清掃などの活動中に、多くのことを教えていただけるのが楽しみでした。来年、またボランティアの皆様方と安心してお会いできるような日常が戻ってきますよう、祈るばかりです。

ページ先頭へ↑

2021年11月22日月山ビジターセンターについて

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

月山の麓に、環境省直轄施設である「月山ビジターセンター」があります。

今まであまり紹介してきませんでしたので施設のご案内をしますね。

まずは基本情報から。

開館時間:8:30~17:00

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日が休館)

12月29日~1月3日

7,8月は休館日無し

入館料:無料

駐車場:あり

鶴岡市の市街地から47号線をずっと東に行くと、建物が右に出てきます。羽黒山有料道路から道路を挟んだ反対側であり、月山8合目まで伸びる道路の麓に位置しています。

駐車場にはお手洗いもあります。

入り口にはスロープもありますのでどなたでも。

中に入ると木のぬくもりを感じられる素敵な空間が広がっています!

ゆっくりできるテーブルスペース。ペレットストーブのぬくもりを感じながら談話でもどうでしょう。

本、雑誌、周辺施設・観光パンフレットなどが沢山置いてあります。

総合案内所では、職員の方が親切に教えてくださいます。周辺のこと、出羽三山のこと、なんでもどうぞ!

ここでは、映像ルームで出羽三山についての映像を見ることができます。

奥には広い展示室が!仕掛けが沢山ついている立体マップがあり、出羽三山の歴史、動植物、文化、地質などが紹介されています。

白鳥の重さ、知っていますか?思っているよりも重いんです。そんなことを体験できるコーナーもあります。

月山8合目まで伸びる道路は、今年は冬に向けて通行止めになってしまいましたが、来月から羽黒スキー場がオープンします。車で1分程度の距離ですので、その際にふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

月山ビジターセンターのホームページはこちらから→URL:https://gassan.jp

先日、月山ビジターセンターのホームページに、外国の方向けの英語の紹介文が載りました!トップページの左側にあります「Dewa Sanzan」のバナーです。こちらのバナーの写真は羽黒自然保護官事務所の澤野保護官が撮った写真になります。是非是非ご覧ください。

最後に・・・

ページ先頭へ↑

2021年11月16日一人写真展「日々のすきま」

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

磐梯朝日国立公園のアクティブ・レンジャーとして日々の業務で撮りためてきた写真をご紹介する、一人写真展「日々のすきま」へ、ようこそ。前回の開催に引き続き、二回目の開催です。

紅葉の幼樹 @朝日連峰・古寺鉱泉

沢のほとりの小さなケルン @朝日連峰・古寺鉱泉

紅葉の絨毯 @朝日連峰・泡滝口

濡れ葉 @朝日連峰・泡滝口

澤野保護官と登山者カウンター @飯豊連峰・奥胎内口

澤野保護官と大鳥池 @朝日連峰・大鳥池

初雪の業務 @朝日連峰・以東岳

雪とガスの中の以東岳 @朝日連峰・大鳥小屋(うっすらと以東岳避難小屋が見えます)

カメムシのおしり @月山ビジターセンター

「カメムシが多いから今年は雪が多いかもよ~」と澤野保護官が言っています。今年はどんな冬になるのでしょうか・・・。

ページ先頭へ↑

2021年11月11日大鳥上池下池の巡視

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

先日大山上池下池の巡視に行きました。

大山上池下池は、400年近い歴史を持つとされている淡水のため池です。現在も農業用水として使われており、ガンカモ類をはじめ、多くの渡り鳥の重要な越冬・中継地となっています。

また、大山上池下池はラムサール条約登録湿地です。ラムサール条約は、湿地の保全と賢明な利用を目的とした国際条約です。正式名称を「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といい、1971年にイランのラムサールで条約が締結されたことからこの名前で呼ばれています。
「定期的に2万羽以上の水鳥を支える湿地」という国際的選定基準を満たし、2008年に山形県唯一の条約湿地に登録されました。

また、国指定鳥獣保護区となっています。

到着したのは昼頃。この時間帯の上池は、鳥がぽつぽつといる程度でした。早朝や夕暮れに訪れると、渡り鳥たちが羽を休めているのを観察することができます。上池は、蓮が多いことでも有名です。

下池の周りには森の中の周回コースが伸びています。紅葉真っ盛りです。

下池のほとりです。所々で多くの鳥の鳴き声が聞こえ、鳥好きにとっては

最高な観察スポットになっています。

渡り鳥がどんどん増えてくる今日この頃。望遠鏡片手に訪れてみてはどうでしょう。

ページ先頭へ↑

2021年11月05日紅葉の朝日連峰・泡滝口

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

先日、最後の朝日連峰の登山者カウンターの回収に、泡滝口に行ってきました。

素晴らしい紅葉の写真をお届けします。

登山口までの林道から早速紅葉を眺めることができました。

山深い朝日連峰だからこそ見ることができる、紅葉の絨毯です。

今年度もお疲れ様でした。無事にデータを回収することができました。これにて朝日連峰の登山者カウンターは全て回収完了。事務所に戻ってメンテナンスをし、データの処理に入ります。

もうしばらくの紅葉シーズンを是非朝日連峰で楽しんでみてくださいね。

※泡滝口から大鳥小屋までの吊り橋の踏み板は回収されていますので、ご注意ください。

 各登山道情報を事前に確認の上、登山するようにしてください。

ページ先頭へ↑

2021年11月04日「秋の終わりに」

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 田中謙行

「 秋の終わりに 」

こんにちは。裏磐梯自然保護官事務所の田中です。

10月に入ってから裏磐梯はすっかり秋が深まり、絶好の行楽シーズンを迎えていました。

今回のAR日記は、10月の終わり28日にパークポランティア活動の一環で「秋元・中津川渓谷探勝路」

巡視での写真報告になります。

中津川渓谷

探勝路を歩いていると吹き抜ける風と共に紅色や黄色の落ち葉がちらちらと落ちて来て「秋の終わり」を

感じさせます。落ち葉で探勝路はふかふかです。

現在、通行止め区間の落石等の現状把握のため探勝路の往復巡視を行いました。

現在、通行止め区間にある手掘りのトンネル

落石及び倒木箇所を数か所確認。


秋元湖ではあいにく小雨模様となりました。 クマの足跡を確認。

景観はもちろんですが、裏磐梯晩秋の「秋風」「ふかふかな探勝路」を満喫しに来てくらんしょ。

このところ、霜晴れの朝や凍るような星影を迎える日が多くなりました。また、白鳥のV字編隊飛行も観かけるようになりました。次回のAR日記では「冬の訪れ」を報告したいと思います。

今回はこれで、おしまい。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ