東北地域のアイコン

東北地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

スノーモービルパトロールに参加しました

2022年04月07日
羽黒

こんにちは。

磐梯朝日国立公園 羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

令和4年度が始まりました。今年度もどうぞよろしくお願いします。

3月26日に、月山の南麓にて朝日庄内森林生態系保全センターが主催するスノーモービルの合同パトロールに参加しました。

朝日山地森林生態系保護地域内では、野生動植物の保護や貴重な生物遺伝資源を後世に継承していくため、スノーモービルの乗り入れについて、地域ルールを作っています。

走行可能エリアでの走行跡、特に樹木の損傷がないかの確認や当該地域の野生鳥獣の生息状況確認等を行いました。

当日の天気は曇り。いつ雨が降ってもおかしくない天気でした。しかし、最近は気温も上がり、寒さに震えることはありませんでした。

月山の麓の志津地区は、人が生活している場所での降雪量が日本一だと言われています。前を歩いている人と雪の高さを比較してみてください。雪の層ができているのがわかります。

衝撃なのが道路の看板です。いつもは車の遙か上にあるのに、ここでは触ることができてしまいます。

雪が多い場所でしか見ることができない光景です。

スノーシューをはいてパトロールを開始します。

スノーモービルの痕跡は多数確認できましたが、樹木の損傷等目立った影響は見られませんでした。

風がとても強いのでしょう。大きな雪庇ができていました。雪庇の下に地面はありません。

踏み抜くと大惨事にもつながりますので冬の山に行かれる際はご注意を。

歩いていましたら、こちらの植物に沢山出会いましたので紹介します。

この植物の名前はヤドリギ。名前の通り木にくっついて生活しています。

鳥が食べると種が消化されずに糞と一緒になって排出され、樹木に引っかかります。木の上でそのまま大きくなっていくのです。線香花火のようで、一目見ただけですぐにわかります。山で是非探してみてください。

雪原の中の澤野保護官をパシャリ。

月山の素晴らしい景色を拝むことができました。月山のスキー場開きは4月です。また、開山祭は7月に行われます。雪が深い月山。気軽に訪れるにはまだまだ早い山です。