ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年9月

10件の記事があります。

2018年09月26日朝日連峰・飯豊連峰 合同保全作業

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

 皆さん、こんにちは。大分ご無沙汰してしまいました。

少し時間が経ってしまいましたが、今年度の朝日連峰、飯豊連峰における合同保全作業の報告をします。

地元山岳会、その他の朝日・飯豊連峰を愛する人々により、この登山道の保全活動は10年以上続いてい

ます。

【朝日連峰 合同保全作業】

 9月1日(土)~2日(日)の二日間、朝日連峰三方境において実施されました。今回の作業にあたって

は、8月5日、6日の大雨による災害で登山口の手前徒歩20分位の箇所に林道崩落が発生し、通行止めにな

っており、開催前日も更なる豪雨で開催が危ぶまれましたが、集合場所の変更や乗り合わせによる車両台

数の調整、前日夕方の林道の状態確認などを経て実施に至りました。

 朝日の作業は、今回で11回目を数え、風衝地で裸地化が進んでいる三方境では4回目の作業となります。

 

                <三方境での作業の様子(上空から)>

 参加者の中で経験者を班長に選出、4斑に分かれて雨水による洗掘を押さえる小ダムの補修を中心に

作業を行いまいた。

                <作業の様子>

今回は、11団体、32名の方々の参加がありました。

【飯豊連峰 合同保全作業】

 9月8日(土)~10日(月)の三日間の日程で、飯豊連峰玄山道分岐付近において行われました。現場が

山深い飯豊連峰でも中心部に位置しており、初日は移動日に設定、本山小屋に到着した人から、事前に荷

上げしていた保全資材の運搬作業を行いました。9日、風雨が強く、雨を含んで重くなった資材を苦労し

て運び、保全作業開始。洗掘された登山道を土砂とヤシ繊維を詰めた土嚢で補修したり、ササや土砂を混

ぜてヤシマットで巻いたロールを作り、登山道へ流入する水を減少させるべく水切り対策を行ったり、裸

地化しているところには、黄麻ネットやヤシネットを被覆、現地で採取した植物種子の播種を行い、試験

的な植生復元を行いました。少ない人数ながら、皆さんの段取りの良さで作業は順調に進み、無事に作業

を終えることが出来ました。

<作業中の様子>               <集合写真>

今回は、7団体、19名の方の参加がありました。

 両保全作業とも、当日の作業に加え、事前の資材荷上げにも大勢の方々にご協力いただきました。

作業に関わっていただいた朝日連峰・飯豊連峰を愛する多くの登山者や山岳関係・地域関係者の皆さまに

この場をお借りし厚く御礼申しあげます。

ページ先頭へ↑

2018年09月21日秋の気配

伊藤 あけみ

こんにちは。

十和田八幡平国立公園管理事務所の伊藤です。

皆さんは、自然の中に身を置いたとき、自然と言葉が出てくる時と、何の言葉も出てこなくて、ただ見つめるしか出来ない時とありませんか?

国立公園での中で仕事をしているとき、ここを訪れる人々が、どんな事を感じて帰っているのだろう、といつも気になってしまいます。

今日は、私達が普段仕事をしている十和田八幡平国立公園内の今の様子と、これからの見どころを、紹介したいと思います。

  【十和田湖畔駅前広場の木々が色づき始めました】