ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年06月21日大潟でのコジュリン情報とミニ観察会のお知らせ

秋田 足利 直哉

 秋田自然保護官事務所の足利です。

 

 大潟村にある大潟草原野鳥観察舎でお目にかかった方々にお目当ての野鳥は何かと伺うと「チュウヒ」或いは「コジュリンとオオジュリン」という声が大半を占めます。そこで今回は大潟草原鳥獣保護区や大潟村でのバードウォッチャーに人気の高いコジュリンの観察に役立つ情報をお伝えしようと思います。

 

 

 例年、大潟草原鳥獣保護区でのコジュリンの初認は、3月下旬頃です。今期も3月24日に確認情報がありましたので、ほぼ例年並みの飛来であったろうと推察しています。その後保護区内でさえずりが聞かれるようになり、4月上旬にはかなり賑やかになります。4月5日の巡視時には観察路沿いで5個体のさえずりを確認しています。

 

<コジュリンさえずり:4月5日>

 

 その後、さえずりの賑やかさは続きつつ、草原内を飛翔する姿を見かけるようになります。4月下旬には営巣や餌を運ぶ様子などが確認でき、今年も大潟草原鳥獣保護区内でコジュリンの繁殖を確認することが出来ました。下の写真はコジュリンの雄が餌を加えている様子です。分かりにくいかも知れませんが、昆虫をくわえているのが確認できました。(左下に拡大写真)

  

<コジュリン♂餌持ち:4月26日>

   

 ゴールデンウィークの頃には一部で巣立ち雛が見られるようになりますし、餌を運ぶ個体が増えて各所で忙しく子育てをしていることを伺わせます。

 5月半ばを過ぎると草原内に新しい草が伸びてきて、草原の景色が徐々に変わっていきます。大潟村やその周辺では水路沿いや田んぼの周辺などたくさんの草地があり、草の伸長に合わせてコジュリンたちも生息エリアを拡大していくようです。6月19日には田んぼの畦に伸びてきたヨシでさえずるコジュリンを確認しました。

 

<コジュリン♂囀り:6月19日>

  

 これから先のコジュリンは繁殖活動をする成鳥に加えて、今年生まれたばかりの幼鳥が観察できるようになります。7月中旬を過ぎるとさえずりをする野鳥が少なくなってきますが、そんな中でもコジュリンは比較的よくさえずるので観察しやすいと感じます。

 大潟草原鳥獣保護区でのコジュリンの繁殖活動は4月下旬に巣立つものがいる一方、8月下旬にようやく巣立ちを確認したこともあります。なぜ繁殖期にこうも幅があるのか?よく分かりませんが、他の草原性の野鳥に比べて繁殖活動を早く初めて遅くまで続くことでさえずりをする期間が長くなるのでコジュリンの観察がしやすいと感じているのかも知れません。ちなみに大潟村の農家の方々にコジュリンの情報をお聞きすると『あぁあの頭の黒いスズメみたいな鳥ね』と直ぐに思い浮かべて頂ける方も結構いるので、コジュリンの観察しやすさが認知度を高めていると思われます。

 9月になると観察機会が徐々に減っていき、10月には見かける事がほとんど無くなります。飛去期はいつなのか正確には分かりませんが、これまで11月中旬以降の確認記録はありません。

 

 ということで、コジュリンの観察適期はまさに今!です。日本国内に生息するコジュリンは、国内希少野生動植物種に指定されているオオセッカよりも少ないとするデータや報告もあります。そんな希少なコジュリンがこの時期の大潟草原鳥獣保護区や大潟村では、比較的見つけやすい野鳥です。

 とはいえ・・コジュリンを観察する際には繁殖活動の妨げにならないようにくれぐれも気をつけて下さい。また、もし田んぼなどで観察する際に農家の方々の邪魔や迷惑にならないように十分に注意して下さい。

 

 

 最後にミニ観察会のお知らせです。

 6月27日(水)午後1時から大潟草原野鳥観察舎やその周辺で約1時間のミニ観察会を実施します。テーマは雨の心配が無ければ「イタチハギ」を勉強したり観察したりとちょっと掘り下げてみようと思っています。雨が降ったら「野鳥の羽をひろったら」としてフィールドで野鳥の羽を見つけた時にそれを拾ってから保管するまでの流れを実践してみようと思っています。事前申込みや参加料は不要です。興味のある方は大潟草原野鳥観察舎にお越し下さい。お待ちしております。

ページ先頭へ↑

2018年06月21日高山植物盗採防止パトロールを実施しました。

十和田八幡平国立公園 工藤紀恵

こんにちは。盛岡管理官事務所の工藤です。

山々では雪溶けが進み、高山植物が咲き始める時期となりました。

先日鹿角管理官事務所と合同で、「十和田八幡平国立公園八幡平地区高山植物盗採防止合同パトロール」を実施しましたのでご報告いたします。

このパトロールは、秋田・岩手両県の高山植物の育成状況及び盗採等の現状を確認し、その情報交換及び盗採防止策の検討を行うこと、公園利用者に対する高山植物保護の啓発を行うことを目的としています。

当日、岩手班は岩手北部森林管理署、岩手県、岩手県警察、八幡平市など沢山の関係機関にお集まりいただき、湿原へと出発したのですが、残念なことに湿原の入り口地点で盗採跡を発見しました。

盗採跡は3カ所車道沿いにありました。周囲の土ごと掘り出したようです。

              【盗採跡】

 

2時間半ほどかけて、パトロールを行い、秋田班と合流してから情報交換会を行いました。

岩手班からは湿原入り口で盗採跡を発見した旨を報告いたしました。

秋田班からは遊歩道沿いでフキが採られていた旨の報告がありました。

今回パトロールした区域は、特別保護地区と言ってすべての植物(キノコを含む)の採取や損傷、落葉・落枝の採取が規制されています。綺麗だから、おいしいからと言ってその場から持ち去ることは絶対に辞めていただきたいです。

残念な報告もありましたが、当日は多くの登山者が八幡平を訪れていて、すれ違う際にパトロールをしているのだとお伝えすると、「ごくろうさま」「皆さんのお陰でこんなに綺麗な花々が見られるのですね」「頑張って下さい」などと暖かいお声をかけていただき、大いに励まされました。これからも沢山の花々で皆様をお迎えできるように、地元関係者の皆様と共に素晴らしい自然を守りたいと思います。

皆様のご協力を心よりお願いいたします。

              【情報交換会の様子】

 

              【ヒナザクラは見ごろです】

 

              【ドラゴンアイは終盤戦】

 

尚、盛岡管理官事務所では今週末には秋田駒ヶ岳(鹿角管理官事務所と合同)来週は三ツ石山において盗採防止パトロールを行う予定です。

国立公園でお会いしましょう。

ページ先頭へ↑

2018年06月19日バス・バスターズ 今年も頑張っています!

仙台 鎌田 和子

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

国指定伊豆沼鳥獣保護区内に位置する伊豆沼では、バス・バスターズの皆さんが毎年、5月から6月下旬にかけて、特定外来生物に指定されているオオクチバス、ブルーギルなどの魚類を駆除しています。何と、今年で14年になります。

参加者の顔ぶれは、当初からのメンバーや今年はじめて参加という方までさまざまです。6月17日は13人で活動しました。

 

継続は力なりとよく言ったもので、今年の活動では、オオクチバス、ブルーギルが本当にごくわずかしか捕れていません。人工産卵床、定置網、三角網すくいとあの手この手で、卵・稚魚・成魚を駆除しています。その成果でしょうか、当初から参加していると、本当に減少したなと実感があります。はじめて参加した方には、そんなに捕れないので、ボランティアのやりがいにも影響があると思います。駆除しているのだから、減少してあたりまえと思われますが、そこは生きもの、減少したからと手を抜くと、リバウンドがあったり、試行錯誤しながらここまでたどり着いたのだと思います。また、タナゴの仲間やハゼの仲間、テナガエビなどの在来生物は回復傾向にあります。

 

 

沼の中をみんなで、人工産卵床への産卵状況を確認しながら、三角網で稚魚すくいをおよそ1㎞にわたって行っています。

 

 

人工産卵床を沼から引き揚げて確認作業、石を敷き詰めて沈めているのですが、引き上げた時中央部分に石がありません。石にも藻が付着していません。これは、オオクチバスが産卵場として尾びれで産卵床を整えている証拠です。

 

次の人工産卵床を確認したら、卵が産みつけられていました。まるで子持ち昆布のようです。

150基の人工産卵床の内、今回は6基で確認されました。今年は低水温、高水位や、天候にも左右され、産卵期が例年よりずれ込んでいるようです。三角網による稚魚すくいの成果は、オオクチバス13匹、ブルーギルの稚魚3匹でした。参加人数と同数でしたので、参加者が増えれば、もう少し捕ることができたのかもしれません。それでも、今年度の活動日で、産卵の確認が最多の日となりました。

 

バス・バスターズは、公益財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団の方々を中心に、NPOの方や学生、一般の方まで幅広くのメンバーで構成され、地元から山形県や福島県からも参加されています。これからも、多くの皆さんの協力の元、伊豆沼に多くの在来魚が蘇る日を見守りたいと思います。

 

バス・バスターズに参加してみたい方は、公益財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団までお問い合わせください。

 

http://izunuma.org/2_3.html

 

 

「環境省レンジャー写真展2018 開催のお知らせ」

宮城県仙台市での開催は、「セルコホームズーパラダイス八木山」仙台市八木山動物公園ビジターセンターにおいて、6月19日から7月16日まで開催しております(休園日を除く)。皆さまのご来場をお待ちしております。

 

ページ先頭へ↑

2018年06月18日アクティブ・レンジャー古館の花だよりVol.3/2018

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

今回は浜辺の植物をご紹介します。

【ハマナス】

 

【ハマヒルガオ】

 

【ハマエンドウ】

 

これらはこの辺りの浜辺で見られる代表的な海浜植物で、今の季節は各地の浜辺を彩っています。

海浜植物は、海水から守ったり水分の蒸発を防ぐために葉が厚くなっています。浜辺で生きていくための知恵に驚かされますね。

 

群落で咲くと浜辺に花のじゅうたんが現れ、この季節ならではの美しい風景が見られます。

私が足を運んだ宮古のとある浜辺では、ハマナス(写真左)はこれから見頃を迎えるようでしたが、ハマエンドウとハマヒルガオ(写真右)は見頃を過ぎているようでした。

 

これは2年前の528日に同じ場所を撮影した写真です。場所によってはまだ花の群落を楽しむことができますので、沿岸に訪れた際には浜辺に足を運んでみてください。

ではまたVol.4の花だよりで。

 

=========================

浄土ヶ浜ビジターセンターのブログ「ビジターセンターだより」では、

スタッフが植物や野鳥など日々の自然情報やイベント情報をアップしています。

ぜひブックマークして旬な情報をチェックしてみてください!

◆浄土ヶ浜ビジターセンターホームページ

http://jodogahama-vc.jp/

◆ビジターセンターだより

http://jodogahama-vc.jp/archives/category/blog/

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ