東北地域のアイコン

東北地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

第13回月山を外来植物から守ろう!

2018年05月28日
磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

こんにちは。羽黒自然保護官事務所の澁谷です。

5月26日(土)、磐梯朝日国立公園月山8合目駐車場において第13回月山を外来植物から守ろう

イベントを行いました。その様子を報告します。

月山ビジターセンターに集合、外来種の種子を持ち込まない用バス乗車前に靴底を払ってから

8合目に向かいました。県道月山公園線がまだ一般に開通されておらず、このイベントの為、

特別に許可を取って通行させてもらっています。当初、中之宮付近の除草を想定しておりまし

たが、事前下見にいったところ8合目駐車場付近のセイヨウタンポポ、オオバコの生育が盛んだ

ったので採取場所を変更し行いました。

【バス乗車前、靴底をブラシで払います】  【開会式の様子】

お天気にも恵まれ、鳥海山や朝日連峰などの山々、庄内平野の景色を楽しみながら総勢20名で

セイヨウタンポポ、オオバコの抜き取り作業を2時間行いました。少し風もあり、標高1400メー

トルの8合目は少し寒いくらいでしたが、皆熱心に作業しました。おかげで51.2kgの

セイヨウタンポポ、オオバコを除去することが出来ました。参加者の皆さま、パークボラン

ティアの皆さま、関係者の皆さま、この場をお借りしてお礼申しあげます。

       

         【きれいな山並みをバックにセイヨウタンポポ・オオバコを採る参加者】 

昼食をとり、お楽しみの弥陀ヶ原観察会。木道の半分以上まだ雪に被われている弥陀ヶ原を歩く

ことが出来るのは、このイベントに参加した人のみ。わくわくの時間です。    

 8合目登り口付近、雪解けの早いところからショウジョウバカマ、ミツバノバイカオウレン、

ミズバショウ、エゾイチゲ、タチツボスミレ、ミネザクラなどが見られました。

池塘ではサンショウウオが動きだしていました。