ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2012年04月18日ようやく春らしくなってきました

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 星 彰

新年度初の日記です。
今年度もよろしくお願いいたします。

さて、4月の初めに台風並みの低気圧の影響で、裏磐梯一帯は暴風雪に見舞われ、湿った重い雪が積もるなど、春はいつ来るのかと少々不安な日々を過ごしていました。
先週あたりから晴れの天気も続き、だんだんと気温が上がるにつれ雪解けも進み、ようやく裏磐梯にも春の訪れを感じるようになってきました。

あいにく、巡視へ出かける日に限り、天気が良くないことが多々ありましたが、最近の公園内の様子をお伝えいたします。


毘沙門沼 2012/04/11

五色沼自然探勝路は、まだまだ積雪に覆われており、普通の靴やスニーカーで散策できる状況ではありません。巡視時は、なんとか長靴でも歩けましたが、時々踏み抜くこともあり注意が必要です。スノーシューでも良いかもしれませんが、今の時期は何が一番適して歩けるかは、判断が難しいところです。散策予定の方は、裏磐梯ビジターセンターに立ち寄って、状況を確認するのが良いでしょう。
春先だけあった、沼の色も非常に鮮やかです。また、沼を遮る植物もないので、沼をじっくり観察するにはちょうど良い時期です。


中瀬沼と磐梯山 2012/04/16

今年の2月に観察会を行った、中瀬沼展望台からの様子です。
空模様は微妙な感じですが、磐梯山はくっきりと望めました。中瀬沼の結氷も解け、沼ではカルガモ達の姿を確認しました。時折、キツツキのドラミングも聞こえ、春らしい雰囲気に包まれています。
レンゲ沼・中瀬沼周辺の探勝路は、五色沼と同様ほぼ積雪に埋まっています。初めは長靴でも行けるかと思ったのですが、あまりにズボズボと深く踏み込んでしまうので、仕方なくスノーシューで歩くことに。つぼ足で歩かれた跡もありましたが、こちらも何が良いか判断が難しいところです。最新の探勝路情報は、裏磐梯サイトステーションで確認するのが良いでしょう。


磐梯吾妻・スカイラインの雪の回廊 2012/04/17

所変わって、4月8日に再開通した磐梯吾妻・スカイラインの様子。
再開通からゴールデンウィーク頃までの風物詩となっている、雪の回廊も中々の高さで見応えがあります。ビジターセンター等がある浄土平も例年に比べ、雪が多く施設関係の方々は大変苦労されているようです。浄土平湿原も周辺の登山道もまだまだ雪に覆われおり、登山等を計画をされている方はそれなりの装備が必要になります。浄土平周辺の登山道、探勝路の最新の状況につきましては、浄土平ビジターセンターで確認することをおすすめいたします。また、今年も有料道路、駐車場が無料開放されていますので、ゴールデンウィーク期間中はかなりの混雑が予想されます。時間に余裕を持った計画で、お出かけください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ