ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

十和田八幡平国立公園

49件の記事があります。

2017年09月07日平成29年度十和田八幡平地区パークボランティア合同研修会に参加しました

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

こんにちは。十和田八幡平国立公園管理事務所の伊藤です。

朝晩の気温がぐっと下がり、そろそろ暖房が必要かと思わせる日もある十和田湖畔です。

一方、晴れた日中は強い日差しでまだ汗ばむような日もあります。

事務所の駐車場にあるナナカマドの葉っぱが落ちているよ、と言う企画官の言葉に、窓から外を見ると、色づき始めたばかりの樹木の葉っぱが一部落ちてしまっています。

そこだけ冷たい空気が当たっていたのか、原因はわかりませんが、駆け足で秋が近づいているような気がします。

             【葉っぱが落ちた事務所前のナナカマド】

季節ごとに花が咲き、やがて実になり、次の世代に命を繋ぐ植物は、空気や光を敏感に感じ取っているのでしょう。忙しくしていると、そんな移り変わりを見逃しているのかもしれません。そういえば十和田湖畔をゆっくり散策していないと思い、久々に歩いてみました。

               【御前ヶ浜から見た恵比寿大黒島】

                  【湖畔のカツラの木】

十和田湖畔にはカツラの木がたくさんあり、今の時期、枯れて落ちた葉はとても良い香りがします。

目が覚めるような青葉が、黄色の絵の具を少し落としたようになり、やがて水面や地面を埋め尽くします。

先週末は、十和田八幡平地区パークボランティア合同研修会に参加してきました。自分自身が5年ほどパークボランティアの会に所属していましたので、この時期の研修会が終わるとともに夏が終わり、いよいよ秋へと季節が移っていくのを感じます。

            【パークボランティア合同研修会開会式の様子】

それぞれの地区の活動報告があり、パークボランティアの皆さんの日頃の活動に頭が下がる思いでした。そして、秋田の「くまくま園」の園長の小松氏による講演でした。

小松氏のクマのお話はとても興味深いものでした。また、クマの被害が多く報告されている中、今後の被害がなるべく少ない事を祈るばかりです。

交流会では、先々週に岩手山でばったりお会いしたパークボランティアの三人の方と、山の話で盛り上がりました。パークボランティアの会でお世話になった方も多数いて、話しは尽きませんでした。

2日目は秋田駒ヶ岳の自然観察会でした。

台風が近づき天気が心配されましたが、朝から快晴で、山への期待が高まります。

                  【朝の秋田駒ヶ岳】

山頂では霧が出ていましたが、雨に降られることは無く阿弥陀池避難小屋までの自然観察会を終えました。

秋田駒ヶ岳のボランティア会の方の解説は、興味深い内容が多く、さすが地元の山を知り尽くした方々であると感心しました。

                  【阿弥陀池避難小屋】

9月も一週間が過ぎてしまいました。十和田湖畔で過ごして半年、少し寂しく思うのは、山々が家の窓から見渡せないことですが、それを払拭してくれる自然が十和田湖畔にはあります。

燃えるような紅葉、冬の凜とした風景が今から楽しみです。

みなさんも、秋の紅葉を見にお出かけください。

ページ先頭へ↑

2017年09月04日山は秋

十和田八幡平国立公園 阿保 聡

先日、各登山口に設置している入山者カウンターの保守点検等の業務のため、八甲田へ出かけてきました。

梅雨明け以降ずっと天気がぐずついていて、特に太平洋側では夏らしくない気温の低い日が続いていましたが、山ではもう秋の雰囲気が漂っていました。

酸ヶ湯酸ヶ湯温泉と、奥には八甲田最高峰の大岳が見えています。

睡蓮沼

睡蓮沼は誰もいなく、静かでした。

右に見える山は、八甲田で2番目に標高の高い高田大岳で、左は小岳です。

写真には写っていませんが、左側に大岳、硫黄岳、石倉岳も見ることができます。

これからいよいよ、山が最も賑わう紅葉の時期が始まります。

八甲田では9月中旬から紅葉し始め、10月中旬辺りまでが見頃の時期ですので、是非おいでください。

ページ先頭へ↑

2017年08月31日八幡平オオハンゴンソウ駆除活動と大沼の自然

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

こんにちは。

近頃、仕事でもプライベートでも飛び回っています。

十和田の伊藤です。

先週末は、岩手山から安比までの50キロトレイルを歩いてきましたが、仕事では8月24日に、八幡平ビジターセンター近くのオオハンゴンソウ駆除活動に参加してきました。

オオハンゴンソウは明治時代中期に園芸植物として渡来し、北海道から本州にかけて野生化しました。非常に繁殖能力が旺盛で、在来種を脅かす危険性があるため、2006年2月に特定外来生物に指定され、許可無く栽培や移動ができなくなりました。

       【オオハンゴンソウ】

当日の駆除場所は、後生掛温泉付近の水路周りと後生掛温泉駐車場付近の道路脇です。

オオハンゴンソウは、地下茎と種子の両方で増えるため、バールで根こそぎ抜きとらなければなりません。

根が残ると、そこから芽を出して成長します。

        【根元から新芽がでる】

また、シードバンクと言って、土の中に種子が蓄えられて発芽し、どんどん増えます。

芽を出したばかりの葉は、形状が異なりオオハンゴンソウとわかりにくいので、注意しながら探します。

        【オオハンゴンソウの若芽】

        【パークボランティアの皆様、自然公園財団の皆様、お疲れ様です】

傍らには、可愛らしい花々が咲いていますが、オオハンゴンソウの勢力に負けそうになっていました。

        【小指の爪より小さいアカバナ】

また、付近は熊の生息地でもあり、ミズバショウの実をたべてしまった熊が、食べるものが少なくなり、ミズバショウの葉っぱまで食べてしまっていました。

        【熊が食べた跡があるミズバショウの葉っぱとトンボのヤゴの抜け殻】

当日は、途中から雨になりましたが、2時間で米袋にすると5袋分を抜き取りました。

変わらぬ自然があるのは、こんな小さな努力の賜なのかもしれませんね。

駆除場所の近くにある八幡平ビジターセンター前の大沼には、コウホネがわずかに残っていて、残り少ない季節を惜しむように力強く咲いていました。

雨の中で撮影した写真を帰ってから見てみると、コウホネの花にとまっている綺麗なトンボがいて、そこに雨の滴がついている様子が見られました。

        【コウホネ】

        【サワギキョウ】

サワギキョウなど紫の花が目立ちます。

大沼は、熊の出没回数が多い場所でもあります。木道脇に熊が座ったような跡と、そこから林に歩いて行ったと思われる道ができています。散策される際には、ビジターセンターで熊の出没情報を入手したり、熊鈴や熊スプレーを携帯するなど、十分注意してお出かけください。

        【熊の道】

        やがて来る白い季節の前に、もう少しだけ動植物の営みを感じてみましょう。

ページ先頭へ↑

2017年08月29日野鳥の調査準備

十和田八幡平国立公園 村田 野人

こんにちは、十和田八幡平国立公園管理事務所アクティブレンジャーの村田です。

先週半ばから『やませ(東北地方北部の夏の冷たい季節風)』もやや治まり、十和田湖に夏が戻ってきました。残りわずかな暑さを味わいたいと思います。

一方、業務の方は秋を感じる内容が増えています。高病原性鳥インフルエンザが疑われる死亡野鳥への対応の準備です。もうすぐ(北東北は10月頃から)、カモ科の渡り鳥の季節です。

高病原性鳥インフルエンザについては、専門家から渡り鳥が関与している可能性が指摘されており、3つの国指定鳥獣保護区を管轄している当事務所でも感染が疑われる死亡野鳥の確認や常日頃からの渡り鳥の飛来状況の把握に努めています。

先日、死亡野鳥等調査用の新しい資材が届きました。それを受けて、必要な資材が十分にあるか、使用期限の切れた資材が無いか等、在庫を確認しつつ、工具箱に調査・検査に必要な一連の資材や取扱いマニュアルなどを準備し、万が一の時には車に積んですぐ出発できるように備えています。

資材整理中<資材の整理中>

また、9月からは国指定鳥獣保護区における渡り鳥等の飛来状況調査が始まります。カモ類が北の国に帰り、当事務所管内の昨シーズンの飛来状況調査が終わったのが5月。個人的にはつい先日のように思いますが、渡り鳥は待ってくれません。

【渡り鳥の飛来状況調査(過去のシーズンの結果)】http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/migratory/index.html

H28小湊調査時風景<平成28-29年シーズンの調査時の様子>

平成28-29年の冬鳥のシーズンには、全国調査を始めてから過去最多の22都道府県218件の高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されたのは記憶に新しい所です。今シーズンは同じような事態にならないことを願っています。

【国内での野鳥における鳥インフルエンザ発生状況について(平成28-29年シーズン)報道発表資料一覧】

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/press_h28_h29.html

野鳥は様々な原因で死亡します(この日記を書いている間にも、窓ガラスにぶつかったヒヨドリが保護されました)。野鳥が死んでいる(倒れている)からといってすぐに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。ただ、細菌や寄生虫などの病原体がある事がありますので、素手では触らないでください。もし、野鳥が同じ場所で多数死んでいる場合にはお近くの都道府県、市町村役場、環境省の事務所に御連絡ください。

【死亡した野鳥を見つけたら(パンフレット)】

https://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs5/docs5-3.pdf

ページ先頭へ↑

2017年08月23日井戸岳植生復元作業と八甲田ロープウェーまでの登山道巡視

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

こんにちは。

十和田八幡平国立公園管理事務所の伊藤です。十和田湖畔での勤務も4ヶ月が過ぎて、最近は慌てないで電話に出ることが出来るようになってきました。

8月も終わりに近づき、事務所の前にあるナナカマドの実が赤く色づき、風にそよぐ様子がパソコンのモニターごしに目に入ってきます。秋の訪れを感じさせる空気が漂う十和田湖畔です。

8月20日に、パークボランティアの皆さんが毎年実施している北八甲田の井戸岳の植生復元作業に同行しました。

井戸岳は、北八甲田の最高峰大岳(158 5m)からロープウェー山頂駅方向に向かう登山道沿いにある1550メートルの山です。

   【北八甲田の大岳方面から井戸岳、赤倉岳方面を望む】

   【三班に分かれて作業】

北八甲田のほぼ真ん中に位置する大岳避難小屋から、井戸岳に向かう途中の登山道の植生復元作業箇所において、一年に数回、植物の調査をしてデータを取っています。

登山道脇には、イワブクロ、ハナイカリ、イワギキョウが可憐に咲き、コケモモが赤い実を結んでいました。アキノキリンソウやヤマハハコも所々にありました。前年度には無かった植物が増えている箇所と無くなっている箇所があり、興味深く思いました。

   【イワブクロ】

【ハナイカリ】 

ハナイカリは山地の草地に生える植物で、花が船のイカリのような形をしていることから、このような名前がついているということです。

作業後は、八甲田ロープウェーから田茂萢岳(1324m)周辺の散策路と登山道を巡視しました。大岳~井戸岳~赤倉岳に向かう登山道を登ると、太平洋側から「やませ」と呼ばれる冷たい空気が吹いてきて、稜線にぶつかり独特の風景になっていました。

  【尾根は「やませ」の冷たい空気で分断されている】

登山道は高山植物に彩られ、とても気持ちよく歩くことができます。

また、ロープウェー山頂駅付近にある田茂萢のデッキからは、天気が良ければ、大岳、井戸岳、赤倉岳が望めます。

ロープウェー山頂駅に着くと、81日に落成したばかりの展望デッキが迎えてくれます。

スロープが設置してあり、車椅子でも八甲田の雄大な景色が楽しめます。

  【バリアフリーのデッキ】

登山される方が楽しめる多彩な登山道、ゆったりと景色を楽しめる散策路など、八甲田の魅力はまだまだたくさんあります。

これから迎える紅葉の時期はすでに満室の宿もあるようです。情報を収集のうえお越し下さい。ゴールデンウイークの時期と同様に、紅葉の時期は渋滞が予想されますので、余裕をもってお越し下さい。錦秋の十和田八甲田が今から楽しみですね。

ページ先頭へ↑

2017年08月14日南八甲田植生調査と十和田湖の今

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

8月のカレンダーを眺め、今日の日を目で追うと、もう半分が過ぎてしまい秋の気配が感じられます。

十和田湖畔に根を張る樹木のように、どっしりと構えていたい伊藤ですが、現在やり残していることを頭の中で思い巡らせ、そわそわしてしまいます。

今回は7月下旬に行ってきた南八甲田の登山道と植生の調査の様子をお知らせします。

南八甲田の山々は懐が深く、数多くの湿原や雪田が点在しています。

ただ、ぬかるみが多く笹も茂っていますので、足元をしっかり整えて入山することが必要です。

   【数日前の大雨により崩れた登山道】

山登りでは、可憐な高山植物を愛でる楽しみもあります。今回の調査で珍しい花がまだ咲いているかも、という期待でわくわくしながら向かいました。

   【キンコウカ満開 矢櫃湿原】

矢櫃湿原までは、南八甲田登山道管理連絡会による刈り払いが済んでいる箇所もありますが、所々滑りやすい箇所もあるので注意が必要です。

長い距離を歩いて行った先にある風景は感動もひとしお、空も雲も花々も輝いて見えます。

   【池塘の青に映えるキンコウカ】

また登山で大地のパワーをもらったら、水の癒やしを得るために、十和田湖畔の散策に出かけてみてはいかがでしょうか。

   【龍に見える倒木 生出キャンプ場付近】

   【十和田湖外輪山の白雲亭展望台より 龍が寝そべっているようだ】

   【十和田湖がハートの形に見える 紫明亭展望台より】

十和田湖畔には景色の良い場所が数多くあり、時間や場所により様々な表情を見せてくれます。

秋の気配も感じられる十和田八甲田、今日から制服を長袖にしました。

夏と秋の狭間の季節の移り変わりを、十和田八甲田で感じてみませんか。

ページ先頭へ↑

2017年08月02日奥入瀬の夏

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

8月のカレンダーを目にした時に、何故か松尾芭蕉の奥の細道「月日は百代の過客にして行かふ人も又旅人也」が浮かんできました。

十和田の伊藤です。奥入瀬に夏が訪れました。

松尾芭蕉が奥入瀬を訪れたとしたら、どんな句を詠んだのでしょう。

「奥入瀬やああ奥入瀬や奥入瀬や」とでも詠んだのでしょうか。

奥入瀬渓流は十和田湖畔子の口から焼山までの約14キロの奥入瀬川の渓流で、国指定の特別名勝及び天然記念物です。

   【子の口付近のゆるやかな流れ】

渓流沿いにはいくつもの滝が点在し、「瀑布街道」とも呼ばれています。十和田湖への魚の遡上を阻止してきた魚止めの滝でもある「銚子大滝」をはじめとして、「阿修羅の流れ」

「雲井の滝」等多くの景勝地があります。

   【銚子大滝】

夏の奥入瀬は深い緑に覆われ、せせらぎの音も爽やかで、夏の暑さを忘れさせてくれます。

明治~大正の文人で十和田湖や奥入瀬を全国に広め、この地を愛した大町桂月が「住まば日の本 遊ばば十和田 歩きゃ奥入瀬三里半」と詠んだのが実感出来る季節です。

夏の奥入瀬渓流で、自然に身をゆだねながら、ゆっくりすごしてみませんか。

   【九段の滝】

ページ先頭へ↑

2017年07月31日国指定下北西部鳥獣保護区巡視

十和田八幡平国立公園 村田 野人

こんにちは、十和田八幡平国立公園管理事務所アクティブレンジャーの村田野人です。

ここ数日、十和田湖は涼しい日が続き、暑い日が少し懐かしい感じもします。さて、その涼しい十和田湖を離れて、先日巡視をして参りました。

十和田八幡平国立公園管理事務所は、もちろん国立公園に関係する業務が多いのですが、その他にも3つの国指定鳥獣保護区に関する業務があります。今回は、その一つ国指定下北西部鳥獣保護区に向かいました。

下北西部鳥獣保護区(以下、鳥獣保護区)は青森県の下北半島にあり、ニホンザル、ツキノワグマ、ニホンカモシカ、オジロワシ、ハヤブサの生息地として保護されています。

ニホンザル

キャプション<ニホンザル>

当事務所からは往復で500㎞弱の距離があります。普段は、鳥獣保護区を熟知した地元にお住まいの管理員の方と綿密な連絡を取りつつ、要所要所で職員が出かけていく体制をとっています。

地元のむつ市とも連携しており、維持管理をお願いしている鳥獣保護区管理舎の状況を確認しつつ、むつ市農林畜産振興課の方とも情報交換をさせていただきました。管理舎内には、日々集められたニホンザルのデータがいっぱいでした。

鳥獣保護区管理舎

キャプション<鳥獣保護区管理舎>

また、鳥獣保護区の状況を把握するために、むつ市脇野沢地区にある鳥獣保護区特別保護地区の踏査を行い、制札や案内板の破損状況を確認しました。うっそうとした天然ヒバ林が広がっていて、下北の森の深さの一端をうかがえました。

今後も折りをみて、巡視を行い、鳥獣保護区の適正な管理に努めます。

ページ先頭へ↑

2017年07月27日「十和田ビジターセンターへようこそ」

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

朝の気温が20度を下回り、秋を思わせる空気が漂う十和田湖畔です。

ここに住み始めて4ヶ月が過ぎようとしている伊藤です。

朝は、鳥の声や木々の葉が擦る音で目が覚め、外輪山に沈む夕陽を見ながら帰宅し、湖に写る月や満天の星空を眺めながら眠りにつく。そんな生活は、自分の細胞まで生き生きさせてくれるような気がしています。

事務所の周りはに今、オオウバユリがやっと私の出番よ、とばかりに競い合って咲いています。

さて今回は、十和田湖畔の休屋にある十和田ビジターセンターを紹介します。

平成26年4月に開館した当施設は、十和田湖、奥入瀬渓流、八甲田連峰の自然について、パネル写真や模型を用いてわかりやすく解説しています。

ビジターセンターに入るとすぐに目に付く十和田湖のジオラマを見ると、十和田湖の成り立ちが良くわかります。館内には、十和田八甲田の自然が四季に応じて再現してあったり、十和田の森や湖で録音した音が流れていたりします。また、ゆったりとくつろげるラウンジやキッズコーナーもあります。さらにレクチャールームでは、映像で十和田八甲田の四季を楽しむこともできます。

吹き抜けの大きな空間に展示してある十和田八甲田の四季の様子やレクチャールームで流れている映像を見ていると、実際にその風景に自分が居るかのような感覚になります。この地域の秋や冬をまだ経験してない自分は、その美しさと壮大さを想像して、これからの季節の訪れにわくわくしてきました。

湖が見えるビジターセンターのデッキには、ハンモックもあり、目を閉じて遊覧船の汽笛の音を聞いていると、ふと故郷に帰ったような錯覚に陥りました。

十和田八甲田の情報を収集はもちろんのこと、ビジターセンターにいるだけで、自然の織りなす醍醐味を感じることのできるビジターセンターへ是非お立ち寄りください.

クラフト体験コーナーもありますので、自然の恵みを使って、思い出を形にしてみませんか。

ページ先頭へ↑

2017年07月27日好天の八甲田

十和田八幡平国立公園 阿保 聡

先日業務で北八甲田に行ってきました。素晴らしい天気で、平日にも関わらず大勢の登山者で賑わっていました。

地獄湯ノ沢です。

硫黄の臭いがたちこめていて、八甲田が活火山であることを感じることが出来ます。

快晴で日差しも強いのですが、気温がさほど上がらず風がとても爽やかです。

大岳山頂から青森市内と陸奥湾、八甲田ロープウェイ山頂駅が望めます。

昼過ぎにヘイロー(日暈)が見られました。

毛無岱ではキンコウカが最盛期を迎えていました。

みなさんも是非夏の八甲田に足を運んでみてください。

国立公園公式Instagram

国立公園公式Facebook

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ