ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

十和田八幡平国立公園

85件の記事があります。

2018年06月21日高山植物盗採防止パトロールを実施しました。

十和田八幡平国立公園 工藤紀恵

こんにちは。盛岡管理官事務所の工藤です。

山々では雪溶けが進み、高山植物が咲き始める時期となりました。

先日鹿角管理官事務所と合同で、「十和田八幡平国立公園八幡平地区高山植物盗採防止合同パトロール」を実施しましたのでご報告いたします。

このパトロールは、秋田・岩手両県の高山植物の育成状況及び盗採等の現状を確認し、その情報交換及び盗採防止策の検討を行うこと、公園利用者に対する高山植物保護の啓発を行うことを目的としています。

当日、岩手班は岩手北部森林管理署、岩手県、岩手県警察、八幡平市など沢山の関係機関にお集まりいただき、湿原へと出発したのですが、残念なことに湿原の入り口地点で盗採跡を発見しました。

盗採跡は3カ所車道沿いにありました。周囲の土ごと掘り出したようです。

              【盗採跡】

 

2時間半ほどかけて、パトロールを行い、秋田班と合流してから情報交換会を行いました。

岩手班からは湿原入り口で盗採跡を発見した旨を報告いたしました。

秋田班からは遊歩道沿いでフキが採られていた旨の報告がありました。

今回パトロールした区域は、特別保護地区と言ってすべての植物(キノコを含む)の採取や損傷、落葉・落枝の採取が規制されています。綺麗だから、おいしいからと言ってその場から持ち去ることは絶対に辞めていただきたいです。

残念な報告もありましたが、当日は多くの登山者が八幡平を訪れていて、すれ違う際にパトロールをしているのだとお伝えすると、「ごくろうさま」「皆さんのお陰でこんなに綺麗な花々が見られるのですね」「頑張って下さい」などと暖かいお声をかけていただき、大いに励まされました。これからも沢山の花々で皆様をお迎えできるように、地元関係者の皆様と共に素晴らしい自然を守りたいと思います。

皆様のご協力を心よりお願いいたします。

              【情報交換会の様子】

 

              【ヒナザクラは見ごろです】

 

              【ドラゴンアイは終盤戦】

 

尚、盛岡管理官事務所では今週末には秋田駒ヶ岳(鹿角管理官事務所と合同)来週は三ツ石山において盗採防止パトロールを行う予定です。

国立公園でお会いしましょう。

ページ先頭へ↑

2018年06月05日十和田湖山開きに参加しました

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

エゾハルゼミの声が賑やかになってきた十和田湖畔です。夏山シーズンが始まり、あちこちの山開きの便りが届く季節となりました。

十和田湖畔の外輪山にある山の一つ、白地山(しろじやま)の山開きは6月3日でした。

白地山(1,034メートル)は、十和田八幡平国立公園の秋田県小坂町と青森県平川市の県境にまたがる、十和田湖の西に位置している山です。

今回は、小坂町から発荷峠へ至る途中にある鉛山峠園地から登りました。

1時間もすると、眺めの良い白雲亭展望台に着きます。

悪天候の昨年と打って変わって、十和田湖の素晴らしい景色が見られました。

【白雲亭展望台からの十和田湖の風景】

樹林帯を20分ほど歩くとミソナゲ峠に至り、再び展望がひらけます。

997展望所までアップダウンを繰り返し、さらに白地山湿原を経て30分ほどで山頂です。

【白地山湿原からの岩手山】

【山頂から見た岩木山】

登山道脇には、白地山のバッジの絵柄にもなっているツバメオモトを始め、サンカヨウ、ヒナザクラ、シラネアオイなど数々の花が咲いていました。