ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

十和田八幡平国立公園

39件の記事があります。

2017年07月21日十和田湖PWC※1安全啓発パトロール

十和田八幡平国立公園 村田 野人

※1 PWCとはPersonal Water Craft(パーソナルウォータークラフト)の略語。Personal Water Craftは英語で、水上オートバイを含む幾つかの水辺の乗り物の総称。

こんにちは、十和田八幡平国立公園管理事務所アクティブレンジャーの村田野人です。

十和田湖も海の日を過ぎて、冷えたスイカがほしくなるような天気が続いています。いよいよ水遊びの季節です。今回は、7月9日に行われた水上オートバイの安全啓発パトロールについてお伝えします。

出発時打合せ

十和田湖では数年前から、NPO法人パーソナルウォータークラフト安全協会(以下、PW安全協会)が中心となって、水上オートバイの安全啓発パトロールが行われています。PW安全協会は水上オートバイメーカーおよび販売者が主体となって設立された団体で、全国各地で水上オートバイの安全操縦、マナー・モラル向上を図り、自然及び社会環境の保全に努め、健全なPWCスポーツの普及・発展を目指して活動しているそうです。

7月9日は、十和田湖畔の宇樽部地区、休屋地区、大川岱地区、銀山地区、滝ノ沢地区の水上オートバイ利用者やマリーナ経営者の皆様に、カヌーへの引き波や岸沿いの散策者への騒音に配慮するようお願いするとともに、十和田湖の水上オートバイの乗り入れ自主規制エリアについても説明しました(他の注意事項としては、救命胴衣を着る、ウェットスーツを着るetc.)。当日は述べ9グループの方に声かけし、45台のジェットスキーを確認しました。

水上オートバイ走行自粛エリア

水上オートバイの利用者の方々はそれぞれのグループごとに、マリーナでバーベキューなどをしつつ、水上オートバイを楽しんでいました。中には、過去に同様の説明を聞いたことがあるという方も多く、説明には理解を示してくださる方が多い印象を受けました。

終了時集合写真

遊覧船、水上オートバイ、ボート、カヌーそして湖岸の散策を楽しむ人たち、それぞれが互いに思いやりをもって、十和田湖で安全かつ楽しく過ごせるといいですね。

ページ先頭へ↑

2017年07月21日十和田湖と八甲田の夏

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

こんにちは。

十和田湖の空の青、森の緑と、湖の紺碧の色が夏色を織りなしているような7月もなかば、鳥のさえずり、湖をわたる風の音、暗闇に輝く星や、月、すべてに癒やしを感じる、伊藤です。

十和田湖や八甲田の山々に夏が訪れました。

十和田湖や八甲田にはたくさんの楽しめるスポットやアクティビティがあります。

その一つにカヌーがありますが、7月8日にビジターセンター主催で開催されたカヌー体験に、友人二人と参加しました。

"神秘の湖"を肌で感じよう、という企画です。

水上から眺める乙女の像や、十和田湖の外輪山はまた違った魅力がありました。

7月13日は蔦野鳥の森休憩所の写真展示と歩道の巡視に行ってきました。

蔦温泉一帯は、過去の赤倉岳の火山爆裂によって大量の泥流が発生し、それらが谷々を埋めて形成された地域で、泥流が川をせきとめたことにより蔦沼や赤沼など7沼ができたといわれています。

うっそうとした深い森の中を歩いていて、朽ち果てた木の上に目を移すと、苔や地衣類で形成された小さな森を発見しました。苔や地衣類は小さな生き物たちにとっては、とても大きな森なのかもしれません。

   【蔦沼】

   【木の上の苔を拡大してみると】

7月19日は、パークボランティアのみなさんが行っている北八甲田井戸岳植生回復作業の下見でした。

ボランティアのみなさんが作業する場所を、同行のアクティブレンジャーと確認する作業でした。素晴らしい景色が広がっていました。

   【酸ヶ湯から登った下毛無岱からのぞむ北八甲田の山並み】

   【登山道の途中からの景色】

   【湿原の池塘】

   【池塘に飛んで落ちるワタスゲの果穂】

   【北八甲田大岳にかかる環水平アーク】

7月に入ったばかりと思っていたのに、7月も残りあと10日あまりです。

北国の夏は、花火のようにぱっと咲いて散るようだと、山の景色を眺めながら思いました。

写真ではお伝えできない感動を、五感をフル活動させて味わってみてください。

燃えるような紅葉の前の、まばゆい十和田八甲田の夏へぜひ一度お越しください。

   【十和田湖外輪山からの展望台より】

   【子の口付近の湖岸より御鼻部山に沈む夕陽】

ページ先頭へ↑

2017年07月10日夏の夜の観察会へどうぞ

十和田八幡平国立公園 盛岡 工藤紀恵

皆様こんにちは。盛岡管理官事務所の工藤です。

東北の中でも寒いイメージのある岩手ですが、盛岡市は内陸部に位置しており、夏はしっかりと暑いです。

本日の予想最高気温は34度です。塩分水分をお忘れなく!

本日はヒメボタル観察会についてお知らせいたします。

網張ビジターセンターでは毎年恒例のヒメボタル観察会が7月11日(火)~7月17日(月)に開催されます。

ホタルと言えば小川や田んぼなどに棲んでいるイメージが強いですが、ヒメボタルは陸生で、森林内の湿った場所で見られます。ヘイケボタルやゲンジボタルとは棲み家だけではなく、光り方にも違いがあり「ピカッ・ピカッ」と発光し、まるでイルミネーションのような雰囲気です。

普段はなかなか体験できない夜の森ですが、ビジターセンター職員となら安心して観察することができますよ。

詳しい情報は網張ビジターセンターHPをご確認下さい。

http://amihari17.ec-net.jp/index.html

また網張ビジターセンターでは、この夏、「国立公園で楽しむ親子の自然体験」と題して

「網張・夜の生き物観察会」「ナイトハイクと星空観察会」「炭火でお米を炊いてみよう」という3つの親子参加型イベントを開催します。

夜の森で、コウモリや昆虫の観察、親子でのんびり星空観察、お父さんお母さんも初めての炭火での炊飯など、夏休みの素敵な思い出になるイベントです。

是非ご参加下さい。

※すでに定員となっているイベントもございます。お申し込みはお早めにどうぞ。

十和田八幡平国立公園でお会いしましょう。

ページ先頭へ↑

2017年07月06日「夏を迎える十和田八幡平国立公園」

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

こんにちは。

十和田湖周辺はすっかり濃い緑に覆われ、深呼吸するたびに植物たちの息吹を感じられる、清々しい季節となりました。

   以前にも紹介した、十和田湖畔西湖(にしのうみ)に位置する和井内の朝です。

アクティブレンジャーというと、みなさんのイメージは毎日外を飛び回っているイメージでしょうか。山開きの参加や登山道維持管理などで、山に行く機会もありますし、データ整理などでパソコンに向かっている日もあります。

事務所で、遠くに聞こえる十和田湖の遊覧船の汽笛の音が、岩手の三陸で生まれ育った私の耳に哀愁を帯びて聞こえてきて、懐かしく、そして優しい気持ちになります。

事務所から徒歩5分ほどの遊覧船乗り場

さて、6月16日、十和田湖増殖漁業協同組合主催のひめます稚魚の放流式が行われました。

十和田湖小学校の生徒さんが卵から育てた稚魚も含めた25万匹が、十和田湖に放流されました。1~3年過ぎて、20センチ100グラム程度になったときに刺し網で捕られます。

刺身や塩焼きなどの料理は、十和田湖周辺の施設で食べることができます。

また、6月29日は南八甲田登山道維持管理作業及び高山植物盗掘防止パトロールに行ってきました。南八甲田の山は初めてでした。

緩やかな登山道をしばらく登った後には、ワタスゲが揺れる湿原が広がり、疲れを癒やしてくれます。登山道脇にはたくさんの花々が、これから登山に来る人々に愛でられる日を待ちわびているように感じました。

   矢櫃湿原のワタスゲ

そして、7月1日は、岩手山の山開きに参加しました。

今年3月まではその麓に暮らし、裏山のように行っていた岩手山。

岩手山の山開きは、近年1000人以上の人々が参加する一大イベントです。

あいにくの天気でしたが、可憐な花々は天然のミストを浴びて生き生きして見えました。

多くの人で賑わった山開きも無事に終わり、本格的な夏山シーズンに入ります。

   雨に煙るイワウメ(岩手山お鉢)

   天然ミストを浴びたイワテハタザオ(岩手山神社奥宮)

   岩手山山開きの様子

十和田八幡平国立公園には他にも魅力的な山や温泉があり、美味しい食べ物、楽しいイベントなどが待っています。夏の思い出の1ページに、十和田八幡平国立公園を訪ねて、心にその風景を残してみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2017年06月16日八甲田登山道整備

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

こんにちは。

夏のような日差しの日があったり、暖房が必要な日があったりと、北国の気候は、目まぐるしく変化します。毎朝着る服に悩みます。

6月10日にパークボランティアのみなさんが毎年行っている、北八甲田の残雪期パトロールと雪渓のロープ張りに同行しました。

酸ヶ湯温泉から仙人岱避難小屋を経て大岳に登るコースに、毎年この時期にパークボランティアのみなさんが、雪渓の道迷い防止のロープを張っています。

当日は、風雨が激しい中、作業されたパークボランティアのみなさんに頭が下がりました。

ロープの設置によって、悪天候で視界が悪くても、ロープをたどることで迷わず大岳まで行けます。

悪天候により八甲田のお花はあまり撮れませんでしたが、樹林帯には、マイズルソウ、ミツバオウレン、ズダヤクシュ、コヨウラクツツジ、湿原にはミズバショウ、ショウジョウバカマなどが雪解けとともに顔を出し始めたばかりでした。

           【こんな天気では山頂方向は見えません】

        【仙人岱避難小屋から大岳山頂方向、作業が終わったら晴れました】