ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年07月03日伊豆沼にトンボの季節がやってきた!

仙台 鎌田 和子

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

国指定伊豆沼鳥獣保護区の夏を紹介します。

夏になると、「ここは鳥獣保護区ですよ」と知らせる制札がぐんぐん伸びるつる植物に覆われてしまいます。草刈りをして右の写真のようにスッキリ!

巡視していると、ニイニイゼミの鳴き声やオオヨシキリ、ホトトギスのさえずりが聞こえ、伊豆沼もハスの葉が湖面いっぱいに広がっています。

極楽浄土を思わせるハスの花の開花まであともう少しのようです。

 

水辺に近づいてみると、イトトンボの仲間が足元から目の高さくらいをふわりふわりと飛んでいます。

その名もキイトトンボ、黄色が鮮やかです。

青空より青いオオセスジイトトンボのオスです。目をこらして見ているとメスはヨシ等の葉の色に近い緑色、探してみてください。

翅の幅が広いチョウトンボも水辺で舞い始めています。翅を動かす度にメタリックに輝き、7月下旬には沼の周辺で群舞します。

春から秋にかけて40種以上のトンボが観察できます。

巡視中に観察できたトンボは、キイトトンボ、モノサシトンボ、オオセスジイトトンボ、コフキトンボ、ショウジョウトンボ、チョウトンボ、コシアキトンボ、ハグロトンボでした。

 

おすすめポイントは、宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター前の水生植物園、登米市淡水魚館側の前沼です。

伊豆沼のトンボの季節を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

皆様にお願いです。トンボには近づいてよく観察してみてください。トンボの楽園として毎年観察できるように、じっくり観察、補虫網で捕るのではなく、カメラやスマホで撮影の撮るにいたしましょう。

ページ先頭へ↑

2020年07月01日石巻・川のビジターセンターの園地 小暑前の草花

三陸復興国立公園 石巻 晴山功

石巻自然保護官事務所 晴山です。

西日本では大雨の被害が出ているようですが、石巻方面は例年とは違い、蒸し暑くジメジメした感じが無い梅雨を迎えています。

石巻・川のビジターセンターの園地の草花について5月に投稿しましたが、その第二弾。二十四節季の一つ「小暑」を間近に控えた園地の草花たちです。

ネジバナ(ピンぼけがひどいです。。。)

オカトラノオ

ヤマホタルブクロ

ネジバナは1株、ヤマホタルブクロは4株だけ見つけられました。
他にもあるかもしれませんし今後も咲き始めるものもありそうなので、おいでの際は是非探してみてください。
遊歩道をそれて歩いても大丈夫です(場所によっては草ボウボウですし、ところにより雨後は強烈にぬかるむ場合が有ります)。
また、花の時期は過ぎてしまっていますが、タチツボスミレと似た葉を持つ株もいくつか見つけました。

雑談:今回紹介した「ネジバナ」と「ホタルブクロ」は野草愛好家の間では密かに人気だそうです。(今回紹介した「ホタルブクロ」は、萼が反り返っていないので「ヤマホタルブクロ」だと思います)
でも、河川敷や公園などで見かける「ホタルブクロ」は園芸種などが多く、それらはいわゆる外来種が多いのだとか。
川のビジターセンター付近のあまり人が立ち入らないよう山中にも「ヤマホタルブクロ」があったので、園地のものは自生=在来種と思います。
また、可憐な花が特徴的なネジバナも芝生に混じって生えていることが多く、「雑草」として刈り取られてしまうことが多いとのこと。

ページ先頭へ↑

2020年06月30日「令和2年度十和田八幡平国立公園写真展」のお知らせ

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

東北は梅雨入りと共に、山も里も植物や花々が美しい季節になりました。

〈雨でみずみずしい奥入瀬渓流のブナ〉

早くも秋に向けて実を結び始めたものもあります。

管理事務所の周りの前回紹介した花の実と、思いがけず見つけた花をご紹介します。