ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年05月20日宮古市中の浜開園から6年目の生長

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

宮古自然保護官事務所からこんにちは。

 

今月、5月24日で東日本大震災により被災したキャンプ場の遺構を保存している

【震災メモリアルパーク中の浜】が開園して丸6年を迎えます。

 

園地内の一角には、豊かな森と植生が広がっていた震災前の中の浜に戻そうと植樹をした

【復興ふれあいの森】があります。

地元の小学生をはじめ、地域の方々と一緒に植えたのは、地元由来の苗木。

ミズナラやケヤキ、ホオノキ、ウワミズザクラなど親しみのある木々です。

 

開園当初から震災メモリアルパーク中の浜では、半年に1回地元の小学生と環境学習を行ってきました。

  1. ①開園時の植樹祭で植えた樹木の生育について観察

  2. ②中の浜の浜辺ではどんな植物が生育しているか観察

  3. ③東日本大震災のときに中の浜で起こったことについて遺構を通して学ぶ

 

今回は、そのうちの①の樹木の生育状況についてご紹介してまいります。

こちらが復興ふれあいの森。植えた当初の平成26524日に撮影した植樹祭の様子です。

子どもたちの背よりも低かった樹木が、1年後には同じくらいの背に。

(平成27612日撮影)

 

はじめは、樹木の計測はメジャーで行っていましたが、ぐんぐん伸びて...

(平成28930日撮影)

 

3年前の平成29年分からメジャーで測るのが難しくなり、黄色い目印テープを

目盛り代わりに竹につけて計測しています。

(令和元年614日撮影)

 

今や大人の背丈の23倍にも生長し、幹も太く、たくさんの花々や実をつけ、

森の雰囲気を感じるようになってきました。

人々や動物たちが憩う豊かなふれあいの森に生長していくことを願って、

これからも子どもたちと生長を観察・記録していきます。

(左:平成26524日植樹後、右:令和2515日同場所)

 

 

平成26524日の開園式・植樹祭を振り返ってみたい方はこちらから↓

その1

http://tohoku.env.go.jp/blog/2014/06/1912.html

その2

http://tohoku.env.go.jp/blog/2014/06/1917.html

ページ先頭へ↑

2020年05月18日最近の蕪島(かぶしま)の様子。

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

5月14日現在の蕪島の様子を現場よりお知らせします!

菜の花が咲き始め、黄色の島になっています!

今年は例年より菜の花の丈が長いそうです。

蕪島休憩所上にある歩道。

去年は歩道の横にも巣がありましたが、今年は全然ありません。

一昨年の塩害で昨年は植物があまり育たず、

そこへ巣を作りうまく子育てが出来なかったウミネコさんたちが今年は違う場所へ巣作りしたのでしょうか。

水浴びをするウミネコさん。

ウミネコさんたちは抱卵中で、陽気も続きもうすぐヒナも生まれそうです!

また、5月11日には蕪島近くに物産販売施設「かぶーにゃ」がオープンしました!

青森県の特産品やお土産品などを販売しております。

当面は新型コロナウィルスの感染予防対策を徹底して運営するとの事です。

三陸復興国立公園の北の玄関口でもある蕪島と一緒にかぶーにゃも楽しめそうです!

ページ先頭へ↑

2020年05月18日石巻・川のビジターセンターの園地 春の草花

三陸復興国立公園 石巻 晴山功

石巻自然保護官事務所 アクティブレンジャー 晴山です。

 今年は春先の気温がだいぶ高く、例年にも増し草木の開花が早くなり、例えば「ウメとサクラ」の花を同時に見られたなど、普段見られない組み合わせが見られたというところが多かったのでは無いでしょうか。

花の組み合わせといえば、三陸復興国立公園内にある横山不動尊の「サクラとスイセン」もお薦めです。

石巻自然保護官事務所がある宮城県東部沿岸地域では5月にはいってから20度を超える暖かい日が数日あり、石巻・川のビジターセンターの園地では暖かさにつられるように様々な草花が咲き始めています。
春には以下のような草花が見られます。

イヌガラシ

イヌガラシ(在来種)

オランダミミナグサ

オランダミミナグサ(帰化種)

カラスノエンドウ

カラスノエンドウ(在来種)

キジムシロ

キジムシロ(在来種)

コハコベ

コハコベ(帰化種)

コメツブツメクサ

コメツブツメクサ(帰化種)

ハハコグサ

ハハコグサ(在来種)


 また、11月から12月に掛けて、地元小学校の児童などと一緒に種拾いと種蒔きをおこなった種のうち、ケヤキも芽を出し始めました。種を拾った場所(ビジターセンターのとなりの慰霊公園)でも無数に芽を出していますが、もう少し成長が良く見えます。どちらも今後の成長が楽しみです。

ケヤキ

ケヤキ


自生しているヤナギはグングン成長しています。

アカメヤナギ

アカメヤナギ

【雑学】草木には、「イヌxxx」とか「カラスxxx」という名前が付けられているものがあります。

食用や薬などに使えない、あまり役に立たないものに冠詞的に「イヌ」「カラス」と付けられているそうです。
イヌ(Dog)好きな私としては微妙な感じです。

ページ先頭へ↑

2020年05月14日五色月(いろいろづき)

三陸復興国立公園 坂本麻由子

こんにちは。大船渡自然保護官事務所の坂本です。

今年のゴールデンウィークは日本全国ステイホーム期間だったので静かな連休でしたね。

そのゴールデンウィークが明けた大船渡、気温20℃を上回る晴れやかな日々が続いています。

田植え、山菜、こどもの日、運動会、母の日、、、

私の拙い脳内から連想された「5月」について です。

皆さんにとっての「5月」ってどんなイメージですか?

日本では月についてさまざまな呼び名があって、学生時代に覚えるのに必死だった記憶がありますが

おもしろいなぁと思った5月に、「五色月(いろいろづき)」がありました。

この世の物はすべて五色で表現できる といった五行思想からきた呼び方のようです。

これについてじっくり語りたいところですが、この日記の趣旨と離れてしまうので

興味が沸いた方は別途調べてみていただければと思います。

先日みちのく潮風トレイルの現地巡視で大船渡市の綾里峠を歩いたときのこと。

新緑光る5月の巡視

五色月が頭から離れない私は、勝手に「5月の五色をみつけよう」を自分の中のテーマに歩いてみました。

中国伝来の五行思想での五色は 『 黒(紫)・青・赤・白・黄 』

綾里峠で見つけた五色、いかがでしょうか?自分としてはコンプリートできたと思っています。

みなさんの身近な自然の中でこんな色遊びどうでしょう?昔遊んだ"色オニ"に似てますね。

いつもの散歩、いつもの時間、いつもの仲間

いつもと変わらず迎えてくれる全ての"いつも"に感謝し、大切にしたいと思います。

『 黒(紫)』

   〔アケビの花〕まるくてカワイイ      〔エツキクロコップダケ〕名前長い!そして不気味・・・

『 青 』