ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年01月18日冬こそ生きものを探しに行こう

白神山地 佐々木 春佳

みなさんこんにちは。

来月に控えた西目屋小学校の野外授業の下見として、事務所からほど近い森に行ってきました。

覆われた雪の上に立つ、丸裸の木々と青空

お天気も良く、雪も締め固まっていたため、スノーシューを履いていても足取り軽く歩くことができました。そして、夏道とは異なり下草が雪で覆われているため、様々なルートを自由に歩く事ができます。ご覧の通り、葉は落ち見通しも良いため、木々がどのような枝ぶりをしているのかも大変良く分かります。

そんなことを思いながら上を見ていると、「ツピ、ツピ」「ジ、ジ」と様々な鳥さんの声が聞こえてきました。枝ぶり同様、この時季は特に鳥を観察しやすく、写真にも納まりやすいので、しばらく足を止めてみていました。枝ぶりとその枝に留まったヤマガラお辞儀をしたような恰好で、ヤマガラの頭に伸びる淡黄色の線も見えました。

耳を澄ますと鳥が木を叩く音(ドラミング)も聞こえます。どこにいるのか探してみると・・・見つけましたよ。

幹を突くコゲラの様子

キツツキの仲間のコゲラが餌を捕るため、幹に開けた穴を一生懸命に突いていました。

一方、足元に目を移すとこんなものも発見しました。

何者かによって齧り取られたトチノキの冬芽トチノキの冬芽なのですが、触ってみるとべとつきます。そしてよく見ると誰か動物に齧られています。動物たちにとって食べるものが少ない冬、冬芽は貴重な食べ物なのかもしれませんが、食べられた植物は春に芽吹くことができるのでしょうか。

齧られたあとどうなるのか、来月再び見たいと思います。

足元には植物の他に昆虫も見つけました。

白い雪の地面に黒い虫(ユキクロカワゲラ)雪上を歩いていたのはユキムシの仲間のユキクロカワゲラだと思われます。(コゲラは鳥で、カワゲラは虫、ややこしいですね。)冬、他の昆虫はほとんど見かけませんが、真っ白な雪の上で活動してるので見つけやすいです。

白神山地に限らず、裏山や田畑、公園などの身近な場所でも、この時季ならではの発見があるはずです。寒いからと出不精になりがちかもしれませんが、みなさんも生きものを探しに外に出てみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2018年01月17日イグルーを作ってみよう

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

127日(土)に、自然公園財団八幡平支部主催のふれあいイベント「イグルーを作ってみよう」が、八幡平ビジターセンターで開催されます。今回はその下見をしてきました。

イグルーとは、一年のほとんどを雪と氷に閉ざされたツンドラ地帯で生活するイヌイットの、暮らしの知恵から生み出された雪や氷で作られた家のことです。

【カゴに雪を詰めてブロック状に】

雪洞やかまくらは直接雪を掘って作られますが、今回のイグルーは雪のブロックを交互に積み上げて作ります。均等なサイズのブロックを交互に積み上げていくと、レンガ作りの建物のようにも見えます。

【三段ほど積み上げた状態】

乾いたサラサラの雪は固まりにくいため、適度に湿った雪を探しながらブロックを作ります。上手くドーム状に積み上げていく前に雪質を選ぶことから始まるようです。

完成を予想しながら積み上げて、間を埋めて、少しずらしてまた積んで、と繰り返していると、積み木遊びや砂の城を作るような感覚に近いものを感じます。童心に返ってみたり、またお子さんとともに作り上げるのも楽しいかもしれません。

【完成したイグルーの外観】

完成したイグルーの中は外見よりも広く、風や雪を遮るために暖かく感じます。また、イグルーの中にいると幼少期に戻ったかのようなワクワク感でいっぱいになります。「中で暖かい物でも食べられたら、楽しさ倍増だろう」とのスタッフさんの言葉。

【天井を見上げる】

寒さが厳しい季節ではありますが、心までほっと暖まるようなイベントの紹介でした。是非この機会に冬にしか見られない八幡平地域を体験してみてはいかがでしょうか。

北極地方に住む人々の知恵「イグルー」を作ってみよう

127()9:3013:30

定員:20(最少催行人数8)

参加費:大人・小人2,500(小学生以上対象) ※昼食付き

持ち物:雪中作業の出来る服装、防水防寒手袋、スノーソー(お持ちの方)

締切日:124日(水)

お問い合わせ/お申し込み(受付時間:9:0017:00)

(一般財団法人)自然公園財団八幡平支部

TEL0186-25-8846 FAX0186-25-8847

メールアドレス:hati@bes.or.jp24時間受付中)

※お申し込み時に住所、氏名、電話番号、年齢、血液型、宿泊の有無をお知らせ下さい。

詳細はこちら

八幡平の自然~アスピーテ日誌~

http://blog.goo.ne.jp/hatimantai/e/76952a8436ccab6c9164533ce3d8b209?fm=entry_awp

ページ先頭へ↑

2018年01月16日大潟草原でのフィールドサイン

秋田 足利 直哉

 秋田自然保護官事務所の足利です。

 2018年、今年もよろしくお願いいたします。

 今季の冬は、はじめにドカッと雪が降って「これは大変な冬になるか・・」と覚悟していましたが、今日現在の秋田市街は積雪がほぼ無くなっています。ただ、このまま少雪・暖冬で終わるはずも無いので、油断せずに過ごしていきたいと思っています。

 そんな冬を野生動物たちは、どのように過ごしているのでしょうか。雪が降るこの時期は雪上に足跡が残るので、無積雪期には発見できなかった生き物の存在を感じることが出来ます。ここ数回の大潟草原鳥獣保護区での業務中に見つけたフィールドサインをご紹介します。

2017年12月21日撮影

  

 うっすら積もった雪が土とともに盛り上がり、それが線状に並んでいます。よく見ると土は凍っているようです。これはモグラが残した痕跡で、年間通じて観察できますが、雪の季節もかわらず活動している事が分かります。

  2018年1月5日撮影

  

 ネズミの足跡でしょうか。小さな足跡が二つ並んで残っていました。足跡の向きからして同じ方向に進んでいたようです。2匹のネズミが並んでこの場所を通過したのでしょうか?

  2018年1月5日撮影

  

 イタチの足跡だと思われます。クッキリと残るこの足跡は藪の中へと消えていきました。もしかして夜、活動して休息のために藪の中へ進んでいったのでしょうか?

  2018年1月5日撮影

  

 積雪期の大潟草原では、このような足跡がよく見られます。おそらくキジの足跡だと思われます。キジは年間通じて観察可能ですが、足跡を観察することでこの時期よく利用する場所が分かります。

  2017年12月21日撮影

  

 この足跡は結氷した開放水面の中に所々水面がのぞいている場所を巡って、藪の中へと消えていきました。前出のキジの足跡よりも全体的に大きく趾(あしゆび)も長いようです。それに足跡があまり深く刻まれていないので、キジよりも軽量な鳥なのでしょう。候補になりそうな野鳥や該当しそうな野鳥を色々検討してみましたが、結論を出せていません。

 実際に動物の姿は見られなくても、足跡などのフィールドサインを観察して情報を記録しておくことで、動物相の把握など貴重な情報源になります。仮に最後の写真のように足跡の主が特定できなくても色々と考えたり、想像するのも楽しいものですし、その写真を見ながら仲間達とあれこれ情報交換するのもとても有意義な時間です。皆さんもフィールドに出た際は、動物たちの残したサインを探してみて下さい。

ページ先頭へ↑

2018年01月15日初めてのスノーシュートレッキング

磐梯朝日国立公園 羽黒 澁谷 満紀

こんにちは。羽黒自然保護官事務所の澁谷です。

月山ビジターセンター主催『初歩のスノーシュートレッキング』に参加してきましたのでご紹介します。

初心者向け、月山ビジターセンターの周囲を歩く企画ということで、スノーシュー初めての私でも、履き方

から教わり無事歩くことが出来ました。

先日からの大雪でだいぶ雪深い上に、夜のうちに積もった雪がふわふわ、ひと山登るまでは一列で進みました。       

          

 

< 雪景色もいろいろです>

 平地に着いていったん休憩。パークボランティアさんが雪の深さを測ると、参加者の小学生の男の子もびっくり、2mありました。

「自由に歩いてみても良いですよ。」とのパークボランティアさんの声に、参加者は思い思いに歩いていましたが、ラッセルが大変なので、また一列になって歩いたり、雪の感触を楽しんでいました。

   

約2時間歩いてビジターセンターに到着、皆さん大喜びで解散となりました。

私にとっては初めてのスノーシュー。履いてみるまではドキドキでしたが、いざ自分の足で歩いてみると、

雪をふみしめながら自然を楽しめる、お正月太りの体にも効きそうな適度な運動量、スキーとも違う味わいがあり、大変楽しめました。

月山ビジターセンターでは毎週のように、ビジターセンター主催、月山ガイド協会主催のスノーシューイベントが企画されています。運動不足となりがちな冬場、綺麗な雪景色を見ながらスノーシューで歩いてみませんか? コースもバラエティーに富んでいるようです。

詳しくはこちらをご覧いただき、参考になさってくださいね。

https://gassan.jp/event/

https://gassan.jp/oshirase/2018/01/02/5503/

          

                

 

          

          

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ