ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年07月18日森吉でのコウモリ観察会

秋田 足利 直哉

秋田自然保護官事務所の足利です。

 

 7月15日(日)に森吉山野生鳥獣センター運営協議会主催の自然観察会、『コウモリ観察会』を実施しましたのでお伝えします。今回の観察会はNPO法人コウモリの保護を考える会との共催で実施し、参加者・スタッフ合わせて32人で実施しました。

 この観察会は夜間に行う観察会と言うことで、共催するNPO法人コウモリの保護を考える会の会員と一緒になって、事前に観察会ルートの整備・清掃を徹底して行い、参加者が躓いたり、枝に引っかかったりすることが無いようにと入念に準備をして本番に臨みました。

   

 先ずは森吉山野生鳥獣センター館内での事前レクチャーです。最初に参加者全員にコウモリの絵を描いてもらいました。コウモリの特徴を細部までよく捉えているものから、映画などでお馴染みのヒーローのロゴマークを思わせるものまで色々でした。続いてNPO法人コウモリの保護を考える会の方からコウモリの体の特長や生態、秋田県内での観察情報などをお話しいただいてから、岩手県内で採取したコウモリの糞を顕微鏡で観察しました。

   

<事前学習の様子>

  

 こうしてバッチリ事前学習をしたところで、いよいよ観察となるのですが、コウモリは夜活動するので、なかなか肉眼で捕らえることが難しいです。そこでバットディテクターというコウモリの出す超音波を我々人間が聞こえるように変換してくれる機械を使って観察するのが有効です。NPO法人コウモリの保護を考える会で日常的にコウモリの調査を行っている方に参加者のグループ毎にバットディテクターの使い方を解説していただきました。

   

   

 最初の観察は、周辺をぐるりと見渡せる森吉山野生鳥獣センターの駐車場で行いました。日没までもう少し時間があったので充分に肉眼での観察が可能な中、一羽のアマツバメが私たちの上を通り過ぎました。講師からは「これからアマツバメと入れ替わってコウモリが飛ぶかも知れませんよ」という解説があったのでバットディテクターを上空に向けていたところ・・・バットディテクターから「カタカタカタカタカタ」という反応があり『出た!コウモリ』という講師の声。比較的高い場所を飛ぶコウモリの存在を確認することが出来ました。このとき個人的には、これまでこうした時間帯に空を飛ぶ生き物を見つけても鳥だろうと思っていましたが、『もしかしたらコウモリも見ていたかも知れない。』と思い、私が思っているよりコウモリは私たちの近くにいるのかも?と気づかされました。

 日没時間を過ぎ、徐々に辺りが暗くなっていきます。既に野外に出てから相応の時間がたっているので周囲が徐々に暗くなってきても目は順応しています。とは言え、森の中は既に暗くなっていますので、安全に配慮しつつ、コウモリの観察がしやすいように出来るだけ明かりを絞って、観察ポイントの湧水池まで移動します。

 到着した時点ではまだ周囲の様子が確認できる状態で、そこからコウモリが現れるのをバットディテクターを構えて待ちます。暫くすると皆さんが構えたバットディテクターが一斉に鳴り出しました。周囲が闇に包まれた頃合いを見計らってこの日の食事にありつこうと出てきたコウモリの第1陣が湧水池の上を飛び回っていたようです。その後も断続的に反応が見られ、中には飛翔するコウモリの姿を見た方もいたようです。

  

 帰り道、NPO法人コウモリの保護を考える会の方が実施していた調査の様子を見学したのち全員無事に森吉山野生鳥獣センターに到着し、観察会は終了しました。

 

<コウモリ調査を見学中>

 

 参加して下さいました皆様ありがとうございました。NPO法人コウモリの保護を考える会の皆様、お疲れ様でした。皆様のおかげで充実した観察会を無事に終えることが出来ました。この場を借りてお礼申し上げます。

ページ先頭へ↑

2018年07月18日アクティブ・レンジャー古館の今日この頃Vol.1/2018

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

こんにちは。暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

「花だより」「鳥だより」に続き、普段の業務の様子をお伝えする「今日この頃」も新たに仲間入り。

第1回目は、先日、視察に訪れた宮城県名取市の職員のみなさまをご案内した様子をお届けします。

 

環境省では、みちのく潮風トレイルの拠点施設として"名取トレイルセンター"を来年度に名取市内にオープンすることを予定しており、今回は私の担当エリア内の宮古市と普代村、田野畑村のトレイルを2日間でまわりました。

1日目は宮古市にて、浄土ヶ浜や現地のトレイル情報発信施設となっている浄土ヶ浜ビジターセンターを視察。

その後、【宮古市北部~中部】マップ内の潮吹穴から姉ヶ崎までの約30分のトレイルルートを歩き、美しい景観とともに、ノハナショウブやアサツキなど季節の植物を楽しみました。

 

2日目も朝からトレイル!

1日目に続き、【宮古市北部~中部】マップ内の姉ヶ崎~震災メモリアルパーク中の浜(震災遺構公園)まで約30分歩きました。

震災メモリアルパーク中の浜では、丘の上からこの地を襲った津波の高さを体感し、名取市を襲った津波を振り返りながら比較しました。

普代村では【普代村南部~田野畑村】マップ内のネダリ浜を約30分歩き、海のすぐ横を通るトレイルを体験。

田野畑村では北山崎の断崖が続くダイナミックな地形を視察するとともに、【普代村南部~田野畑村】マップ内の北山浜から机浜番屋群までの約1時間コースを歩きました。

素掘りのトンネルなどのここにしかない景観と体験を堪能。海との近さ・迫力ある自然・スケール感に感動されていました。

 

業務で視察案内を行うときは、自分だけでは発見できなかった魅力を見つけることができるので、私自身も大変勉強になります。

今後もみなさんに私のエリアの魅力を知っていただくため、情報発信に取り組んでまいります。

 

ではまた、今日この頃Vol.2で。

 

=========================

環境省が取り組みを進めている「みちのく潮風トレイル」。

青森県八戸市蕪島から福島県相馬市松川浦までの約900㎞のロングトレイルです。

環境省スタッフが現地の情報や見どころをアップしています。

ぜひブックマークして旬な情報をチェックしてみてください!

 

【今回歩いたコースが気になった方は、ホームページからマップをご覧いただけます!】

◆みちのく潮風トレイルホームページ

http://tohoku.env.go.jp/mct/

◆みちのく潮風トレイルFacebookページ

https://www.facebook.com/michinoku.trail/

ページ先頭へ↑

2018年07月17日レンジャー写真展2018開催中@種差海岸インフォメーションセンター&ウミネコのヒナちゃんの成長@蕪島

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

7月から8月末までの2ヶ月間、種差海岸インフォメーションセンターでレンジャー写真展2018を開催しています。

インフォメーションセンター目の前にある天然芝生地に訪れる観光の方や地元の方、

トレイルハイカーさんなど、多くの方に東北の自然、生き物の写真をみていただければと思います!

また、蕪島では6月頃生まれたウミネコのヒナがモコモコと成長しています!

<6/11撮影。生まれて2週間くらいのウミネコのヒナちゃんたち。>

<7/12撮影。すっかり大きくなり、飛びまくりのウミネコさんたち。>

休憩所のスタッフさんによると訪れる観光客の方から、

「ウミネコと一緒にいるあの黒い鳥なに?」と聞かれるそうです。

一緒にいるウミネコさんとすっかり同じくらいの大きさに成長しました!

8月には親鳥と共に蕪島を離れるそうです。

じゃわじゃわ飛んでいるウミネコさんを見ることが出来る、

三陸復興国立公園の北の玄関口・蕪島へぜひ来てみてください♪

ページ先頭へ↑

2018年07月10日月山弥陀ヶ原湿原

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

7月9日(月)月山8合目の巡視に行って来ました。

平日午後ですが、駐車場には50台位の自家用車がずらり。観光バスは1台。

登山口に設置した外来種対策用の足ふきマットで靴底を拭いて、いざ出発。

<ニッコウキスゲが盛りです。>

右側通行の木道を歩いていると、ふと左側を歩く可愛い先客を発見。

ビンズイもニッコウキスゲを見ながら散歩でしょうか?やがて茂みの方へ

飛んで行きましたが、しばらくご一緒しました。

<木道を歩くビンズイ>

<オゼコウホネ>

オゼコウホネは最近咲き始めたようです。この日は目視で16個開花を

確認しました。これから日に日に開いていくのが楽しみです。

ワタスゲも湿原を渡る風に気持ちよさそうに揺れていました。

他には、ヨツバシオガマ、ハクサンフウロ、イワツツジ、マルバシモツケ、

イワイチョウ、ウラジロヨウラク、コバイケイソウ、トキソウ、ハクサン

シャクナゲ、ミツガシワ、ハクサンチドリ、ヤマハハコなどが、現在の

弥陀ヶ原湿原で楽しめる花ですが、名残おしそうにイワカガミも咲いてい

ますし、雪解けの遅かったところではミズバショウもまだ見られます。

キンコウカもちらほら、これから本格的に咲きはじめるようです。

弥陀ヶ原湿原の木歩道コースは、1周約2キロ。ゆっくり歩いて60分で

高山植物を気軽に楽しめることもあって、大変人気です。

湿原の植物を楽しみに弥陀ヶ原湿原へいらっしゃいませんか。天然のお花

畑は、今、オレンジと白と緑のコントラストが綺麗です。

------------------------------------------

■お知らせ■

○月山8合目駐車場トイレについて

鶴岡市で管理しているトイレがありますが、老朽化により今シーズン改修工事が(7月10日~)

行われています。仮設トイレの利用となりますので、ご承知おきください。なお、トイレ利用1回

につき100円の協力金のお願いをしています。

○月山8合目までの県道211号線について

月山8合目までのアクセス道、通称月山公園線(県道211号線)は、幅員が狭く、路線バス、

観光バスも多いです。昨年の土砂崩れ崩落部分の法面工事もやっていますので、十分ご注意の上

ご通行ください。

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ