ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年12月06日南三陸・海のビジターセンターから志津川湾を眺める

三陸復興国立公園 石巻 晴山功

石巻自然保護官事務所 晴山です。

バーダーさん達には、良い季節になって来ましたね。(私はバーダーではないです。。。)
南三陸町戸倉にある「南三陸・海のビジターセンター」の2階テラスからは、昨年2018年10月にラムサール条約湿地に登録された志津川湾が展望出来ます。


アクティブレンジャーになる前に、通りすがりに立ち寄ったときはラムサール条約湿地に登録されているとは知らずに「コクガンが沢山いるなぁ」程度で眺めていました。
日差しが暖かく風もほとんど無かったので、別の用事で持ち出していたフィールドスコープを志津川湾に向けて練習とばかりにパシャパシャ撮ってみました。


普段私用で使っているのは、300mm位の望遠レンズなので難なく撮れますが、初めて使う700mm位のフィールドスコープだと、鳥が動き回るのでファインダーに捉えられないしピントを合わせるのも大変でした。
シャープさに欠ける写真なのですが、それがなんとなく味になってませんかw。餌(アマモかな?)をついばむ姿も撮れたので自分的には満足です。

ラムサール条約湿地に登録されている志津川湾(https://www.env.go.jp/nature/important_wetland/wetland/w102.html)は、暖流寒流が混ざり合って、暖流のアラメと寒流のマコンブ、そしてアマモなど豊かな藻場となっていて水鳥も沢山集まってきます。環境省レッドリスト2019で絶滅危惧Ⅱ種(VU)に登録されているコクガンも例年200-300羽、志津川湾で越冬します。
海藻や水鳥をイメージしたラムサール条約湿地志津川湾のロゴがこちらのHPで見れます。
https://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/index.cfm/8,20485,111,355,html

ロゴに書かれているコクガンはうまく撮れなかったので、またの機会にチャレンジしてみようと思います。

みなさんも、「南三陸・海のビジターセンター」の2階テラスで寒さをしのぎながら、志津川湾で羽を休めている水鳥たちを眺めてみませんか。

ページ先頭へ↑

2019年11月18日伊豆沼へ出かけてみませんか!

鎌田 和子

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

立冬も過ぎ、北の方では雪の便りが聞こえてくるようになり、宮城県北部には続々と渡り鳥たちが集まってきています。

「伊豆沼」は、私たちの身近にありながら、冬の渡り鳥であるマガンの日本最大の越冬地であることをご存じでしょうか。

今回は環境省においても取組を開始した地域の自然資源を活用した野生動物観光の一例として、公共交通機関を使って手軽に行ける「伊豆沼のねぐら入り」をご紹介します。

  

天空を埋めつくす10万羽のマガン

伊豆沼がオレンジ色に染まる夕方、一日の終わりを告げるドラマが始まる。

空から沼めがけて、雁たちが帰ってくる様子、日の入りが迫ってきたその時、四方八方からこれまで聞こえていいたマガンの数羽の声とは、明らかに違うまとまった数の鳴き声、よくよく目を凝らしてその音の方向を見ると、鈎になり、棹になり、マガンの群れが沼に向かってくる。環境省の「残したい日本の音風景100選」に選ばれている。数千、数万のマガンの声、空気を振るわせ響き渡る羽音は迫力満点です。幾度かそんな群れが帰ってくると、やがて沼の水面は黒いシルエットのマガンでいっぱいになり、にぎやかな沼は闇に包まれていく。

 

 

マガンが迎えてくれる駅、JR新田駅から

JR東北本線仙台駅を午後の下り普通列車で一ノ関方面に向けて出発。途中小牛田駅で乗り換え、70分ほどで新田駅に到着。新田駅に降り立つと、まずは駅裏の田んぼで休むマガンの群れが出迎えてくれる。マガンが間近に見える駅は全国でもここだけ。

帰りの電車の時刻を確認して、「キャハハーン」、「クワハハン」、空からマガンの声が響いてくる。この季節、沼や田んぼだけでなく、上空を飛び交う姿はどこでも見ることができる。目指す観察ポイントの伊豆沼までは徒歩で10分の近さだ。

 

 

お出かけ前のチェックリスト

・今日のお天気、夕焼けが美しい日を選びましょう。

・日の入り20分前には現地で待ち、太陽が沈み始めるころから、ねぐら入りが始まる。

・天気が悪い日は帰ってくるのが早くなることもあるのでお天気は要チェックです。

・夕方からの服装、寒くないように暖かな服装をご準備ください。

・水鳥たちがびっくりするので、夕暮れ時の撮影では、ストロボの使用はお避け下さい。

・観察時は必要ありませんが、帰り道は足元が暗くなっているので、小型のライトがあると便利です(スマホのライトでも大丈夫)。

・電車の往復の時刻確認

ページ先頭へ↑

2019年10月11日秋の気配

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

令和という年号に変わり半年がすぎ、2019年も残り3ヶ月をきりました。

近隣の山の初冠雪の便りも聞こえてくる季節ですが、スキーをするのが楽しみな私は

今年の雪の量はどうだろうとワクワクしています。

十和田湖は相変わらず水位が低い状態が続いています。

【十和田湖畔にある大畳石】

南八甲田の麓に位置する蔦野鳥の森が、一年で一番賑わう季節がすぐそこまで来ています。

蔦野鳥の森は、赤倉岳の山体崩壊によってできた場所に、堰止湖と人造湖が7つ点在し、

そのうち6つをめぐる約3キロの遊歩道が整備されています。

ブナをはじめとする樹木、様々な植物やコケ、野鳥を観察しながら、

豊かな森を観察できる素晴らしい場所です。新緑の時期も美しいのですが、最も人々の心を魅了する季節が

やはり紅葉の季節なのでしょう。

【穏やかな蔦沼】

十和田八甲田地区パークボランティアの皆さんは、一年を通してここの歩道の整備に関わって

くださっています。今年度は10月10日で三度目の歩道整備でした。