ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

磐梯朝日国立公園 羽黒

244件の記事があります。

2022年04月15日令和3年度磐梯朝日国立公園 登山者数調査結果

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

磐梯朝日国立公園 羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

環境省では、磐梯朝日国立公園における国立公園利用状況の把握を目的として、当該地域の以下15箇所において赤外線式センサー(登山者カウンター)を用いた登山者数の計測を行っています。

令和3年度の磐梯朝日国立公園の登山者数調査の結果がまとまりましたので公表しています。

以下のURLをクリックし、是非ご覧ください。

 http://c-tohoku.env.go.jp/to_2022/post_314.html

<登山者カウンター設置場所>

■朝日連峰

 ・朝日鉱泉登山口

 ・古寺鉱泉登山口

 ・日暮沢登山口

 ・泡滝登山口

■飯豊連峰

 ・奥胎内登山口

 ・川入登山口

■磐梯山

 ・八方台登山口

 ・猪苗代登山口

 ・銅沼

 ・噴火口方面分岐

■浄土平

 ・浄土平

■雄国沼

 ・雄子沢登山口

 ・八方台(猫魔ヶ岳方面)

■五色沼探勝路

 ・毘沙門沼側入り口

 ・柳沼側入り口

羽黒自然保護官事務所では、朝日連峰4箇所と飯豊連峰の奥胎内登山口に設置しています。

毎年6月~10月頃設置していますので、見かけたときに倒れていたり破損していたりしているのを見つけた際は羽黒自然保護官事務所(TEL:0235-62-4777)までご連絡ください。

登山者カウンターは、ストックなどの細いものには反応しない作りになっています。一定以上の幅の物(A4くらい)がセンサーから2m(できれば1.8m)以下の所を通り過ぎるとカウントされ、どんな早さで通過しても基本的にカウントされます。

まれに夜間に沢山カウントされていることがありますが、動物だと思うことにしましょう。

今年度も設置しますので、見かけたら「触らない・前で休憩しない」ようにし、正確な登山者の測定にご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

最後に・・・このように設置しています!

<朝日鉱泉登山口(朝日連峰)>

<古寺鉱泉登山口(朝日連峰)>

<日暮沢登山口(朝日連峰)>

<泡滝登山口(朝日連峰)>

<奥胎内登山口(飯豊連峰)>

ページ先頭へ↑

2022年04月14日パークボランティア年度はじめ集会

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

磐梯朝日国立公園羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

やっと桜が咲いてきた今日この頃。ウグイスの鳴き声も聞こえてくるようになり、春を感じます。山々の雪はどんどん少なくなり、白いまだら模様の山容になってきました。道端では山菜が嬉しそうに顔を出しています。

4月10日に、羽黒地域パークボランティア年度はじめ集会を開催しました。

今年度は新型コロナウイルスの影響を考慮し、1時間程度の集まりとしましたが、多くのパークボランティアの皆さんにご参加いただきました。

今年度も月山ビジターセンターでは多くのイベントを開催しています。是非参加してみてください。羽黒地域に関して多くの知識を持っているパークボランティアの皆さんとお話しできる良い機会です。

イベント情報はこちらから→https://gassan.jp/event/

ページ先頭へ↑

2022年04月11日必見!登山道修復技術マニュアルが完成しました!

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

磐梯朝日国立公園羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

磐梯朝日国立公園の朝日連峰・飯豊連峰では、登山道の荒廃が課題となっています。

10年以上、両山脈では登山道保全活動が行われてきました。

そこで、今までの取組を踏まえ、令和3年度に登山道修復技術マニュアルを作成しました。

折りたたむとA5サイズになっていますので、実際に保全作業の現地に持ち運ぶことも可能です。

下記の環境省ホームページより、どなたでもマニュアルのダウンロードが可能ですので、

是非ご活用ください。

【ダウンロードはこちらから https://www.env.go.jp/park/bandai/effort.html 】

※飯豊連峰・朝日連峰の活動について、全国山の日協議会のホームページに寄稿させていただきました。今年度は、山形県が山の日全国大会の開催県になっています。是非ご覧ください。

・寄稿→ https://www.yamanohi.net/report.php?id=2036

・全国山の日協議会HP→ https://www.yamanohi.net/

・Facebook→ https://www.facebook.com/yamanohi811 

飯豊・朝日での登山道保全活動の様子をご覧ください!

ページ先頭へ↑

2022年04月07日スノーモービルパトロールに参加しました

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

磐梯朝日国立公園 羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

令和4年度が始まりました。今年度もどうぞよろしくお願いします。

3月26日に、月山の南麓にて朝日庄内森林生態系保全センターが主催するスノーモービルの合同パトロールに参加しました。

朝日山地森林生態系保護地域内では、野生動植物の保護や貴重な生物遺伝資源を後世に継承していくため、スノーモービルの乗り入れについて、地域ルールを作っています。

走行可能エリアでの走行跡、特に樹木の損傷がないかの確認や当該地域の野生鳥獣の生息状況確認等を行いました。

当日の天気は曇り。いつ雨が降ってもおかしくない天気でした。しかし、最近は気温も上がり、寒さに震えることはありませんでした。

月山の麓の志津地区は、人が生活している場所での降雪量が日本一だと言われています。前を歩いている人と雪の高さを比較してみてください。雪の層ができているのがわかります。

衝撃なのが道路の看板です。いつもは車の遙か上にあるのに、ここでは触ることができてしまいます。

雪が多い場所でしか見ることができない光景です。

スノーシューをはいてパトロールを開始します。

スノーモービルの痕跡は多数確認できましたが、樹木の損傷等目立った影響は見られませんでした。

風がとても強いのでしょう。大きな雪庇ができていました。雪庇の下に地面はありません。

踏み抜くと大惨事にもつながりますので冬の山に行かれる際はご注意を。

歩いていましたら、こちらの植物に沢山出会いましたので紹介します。

この植物の名前はヤドリギ。名前の通り木にくっついて生活しています。

鳥が食べると種が消化されずに糞と一緒になって排出され、樹木に引っかかります。木の上でそのまま大きくなっていくのです。線香花火のようで、一目見ただけですぐにわかります。山で是非探してみてください。

雪原の中の澤野保護官をパシャリ。

月山の素晴らしい景色を拝むことができました。月山のスキー場開きは4月です。また、開山祭は7月に行われます。雪が深い月山。気軽に訪れるにはまだまだ早い山です。

ページ先頭へ↑

2022年03月17日雪解け時期の到来!

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

磐梯朝日国立公園 羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

気温がだんだんとあがってきました。

羽黒自然保護官事務所の周りでは、雪解けが進んでいます。

今週も、上池下池の巡視に行ってきました。

先週と同じ場所で写真を撮りましたら、驚きのbefore afterになっていましたのでご覧ください。

上池 before

上池 after

下池散策路 before

下池散策路 after

1週間で雪がすっかり溶けてしましました。雪解けはとても早いですね。

ハクチョウたちは一段と少なくなりました。無事に北帰行していったのでしょう。

春が来るのが待ち遠しいです!

ページ先頭へ↑

2022年03月10日いつまでいるの?ハクチョウさん

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

皆さんご存じのハクチョウは、10月頃に庄内地方に飛来してきます。

ハクチョウの古里は4000kmも離れたシベリア。極寒のシベリアでの生活を避けるため、北海道や青森などを経由してここ上池下池にたどり着きます。

その長い長い旅を想うと、舞い降りてきたハクチョウの姿に生命の素晴らしさを感じるのです。

10月以降、朝はハクチョウの声で起き、田んぼにご飯を食べに行く彼らと共に通勤し、ご飯を食べ終わって上池下池に帰る彼らと共に帰宅する生活が始まります。飛んでいる彼らの姿はとても美しいです。白い翼で風を切りながら飛ぶ大きな姿に圧倒されます。その姿とは対照的に、白い顔に黒くてつぶらなかわいい瞳を持っているのでハートを射貫かれます。

そして一冬を日本で過ごした後、2月頃にまたシベリアへ帰って行くのですが・・・今年は3月になっても多くのハクチョウが日本にいるようです。そして残念ながら日本で命を落としてしまった個体が例年より多くなっています。原因は色々と考えられるようですが、今年の大雪や寒波などによるえさ不足も一因となっている可能性があるとのことです。

そんな状況の中、国指定鳥獣保護区である、大山上池下池の巡視に行ってきました。

まずは上池の様子から。

全面が凍結していました。驚きの光景です。

最近は少しずつ晴れている日が増えてきて、心が躍ります。後ろに見えるのは高館山。実は、有名な心霊スポットでもあります。

上池の奥の方にハクチョウの姿が見えました。昼間はご飯を食べに田んぼの方へ行っているハクチョウが多いようです。少し閑散としていました。

お次は下池の様子を。

下池は、凍結はなくいつも通りでした。

カモ類が沢山います。どこを歩いてもカモたちの鳴き声が聞こえてきます。最近都会に出ていないせいか、カモたちの鳴き声が街中の人の話し声に聞こえてくるのは私だけでしょうか。カモたちも同じことを話しているのかもしれません。「おなかすいたー」「ねむいー」「コロナ早く収まらないかなー」「まだまだ寒いねー」

奥の方にも数羽、まだ日本に残っているハクチョウたちがいました。

下池の周りにはぐるっと一周できる散策路があります。まだ雪が積もっていてとても転びやすいですが、皆さん元気にお散歩されていました。散策路からも鳥たちの姿が観察できますので是非歩いてみてくださいね。

「まだこいの~(またきてね~)」の看板があります。奥に見えるのは四阿です。上池も下池も休憩スペースやトイレが完備されています。どんな方でも気軽に訪れられるのは素晴らしいですね。

今回の巡視では特に異常は見られませんでした。

これからも鳥たちがのんびり過ごせるこの環境を残していきたいものです。

そして、ハクチョウが無事にシベリアに帰れることを願いましょう。

おまけ

雪の上にかわいい足跡がついていました。てくてくてく。癒やされます。

ページ先頭へ↑

2022年03月04日おひな様の登場

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

3月になりました。羽黒自然保護官事務所の周りは相変わらずどんよりした天気の日が多いですが、日が長くなり、太陽が顔を出す日も少し出てきました。もうすぐ希望の春です。

冬芽が大きくなってきました。春が待ち遠しい!

3月に入り、月山ビジターセンターにひな祭りの飾りが並びました!

大きな大きなひな壇です。賑やかですね!

入り口を入るとすぐ目の前にあります。繊細なので触らないように気をつけてくださいね。

奥の展示室にも大きなひな壇があります。迫力満点です!

表情豊かなひな人形です。是非じっくり見ていってください。

また、月山ビジターセンターではスノーシューの無料貸し出しをしております。かんじきもあります。

ビジターセンターの周りは雪でいっぱいです。溶けてしまう前に体験してみませんか?

皆さん是非月山ビジターセンターに遊びに来てね。待ってます。

月山ビジターセンターHP→ https://gassan.jp/

ページ先頭へ↑

2022年02月24日【必見】飯豊朝日の登山道保全の記事が載りました!!

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です

先日、飯豊連峰と朝日連峰の登山道保全活動に関する記事が、全国山の日協議会のHPに掲載されました。

羽黒自然保護官事務所として筆を執らせていただきました。

【記事はこちら】

https://www.yamanohi.net/report.php?id=2036

https://www.yamanohi.net/

今年、山形県は山の日全国大会の開催県となっています。

これを機に、飯豊朝日の取組の注目度が上がると嬉しいです。

是非ご覧ください!!

ページ先頭へ↑

2022年02月24日まだまだ冬は明けません

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

この頃の庄内地方はどんよりとした天気が続いています。

空が青かったことを忘れてしまいそうです。暗い日が続くと心もパッとしないので早く青空を見たいです。

雪が多く降った日の翌日は、車が事務所に入れないので一日の仕事は除雪から始まります。

除雪しないと玄関までたどり着くのもひと仕事です。

風が強い庄内。除雪機で遠くに飛ばしたはずの雪が体の上から降ってくることもしばしば。

事務所内に入れば、ペレットストーブのじんわりとした暖かさが待っていると思うと除雪も頑張れます。

さて、路面の雪と凍結に注意しながらゆっくり走行して月山ビジターセンターに行ってきました。

ビジターセンターの軒下の雪を除雪した時にできた大きな山。一階の屋根よりも遙かに高く、大きなかまくらが作れそうです。

月山ビジターセンターの正面玄関の脇です。看板があったはずですが、雪の中に埋まっています。来館される方、気がつかずに通り過ぎてしまわぬようご注意を。

ビジターセンター脇のバス停。バス停の看板と雪の高さを比べてみてください。雪が壁になっています。風が直接当たらないのでバスを待つには良いかもしれませんね。

月山ビジターセンターの横にある二夜の池です。夏は二枚目の写真のようになっていました。雪が降ると池である事がわからなくなりますね。

左の四阿、見覚えがある方もいるのではないでしょうか。

そうです。これです。大きな雪の帽子をかぶり、雪の毛布にくるまっているようです。雪が溶けたら、また訪れた人の休憩所として活躍してくれることでしょう。

月山ビジターセンターではスノーシューを無料で借りることができます。是非暖かい服装で周辺を歩いてみてください。

まだまだ冬は続きますが、短時間晴れ間が出たり雪の日が減ったりと少しずつ春に向かっているような気がします。春が待ち遠しいです。

ページ先頭へ↑

2022年01月12日Before After

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

新年のご挨拶

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

クリスマス寒波と年越し寒波の影響で、一気に雪まみれになりました。

雪と暴風で前が見えないくらいです。自然の厳しさを直に感じながら生活をしています。

では、雪が降る前と降った後の写真を並べてみましょう。

●羽黒自然保護官事務所

Before

After

●月山ビジターセンター

Before

After

●羽黒野営場

Before

After

●羽黒山五重塔

Before 4月の私がいます。

After こちらは澤野保護官の作品です。しんしんと降る雪の音が聞こえてきます。

美しいのは夏だけではありませんよ!!

冬季通行止めの道もかなりありますので行ける場所は限られますが、是非冬の磐梯朝日国立公園も訪れてみてくださいね。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ