ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

三陸復興国立公園 宮古

109件の記事があります。

2018年02月15日おもとミッケ!~トレイル周辺の魅力探し~

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

みなさん、こんにちは。宮古自然保護官事務所の古館です。

2/12に岩泉町小本地区にて、地域の魅力探しを行うワークショップを開催しました。

小本地区のみちのく潮風トレイルルート周辺にどんな地域の魅力があるのか、実際に歩いて地図に起こしてみようと企画したもので、たくさんの地域の方々が参加してくださいました。

 

今回は散歩の達人であり絵地図師の高橋美江先生を講師としてお招きし、講演をスタート。

民俗学の言葉で「ハレ(行事ごとなどの非日常)」と「ケ(普段の生活である日常)」のうち、地域内で「ケ」を見つけることが、地域の魅力探しに繋がるとのこと。

魅力に気づくためには「柔軟な脳みそ」と「好奇心」が大切だと教わり、1つのものでもとらえ方によって見えるものがかわるトリックアートを使い、まずは脳を柔らかくするトレーニング。

 

その後、講師がまち歩きをしながら見つけた各地域の「ケ」の写真を見ながら、日常の中に転がっているものに興味をもつ「好奇心」を高めるお話しがあり、参加者の笑いと感嘆が絶えず会場内に響く楽しい講演でした。

 

好奇心を高めたあと、3チームに分かれて実際に地域内で魅力探しを開始。

私はみちのく潮風トレイル沿いを歩く「トレイルコース」に参加。トレイルマップにもルート付近の見どころが記載されていますが、それはいわば「ハレ」といわれる普段から光を当てている地域で有名なほんの一部分の場所。よく探してみると地域にたくさんの「ケ」が転がっていました。

 

まち歩きから帰ってきたら、自分たちのチームが見つけた魅力を載せた手書き地図作製にとりかかります。各チーム、たくさんの魅力を載せた素敵な地図ができました。

 

(左から...まちなかコース、トレイルコースの手書き地図)

(海コースの手書き地図発表の様子)

 

私自身歩いてみて、トレイルルートから一つ隣の道を歩いたり、いつも通る道でも見方が変わると興味深い発見があって、そこから地域の食文化やその土地ならではの日常が見えてくるのは面白かったです。

これを機に地域の「ケ」の部分に光が当たり、日常の中に転がっている魅力が輝くことを願うばかりです。

 

みなさんもみちのく潮風トレイルを歩くときは、寄り道をしてまちあるきを楽しみながらその地域ごとの文化や日常を見つけてみると、より楽しみが増えるかもしれませんよ。

ページ先頭へ↑

2017年07月31日宮古会場特別企画~パークボランティア厳選!三陸の四季~

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

みなさん、こんにちは。夏を満喫していますか?

 

東北地方各地で開催している【環境省レンジャー写真展2017】。宮古でも6月から会場を移動しながら開催しています。

【写真:浄土ヶ浜ビジターセンターで7月に開催した写真展の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮古では同写真展会場にて、特別企画【パークボランティアセレクションズ 三陸の四季】と題して、三陸復興国立公園で活動するパークボランティアが厳選した写真も会場の一角に展示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはパークボランティア活動の一環で行ったもので、展示する写真の選定・印刷・説明文作り、写真を飾る際のレイアウトなど全てパークボランティアの方々が企画し展示しました。

 

【準備の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

国立公園で何年もボランティアとして活動してきた方々だからこそ伝えたい風景を、その風景や植物などにまつわるエピソードを織り交ぜながら紹介しています。

 

浄土ヶ浜ビジターセンターでの写真展は終わってしまいましたが、8月は会場を移動し、休暇村陸中宮古にて1か月間展示を行います。

環境省レンジャー写真展の開催スケジュールはこちらから

http://tohoku.env.go.jp/pre_2017/2017.html

ぜひ宮古へお立ち寄りの際にはご覧になってみてください。

ページ先頭へ↑

2017年07月14日夏は浄土ヶ浜へ来ませんか?

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

7月に突入し、そろそろ夏休みの計画を立ててらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

浄土ヶ浜ビジターセンターでは、729日(土)~820日(日)まで木や貝殻などを使ったクラフト体験を行います。

【(左から)船の温度計、木のバッジ】木のぬくもり感じられます。

 

 

【キャンドル】かわいいだけではなく、実用的なのが良いですね。

 

 

【フォトフレーム】※実際はフォトフレームの背面もつきます。

 

浄土ヶ浜ビジターセンター館内でクラフト体験を行うので、万が一、雨が降った場合でも楽しめるイベントです。

ぜひ、いらした際には体験してみてください。

詳細はこちら→

浄土ヶ浜ビジターセンターホームページ http://jodogahama-vc.jp/

浄土ヶ浜ビジターセンターFacebook https://www.facebook.com/浄土ヶ浜ビジターセンター-480279388788427/

 

ちなみに...浄土ヶ浜周辺で今楽しめる植物はこちら