ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

十和田八幡平国立公園 鹿角

101件の記事があります。

2017年05月18日夏はまだまだ 程遠く。

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

今回は5月13日に開催された八幡平地域パークボランティア「ヒナザクラ会」の総会の様子・・・ではなく、それに先だって行われた大沼の樹名板の取り付け作業を紹介したいと思います。

 

八幡平ビジターセンター前に広がる大沼周辺には、まだまだ雪が残っています。昨年は「この時期にはすでに溶けていた」とのこと。あと数週間は残雪が楽しめそうです。

 

 

大沼自然研究路は1周約2km。残雪や雪解け水で滑る木道を、お目当ての樹木まで樹名板片手に歩きます。

小脇には、ようやく顔を出し始めたミズバショウやエゾノリュウキンカが枯れたヨシ原を彩ります。

 

 

樹名板の取り付けのためにはまず樹木の同定を行わなければなりませんが、今回は冬芽と大沼の地図を頼りに行います。葉もない花もないとなると、ほとんど地図頼りになります。

もしも地図がなかったら、てんやわんやになっていたかもしれません。

 

 

また、大沼で時々姿を見せるというコイは、昔ここで養殖をやっていた際の生き残りであると教えていただきました。運よくコイを見かけた方は、釣り糸ではなく頭を垂らしてのぞいてやるといいかもしれませんね。

コイも植物も活発に咲き乱れる季節が待ち遠しいです。

そんな大沼を一望できる八幡平ビジターセンターでは、前回ご紹介した「環境省レンジャー写真展2017」が開催中です。

【期間】 2017/5/1(月) - 2017/6/10(土)

【会場】 八幡平ビジターセンター

秋田県鹿角市八幡平字大沼2

大沼の少し遅れた春の訪れとともにいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2017年05月09日写真展、開催中です。

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

写真展、開催中です。

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

今回は「環境省レンジャー写真展2017」の開催のお知らせと設置直後の様子をお伝えします。

【期間】 2017/5/1(月) - 2017/6/10(土)

【会場】 八幡平ビジターセンター

秋田県鹿角市八幡平字大沼2

このイベントは世界遺産地域、国立公園、国指定鳥獣保護区など自然豊かなフィールドで活動するレンジャーが日頃の業務を通じて撮影した四季折々の写真を展示します。

東北各地の自然が持つすばらしさだけでなく、各所管地や活動の紹介も行っていますので、ぜひお立ち寄りください。

また、今後よりよい写真展を開催するため、感想を備え付けのアンケートでお聞かせいただければ幸いです。

この写真展の設置後に、期限切れとなったクマスプレーを練習もかねて使用してみたのですが・・・。

風向きには十分注意したつもりでしたが、雪に囲まれたくぼんだ地形だったため、急に風向きが変わり、噴射したスプレーを浴びるという事態となりました。

期限切れのものとはいっても効果はあるようで、30分近くは顔や粘膜の周りがヒリヒリと痛みます。

天然由来の成分で人畜に無害とはいえ、あくまで緊急用の代物だと身をもってわかりました。

クマスプレーをお持ちの方、使用する可能性がある方は風向きや地形、周囲の状況をよく判断したうえで使用されることをお勧めします。

しかしこのスプレーを浴びせられるクマもたまったもんじゃあないだろうな、と感じました。

これからの季節はクマの活動が活発になります。山の方へいかれる方は十分に注意してください。

ページ先頭へ↑

2017年04月18日八幡平 春の訪れ

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

はじめまして。

この4月から鹿角管理官事務所に配属となりました齊藤と申します。

また、事務所名がこの4月から鹿角自然保護官事務所から十和田八幡平国立公園管理事務所鹿角管理官事務所という名称に変更になっています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

  

さて、15日に岩手県と秋田県を結ぶ「八幡平アスピーテライン」の開通式に行ってきたのですが、昨年に引き続き悪天候に見舞われました。

昨年はゲート前で式典が行われたようですが、今年は天候等の影響により会場も八幡平ビジターセンター内に変更になりました。

開通式、とはいうものの悪天候のため終日通行止めに。

来てみたけど通行止めだ、なんてことがないように、お越しの際は天候、道路情報を忘れずにご確認ください。
また、午後からは八幡平地域のパークボランティアの役員会に出席しました。

すでに予定が決まっているイベント等をもとに今年度の活動予定日を決めていきます。

楽しそうなイベントが多く、皆さん楽しんで活動していることがわかります。

  

パークボランティアの皆さんにはこれから大変お世話になるかと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

  

最後に、51日より八幡平ビジターセンターを会場に2017環境省レンジャー写真展も開催されます。来る行楽シーズンには、八幡平の残雪と春、そして力作揃いの写真展をたっぷりとお楽しみください。

 

ページ先頭へ↑

2016年12月01日平成28年度 東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展

十和田八幡平国立公園 鹿角 髙橋麻記子

こんにちは!鹿角自然保護官事務所の髙橋です。

休日にパークボランティアさんにお誘いされたワークショップでクリスマスリースを作りました。

室内でも自然を楽しめるのはいいものですね。

さて、「平成28年度東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展」の

開催のお知らせと設置直後の様子をお伝えします。

【期間】  2016.12/1(木) - 2017.1/31()

【会場】  休暇村乳頭温泉郷

      秋田県仙北市田沢湖駒ヶ岳2-1

休暇村乳頭温泉郷のブログでも開催についてご紹介いただきました。

http://www.qkamura.or.jp/nyuto/news/detail.asp?nId=1207

ポスター.pdf

【設置の準備中からじっくりご覧いただきました】

「平成28年度東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展」は世界遺産地域、国立公園、国指定鳥獣保護区など自然豊かなフィールドで活動する東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャーが日常の業務中に撮影したベストショット写真を展示します。5月に八幡平ビジターセンターで開催した時よりも会期が長く2ヶ月です。

各所管地やメンバー、活動の紹介もしてますので、ぜひお立ち寄りくださいね!

今後、よりよい写真展を開催するため、感想を備え付けのアンケートまでどうぞお聞かせください。

よろしくお願いします。

【喫茶コーナーなので、みなさんコーヒーなど召し上がりながら・・】

設置の準備中から、「この写真が一番好き!」「チングルマって何ですか?」「ここ行ったことある~!」「どの写真もすてきよ」と生のお声だけでなく、タブレットやスマホで、環境省のHPやこのブログを検索して頂きました。

限られた場所やパネル枚数での展示法を考えたりするのを「アートディレクション」と

言ったら大げさかもしれませんが、切り貼りといった地味な作業も多い中、全国への発信、

アピールの効果を実感できて、本当にうれしく思いました。

国道341号線の鹿角市八幡平トロコ(柳沢付近)~ 仙北市玉川ダム付近は11月30日で4月中旬まで

冬期通行止めとなりましたので、ご注意くださいね。

 

 

ページ先頭へ↑

2016年11月14日八幡平の冬イベントと泥火山

十和田八幡平国立公園 鹿角 髙橋麻記子

こんにちは、鹿角自然保護官事務所の髙橋です。

八幡平山頂は日中の体感温度で-5℃から-20℃といったところでしょうか。

山頂のオオシラビソは植生密度が日本一ですから、風雪で作られる樹氷も日本一です!

八幡平では、冬もスノーシューで八幡平山頂の樹氷原や日本最大級の後生掛自然研究路の泥火山に行くイベントなどを行いますよ♪ ぜひチェックされてみてくださいね。

八幡平_冬のイベント.pdf

◇八幡平ビジターセンターの情報はこちらから

http://blog.goo.ne.jp/hatimantai

さて、八幡平には全国的にも珍しい自然現象があり、そちらをご紹介します。

【大沼から見える八幡平ビジターセンター裏手】

あの白煙は何なのでしょう。火事ですか!?

【八幡平スキー場から見える八幡平ビジターセンター裏手】

風がない時が白煙をきれいに撮れるシャッターチャンスと教わりましたが・・

【八幡平ビジターセンター横の泥火山】

答えは【泥火山】から出ている湯気です。気温が低くなっても、活発に活動中!

夏場の泥の温度は95℃前後にも。離れた高い場所から見ると、近くにある地熱発電所(大沼・澄川)の蒸気と負けないくらいの量。

【泥火山】をざっくりと説明すると「地下から出るガスに伴って噴出する泥が堆積してできた火山に似た円錐形のもの」で、地表で数mもある泥火山現象が八幡平で見られます。

大人も子供も初めて見る方のリアクションがとてもいいので、面白いです。

冬期は八幡平ビジターセンターのスタッフが後生掛自然研究路の泥火山にスノーシューイベントでご案内します。

ページ先頭へ↑

2016年11月14日八幡平の冬支度

十和田八幡平国立公園 鹿角 髙橋麻記子

こんにちは!鹿角自然保護官事務所の髙橋です。

朝晩の寒暖差や乾燥で風邪などひかれていらっしゃいませんか?

鹿角の里にもふんわりと雪が舞い、事務所内から見える鹿角盆地を取り囲む山々

「青垣山」は雪化粧を纏って、本格的な冬の始まりです。

立冬の11月7日に八幡平ビジターセンターなどの直轄施設の防雪扉やトイレの水抜き等の閉館状況、後生掛自然研究路の閉鎖(通行禁止)、杭やロープの撤去、外看板への雪囲い状況の確認と周辺の巡視を行いました。

【ビジターセンターにある公衆トイレ等の水抜き】

【静寂の大沼 標高950m】

錦秋に大型バスでのツアー客や三脚を持ったカメラマンでいっぱいだった大沼。人が多いときにはあまり

姿を見せない鯉が3匹悠々と泳いでいました。ワカサギもいるようです。

 

 

 

 

 

【杭を抜いた穴に落ち葉が入った小さな氷結】

アクリル樹脂で固めた植物標本が雑貨屋などで人気ですが、いずれ溶けてしまう儚さは美しいですよね。

 

 

 

 

 

【後生掛(大沼)キャンプ場も閉館】

写真はブナの紅葉が美しい10月14日のものです。

 

 

 

 

 

 

 

【今年新しくなった後生掛(大沼)キャンプ場入り口前の看板の雪囲い】

 

 

【霜柱がニョキニョキと!】

毛細管現象のひとつで、寒い日の朝に軟らかめの土壌で発生しやすいです。

 

 

 

 

【後生掛自然研究路から見える畚岳】

このポイントから一生分の霜柱を見ました(笑)

八幡平アスピーテラインは来年4月中旬まで冬期通行止めです。

後生掛温泉までは通年の通行が可能ですので、冬タイヤと防寒対策をしっかりされて

冬の八幡平へお越しくださいね!

ページ先頭へ↑

2016年10月12日紅葉の秋田駒ヶ岳観察会 

十和田八幡平国立公園 鹿角 髙橋麻記子

こんにちは!鹿角自然保護官事務所の髙橋です。「山澄む」という季語がぴったりの季節となりましたね。

 

南八幡平の秋田駒ヶ岳で絶好の秋日和だった10月3日に今年5回目となる観察会が催されましたので、

その様子をご紹介します。ちなみに秋田駒ヶ岳という山はなく総称です。

 


【駒ヶ岳八合目小屋前でのストレッチ】

【案内板でコースの説明】

 

 

首都圏やリピーターのご参加者やパークボランティアさんは赤やオレンジの紅葉色を衣類やリュックに身につけている方が多く、真っ赤なナンゴクミネカデととても馴染んでいました。

 

片倉岳展望台からは日本一深い田沢湖が一望!鳥海山や森吉山も見えます。

鳥海山がよく見える翌日は雨になるのだとか。月山や岩木山まで見える日もあります。

 

うずまき状の小岳やムーミン谷(馬場の小路)を見下ろし、標高1,000mを超えるところの天然秋田杉も見えます。横岳に進むと早池峰山と岩手山、乳頭山もばっちり見え、秋晴れの中全員で見とれます。

 

 

「この中に古文の得意な人いる~?」とツツジ科の落葉低木「ハナヒリノキ」について解説。

「ハナヒリ」は古語でくしゃみのことで、この葉の粉が鼻に入ると,激しいくしゃみがでるところから名付けられたそう。見ているだけで何だかムズムズしてきたような・・

 

 

八合目休憩所にある「シラタマノキ」の白い実が終盤のため、ピンク色かつハートに見えるものもあって、とっても可愛い!花びら状の白いガク片が本当の実を包んでいます。

 

チングルマの紅葉は終盤でしたが、秋田駒ヶ岳はいつの時期に来ても多くの方々を魅了しています。

 

主催である休暇村乳頭温泉郷の竹内支配人、南八幡平パークボランティア「ホシガラスの会」10名のみなさん、ありがとうございました。

解説とは別班にて男女岳登り口で旧道のロープと柵の片付け作業も行っていただきました。

10月10日には霧氷が見られたため、近いうちに初冠雪となりそうです。

さて、10月16日(日)に環境省と休暇村乳頭温泉郷の共催で紅葉のブナ森ハイキングを開催します。

キノコがいっぱいのブナ森をの~んびりお散歩しませんか? 

 

お申し込み・お問い合わせは下記までお願いします。

TEL 0187-46-2244(休暇村乳頭温泉郷)

http://www.qkamura.or.jp/nyuto/activity/

ページ先頭へ↑

2016年05月13日【開催のご案内】十和田八幡平国立公園八幡平地域指定60周年記念式典

十和田八幡平国立公園 鹿角 髙橋麻記子

こんにちは。

GWに八幡平山頂と大沼の周辺を歩いてきましたが、例年より雪解けが早く、木々の芽吹きが進んでいました。散策や山スキーを楽しむ多くの方々が見られ、シーズンの到来を感じました。

八幡平、岩手山、秋田駒ヶ岳等からなる八幡平地域は昭和31年7月10日に十和田国立公園に編入され、十和田八幡平国立公園に改称されて現在に至っています。

八幡平地域指定60周年記念式典までいよいよ10日。昨日は盛岡、来週は仙台で打ち合わせと県市町村など関係者の方々のご協力を頂きながら進めています。

当日は午前10時30分より八幡平山頂レストハウスにおいて、秋田県鹿角市主催による八幡平山開きが行われます。 山開きと併せて式典へのご来場をお待ちしております。

「八幡平地域指定60周年記念式典」

【日時】

平成28年5月22日(日)14:00~16:00

【場所】

八幡平ロイヤルホテル(岩手県八幡平市松尾寄木第一地割590-5)

【主催】

環境省

【内容】

基調講演「八幡平地域60周年を振り返って」
講師:岡野 治氏(元岩手県自然保護課自然公園担当課長) 

パネルディスカッション「これからの国立公園八幡平を考える」
コーディネーター:渋谷 晃太郎氏(岩手県立大学総合政策学部教授)
パネリスト:
葛西 さや香氏(八幡平ビジターセンタースタッフ)
佐藤 裕之氏(田沢湖キャンプ場代表、ガイド)
坂内 美佳氏(網張ビジターセンター解説員)
平山 順子氏(ガイド、八幡平市自然保護管理員)

【参加者】

300人程度
一般の方も自由に参加できますが、会場の大きさが限られており入場いただけないこともあります。

ページ先頭へ↑

2016年04月20日八幡平アスピーテライン 春山開通!

十和田八幡平国立公園 鹿角 髙橋麻記子

はじめまして。

この4月から鹿角自然保護官事務所に着任した髙橋と申します。

十和田八幡平国立公園の「八幡平地域」の秋田県側を担当しますので、八幡平や焼山、秋田駒ヶ岳などのフィールドや各イベント等で環境省のレンジャー服を見かけたらお声がけくださいね。

今年で国立公園指定60周年を迎える八幡平のイベント活動や現場の様子をお届けしていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

4月15日に岩手県と秋田県を結ぶ「八幡平アスピーテライン」の開通式に行ってきました。

場所は八幡平7合目にある蒸ノ湯(ふけのゆ)ゲート前。

悪天候のため解除後すぐに封鎖され、終日通行止めとなりました。吹雪いて寒かったのですが、樹氷を形成するオオシラビソのふんわり雪化粧がキレイでした。

全線開通は翌日16日となりましたが、20日現在は積雪・路面凍結のため終日通行止めです。

お越しの際は天候と道路情報を十分にご確認ください。


開通前日の4月14日には、「八幡平地域」国立公園指定60周年記念イベント第1回「八幡平ウォーク 雪の回廊を歩こう」に参加してきました。

平日ですが、八幡平ビジターセンターのスタッフやパークボランティアのみなさんなどを含め総勢52名で8合目の田代沼から賑やかに歩行者天国の道路や雪の回廊の上を歩いていきます。

雪虫として春の季語でもある「セッケイカワゲラ」も一緒に雪上を歩いていたかもしれないですね。

除雪業者さんによると「キツネやウサギは雪の壁をぴょーんと飛び超えるが、タヌキは毎年頑張っても乗り越えれず、指の皮が剥けてしまって可哀そうだ」とのこと。

全長47キロのアスピーテラインの夜間を想像しながら、標高1560mの「大深沢展望台」へ到着。

「秋田駒ヶ岳」や「畚岳(もっこだけ)」がよく見えて歓声があがります。この「大深沢展望台」の木の看板は初代のレンジャーが手彫りしたものだそうですよ。

鳥海山や月山が見える日もありますので、ぜひお立ち寄りください。

気持ちよく歩いていくと、見返り峠駐車場のパークサービスセンターとレストハウスのバックに迫力ある秀麗な岩手山が正面に見えました。

この感動は実際の目でご覧くださいね。

お昼は春の味覚のフキノトウ味噌などの山菜たっぷりなお弁当と豚汁を頂きました。

午後からはオオシラビソの森をスノーシューで山頂を目指しました。

山頂展望台の1階には1等三角点がありますが、雪で隠れていて2階部分に到着です。

山頂から「陵雲荘」を経由して、結氷している「八幡沼」を渡って戻りました。

例年より2~3mは少ないということですが、GWまで雪の回廊は楽しめそうです。

八幡平の残雪と春をたっぷりとお楽しみください。

八幡平ビジターセンター近くの大沼では水芭蕉とエゾノリュウキンカが咲いています。

ページ先頭へ↑

2016年02月25日十和田八幡平国立公園八幡平地域の公園計画リニューアル

十和田八幡平国立公園 鹿角 高橋 孝貴

1956年(昭和31年)7月10日に八幡平地域が十和田八幡平国立公園に追加指定されてから、今年は60周年の記念すべき年になります。十和田八甲田地域は1936年(昭和11年)2月1日に指定されているので、今年が80周年となります。それぞれ、環境省主催の記念式典や、60周年、80周年記念のイベントが企画され、メモリアルイヤーであることが皆さんの目に触れることも多くなりそうです。ぜひこの機会に、十和田八幡平国立公園に足を運んでいただけるとうれしいです。


さて、そんな記念すべき年に、普段国立公園を訪れる際にはなかなか意識する機会のない部分でも大きな変化がありましたので、今日はそのことについてご紹介したいと思います。


皆さんは、各国立公園にはそれぞれ「公園計画」というものがあることをご存じでしたか?おそらく、このことを知っている方は少ないのではないかと思います。かくいう自分も、お恥ずかしながらアクティブ・レンジャーの仕事をするまでは知らず、国立公園について漠然としたイメージを抱いていたに過ぎませんでした。素晴らしい景観や自然の営みを保護しつつ適正に利用するため、特定の地域を国立公園として指定し、管理している、という認識どまりでした。


公園計画では、保護と利用の観点から国立公園の中を複数の地域に分け、それぞれの地域ごとに適切な保護と利用がされるように保護規制の強弱を設定しています。また、キャンプ場やスキー場、宿泊施設、車道、歩道、避難小屋などの利用施設が無計画に設置されることがないよう、適切な場所にそうした利用施設を設置する計画を定めています。


こうした計画は、定期的に点検・見直しを行い、環境や時代の変化に合わせて適切なものに変更していく必要があり、そうしないと実際の国立公園運営に様々な不都合が出てきます。残念ながら十和田八幡平国立公園の八幡平地域では、1956年(昭和31年)7月10日の当初指定以降、この公園計画の全面的な再検討が完了に至ることはなく、部分的な変更にとどまっていましたが、2016年(平成28年)2月22日、ついに八幡平地域の全面的再検討が完了し、公園計画がリニューアルされました。


リニューアルされた詳細な内容については、下記の公園紹介ページの各PDFファイルをご覧ください。

http://www.env.go.jp/park/towada/intro/index.html


今回の日記はかなり文字が多くなってしまいましたので、具体的にどのように変わったのかが分かりやすいビジュアルな例をご紹介します。下の図が、八幡平地域の指定当初からつい最近まで使用されていた公園計画図(一部抜粋)です。

旧・公園計画図


そして下の図が、今回変更された公園計画図(一部抜粋)です。

新・公園計画図


各境界線が明確になり、地名や施設名も最新化されているのがお分かりになるかと思います。実務で様々な判断が必要となるとき、判断基準のひとつとなる公園計画図が明確で誰にとっても分かりやすい形であることは、とても重要と言えます。


今回はいつもとは違った側面から、国立公園運営に関するご紹介をさせていただきました。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ