ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

十和田八幡平国立公園 鹿角

119件の記事があります。

2019年02月13日今年もスノーシューの季節がやってきました

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

210日に行われた休暇村乳頭温泉郷主催の「スノーシューハイキング」に参加してきました。

最近では誰でも手軽に楽しめるということもあってかスノーシューが人気なようで、当日は23名もの方が参加されました。

雪の上を歩くのは初めてだという外国人の方も参加されていて、時折立ち止まってはたくさんの写真を撮っていました。

現地では前日の夜から当日の朝にかけて30から40cmほど雪が降ったようで、ふかふかの新雪の上を楽しむことができました。あまりにふかふかだったため、スノーシューを履いていても膝付近まで沈み込んでしまいます。

参加者の方々は最初の内は踏み固められた道を歩いていましたが、少しずつ脇の新雪の上にはみ出しては感触の違いを楽しんでいるようでした。

【スノーシューの行列】

行程の最後のお楽しみ、昨年度も好評だった斜面を利用した天然の滑り台にさしかかります。

フワフワの新雪に阻まれて中腹あたりで止まってしまった方も多かったですが、中にはそれを見越してかビニール製の風呂敷を持参する方もいました。

私も1枚お借りして滑ってみましたが、あまりの勢いの良さに滑りきったというよりは途中から転がっているかのようでした。

【今年度も滑り台は好評です】

出発地点である休暇村に戻ってきたとき、参加者の方々が口々に「楽しかった」と言っているのを聞くことができ、とても嬉しく思いました。

最近の気候を見る限り、まだまだ春の訪れは遠いようです。初心者でも楽しむことが出来るスノーシューで冬の八幡平地域を堪能してはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2019年02月07日冬の災害対策訓練に参加してきました

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

今回は26日に行われた澄川地熱発電所の非常災害対策訓練に参加してきました。

澄川地熱発電所の非常災害対策訓練は夏期にも行われており、秋田焼山の噴火を想定した訓練を行っています。冬期における訓練は今回で2回目になり、前年度に引き続き、雪崩災害を想定した訓練です。

発電所職員が雪崩に巻き込まれたと想定し、事前に埋設したダミー人形の捜索と救助を行います。

最初はスノーシューとゾンデ棒を用いた捜索訓練から行いました。横一列に3から40cm間隔で隊列を組み、指揮者の合図のもと、ゾンデ棒を差し込んでいきます。

【ゾンデ棒を差し込む様子】

差し込んだ際、何か違和感を感じたらゾンデ棒を残したまま周囲を掘り進めていきます。

もし救助者を発見した場合は完全に掘り起こさず、10cmほど雪を残したままブルーシート等で包み、ソリに乗せて搬送となります。

掘り起こした際、完全に外気にさらしてしまうと低体温症を引き起こす可能性があるそうで、あえて残しておいてシートで包みながら徐々に落としていくとのことです。

また、次にビーコンを用いた訓練も行いました。

機種によって表示の仕方などは異なっていますが、基本的な使い方は一緒で、雪崩の危険のある場所で行動する際は電波を発信した状態で身につけます。

【ビーコンの解説中:この機種では大まかな距離が表示される】

捜索の際はビーコンを受信状態にし、反応の強くなる方へ捜索していき、大まかな位置を特定します。

その後は先の訓練と同様にゾンデ棒を用いて救助者の確実な位置を特定し、周囲を掘り進めます。

ビーコンでは大まかな位置を特定することしか出来ませんが、捜索にかかる時間を大幅に短縮することができ、救出時の生還率を高めることが出来ます。

【ビーコンを頼りに捜索中】

近年では雪の無い地域からの外国人旅行者も増えていることもあり、今後冬期における遭難や救助といった案件が増えることが考えられます。

予測の難しい自然災害に対し、いざという時慌てずに行動できるよう十分な訓練と対策を講じておきたいですね。

冬山に入る際は適切な装備を身につけ、体調管理を万全に整えたうえでお楽しみください。

ページ先頭へ↑

2018年10月11日今年最後の観察会と秋田駒ヶ岳

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

105日に行われた秋田駒ヶ岳自然観察会(チングルマの紅葉)に参加してきました。今回は初の試みとして平日に開催しましたが、参加者が11名集まりました。

朝は雲の中にあった駒ヶ岳ですが、段々と晴れていき次第に暑いくらいの日差しとなりました。晴れ間がのぞくにしたがって、紅葉や展望を楽しむ声があふれます。

花を咲かせる植物は終わりを迎え、赤や黄に染まった山肌を参加者それぞれがゆっくりと楽しむことが出来たように思います。今回はチングルマの紅葉をメインとしていましたが、そのチングルマも季節を少し過ぎてしまった様子でした。場所によってはまだ綺麗な色を見せていました。

【左:色付きを見渡す 右:チングルマの紅葉】

また、今回は少し時間に余裕がありそうだったので男岳の分岐まで登り、女岳方面を観察しました。雲の晴れた少しの間、遠くに小さく鳥海山が見えました。

【女岳と鳥海山(赤丸の中)】

山の上の紅葉は段々と過ぎ去り、次第に里の紅葉が楽しめます。風が冷たくなってきましたので、散策の際は風を通さない上着を忘れずに臨みましょう。

1014日(日)には休暇村乳頭温泉郷付近のブナの森の紅葉を楽しむ「ブナの森ハイキング」が行われます。

お申し込み・お問い合わせは下記までお願いします。

TEL 0187-46-2244(休暇村乳頭温泉郷)

http://www.qkamura.or.jp/nyuto/activity/

ページ先頭へ↑

2018年09月19日紅葉シーズン到来か

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

今回は八幡平付近の紅葉の様子を見に行ってきました。

八幡平から眺めた遠景でも赤や黄に染まりつつある山肌が確認できます。今日は朝からとてもお天気が良く、カメラを片手に携えた観光客と多くすれ違いました。私含め、各々が望む撮影スポットを求めていたように思います。

八幡沼付近の湿原は、陽光を受けて黄金に輝いていました。風になびく様子はとても清々しい気分になります。前回たくさんの個体を観察できたエゾオヤマリンドウも、数を減らしてはいますが、黄金の中に隠れるように青色を見ることが出来ます。

【左:風に揺れる黄金 右:隠れた青色】

次に、お天気の良さと紅葉具合を期待して長沼に脚を伸ばしてみましたが、この辺りの紅葉はまだ先の様子。湖畔には多くのアキアカネが休んでいましたが、その赤さを分けてくれるにはもう少しかかるようです。


【紅葉はもう少し先の様子】

日に当たっていれば暖かいものの、少しでも陰ったり、風が吹くと冷たく感じる季節になってきました。散策の際は脱ぎ着の楽な上着を持って行き、体調を気遣ってお楽しみください。

ページ先頭へ↑

2018年09月04日9月の八幡平と企画展

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

今回は八幡平の巡視に行ってきました。

少しずつ赤や黄に染まる葉が出てきて、段々と秋へと近づいているのがわかります。8月から9月ころに見頃を迎えるエゾオヤマリンドウがあちこちで観察できました。マルハナバチが花の奥に潜り込んでせっせと蜜を集めている様子はなんともかわいらしい姿でした。

【エゾオヤマリンドウとマルハナバチ】

また、秋晴れもまた写真映えしますが、空の色を写した池塘も綺麗でした。天気のいいときは是非一度脚を止めて眺めてみてはいかがでしょうか。

【鏡のような池塘】

頂上からの帰りに八幡平ビジターセンターに寄ってみると、「八幡平のいいとこ撮り展」という企画展をやっていました。ビジターセンターのスタッフが撮りためた写真の中から厳選した心に残る「一瞬」を展示しています。写真がどこで撮影されたか、という地図も一緒に展示されているため、「今度はここに行ってみようか」と思いを馳せることもできます。

【どこで撮影されたか確認できます】

「八幡平のいいとこ撮り展」は924()までとなっています。9月の3連休はぜひ八幡平へお越しください。

ページ先頭へ↑

2018年08月16日去る夏、来る秋

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

山の日(11日土曜日)に第3回秋田駒ヶ岳自然観察会(ハクサンシャジン)に参加してきましたので、様子をお伝えします。

今回は朝から雲が多く、ふもとから見ると秋田駒ヶ岳は雲の中でした。そんな秋田駒ヶ岳の新道コース上では、ダイモンジソウやミヤマリンドウ、オクトリカブトなどの夏の花を多く見ることが出来ました。今回のお目当てハクサンシャジンを含めて、春先や初夏よりも青い花が目立ちます。草陰に隠れて、春先や初夏の高山植物も実をつけて次の季節を待っているようでした。

【青の花:オクトリカブト(左)、ハクサンシャジン(右)】

片倉展望台を過ぎたあたりでは、ホシガラスが食べたと思われるハイマツの実が落ちていました。今回は一つだけ落ちていましたが、もう少しするとコース上に多くのハイマツの実が散乱しているのを見ることが出来ます。運がいいと食べている姿を目撃することが出来るかもしれません。

【食べかけのハイマツの実】

お昼頃に一度雨に降られましたが、その後は雨も降ることなく、時折のぞく晴れ間に照らされながらシャクナゲコースを通り下山となります。横岳から焼森の砂礫地では、まだ多くのコマクサが咲いていました。

【コマクサの群落】

山の上の夏もそろそろ終わり、走り去るように秋がやってきます。過ぎゆく夏から秋への変遷を秋田駒ヶ岳で観察する、というのはいかがでしょうか。

次回は9月9日(日)にエゾオヤマリンドウの観察会が行われます。

お申し込み・お問い合わせは下記までお願いします。

TEL 0187-46-2244(休暇村乳頭温泉郷)

http://www.qkamura.or.jp/nyuto/activity/

ページ先頭へ↑

2018年06月04日今年も秋田駒ヶ岳の自然観察会が行われました

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

63日に「第1回 秋田駒ヶ岳自然観察会(シラネアオイ)」が行われました。

朝から雲一つ無い晴天で、絶好の観察会日和です。1日に山開きをしたばかりの秋田駒ヶ岳には所々に雪渓が残されていますが、雪解けの早かった場所では少しずつ高山植物が姿を見せています。

【八合目から撮影:雪渓を歩く登山者が小さく写っています】

八合目から阿弥陀池までの新道コース上では、オオバキスミレやミヤマキンバイ、サンカヨウを多く見ることが出来ました。まだつぼみの個体も多く、数日後には登山道脇を鮮やかに彩ってくれるでしょう。

【新道コース脇の様子:オオバキスミレ(左)、ミヤマキンバイ(右)】

また、観察会では植物の話だけではありません。秋田駒ヶ岳やその周辺の歴史、地元に住む人ならではの昔話を話すボランティアの方もいます。私がご一緒した班のボランティアさんは、「お妾さん(男女岳)の方が大きいことに女岳が怒り、噴火した」というお話を聞かせてくれました。

【男岳分岐にて:女岳について解説中】

阿弥陀池周辺ではチングルマやヒナザクラが咲き、帰りのシャクナゲコースではシラネアオイの群落や色鮮やかなムラサキヤシオが見られました。こちらも、まだ咲き始めといった様子で、短い山の夏を「急げ、急げ」と生育しているように思います。見ている側からすれば、来るたびに変わる景色が目新しいです。

【シャクナゲコース脇の様子:シラネアオイ(左)、ムラサキヤシオ(右)】

これからさらに暑い季節がやってきますが、山の上の植物はさらに「アツく」咲き乱れていきます。北日本一といわれる秋田駒ヶ岳で高山植物を堪能してはいかがでしょうか。

次回は7月8日(日)にコマクサの観察会が行われます。

お申し込み・お問い合わせは下記までお願いします。

TEL 0187-46-2244(休暇村乳頭温泉郷)

http://www.qkamura.or.jp/nyuto/activity/

ページ先頭へ↑

2018年05月08日写真展と竜の目と。

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

鹿角管理官事務所の齊藤です。

八幡平地域について、今回は2本立てです。

まずは「環境省レンジャー写真展2018」の開催のお知らせから。

【期間】 2018/5/1(火) - 2018/6/10(日)

【会場】 八幡平ビジターセンター

秋田県鹿角市八幡平字大沼2

このイベントでは世界遺産地域、国立公園、国指定鳥獣保護区など自然豊かなフィールドで活動するアクティブ・レンジャーが日頃の業務を通じて撮影した写真を展示しています。

東北各地の自然が持つすばらしさだけでなく、各所管地や活動の紹介も行っていますので、ぜひお立ち寄りください。

また、今後よりよい写真展とするため、備え付けのアンケートで感想をお聞かせいただければ幸いです。

次に、ドラゴンアイの経過についてお知らせします。

ドラゴンアイとは、八幡平頂上付近にある鏡沼の中心に雪が残ることがあり、それがまるで竜の目のように見えることから名付けられました。

5月8日現在の様子は、というと...。

【5月8日11時頃】

少しではありますが水面が見えていました。

見頃となる5月下旬から6月上旬までの雪の解け具合で形が変わってきますが、今年は綺麗な瞳になってくれるか楽しみです。

八幡平の頂上付近はまだ風が冷たく、雪も多く残っているので、防寒対策や長靴などの備えを忘れずにお越し下さい。

ページ先頭へ↑

2018年04月16日アスピーテライン、開通です

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

15日に岩手県と秋田県を結ぶ「八幡平アスピーテライン」の開通式が行われました。

一昨年、昨年と悪天候に見舞われ、開通式当日の終日通行止めが続きましたが、今年は果たしてどうなるでしょうか。

天気予報や雲行きを見る限り、あまり良い天気とは言えませんが...?

当日、八幡平ビジターセンターの玄関口に掲載されている道路情報を見てみると、どうやら10時から冬期通行止め解除予定、とのこと。

ひょっとしたら今年こそは開通式当日の解除なるか、と期待が高まります。

【玄関口の道路情報】

式典自体は今年も八幡平ビジターセンター内での開催にはなりましたが、予定通り10時からアスピーテライン開通とのアナウンスがあり、3年ぶりの当日解除となりました。

【テープカットの様子】

式典の後、アスピーテライン秋田県側の蒸ノ湯ゲート前には開通を待つ車両がずらりと並んでいました。

ゲート付近から見返峠にかけて濃い霧が出ていたり、車が揺れるほどの強風が吹いていたり、という悪天候でしたが、今年も見応えのある高さの雪の回廊を通行してきました。

今年も415日から531日まで「桜と雪の回廊」という観光キャンペーンが行われています。スタンプを集めて応募すると抽選で特産品が当たるスタンプラリーも開催しているようです。

皆様お楽しみの行楽シーズンには、周辺地域の桜の名所や春の花々と同時に八幡平の雪の回廊を楽しんではいかがでしょうか。

お越しの際は天候や道路情報の確認とともに、当分の間は17時から翌830分まで夜間通行止めとなっていますのでご注意ください。

 

 

あきたのみち情報(外部リンク)

http://road.pref.akita.lg.jp/modules/tinyd0/

 

ページ先頭へ↑

2018年02月13日スノーシューで雪原を歩こう

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

2月11日(日)に、休暇村乳頭温泉郷主催の「スノーシューハイキング」が開催されました。

現地では当日の朝に30cmほど雪が降ったようで、駐車場では雪下ろしに励む人々の姿が多く見られました。

【スノーシューを履いていざ出発】

南八幡平地区パークボランティアの皆さんが案内人として先頭に立ち、ラッセルしつつ空吹湿原への林道を進みます。

ラッセルとは雪を踏み固めながら道を切り開いて進むことです。先頭で道を切り開く人はとても体力を使うため、交代で先頭を替えながら進んでいきます。

今回の参加者は22名で、例年より若い方が多く、中には「是非ラッセルをしたい」と意気込んでいた方もいました。

風はあまりありませんでしたが、雪はしんしんと降り続きます。そんな中でも、若い方達の楽しげな声が聞こえてくると不思議と周りの参加者も笑顔になっていました。

【倒れ込んで人型を作る】

新雪に埋もれてしまったのか、動物の足跡は見つかりませんでした。

ですが、開けたところで倒れ込んで人型を作ってみたり、スノーシューの足跡で絵を描いたりして、たくさんの「雪」を楽しんでいました。

行程も終盤、「そろそろ終わっちゃうのか」なんて声が聞こえてくる中、最後の見どころ(遊びどころ)にさしかかります。急な斜面を利用した天然の滑り台です。

フワフワの新雪に阻まれて中腹あたりで止まってしまった方も多かったですが、最後まで勢いよく滑りきった人が出たときには歓声が上がりました。

【スキーやスノーボードとはひと味違う?】

出発地点である休暇村に戻ってきたとき、参加者の顔に疲れよりも満足感が溢れているように見え、とても嬉しく思いました。

最近の気候を見る限り、まだまだ春は遠いようです。初心者でも楽しむことが出来るスノーシューで冬の南八幡平地域を堪能してはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ