ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

磐梯朝日国立公園

48件の記事があります。

2019年07月02日梅雨の磐梯山

磐梯朝日国立公園 楊 寛明

こんにちは、裏磐梯自然保護官事務所の楊です。

梅雨のまっただ中、裏磐梯でも雨や曇りが続いています。

今回は、梅雨の時期(6月中旬~7月上旬)に磐梯山で見られる植物についてご紹介します。

磐梯山はなんといっても、「バンダイクワガタ」です。

昆虫のクワガタをイメージさせる名前ですが、正体はゴマノハグサ科の植物です。

名前の由来は、果実が萼につつまれており、その形が「鍬の形」に似ることからクワガタという名前がついているようです。

バンダイクワガタはその年にもよりますが、6月中旬頃から咲き始めます。

噴火で形成された荒々しい岩稜に咲く姿は力強さを感じさせてくれます。

 

【バンダイクワガタ】

 

この時期はこの他にも様々な植物を観察することができます。

     【ハクサンチドリ】                    【ウラジロヨウラク】

 

     【グンナイフウロ】                     【イワカガミ】

 

 

【マルバシモツケ】

長雨が続き、なかなか外に出る機会が少ないかもしれませんが、雨の日の磐梯山は晴れた日とはまた違った美しい光景が広がっています。植物観察でオススメのコースは猪苗代スキー場からのコースや翁島登山口から登る表磐梯コースです。是非、磐梯山を登山してみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2018年10月23日月山冬支度

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

皆さん、こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の澁谷です。

10月22日、月山8合目へのアクセス道、通称月山公園線道路が午後3時をもって閉鎖されました。

それに伴い、登山者の皆さんにご使用いただいた外来植物除去用の足ふきマットを片付けてきました。

8合目登山口に設置していたマット     看板たちと一緒に冬眠しますzzz....

昨年の公園線道路閉鎖日は、現地に行くことが出来なかったので知らなかったのですが、厳しい冬を迎え

るためには、様々な準備がありました。

トイレは便器や手洗い、フロアを洗い、凍結防止の為、便器1個ずつから水を抜き、最後に浄化槽も

空にしてトイレの扉と、管理人小屋の扉を冬仕様にして冬を迎えるのでした。

     

毎年、公園線道路の閉鎖日は決まっているわけではなく、道路を管理する山形県から閉鎖日の告

知を受け冬支度の準備に取り掛かります。例年、閉鎖日は荒天が多く、又、閉鎖前に月山に雪が

一度も降らない年も珍しいとのことで、天気の良い中で閉鎖作業に立ち会え、あらためて山を守る

人たちのご苦労を知った日となりました。

月山公園線道路の閉鎖を惜しむように平日にも関わらず、次々車が訪れ、8合目からの眺めを楽

しんだり、弥陀ヶ原湿原を散策する姿が見られました。頂上ピストンという方も10名位いらっし

ゃったので、ゲートが閉まる前に下山お願いしますと声掛けしました。

 

<登山道入り口の看板もすべて取り外されました>      <木道脇の緑のロープも取り外されました>

西川町の月山リフトも今季は10月21日(日)の営業をもって終了、月山は冬支度を終えました。

ただし、姥沢駐車場までの道路は11月上旬までは利用できるようです。姥沢方面から入山される方は、

リフトの利用はできませんので、時間に余裕をもって登山なさってください。(道路状況は、都度ご

確認なさってください。天候によっては通行不能な場合もあるかもしれません。)

ページ先頭へ↑

2018年10月05日月山の紅葉

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

 月山に行って来ましたので、現在の月山(弥陀ヶ原湿原のある羽黒口)の様子をお伝えします。

鶴岡市で改築中だった8合目駐車場新トイレが完成していました。

和式便器からほぼ洋式便器、暖房便座に代わっていました。トイレ使用には100円以上の募金(清

掃維持管理の為)を募っていました。いつまでもキレイに使えるよう、ご協力をお願いします。

さて、今現在の弥陀ヶ原湿原は、草紅葉、紅葉ともに終盤に入ってきているようです。

麓から8合目まで車で上がる事ができ、車中からも紅葉を楽しむことが出来ます。

弥陀ヶ原湿原は、木歩道が整備され1周するのに、ゆっくり1時間あれば回ることができると

あって、平日ですが観光バスやマイカーで利用されてる方がたくさんいらっしゃいました。

この日は、少し足を伸ばし9合目まで歩いてみました。

9合目の仏生池小屋は、先日小屋締めをしたとのこと。頂上小屋、月山神社も閉山式を

終え、月山は徐々に冬支度に入っています。8合目のレストハウス、弥陀ヶ原湿原にある

御田原参籠所は10月8日(月)で営業終了しております。

アクセス道の月山公園線は・・・いつ閉鎖になるのか、まだ未定とのこと(例年10月20日前後)

ですが、もう少し紅葉を楽しむことが出来そうです。訪問される際には、事前に道路情報を

確認してからお出かけください。

<木道脇の目に鮮やかな"赤">

 

<8合目駐車場から頂上を臨む>

           

          

<8合目駐車場から、下>

紅葉は、徐々に里へと下りはじめています。ドライブだけでもキレイな紅葉を楽しめそうです。

登山される方は、日暮れ時も早くなっておりますので、、早立ちでの行動をおすすめいたします。

※8月の豪雨災害により、アクセス道の月山公園線は、2合目付近で道路が崩れており、現在

迂回路を通行するようになっています。月山ビジターセンター付近から登るルートはご利用出

来なくなっておりますので、交通情報を入手しつつ、途中の案内看板を見逃さないよう、ご注

意して運転ください。

             

ページ先頭へ↑

2018年09月26日朝日連峰・飯豊連峰 合同保全作業

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

 皆さん、こんにちは。大分ご無沙汰してしまいました。

少し時間が経ってしまいましたが、今年度の朝日連峰、飯豊連峰における合同保全作業の報告をします。

地元山岳会、その他の朝日・飯豊連峰を愛する人々により、この登山道の保全活動は10年以上続いてい

ます。

【朝日連峰 合同保全作業】

 9月1日(土)~2日(日)の二日間、朝日連峰三方境において実施されました。今回の作業にあたって

は、8月5日、6日の大雨による災害で登山口の手前徒歩20分位の箇所に林道崩落が発生し、通行止めにな

っており、開催前日も更なる豪雨で開催が危ぶまれましたが、集合場所の変更や乗り合わせによる車両台

数の調整、前日夕方の林道の状態確認などを経て実施に至りました。

 朝日の作業は、今回で11回目を数え、風衝地で裸地化が進んでいる三方境では4回目の作業となります。