ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

三陸復興国立公園 石巻

23件の記事があります。

2019年12月19日石巻・川のビジターセンター 園庭緑化作業

三陸復興国立公園 石巻 晴山功

石巻自然保護官事務所 晴山です。

日差しが暖かくも北風が肌を刺す11月17日、12月8日の2回、「石巻・川のビジターセンター」の園庭にて、緑化作業を行いました。


ここでの緑化作業の定義 : 川のビジターセンターの園庭に「人工林」を造成する。
主旨:『自然の地域性を尊重し、また、種や若木から育てることで自然回復の順序を尊重します(自然界では、始めに草原ができ、やがて成長の早い木が大きくなり、徐々に種類を変えながら森になっていく)。今後何十年も掛けて移ろっていく、この森の最初の一歩。』

昨年は、川のビジターセンターがある石巻市北上町内の北上小学校の5、6年生全員に参加して頂き、購入した5年から8年程度の若木を30本ほど植樹を行いましたが、今年は、同校の学年問わず任意参加の形式とし、興味を持ってくれた児童達が集まりました。

行ったのは、樹木の種蒔き、ヤナギの若木の植え付けです。
あくまでも『自然の地域性を尊重』なので、種はビジターセンター近くの林でケヤキやケンポナシ等の種を自分たちで拾い、プランターなどは使わずに地面に直蒔きを行いました。
いわゆる「秋まき」というもので、春の暖かくなる時期を待って種蒔きをするよりは発芽率が高いらしいですが、直蒔きのため、どれくらい発芽してどれくらい他の植物との競争に勝ってくれるのか! 数年後が楽しみです。
また、ヤナギの若木は元々ビジターセンターの園庭のあちらこちらに自生していたものを挿し木にしてバケツで3ヶ月程育成したものや、園庭以外の箇所から採取したもの移植しました。

↓種拾いの様子

まずは、成長の早いヤナギが数年で繁茂し、それを追うようにケヤキが10年、15年掛けてゆっくり育っていくでしょう。ヤナギが繁茂しすぎてケヤキに日が当たらないようであれば間伐も必要かもしれませんね。
そんな心配をしないといけない位に鬱蒼とした林になってくれれば良いですね。
ちなみに、造成工事によりもちこまれた土が比較的乾いている土なので、湿気を好むケンポナシには少しキツいかもしれませんが、やってみなくちゃわからない!

↓種蒔き&移植の様子

5年後、10年後、20年後この「人工林」がどのような姿になっているか。草木が生い茂り、昆虫、小動物が集まり、それを捕食しに近接する翁倉山のイヌワシがやってくる、なんて事になればすてきですよね。w
私はそのころは、自力で園庭を見に行けないくらいお爺さんになってるでしょうから、種蒔きをしてくれた児童達に成長を見守って、時には間伐など樹木達の成長の手助けをしてほしいですね。


今回の経験が、より自然に関心を持ってくれる機会になればうれしいです。

【雑学】農林水産省の定義では、林は「人工的につくられた樹木の密集地」で、森は「自然にできた樹木の密集地」だそうです。「人工林」という言葉は少し変かも?

ページ先頭へ↑

2019年12月06日南三陸・海のビジターセンターから志津川湾を眺める

三陸復興国立公園 石巻 晴山功

石巻自然保護官事務所 晴山です。

バーダーさん達には、良い季節になって来ましたね。(私はバーダーではないです。。。)
南三陸町戸倉にある「南三陸・海のビジターセンター」の2階テラスからは、昨年2018年10月にラムサール条約湿地に登録された志津川湾が展望出来ます。


アクティブレンジャーになる前に、通りすがりに立ち寄ったときはラムサール条約湿地に登録されているとは知らずに「コクガンが沢山いるなぁ」程度で眺めていました。
日差しが暖かく風もほとんど無かったので、別の用事で持ち出していたフィールドスコープを志津川湾に向けて練習とばかりにパシャパシャ撮ってみました。


普段私用で使っているのは、300mm位の望遠レンズなので難なく撮れますが、初めて使う700mm位のフィールドスコープだと、鳥が動き回るのでファインダーに捉えられないしピントを合わせるのも大変でした。
シャープさに欠ける写真なのですが、それがなんとなく味になってませんかw。餌(アマモかな?)をついばむ姿も撮れたので自分的には満足です。

ラムサール条約湿地に登録されている志津川湾(https://www.env.go.jp/nature/important_wetland/wetland/w102.html)は、暖流寒流が混ざり合って、暖流のアラメと寒流のマコンブ、そしてアマモなど豊かな藻場となっていて水鳥も沢山集まってきます。環境省レッドリスト2019で絶滅危惧Ⅱ種(VU)に登録されているコクガンも例年200-300羽、志津川湾で越冬します。
海藻や水鳥をイメージしたラムサール条約湿地志津川湾のロゴがこちらのHPで見れます。
https://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/index.cfm/8,20485,111,355,html

ロゴに書かれているコクガンはうまく撮れなかったので、またの機会にチャレンジしてみようと思います。

みなさんも、「南三陸・海のビジターセンター」の2階テラスで寒さをしのぎながら、志津川湾で羽を休めている水鳥たちを眺めてみませんか。

ページ先頭へ↑

2018年12月12日夕暮れのみちのく潮風トレイル

三陸復興国立公園 石巻 大内 直人

石巻自然保護官事務所の大内です。

各地から雪の便りが届きいよいよ冬の訪れを感じる季節となりました。

今回はみちのく潮風トレイルを歩いて見ることのできた景色についてご紹介します。

女川町の街中から大六天山を越え、尾根伝いにみちのく潮風トレイルのルートを歩いていると視界が徐々に開け、見晴らしの良いポイントがいくつか出てきます。

この日は、午後から歩き始めた事もあり、時計を気にしながら少しペースを上げて歩きましたが、それでも時間以上の早さで森が暗くなるのを感じました。

大六天山

日が傾きかけ、少し心細さを感じつつ、それでも落ち葉を踏みしめながら広葉樹の森を歩いていると、目の前の視界が開け、夕日に照らされた牡鹿半島と太平洋の雄大な景色が現れました。この景色を見ていたら先ほどまで感じていた心細さもいつの間にかどこかえ消えてしまいました。

大六天山

大六天山

牡鹿半島では、冬の時期でも雪が少なく、トレイルを楽しむことができます。

みなさんもぜひ、トレイルコースを歩きながら素敵な景色を楽しんでください。

※なお、宮城県では、平成301115日より狩猟禁止区域を除く全域で狩猟が解禁されました。牡鹿半島はシカが多数生息し、みちのく潮風トレイル付近でも狩猟が行われる場合がありますので十分御注意ください。

狩猟に関する情報についてはこちらをご覧下さい。

http://tohoku.env.go.jp/mct/news/view/109.html

ページ先頭へ↑

2018年08月17日みちのく潮風トレイル(女川町ルート・南三陸町ルート)  メンテナンスについて

三陸復興国立公園 石巻 大内 直人

こんにちは。

石巻自然保護館事務所の大内です。

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、7月に実施しましたみちのく潮風トレイル(女川町ルート・南三陸町ルート)の草刈りについて

ご報告します。

【南三陸町ルート】

ここは、田束山山頂から払川に下るみちのく潮風トレイルのルートです。草刈りを実施した7月下旬には、

長いところでは私の腰位まで雑草が伸びており、刈り払い機にて整備をいたしました。

こちらのルートは、地元のボランティアの方々も草刈りを行ってくださっており、私達が実施した日も、

トレイルコースの一部のメンテナンス(草刈り)を行ってくださっておりました。

※整備中、多数のスズメバチを目撃いたしました。通行される際は、十分に注意してください。

南三陸作業風景

【南三陸町ルート】刈り払い機にて作業を行う様子

【女川町ルート】

この日は、小乗浜から大六天山頂上に向かう途中のルート整備を実施しました。

5月下旬に巡視を行った際、鎌にて雑草の刈り取りを行っておりましたが、約2ヶ月でまるで「ジャングル」のように。ルートが雑草で完全に消失し、道迷いの可能性もあることから手分けをして、刈り払い機にてルート上の整備を行いました。

みちのく潮風トレイル

【女川町ルート】作業中の様子

女川【女川町ルート】作業後の様子

いずれのルートも三陸の海を望むことができるおすすめのコースです。

ぜひ、夏のみちのく潮風トレイルをお楽しみください。

みちのく潮風トレイルについてはこちら

http://tohoku.env.go.jp/mct/

「環境省レンジャー写真展2018 開催のお知らせ」

南三陸 海のビジターセンターにおいて、8月1日(水)から8月31日(金)まで開催しております。

皆さまのご来場をお待ちしております。レンジャー写真展

ページ先頭へ↑

2018年06月07日南三陸 海のビジターセンター 自然体験プログラム

三陸復興国立公園 石巻 大内 直人

こんにちは。石巻自然保護官事務所の大内です。

気温が高くなる日が多くなり、いよいよ初夏の陽気となって参りましたが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回は、「南三陸海のビジターセンター」にて先日開催されました自然体験プログラム「SUP」について

ご紹介いたします。

SUP」とは、サーフボードの上に立って、専用のパドルを漕いで進んでいくアクティビティです。

プログラムに参加された皆さん(私も含め)当日が「SUP」初体験でした。

SUPSUP

準備運動と一通りのレクチャーを受けていざ海へ

最初は、ボードの上でのバランスを取ることと、パドルを漕ぐタイミングに苦労しましたが、10分も練習するとボードの上に立って会話と「SUP」を楽しめるようになりました。

SUP

今回は霧の影響もあり、近場の海岸まで漕いで折り返してきましたが、天気が良ければ近くの島まで漕いで

行くことができるということです。

南三陸海のビジターセンターでは、この他にも「カヤック」や「スノーケリング」等海のアクティビティを

楽しむことができます。

皆さんも是非体験されてみてはいかがでしょうか。

南三陸海のビジターセンターについてはこちら

http://kawatouminovisitorcenter.jp/kawa/

ページ先頭へ↑

2018年04月26日石巻 川のビジターセンター開所式

三陸復興国立公園 石巻 大内 直人

石巻自然保護官事務所の大内です。

4月18日石巻市北上町に「石巻 川のビジターセンター」がオープンしました。

この施設は、南三陸町の施設「南三陸 海のビジターセンター」と同様に南三陸町、登米市、石巻市に

またがるフィールドミュージアムエリアの拠点となる施設で、エコツーリズムや環境教育の

推進することを目的に様々な自然体験プログラムを提供します。

川のビジターセンター

川のビジターセンター

                   【テープカットの様子】

開所式では、「北上町女川法印神楽保存会」のみなさまによる演舞が披露されました。

川のビジターセンター施設内には自然に関する様々な図書や、ビジターセンター近くで捕獲した生物の標本も展示しております。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

川のVC

石巻 川のビジターセンターホームページ

http://kawatouminovisitorcenter.jp/kawa/

ページ先頭へ↑

2018年02月15日神割崎から昇る朝日

三陸復興国立公園 石巻 大内 直人

こんにちは。

石巻自然保護官事務所の大内です。

毎日寒い日が続いていますが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか。

今回は、神割崎から昇る朝日についてご紹介したいと思います。

石巻市と南三陸町の境にある神割岬は、リアス海岸の切り立つ崖の間を、太平洋の荒波が打ち寄せる迫力ある景勝地です。

この神割崎の崖の間から「朝日」が昇る瞬間を見るチャンスが1年に2回だけ有ります。

しかもそのうち1回がなんと2月ということで、限られた期間しか見ることのできない貴重な景色を見に

早朝の神割崎に行ってきました。

天気を心配していましたが、日頃の行いが良いのか当日は雲も少なく朝日を見るには絶好の天気でした。

氷点下の気温の中、カメラをスタンバイして待っていると辺りが少しずつ明るくなってきました。

神割崎                    夜明け前の神割崎周辺

そして待つこと30分神割崎の崖の間がどんどん明るくなりいよいよ朝日が姿を表しました。

神割崎2

                  徐々に明るくなっていく空

神割崎3                    姿を現した朝日

神割崎の崖の間から昇る「朝日」は、2月の中旬と10月の下旬の天気の良い早朝に見ることができます。

興味のある方はぜひ、早起きをして神割崎から昇る朝日をご覧になられてみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2018年01月19日みちのく潮風トレイル(大六天山コース)の巡視について

三陸復興国立公園 石巻 大内 直人

はじめまして。

昨年の11月より石巻自然保護官事務所に着任しました大内です。

これから、三陸復興国立公園や管轄する地域の自然に関する情報、みちのく潮風トレイルの情報をお伝えしていきたいと思います。

今回は昨年行いました女川町から牡鹿半島に向かうルート「大六天山コース」にて実施した巡視についてお伝えいたします。

大六天山は、440.3mあり女川町と石巻市の萩浜の境に位置していて、別名「三国山」とも呼ばれています。今回はその大六天山の頂上付近から牡鹿半島へ向かう尾根沿いのルートを巡視しました。

巡視をはじめてしばらくすると強い風の影響を受けて倒れた倒木が次々と現れました。

倒木                    ルート上にある倒木  

みちのく潮風トレイルでは、なるべく自然そのままの姿を楽しんでいただくため、またいだり、くぐったりして通行することができる倒木に関しては手を加えることはありませんが、今回は倒木の数も多くハイカーの通行が困難と思われる部分が多々みられることから、妨げとなっている枝をノコギリで切り落とす作業を行いました。

作業風景 作業風景                 通過の妨げとなる倒木処理の様子

大六天山のコースは、ルート上に点在する倒木を乗り越えながら進むワイルドさと稜線を歩きながらリアスの海岸地形を眺めることのできるルートで、冬の時期でも比較的雪は少なく、特に天気の良い日はおすすめです。

みなさんもぜひ、冬のトレイル歩いてみませんか。

http://tohoku.env.go.jp/mct/

みちのく潮風トレイルについてはこちら

ページ先頭へ↑

2017年08月28日南三陸町ラムサール条約・スノーケリング講座

三陸復興国立公園 黒田和真

こんにちは。石巻自然保護官事務所の黒田です。

 

821日、南三陸町でラムサール条約とスノーケリングの講座を開催し、

地元小学生9名が参加してくれました。

 

この夏は、雨が続き、海が荒れていることが多かったので、

スノーケリングができて、ホッとしました。

 

 

【スノーケリングの様子】

南三陸町の湾内は暖流と寒流の影響を受け、マコンブの南限やアラメの北限に近く、他にも様々な海藻類が生育しています。これらの海藻類は絶滅危惧種のコクガンや、ウニやアワビなどのエサにもなっています。

環境省は東日本大震災より前に、志津川湾をラムサール条約の潜在候補地として選定していました。そして現在、復興が進むなか、南三陸町は地域資源の見直しとしてラムサール条約の登録を目指しています。

今回の講座は、この貴重な海藻について学び、実際に海で覗いてみようというものでした。

 

【ラムサール条約のお話】

連日の悪天候で海中の視界はあまり良くありませんでしたが、波際に打ち上げられた大量の海藻類を手に取って感触を確かめながら観察を行えました。

 

 

【打ち上げられた海藻】

今シーズンは中々天候に恵まれていませんでした。今回が初めてのスノーケリング体験だった子どもも多かったので、いつかは晴れた日に、海に揺らめく豊かな海藻たちを覗いて欲しいなと思いました。

ページ先頭へ↑

2017年07月28日南三陸・海のビジターセンターの生態画

三陸復興国立公園 黒田和真

こんにちは。石巻自然保護官事務所の黒田です。

南三陸・海のビジターセンターに来館すると、中央に飾られた3枚の絵に目が留まります。

この絵は、施設周辺の森・川・海それぞれの自然環境と、そこに生息する生き物を描いた生態画です。

キャンバスには生き物たちがイキイキと溢れんばかりに描かれていて、

よく見ると擬態している小さな生き物たちも隠れていますよ。

 

【森の生態画とゲッチョ先生の著書】

 

この生態画は自然観察本など多数の著書を持つ、ゲッチョ先生こと盛口満先生に描いて頂きました。

先日、「ゲッチョ先生の昆虫と自然の描き方教室」という本が出版されたのですが、

なんとビジターセンターの生態画が表紙を飾っています。

本には生態画の描き方紹介のほか、表紙となった生態画の作成秘話(?)も収録されています。

 

ビジターセンターの図書コーナーも置いてありますので、

絵を見て本を読んで生態画の描き方を覚えてみませんか。

 

▼南三陸・海のビジターセンターホームページ

http://www.kawatouminovisitorcenter.jp/umi/

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ