ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年4月

12件の記事があります。

2016年04月27日新緑のブナ林

白神山地 野原七恵

4月25日に冬季閉鎖していた県道28号(通称:白神ライン)が暗門まで開通しました。

毎年この日に暗門に行くと、やっと山のシーズンが始まったと感じます。

開通に合わせて、雪が降る前に取り外して西目屋の事務所で冬眠していたクマゲラさんを設置してきました。

安生保護官と髙澤アクティブ・レンジャーが頑張っています。

本物のクマゲラより大きくて目立っているこのクマゲラさんは、絶好の記念撮影スポットになっているようで人に囲まれている様子をよく目にします。

今年も暗門を訪れた皆さんの人気者になってくれることを期待しています。

雪どけの状況を確認しにブナ林散策道の様子も見てきましたが...

今年は驚くほど雪がありませんでした。里は少なくても、なんだかんだ山にはあるのかと思っていたので驚きです。

昨年の424日の同じ場所です。

毎年、散策道の開通に合わせて歩道の雪かき作業のお手伝いをしに行っていますが、今年はその雪すら全然ありませんでした。

この雪の少なさと雪どけの早さが、山にどう影響していくのか気になるところです。

また、散策道ではオオイワウチワやカタクリが満開でした。

花の開花状況も例年より少し早いように感じます。

ブナの新緑も徐々に始まっているようでした。

白神山地と言えばブナ林ですが、個人的にはこの新緑のときが一番オススメです。

同じブナ林でも季節ごとに魅力が違うので、ぜひ新緑のブナも弘前の桜とセットで多くの人に見ていただきたいと思っています。

ページ先頭へ↑

2016年04月27日石巻・川のビジターセンター 大盤平ハイキング

三陸復興国立公園 石巻 黒田和真

424日に「石巻・川のビジターセンター」の

月例プログラムとして、ビジターセンター建設予定地の

近くにあるフィールド、大盤平までハイキングに行きました。  

【石巻・川のビジターセンター ハイキングの様子】

 

約20名の方が参加し、ヤマブキなど

春の花々を観察しながら、

片道約3.5kmのコースを1.5時間かけて歩きました。

 

大盤平からは、南三陸町の志津川湾、

石巻市の北上川を望むことができました。

 

天気にも恵まれ、みなさん気持ちよく

歩くことができたのではないでしょうか。

5月21日(土)には、ヨシ原の観察会が開催されるので、

こちらもぜひチェックしてみてください。

 

「石巻・川のビジターセンター」は、石巻市北上町に建設される予定で、

現在は準備室が設置され、月例プログラムを行ってます。

また南三陸町戸倉には、今年の10月に

「南三陸・海のビジターセンター」がオープンされる予定です。

 

 

月例プログラムのご質問や、

参加申し込みなどのお問い合わせは、

以下の連絡先までよろしくお願い致します。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

連絡先:南三陸 海のビジターセンター準備室(平日9:30~16:30 火曜日休館)

TEL :090-5415-6781

FAX :050-3730-7222

MAIL:center@kawatouminovisitorcenter.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

またFaceBookで最新情報が更新されています。

よろしければ、こちらも覗いてみてください♪

 

★「南三陸 海のビジターセンター FaceBookページ」

  → https://www.facebook.com/marinevisitorcenter/?ref=py_c

★「石巻 川のビジターセンター FaceBookページ」

  → https://www.facebook.com/石巻-川のビジターセンター-1230229357009619/?ref=py_c

ページ先頭へ↑

2016年04月27日蔦野鳥の森、オープン!

十和田八幡平国立公園 大野 花南

久しぶりの日記更新になりました、十和田自然保護官事務所の大野です。

事務所がある休屋周辺のサクラの蕾が膨らんできています。

もう数日すると、十和田湖を眺めながら、お花見が楽しめそうです。

さて、425日に蔦野鳥の森遊歩道の冬期閉鎖を解除し、

また散策をお楽しみいただけるようになりました。

蔦沼 / キクザキイチゲ

遊歩道上の雪は融けてしまいましたが、

蔦沼から見える赤倉岳には、まだ雪が残っています。

菅沼に群生するミズバショウも見頃です。

水面に雪が少し残る瓢箪沼では、カエルの卵が見られます。

蔦野鳥の森遊歩道は点在する6つの沼を巡るコースになっています。

春の花が顔を出し、これからは新緑の美しい季節です。

野鳥のさえずりを聴きながら、ゆっくり散策してみませんか

2015.5.11の長沼

ページ先頭へ↑

2016年04月27日碁石海岸で燻製作り&清掃ハイキング 

三陸復興国立公園 大船渡 坂本麻由子

皆様、はじめまして。

大船渡自然保護官事務所アクティブ・レンジャーの坂本麻由子です。

ここ大船渡の事務所としては初代アクティブ・レンジャーとなります。

今までご紹介しきれなかった三陸復興国立公園陸中南部の魅力を、

もっともっと多くの方々に知っていただくため、尽力して参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

   

 早速ですが、先週末に碁石海岸インフォメーションセンターで行われた

イベントの様子をお伝えします。

      

 碁石海岸インフォメーションセンターは、2014年7月にオープンした施設で、

碁石海岸周辺の自然環境や、三陸復興国立公園の見どころ、観光情報などを

紹介している他、みちのく潮風トレイルにおけるトレイルセンターとしての

役割も担っています。

 

 ゴールデンウィークにプレオープンするキャンプ場のPRを兼ねて、

オートサイトで"手軽に燻製作り"、

加えて、これから観光シーズンを迎える碁石海岸をきれいにしようと

いうことで"清掃ハイキング"も行いました。

 

 

環境省パークボランティアの皆さんも、

一般参加者とともに清掃ハイキングを行い、

より碁石海岸を楽しんでもらえるよう、

自然解説や案内などでおもてなしをしました。

繁殖期を迎えたウミネコたちや、芽吹きはじめた植物、

雷岩の轟音や千代島の潮吹き現象など

春が訪れた碁石海岸はみどころ満載です。

とても天気のいい日曜日とあって、皆さん笑顔で

碁石海岸の一日を楽しまれたようでした。

  

 

これから暖かくなってアウトドアシーズンとなりますが、

段ボールで手軽にできる燻製。

ほんの1時間ほど燻しただけで本格的な燻製になりますので、

興味のある方は是非トライしてみてください。