ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年04月26日白神山地も花の盛り

白神山地 佐々木 春佳

みなさん、こんにちは。

本年度も、ようやく冬の眠りから覚め、白神山地のあちらこちらで春季オープンを迎えています。次のところは4月中にオープンしたので散策可能です。

・青池で有名な十二湖(青森県深浦町)

・白神の森遊山道(青森県鰺ヶ沢町)

・ブナ林散策道(青森県西目屋村)

昨日は、オープンのためにブナ林散策道の除雪作業をお手伝いしてきました。

弘前公園の桜もきれいですが、散策路の足下にも多種多様な花々が可憐に咲いていました。

カタクリ・わさび・キクザキイチゲ(青)・キクザキイチゲ(白)オオイワウチワ・ミヤマカタバミ・エンレイソウ・エゾエンゴサク

冬季のモノクロの世界から一変、さえずりを聞きながら色とりどりの景色を楽しむことができます。木々の緑はまだ生えそろっていないので、小鳥の姿も見えるかもしれません。

新緑より一足先の今の時季にしか出会えない白神山地をどうぞお楽しみください。

(ただ、まだ雪が残っているところや、冬季閉鎖中で通行止めの区間もありますので、お出かけの際はご注意ください。)

ページ先頭へ↑

2019年04月26日十和田湖 奥入瀬の春

伊藤 あけみ

十和田八幡平国立公園管理事務所の伊藤です。

平成最後のアクティブレンジャー日記をお届けします。

ずっと楽しみにしていた、十和田湖畔のカツラが花開きました。

十和田湖畔の春はマンサクから始まり、アラゲヒョウタンボクとカツラの花が競って咲き始めます。

どちらもあまり目立たないのですが、湖畔をゆっくり散策すると探す事ができます。

特にカツラの花は、高い樹が多いので、上を見回しながら歩かなければなりません。

〈管理事務所側のカツラ 雄花の開花〉

日本の春の代表的な花は、ソメイヨシノなどのサクラをあげる方は多いかと思いますが、

十和田湖畔の春は、湖畔をほんのりと赤く彩るカツラの花に軍配をあげたいと思います。

421日には、十和田八甲田地区パークボランティア定時総会が行われ、今年度の活動計画等

について話し合われました。

総会の行われた酸ヶ湯温泉へ向かう途中の睡蓮沼付近は、八甲田でスキーを楽しむ方々で

賑わっていました。

環境省認定パークボランティアは、2年に一度登録更新が行われますが、今年度は32名の方が

更新を希望され、東北環境事務所より認定を受け、2年間の登録証がそれぞれに渡されました。

今後とも、十和田八幡平国立公園十和田八甲田地区をよろしくお願いいたします。