ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年08月14日南八甲田植生調査と十和田湖の今

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

8月のカレンダーを眺め、今日の日を目で追うと、もう半分が過ぎてしまい秋の気配が感じられます。

十和田湖畔に根を張る樹木のように、どっしりと構えていたい伊藤ですが、現在やり残していることを頭の中で思い巡らせ、そわそわしてしまいます。

今回は7月下旬に行ってきた南八甲田の登山道と植生の調査の様子をお知らせします。

南八甲田の山々は懐が深く、数多くの湿原や雪田が点在しています。

ただ、ぬかるみが多く笹も茂っていますので、足元をしっかり整えて入山することが必要です。

   【数日前の大雨により崩れた登山道】

山登りでは、可憐な高山植物を愛でる楽しみもあります。今回の調査で珍しい花がまだ咲いているかも、という期待でわくわくしながら向かいました。

   【キンコウカ満開 矢櫃湿原】

矢櫃湿原までは、南八甲田登山道管理連絡会による刈り払いが済んでいる箇所もありますが、所々滑りやすい箇所もあるので注意が必要です。

長い距離を歩いて行った先にある風景は感動もひとしお、空も雲も花々も輝いて見えます。

   【池塘の青に映えるキンコウカ】

また登山で大地のパワーをもらったら、水の癒やしを得るために、十和田湖畔の散策に出かけてみてはいかがでしょうか。

   【龍に見える倒木 生出キャンプ場付近】

   【十和田湖外輪山の白雲亭展望台より 龍が寝そべっているようだ】

   【十和田湖がハートの形に見える 紫明亭展望台より】

十和田湖畔には景色の良い場所が数多くあり、時間や場所により様々な表情を見せてくれます。

秋の気配も感じられる十和田八甲田、今日から制服を長袖にしました。

夏と秋の狭間の季節の移り変わりを、十和田八甲田で感じてみませんか。

ページ先頭へ↑

2017年08月09日ハクサンシャジンの観察会が行われました

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

先月に引き続き、秋田駒ヶ岳の自然観察会について紹介します。

8月6日に今年3回目の観察会(ハクサンシャジン)が行われました。当日は少々曇っていましたが、時折のぞく太陽に照らされると暑く感じます。

先月には咲き誇っていた植物達は、たった1ヶ月の間に花を落とし実をつけています。

かわりに秋に見られる高山植物が花をつけていたり、雪解けの遅かった場所ではようやく春の花が見られたりと、春から秋までの高山植物が勢揃いでした。

【登山道中を白く彩るオニシモツケ】

そんな植物達の解説を交えながら登っていくと、ガイドをしていたパークボランティアの1人が何かを見つけました。興奮冷めやらぬその方によると、アサギマダラという渡りを行うチョウがいたようです。ひらひらと優雅に舞う姿が心に残ります。

【トウゲブキを吸蜜するアサギマダラ】

アサギマダラの写真のなかにもあるように、今回のお目当てハクサンシャジンは至る所に咲いていました。阿弥陀池周辺の木道からは一面が紫に染まっているのが見られます。

【お目当てのハクサンシャジン】

【阿弥陀池周辺の木道からの景色】

大焼砂のあたりでは、終わりかけではありますがコマクサが残っていました。他にも多くの夏の花が残っているようです。来る8月11日の山の日には高山植物の宝庫、秋田駒ヶ岳に登山されてはいかがでしょうか。

次回は9月10日(日)にエゾオヤマリンドウの観察会が行われます。

お申し込み・お問い合わせは下記までお願いします。

TEL 0187-46-2244(休暇村乳頭温泉郷)

http://www.qkamura.or.jp/nyuto/activity/

ページ先頭へ↑

2017年08月07日オオハンゴンソウ防除活動のお知らせ

十和田八幡平国立公園 盛岡 工藤紀恵

皆様こんにちは。

盛岡管理官事務所の工藤です。

本日は8月18日に実施される「オオハンゴンソウ防除活動」のお知らせです。

「オオハンゴンソウ」は観賞用として日本に持ち込まれましたが、在来植物の生育を脅かす存在として

「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」における特定外来生物に指定されています。

  【特定外来生物オオハンゴンソウ】

 

近年、残念なことに岩手山地区においても、このオオハンゴンソウが確認されるようになりました。

そこで盛岡管理官事務所では、関係機関及び公園利用者へ広く呼びかけ、生育拡大を防ぐとともに、

問題意識の共有化を図るため、協働による「オオハンゴンソウ防除活動」を毎年8月に行っています。

 

 【昨年度の作業の様子】

 

日  時:平成29年8月18日(金)9:00~12:00

集合場所:滝ノ上駐車場(雫石市)

防除方法:根堀用クワやバールを使用して全体を引き抜く

是非一緒に汗を流して在来植物を守りませんか。

ご参加は網張ビジターセンターにて受け付けております。

http://amihari17.ec-net.jp/index.html

皆様のご参加をお待ちしております。

 

国立公園でお会いしましょう。

 

ページ先頭へ↑

2017年08月03日地域の宝と訪れる観光客のために~クリーンデー活動報告~

三陸復興国立公園 坂本麻由子

こんにちは。大船渡自然保護官事務所の坂本です。

ここ三陸沿岸も長かった梅雨が明け、夏本番かと思いきや、

25度を上回る日が少なく、過ごしやすい日々が続いています。

震災後、やっと海開きができるようになった地域もありますので

夏らしい暑さがやってきて、たくさんの子どもたちが

三陸の美しい海と触れ合ってほしいなと思います。

環境省では毎年8月第一日曜日を"自然公園クリーンデー"とし、

公園利用者への呼びかけや関係機関と協同の美化清掃活動を行っています。

少し早いですが先日、その活動として穴通磯周辺の美化清掃を実施してきました。

碁石海岸インフォメーションセンタースタッフと、パークボランティア、そして我々環境省、

総勢11名で駐車場から展望地までの遊歩道を清掃しました。

遊歩道ののり面草刈り・除去、側溝の泥かき、手すりの清掃など。

屋外で蓋のない側溝ですので落ち葉や泥がたまるのは仕方のないことですが、

堆積物を取り除かれた側溝を見ると、一つ一つ石を埋めこみ、

大変手の込んだつくりをしていることがわかりました。

何気なく歩いてしまいますが、そういった細かいところを観察してみるのも面白いかもしれません。

苔もいい味をプラスしていますね。

ここ碁石海岸、夏は特にたくさんの観光客が訪れます。

その目玉が大船渡市の宝「穴通磯(あなとおしいそ)」

皆さんに訪れてもらう準備万端です。

この夏は是非碁石海岸へおいでください。

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ