ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年08月26日森吉山麓高原 オオハンゴンソウ駆除作戦

秋田 足利 直哉

 全国各地で行われているオオハンゴンソウ駆除作戦を国指定森吉山鳥獣保護区でも実施しました。主催したのは地元のNPO法人冒険の鍵クーンで、森吉山野生鳥獣センターの運営協議会事業ともなっているので秋田自然保護官事務所の2名も参加しました。

 8月21日(日)午前10時に森吉山野生鳥獣センターに一般参加の方々、森吉山岳会の会員有志、米代東部森林管理署上小阿仁支署の職員の方々、北秋田市商工観光課職員、主催者スタッフなど総勢34名の方々にお集まりいただきました。

   

         

 オオハンゴンソウの抜取り作業を行ったのは昨年とほぼ同じ場所。昨年は広い範囲に繁茂していたオオハンゴンソウをガンガン引き抜いていたので45㍑のゴミ袋70袋も回収していましたが、今年は小さく花も付けていないようなオオハンゴンソウが多くなっていて、それに手こずり作業範囲も広げられず、回収したのは38袋でした。個人的にはもっとガンガン広い範囲を引き抜いた方が良かったと思いますが、ほとんど移動しない代わりにじっくりと丁寧に引き抜き作業を行っていただきました。回収したオオハンゴンソウのゴミ袋の数はざっと半分程度に減っている事になりますが、袋には隙間が少なくビッシリと詰め込まれているので一つ一つの袋は重かったです。それを斜面下から持ち上げるのはなかなか大変でした。

    

 今年参加してくれた方々は昨年も参加してくれた方が多かったのですが、作業終了後には『今年はちっちぇ物が多がったども、これはこれで難儀だな』『抜くのも腰痛ぐなるども、ずっとしゃがんでるのも容易でねな』等と感想が聞かれました。みなさんお疲れ様でした。

 森吉山野生鳥獣センターのイベントには毎回、森吉山荘さんにご協力をいただいて、温泉入浴料割引という参加者特典を提供いただいてます。この日の作業後も短時間でしたが暑くて大変だったと思います。ある男性は『さぁ風呂さ入って汗流して帰るがっ』と言って帰って行きましたので、きっと温泉で体力回復していかれたことでしょう。

 最後になりましたが、参加いただきました皆様、どうもありがとうございます。オオハンゴンソウ駆除にはまだまだみなさんのお力が必要ですので、これからもよろしくお願いいたします。

  

  

ページ先頭へ↑

2016年08月19日「山の日」制定記念第9回月山を外来植物から守ろう

磐梯朝日国立公園羽黒 古川望

 8/11「山の日」に月山姥ヶ岳リフト上駅周辺で、外来種除去イベントを実施しました。当日は晴天!リフトに乗って上駅へ向かう途中、朝日連峰がくっきりと姿を見せてくれました。また、当日は「山の日」とあって、多くの登山者が訪れている様子が確認できました。

【当日の登山者の列】

 

 リフト上駅に到着して、外来種の除去を行います。今回は鎌を使用しての作業です。除去対象となる植物は3つ、①エゾノギシギシ、②オオバコ、③セイヨウタンポポです。作業中は一般登山者の方へ向けて、「外来種除去作業中」の掲示を4カ所に設置し、34名で作業を行いました。作業時間2時間で110.3kgもの外来植物の除去をすることができました。

【掲示・除去作業の様子】

 

【除去作業の様子】

 

 除去作業後は姥ヶ岳への登山を行いました。今年はキンコウカの当たり年で、金色にきらきら光る湿原や、見頃のニッコウキスゲを見ながら歩いて行きます。

【姥ヶ岳への登山の様子】

 

 姥ヶ岳での作業を終えた後は、「道の駅にしかわ」で月山原水の温泉、水沢温泉に入浴し、汗を流して山の日のイベントを終えました。朝早く集合いただきましたパークボランティアの皆様、また暑い中作業してくださった皆様のおかげで、怪我なく無事に作業を終えることができました。ありがとうございました。

【当日集合写真】

 

 また、準備・下見・当日のリフト乗車について月山観光開発株式会社様には多大なるご理解・ご協力いただきましたこと、この場をお借りして感謝申し上げます。

 

 6月の外来種除去イベントに続き、今回もバスに乗る際に靴底マットを使い、靴の種子を落としています。現在月山8合目に同じものが設置してありますので、通行される際は使用のご協力お願いいたします。

ページ先頭へ↑

2016年08月17日山の日制定記念 森吉山麓星空観察会

秋田 足利 直哉

 各地から「山の日」制定記念行事の報告があるようですが、森吉山野生鳥獣センターでも『山の日制定記念 森吉山麓星空観察会』を実施しました。森吉山麓は一部で「とっても星空のキレイなところ」と口コミで評判になっています。私も個人的に気に入っていて年に1~2回、キャンプ場に泊まって星空を眺めています。先日もこのエリアにあるキャンプ場に泊まった時、キレイな星空を見て感激しました。今年は『山の日』が制定されるし、その時期には流星群が見られるかも・・という事で、企画した新規の観察会です。

   

 講師には秋田大学教育文化学部の田口先生と毛利先生にお越しいただいて、まだ明るいうちから望遠鏡や観察会の準備をしながら天体観測を行いました。

     

 まずは様々な恵みをもたらしてくれる太陽の観察です。でも皆さんも知っているように太陽を直接望遠鏡で見ることは絶対にやってはいけません。ではどうやって太陽を観察するの?と思っていましたが、それ用の器具があるんですね。下左の写真が望遠鏡で太陽を観察している様子で、下右の写真が太陽を投影した像です。しっかりと黒点も見えていました。

   

 陽が傾き始めた頃、観察会を始めました。星空観察会をこんな明るいうちに始めるの?と不思議に感じるかも知れませんが、実は明るくても天体観察ができるんです。講師の田口先生のネタですが、この日は明るいうちから3つの天体が観察できていました。皆さん3つ全部上げられますか?一つは先ほど紹介した太陽ですが残り2つ答えは・・・。下の写真ではそんな話をしながら望遠鏡の使い方、星座早見表の使い方などを教えていただいている場面です。

      

     

 天体観察に興味を持っていてこの日を楽しみにして下さっていた方も多くいらっしゃいましたので、望遠鏡の使い方も星座の位置やその探し方なども真剣に聞いていました。実際に観察する際には、ご家族で参加される方々には家族で1台の望遠鏡を使っていただけましたので、それぞれ色んな星を探しては望遠鏡で観察していました。講師の毛利先生によればこの日は日月火水木金土の天体が観察可能という超貴重な機会だったようで、だから太陽が沈む前から観察を始める必要があったのです。実際まだ明るさの残る空を見上げると点々と輝く星が見えました。

    

  

         

 望遠鏡の使い方も直ぐに慣れてどの家族もどのグループもそれぞれで星を探して望遠鏡で観察していました。辺りが暗くなってくると一層星が明るく輝き出します。星空の観察をするときには大人も子どももワクワクが止まらないようで、土星を捉えた望遠鏡には直ぐに列が出来て、皆さん土星の輪をしっかりと観察して、感激の声を上げていました。

   

    

  

 天体望遠鏡で星を観察していると思いのほか早く星が動いて直ぐに望遠鏡の視野から外れてしまいます。これこそが地球が自転している証拠で、じっくり観察しようと思うと星を追いかけるのが結構大変です。家族やグループで観察していると、3人目くらいになるともう『何も見えない・・』なんてことが起こります。なのでお父さん達は忙しく星を探し、望遠鏡に捉える作業を繰り返していました。またこの時間帯になると流星も見え始め、望遠鏡で星を眺めるか、空を見上げて流れ星を探すか、ますます忙しくなってきました。私自身もとっても楽しく過ごしていましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎていき、終了時間となりました。

   

 森吉山野生鳥獣センターの灯りを消すと周辺には人工の光がありません。だから星空の観察には絶好の場所ですが、帰りの事も考えて観察会は駐車場で行い、森吉山野生鳥獣センターからの帰り道にはしばらくの間、街灯がないのでまだ宵の口のうちに解散するように心がけました。

   

 最後になりましたが、参加して下さいました皆様ありがとうございました。是非来年も企画したいと思うのでその際は是非またご参加下さい。講師をつとめて下さいました秋田大学教育文化学部の田口先生、毛利先生本当にありがとうございました。主催者スタッフとして観察会に携わっていましたが、仕事しながらもワクワクしっぱなしで、星空への興味が膨らんでヤバイくらいです。

  

  

  

ページ先頭へ↑

2016年08月17日オオハンゴンソウ一斉防除について

磐梯朝日国立公園裏磐梯 畑中 亮輔

 裏磐梯自然保護官事務所の畑中です。事務所のある裏磐梯では、お盆を過ぎたこともあり、暑さが幾分和らいできました。また、朝夕は涼しく、空を見上げると秋の気配が感じられるようになってきました。

 さて、例年地元の関係機関の方々と協力して実施している「オオハンゴンソウ一斉防除」を8月4日に五色沼周辺で行いましたので、お知らせします。

 当日は炎天下の中、大きいものになると高さ2mにもなるオオハンゴンソウを大粒の汗を流しながら、一生懸命抜き取り作業を行っていただきました。総勢43名の方々にご参加いただいたこともあり、60Lのゴミ袋で80袋と非常に多くのオオハンゴンソウを防除することができました。作業に参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真左上:作業の様子  写真右上:作業の様子

写真左下:作業の様子  写真右下:防除したオオハンゴンソウ 

 

 五色沼探勝路付近では、オオハンゴンソウの数は少なくなりつつあるものの、裏磐梯地区にはまだ多くのオオハンゴンソウが見られます。パークボランティアの方々にも協力していただいて、7月から9月にかけて毎週防除活動を行っています。引き続き、関係機関の方々と協力して活動を続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パークボランティアによる防除活動の様子 

 

 最後に、裏磐梯自然保護官事務所では、8月27日(土)に自然ふれあいイベント「五色沼を散策しながらオオハンゴンソウについて学ぼう」を開催します。五色沼周辺を散策しながら、豊かな自然環境にふれるとともに、オオハンゴンソウ等の外来生物が生態系に与える影響などについて学んでいただきたいと考えています。

 参加費は100円(保険代)で、事前申込みが必要となります。応募締め切りは22日(月)までとなっておりますので、興味のある方は裏磐梯自然保護官事務所(0241-32-2221)までお気軽にご連絡ください。皆様の参加をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ