ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年12月01日「わたり鳥の日」イベント開催のお知らせ

仙台 鎌田 和子

こんにちは!仙台自然保護官事務所の鎌田です。

平成28年12月4日(日)に仙台市八木山動物公園ビジターセンターに於いて、「わたり鳥の日」と題してイベントを開催いたします。午前11時から午後2時までの短い時間ですが、八木山動物公園のシジュウカラガンのお話しや、宮城県北部のラムサール条約湿地の渡り鳥のこと、湿地のめぐみでクラフト体験などを企画しています。詳しくは、仙台市八木山動物公園のホームページでご確認いただけます。

12月4日には、ぜひ、仙台市八木山動物公園にお越しくださいませ。

 

  

 栗原市から、くりはらツーリズムネットワークの皆さんがヨシのコースター作りやしめ飾りのクラフト体験、数量限定になりますが、教えていただけます。

 また、12月2日から27日まで、東北アクティブレンジャー・アクティングレンジャー写真展を八木山動物公園ビジターセンター内で開催します。東北の国立公園や鳥獣保護区などの魅力を、アクティブレンジャー・アクティングレンジャーの写真で紹介します。こちらも是非ご覧ください。

 

 

 

 

ページ先頭へ↑

2016年12月01日平成28年度 東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展

十和田八幡平国立公園 鹿角 髙橋麻記子

こんにちは!鹿角自然保護官事務所の髙橋です。

休日にパークボランティアさんにお誘いされたワークショップでクリスマスリースを作りました。

室内でも自然を楽しめるのはいいものですね。

さて、「平成28年度東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展」の

開催のお知らせと設置直後の様子をお伝えします。

【期間】  2016.12/1(木) - 2017.1/31()

【会場】  休暇村乳頭温泉郷

      秋田県仙北市田沢湖駒ヶ岳2-1

休暇村乳頭温泉郷のブログでも開催についてご紹介いただきました。

http://www.qkamura.or.jp/nyuto/news/detail.asp?nId=1207

ポスター.pdf

【設置の準備中からじっくりご覧いただきました】

「平成28年度東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展」は世界遺産地域、国立公園、国指定鳥獣保護区など自然豊かなフィールドで活動する東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャーが日常の業務中に撮影したベストショット写真を展示します。5月に八幡平ビジターセンターで開催した時よりも会期が長く2ヶ月です。

各所管地やメンバー、活動の紹介もしてますので、ぜひお立ち寄りくださいね!

今後、よりよい写真展を開催するため、感想を備え付けのアンケートまでどうぞお聞かせください。

よろしくお願いします。

【喫茶コーナーなので、みなさんコーヒーなど召し上がりながら・・】

設置の準備中から、「この写真が一番好き!」「チングルマって何ですか?」「ここ行ったことある~!」「どの写真もすてきよ」と生のお声だけでなく、タブレットやスマホで、環境省のHPやこのブログを検索して頂きました。

限られた場所やパネル枚数での展示法を考えたりするのを「アートディレクション」と

言ったら大げさかもしれませんが、切り貼りといった地味な作業も多い中、全国への発信、

アピールの効果を実感できて、本当にうれしく思いました。

国道341号線の鹿角市八幡平トロコ(柳沢付近)~ 仙北市玉川ダム付近は11月30日で4月中旬まで

冬期通行止めとなりましたので、ご注意くださいね。

 

 

ページ先頭へ↑

2016年11月28日「トレイルってなぁに?」

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

先日八戸ポータルミュージアムはっちで「森のめぐみ展」が開催されました。

「森のめぐみ展」は森林や木材への理解を深めてもらうために森づくりから木工住まいづくりに関わる人々の取り組みをPRするイベントで、今年で6回目を迎えるそうです。

八戸自然保護官事務所もみちのく潮風トレイルのPRでブースを出させていただきました。

今年の出展はみちのく潮風トレイルのミニチュアをイメージし、

みちのく潮風トレイルや三陸復興国立公園種差海岸・階上岳に関するクイズラリーを行いました。

体験する前の子供や大人の中には「トレイルってなぁに?ウォーキングとは違うの?」

という質問が多くありました。

ミニチュア版でしたが、歩きながら自然や地域の暮らし・文化を実感する「トレイル」の雰囲気を味わっていただけたのではないかと思います。

今後もイベントを行う中で、興味を持ち実際に歩いてくださる方が増えたらと思います。

ページ先頭へ↑

2016年11月21日南三陸・海のビジターセンターオープン!

三陸復興国立公園 石巻 黒田和真

石巻自然保護官事務所の黒田です。

1119日に「南三陸・海のビジターセンター」(宮城県本吉郡南三陸町)がオープンしました。

ここでは、三陸復興国立公園の自然・文化の紹介やみちのく潮風トレイルの情報発信などに加えて、これまでアクティブ・レンジャー日記でご紹介してきたような自然体験活動や環境教育を通じて、地域の自然に触れ合う場を提供します。

【テープカット 南三陸町のゆるキャラ「オクトパスくん」も来てくれました】

開所式では地元の伝統芸能、

行山流水戸辺鹿踊り(ぎょうざんりゅう みとべ ししおどり)も披露されました。

開所式後は、サケの一生を学べるサケすごろくや、タッチプール、

海藻を使った押し葉作りなどが行われました。

11月中は27日までオープニング企画として、

各休日に自然体験プログラムが開催されますので、ぜひお越しください。

【タッチプール 写真に写っているのはアメフラシ】

【巨大サケすごろく】

入館無料で、施設内にはゆったりとくつろげる休憩スペースもありますので、

お気軽にお立ち寄りください。

今後の自然体験プログラムの日程や申込み方法は、

公式ホームページをご覧ください。

★「南三陸・海のビジターセンター」

→ http://www.kawatouminovisitorcenter.jp/umi/

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ