ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年12月14日アウトドアフィールドで活躍するガイド向けの研修会を開催しました。

十和田八幡平国立公園 村田 野人

 こんにちは、十和田八幡平国立公園管理事務所の村田です。

 十和田湖は昨日から一面の銀世界に変わりました。除雪車がとても頼もしく見えます。管内、八甲田山麓の酸ヶ湯温泉にあるアメダスでは既に積雪1.5mを越えました。

<国道102号線・除雪車>

 さて、今回は12月7日に十和田ビジターセンターで行われたガイド向けの研修会の様子をお知らせします(なお、八幡平地域では前日12/6に網張ビジターセンターで同様の研修会を開催)。

<会場の様子>

 この研修は、国立公園満喫プロジェクトの一環として、十和田八幡平国立公園でガイド業を行っている方、または現在志している方を対象としました。メインテーマは、十和田八幡平国立公園の魅力あふれる自然の素材をどう活用していくか、外国からの旅行者の方へどうしたらその魅力を伝えられるか、です。事前に多くの方から申し込みいただき、会場はほぼ満席でした。

 講師は、国際山岳ガイドで「フランスの国家資格である高山ガイド(Guide de Haute Montagne)」をお持ちの江本悠滋さんです。「山岳ガイド界のハーバード」とも言われるフランス国立スキー登山学校(ENSA)を卒業し、夏はフランスの山岳リゾートであるシャモニーで、冬は日本のバックカントリーを中心に活躍されている方です。冬のお客さんの大部分はフランス人を中心とした外国人の常連さんだそうです。

江本悠滋さん<講演中の江本さん>

 外国の旅行者の方の楽しみ方や受け入れる際のポイントなど、貴重な体験を交えて様々なお話をしていただきました。講演後には多くの参加者の方から江本さんに質問が出て時間が足りないほどでした。自分も大変勉強になりました。1月にはガイドプログラムのブラッシュアップとインターネットを活用した販売PR方法の実践編として2回目の開催を予定しています。

ページ先頭へ↑

2017年12月14日白神山地をどうやって守る?-西目屋小学校の総合学習-

白神山地 佐々木 春佳

みなさんこんにちは。みなさんのお住まいの地域に冬はもう到来しましたか?

西目屋自然保護館事務所がある白神山地世界遺産センター西目屋館(以下、遺産センター)では、1120日に初の大雪が降り、ご覧の通り真っ白になりました。

遺産センターに雪が舞う

さて今回は、遺産センターに隣接している西目屋小学校で56年生合同の総合的な学習の時間(以下、総合学習)のお手伝いをしてきた様子をお伝えします。

前回の総合学習では、植生調査と白神山地を訪れていた人への聞き取り調査を行ったのですが、今回は白神山地の保全のあり方について意見交換会を行いました。

子どもたちは、「白神山地に人を入れないで自然を守る」、「白神山地に人を入れて自然を守る」のどちらかの立場に立ち、自分の意見やそう考えた理由を話し合い、白神山地とのかかわり方について考えを深めました。

考えるにあたっては、白神山地についての資料だけではなく、いままでの授業において実際に自分たちで得た植生調査や聞き取り調査の結果など、多くの情報を参考にそれぞれの意見を発表し合いました。

みんなの前で意見を発表する生徒

そして授業の最後に安生自然保護官から、実際の白神山地ではどちらか一方の考えだけではなく、様々な立場の人たちが話し合い、協力、工夫しながら、白神山地の利用と保全の両立を目指していることを子どもたちへ伝えました。

白神山地での保全・利用について小学生に説明するレンジャー

西目屋小学校の子どもたちは、地域の自然としての白神山地と、これから将来にわたりどのようにかかわっていくのでしょうか。

私たちも共に考え、活動し続けたいと思います。

ページ先頭へ↑

2017年12月12日十和田湖畔に冬がやってきました

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

こんにちは。

十和田八幡平国立公園管理事務所の伊藤です。

降り積もった雪はとけることなく、大地を真っ白に覆い尽くしてしまいました。十和田湖畔の周りの木々はすっかり葉が落ちてしまいましたが、赤いナナカマドの実や黄色や橙色のヤドリギの実が、青空に映えて美しい風景が広がっています。

その赤や黄色に誘われるように鳥達がやってきて、わいわい食事会を開いているかと思って見ていると、あっという間に木々の色がモノクロームになってしまいます。

キレンジャクという鳥が大群でやってきて、その実を食べ尽くしてしまっているようです。

管理事務所の駐車場のナナカマドに止まっているキレンジャクは用心深く、人間の動く気配があると飛んでいってしまいます。玄関のドアからこっそりのぞいて撮ってみました。