ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年01月18日白神山地の生き物たち

白神山地 野原七恵

1月もあっという間に中旬ですね。

ここ数日の降雪でやっと雪深い西目屋らしくなってきました。

ほとんどのアクセス道路が冬期閉鎖され、約半年間は山に行けない西目屋自然保護官事務所では「冬は何のお仕事をしてるんですか?」とよく聞かれます。

「白神山地世界遺産センターの雪かきです!」とよく答えます。

半分、冗談ですが...多い時には朝昼晩と雪かきをしなければならない西目屋村ではけっこう重要なお仕事です。

残り半分の私の冬の仕事としては、春から秋にかけて実施していた調査で収集したデータの取りまとめなどを主に行っています。

調査の一つにセンサーカメラによる哺乳類の調査があります。

↑写真の様に、森の中に前を動物が通るとセンサーが反応して自動で撮影するカメラを約30台設置しています。

白神山地にどんな哺乳類が生息しているのかを調べることが目的ですが、ここ数年で増えてきているニホンジカが白神山地まで侵入してきているかどうかも監視しています。

このカメラで撮影した写真データを整理している中で、調査の成果としては発表しませんが、個人的に面白い!と思ったことを皆さんにお知らせしたいと思います。

「6月27日」

ニホンザルの後ろ姿です。

5月まで山には雪がある白神山地では6月でもまだ冬毛なのか、ふわふわした毛で可愛らしいです。

「7月1日」

同じくニホンザル。

同じ場所での撮影です。


「7月3日13時20分」

???

「7月3日13時52分」

!!!

「7月3日13時52分(拡大)」

何と30分前には毛が抜けかけでボサボサだったニホンザルさんが、あっという間に夏毛のスッキリした姿に!

6月27日と7月1日に撮影した個体と同じ個体かは後ろ姿だけでは断定できませんが、平成28年には7月3日に撮影した個体はこの日に夏毛に変わったことが分かりました。

なかなか山に頻繁に行っていても、動物に会えるチャンスは限られています。

直接は見ることができなかったことが分かるのも、カメラ調査の面白いところです。

そんな過ぎ去ったサル年での発見でした。

ちなみに昨年度までの調査成果は、概要をまとめたものを白神山地世界遺産センターのホームページで公開しています。

http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/monitoring/

興味のある方はぜひご覧ください。

ページ先頭へ↑

2017年01月04日種差海岸インフォメーションセンターのお正月イベントのお知らせ

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

あけましておめでとうございます。

八戸自然保護官事務所の大友です。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

三陸復興国立公園種差海岸にある、

種差海岸インフォメーションセンターではお正月イベントが行われております。

1月2日には館内に隠されているにわとりさんを探し出す、

「にわとりさんを探してお年玉をもらおう!」に参加しました。

昨年は「おサルさんを探せ」に参加し1匹も見つけられませんでしたが、

今年は1羽、見つける事ができました!!!

10羽を見つけると巨大ガラポンに挑戦でき、素敵な景品が当たるとの事で、

多くの方がにわとりさん探しに夢中になっていました。

また今月は、

「ミニ羽子板を作ろう!」や「鬼の面を作ろう!」など、

たくさんのお正月イベントを開催しているので、

種差海岸インフォメーションセンターへ是非足を運んでみてください。

1月9日までなので、お早めに!

2~3月にたくさんの体験プログラムが企画されているそうです。

またこちらでお知らせしますので、楽しみにしていてください。

http://tanesashi.info/

詳しくはこちら↑↑

ページ先頭へ↑

2017年01月04日南三陸・海のビジターセンターイベント情報 平成29年1月

三陸復興国立公園 石巻 黒田和真

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年11月に南三陸・海のビジターセンターがオープンし、

自然に親しむイベントが毎月開催されています。

1月はお正月にちなんだイベントとして、海藻・魚・昆虫などの『自然カルタ』や『魚へん漢字の書き初め』などが開催されます。

海藻カルタでは、ワカメやコンブなど馴染みの海藻から、南三陸町に生息している特徴的な海藻の句があります。例えば、変わった名前を持つアナダルスという海藻は「斑点と 穴だらけです アナダルス」と詠まれています。

また122日(日)には、石巻市を流れる北上川の支流、皿貝川でバードウォッチングが開催されます。

皿貝川の近くで越冬しているオオワシや、オオバンやオナガガモなどを見ることができると思います。

 

その他、詳しい情報は公式ホームページのイベント情報をご覧ください。

【南三陸・海のビジターセンター公式HP

http://kawatouminovisitorcenter.jp/umi/

 

ページ先頭へ↑

2016年12月26日届けたい風景~10月-12月編~

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

活動を通して出会った風景をシリーズでお届けしてきましたが、今回で最後となりました。

第1弾..." http://tohoku.env.go.jp/blog/2016/12/post_191.html"

第2弾..." http://tohoku.env.go.jp/blog/2016/12/-_1.html"

今回は10月~12月に撮影した写真を紹介いたします。さっそくまいりましょう!

 

  1. 蛸の浜の紅葉(11月中旬撮影)

まずは、浄土ヶ浜の風景をお届けします。

そして今回ご紹介する蛸の浜はこちら!

浄土ヶ浜の北西に位置し、岩に大きく空いた海食洞と灰色の岩肌が特徴的な浜です。隣同士の浜ですが、浄土ヶ浜の白い岩肌とは対照的で初めて訪れる方は驚かれるようです。

紅葉の時期を迎えると、朱色に色づいた広葉樹が蛸の浜でも目立ち始めます。晴天にも恵まれ、シャッターチャンスを逃すまい!とカメラを構えたとある秋の日のことでした。

 

    1. 栃内浜(とちないはま)(12月上旬撮影)

    2. みちのく潮風トレイルの宮古市田老地区ルートを歩く機会があったときに撮影した写真です。

      栃内浜は、護岸などの人工物が全くない自然のままの浜として、国立公園の中でも最も厳しい規制で守られています。

      浜辺に腰をおろして小休止。砂利浜に打ち寄せる波音が心地よくて、いつまでも耳を傾けていたくなりました。

      みちのく潮風トレイルマップ【宮古市北部~宮古市中部】でも紹介しているので、宮古市区間を歩く際にはぜひ抑えていただきたいポイントの1つです。

       

      3.竜神崎(りゅうじんざき)展望所からの夕景(12月中旬撮影)

    1. 宮古市に強風警報が発令された翌日、浄土ヶ浜園地内の竜神崎展望所へ巡視に行きました。強風により吹きだまりに溜まった膝丈まである落ち葉をかき分け進んだ先に見えた景色です。海も山も穏やかで、前日の強風が嘘だったかのような静けさ。雲ひとつなく、月の明かりと山々のシルエットがくっきりと浮かんでいました。

    2.  

  1. また、こちらは12月の別日に撮影した写真です。

    今の時期は太陽が沈む方向がちょうど竜神崎展望所の真正面で、晴れの日は山に沈む太陽を見られます。この風景は私のお気に入りの風景の1つでもあります。晩秋~春先にかけて浄土ヶ浜に訪れた際には、ぜひ竜神崎展望所の夕景もご覧になってみてください。

     

     

     

    今回まで3回に分けてお届けしてきた【届けたい風景】いかがでしたでしょうか。

    日記をご覧になってくださったみなさんが、国立公園を訪れるきっかけになれば嬉しいかぎりです。

    また、訪れた際には自分だけの【お気に入りの場所】を見つけて国立公園Fanになっていただければ幸いです。

     

    では、みなさんよいお年をお迎えください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ