ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年04月27日冬鳥 まだ、います。

仙台 鎌田 和子

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

伊豆沼では、毎年、2月中旬からマガンはどんどん北帰行し、「そして誰もいなくなった。」となるはずなのです。

 

 昨日の伊豆沼周辺の水田の光景です。マガンの群れです。間もなく5月になろうとしているこの季節に、600羽~700羽が田んぼに集まっています。今頃は、伊豆沼など宮城県北部で越冬したマガンたちは、北海道の宮島沼で過ごしているはずで、5月になるとさらに北へ旅立つ予定です。

 

約18万羽が越冬するので、一斉に飛び立ったとしても、親とはぐれる幼鳥は毎年出ています。はぐれた幼鳥を引率する成鳥もおり、気が付くと、「あれっ、いなくなったね。」となり無事に北帰行するはず、それは、遅くとも4月中旬位までと思っていました。ところが、4月下旬になっても、600~700羽がまだいるのです。

 

先週より増えているので、びっくりしたのです。考えてみると、あちこちに散らばっていた小グループが伊豆沼に集結し、成鳥のマガンが北帰行の促しをして、本当に旅立つ寸前なのかもしれません。

 

 こちらは、田んぼに水を入れだしています。その中にも、マガンがいます。数えると15羽が休んだり、餌を探したりしています。こちらは、北帰行ができないかもしれないグループ、羽根をけがしたか、私たちには見えない傷があるのかもしれません。家族愛の強いマガンは、飛べないマガンに家族が寄り添っているかもしれません。ここで心配なのは、農家さんの田植えの邪魔をするのではないか、心配の種です。

 

  

 

このオオハクチョウは、人が近づいても逃げない個体、一般の方々に気にかけてもらっているようです。自力で泳ぐことができるので、水辺を移動しながら、餌を食べ暮らしています。田植えが始まると、田んぼに出かけて、苗を踏むのではないか、農家さんに迷惑をかけないか心配です。

 

様々な理由を持って、冬鳥がまだいます。

今期冬鳥シーズンは、鳥インフルエンザの発生が多発したことから、宮城県北部の越冬地では、ハラハラドキドキして見守ってきました。その分、冬の伊豆沼、蕪栗沼・周辺水田、化女沼の様子を十分にお伝えできなかったなと冬を振り返り、春からは、もう少し鳥獣保護区の情報をお伝えできたらと思っております。

ページ先頭へ↑

2017年04月26日十和田八甲田の春

十和田八幡平国立公園 十和田 伊藤 あけみ

十和田八幡平国立公園管理事務所の伊藤あけみです。

あちこちから春の便りが聞こえてきますが、十和田湖周辺ではやっと早春の花々が目覚め始めたばかりで、

十和田湖畔にある事務所の前ではキクザキイチゲが毎朝迎えてくれます。

キクザキイチゲの向こうにある桐の大木に、毎朝アオゲラがやってきて、リズミカルなドラミングを演奏してくれます。

早いもので、十和田湖畔に住み始めて三週間も過ぎました。

雪解けも進み、夜明けも日に日に早くなり、毎日が新鮮です。

写真は十和田湖の西湖(にしのうみ)に位置する、和井内の朝です。

十和田湖付近の雪は消えてきましたが、八甲田周辺にはまだまだ雪があり、ゴールデンウイーク過ぎまでスキーが楽しめます。

酸ヶ湯温泉までの103号線の雪の壁の写真は4月6日ですが、現在は2メートルくらいです。

この区間は天候による通行止めもあるので、事前に道路状況を入手して下さい。

4月23日には、十和田八幡平国立公園十和田八甲田地域パークボランティアの総会が酸ヶ湯温泉で行われました。

外ではときおり雪のちらつく中、集まっていただいた約30名のパークボランティアの方に、パークボランティア登録証をお渡ししました。

十和田八甲田地域の魅力を沢山教えていただくとともに、一緒に活動していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

また、奥入瀬渓流では雪はほとんど消え、フキノトウやミズバショウ、キクザキイチゲが目立つようになりました。ブナやトチ、カツラの木々も、芽吹きを待ちわびています。

滝のまわりも緑が色濃くなってきました。

ゴールデンウィークの奥入瀬渓流は、混雑が予想されますので、お出かけの際は、時間には余裕をもってお越しください。

のんびり、焦らず、周囲の風景を楽しむのがおすすめです。

ページ先頭へ↑

2017年04月25日避難の丘

仙台 鎌田 和子

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

震災後、国指定仙台海浜鳥獣保護区を巡視している中で、いざという時のために確認しているところがあります。もし万が一、現場で津波警報を受信したとき、どこに逃げるかです。仙台市では、津波被害の有ったところに、数か所、避難タワーが建設されています。さらに海に近いところには、「避難の丘」が出来上がっています。

 

 

 

 仙台市若林区荒浜の避難の丘です。遠くの山々も見えます。傍にはパークゴルフ場ができ、楽しまれる方が多くなってきています。

 

 

こちらは、井土浦特別保護地区に隣接している避難の丘です。登ると見晴らしがよく名取市閖上地区からぐるっと見渡すことができます。

 

 

こちらは、震災遺構として保存される「旧荒浜小学校」(仙台市若林区)です。4月30日から、一般公開される予定です。ここもいざという時は、避難できる場所となります。

 

もう起きないだろう、起きないでほしいという気持ちはありますが、海辺にお出かけの際は、いざという時のために登って確認してみてください。逃げる時には、意外と時間がかかります。

 

仙台海浜では、皆さまにシギチドリ類を紹介することがありますが、楽しむための確認事項でした。

ページ先頭へ↑

2017年04月24日行楽シーズン目前のみちのく潮風トレイル踏査~八戸区間~

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

八戸市内は桜が開花し、あたたかい日が続いています。

先日、みちのく潮風トレイル八戸区間の踏査をしました。

標識などが壊れていないか、

通行出来ない道がないか、などを見ながら踏査していきます。

先週20℃近くまで気温が上がる日が続いていたのですが、

快晴そして強風、途中で急に吹雪になるなど、

トレイルではよく天気の移り変わりを体験しました。

(今の時期、雪は積もってもすぐ溶けます)

天気の移り変わりもトレイルを歩いていて楽しいところです!

また、トレイルの楽しみはなんといっても「食」!

この日は種差の民宿でお昼をいただきました。

「せんべい汁」や「ホヤ」、今が旬の「マツモ」など、

八戸ならではの食を食べる事ができました。

八戸区間では地域の取組として『踏破認定』を実施しており、

区間内に設置されているチェックポイントでスタンプを集めると協力金と引き換えに区間達成証明書と素敵なピンバッジを入手できます。

ぜひ、行楽シーズンはみちのく潮風トレイルを歩いてみませんか。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ