ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年02月18日【開催報告】企画展連携トークショー「ナザレ修女会と十和田湖」

十和田八幡平国立公園 村田 野人

 こんにちは、十和田八幡平国立公園管理事務所の村田です。

 今回は十和田ビジターセンターで開催中の企画展の連携イベントとして行ったトークショーの様子を紹介します。

 現在、十和田ビジターセンターでは、令和2年2月23日(日)まで、「企画展「修女たちの夏休み」in十和田湖」と題して約90年前に十和田湖を訪れた英国の修女がスケッチブックに描き残した水彩画を展示しています。十和田湖の名所や湖畔に今もあるゆかりの礼拝堂(現存は2代目)など、のどかな大正時代の風景をごらんいただけます。十和田湖にお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

 トークショーは企画展にもスケッチブックを貸していただくなど大変お世話になっている宗教法人日本聖公会ナザレ修女会の協力の下行われました。

 まず、ナザレ修女会副霊母の三澤美代志修女から水彩画を描いたシスターについての情報、湖畔の民宿に残されていたスケッチブックの発見から水彩画集『修女たちの夏休み1920ー1940』の出版、企画展までの経緯をお話いただきました。その後、当方から開催中の企画展の意図や内容について説明したのち、日本聖公会東北教区の小野俊作司祭より第二次世界大戦前に鉛山礼拝堂に掲げられていた天使の絵が行方不明になったこと、沖縄での再発見、2代目礼拝堂への設置までのお話を聞きました。会場には、沖縄で再発見された天使の絵を発送するのに携わった方、天使の絵が再設置された2代目礼拝堂での結婚式をコーディネイトした方、諸々の事情により親類をナザレ修女会に預け育ててもらった方など様々な参加者の方がいらしていて、それぞれの思い出が語られました。会場から多くの発言があり、盛況のうちにトークショーは終了しました。トークショーをきっかけとして多くの方に、英国の修女が訪れていた歴史やひいては十和田湖とのつながりを再確認していただけたのではないかと思います。

修女たちの夏休みin十和田湖

<企画展「修女たちの夏休み」in十和田湖ポスター>

※企画展の詳細はこちら

タイトル:企画展「修女たちの夏休み」in十和田湖

期  間:開催中ー令和2年2月23日(日)9:00ー16:30

(毎週水曜日は休館。)

会  場:十和田ビジターセンター

(〒018-5501青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486)

主  催:十和田ビジターセンター運営協議会

協  力:宗教法人 日本聖公会 ナザレ修女会

ページ先頭へ↑

2020年02月14日冬のアクティビティ

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

鹿角管理官事務所の齊藤です。

例年と比べて降雪が少なく、鹿角市内では降った雪もほとんどがすぐになくなってしまうような状態です。

そんな今冬ですが、29日に開催された「スノーシューハイキング」で例年通り雪を満喫してきましたので報告します。

観察会に先だって行われた下見時点では休暇村乳頭温泉郷周辺で例年の3割程度の積雪でしたが、本番前に雪が降り続いた結果、ようやく冬の乳頭温泉郷らしい景色になっていました。

下見時点ではつららを全く見ることがありませんでしたが、たったの1週間で立派なものが出来上がっています。

【軒先のつらら】

今回の観察会には26名の方が参加されていましたが、その中には九州や横浜といった遠方からの宿泊者もおり、時折手袋を外して雪の感触を楽しんでいる様子も見られました。

下見の時点では空吹湿原での積雪は1.9mほどでしたが、観察会当日には2.9mほどの積雪となっており、1週間で1mほど降ったことになります。

まだふわふわの新雪を踏みしめながら、「雪の中をかき分けて歩くって大変だ」なんて声も聞こえてきました。

【スノーシューの行列】

そして観察会恒例の斜面を利用した天然の滑り台は今回も好評でした。

ガイドとして参加したボランティアの中には、このために持ち運びの楽な小さなそりを持参した方もいて、雪にまみれながらも笑顔で観察会を締めくくっていました。

【この滑り台で雪と一体化できちゃいます】

時折吹雪くような場面もありましたが、「ぜひまた来年も来たい!」「また違った季節の姿も見たい」というような声も聞こえ、とても嬉しく思います。

最近の気候を見る限り、まだまだ春の訪れは遠いような気がします。

初心者でも楽しむことが出来るスノーシューで冬の八幡平地域を堪能してはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2020年02月07日冬ですが春さがし

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

立春も過ぎたというのに、今期最強の寒波がやってきました。

【毎日違う表情の恵比寿大黒島:流氷のような小さな蓮氷が見られる】

この寒さに耐えながら春を待っているだろう、マンサクの花を見に行ってみました。