ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年06月17日森吉で野鳥観察会

秋田 足利 直哉

 6月12日(日)、森吉山野生鳥獣センター運営協議会と日本野鳥の会秋田県支部との共催で、野鳥観察会『アカショウビンに会いたい』を実施しました。当日は曇り空で風もなく野鳥観察には最適の条件が揃いました。

 2013年度から初めて今年で3回目(2014年は道路通行不可のため中止)の開催となるこの観察会ですが、昨年はオオジシギが森吉初観察という成果を上げ、今年も期待が膨らむ中での開催となりました。

    

  

 桃洞滝までの片道4㎞程度のコースを歩きながら野鳥の声が聞こえたら立ち止まって物音を立てずにみんなが一斉に双眼鏡をのぞき込んで野鳥の姿を探すというスタイル。初めての方はつい「どこどこ?」と声を出していましたが次第に周りの空気に慣れて一緒に双眼鏡をのぞき込んでいました。

   

     

 この日、観察できた野鳥は30種類。ちなみに参加者は森吉山野生鳥獣センター運営協議会と日本野鳥の会秋田県支部会員を併せて30人。そしてその中にはなんと、今年も出ました"森吉初観察"の野鳥「アリスイ」。肝心のアカショウビンは残念ながら声だけでしたが、貴重な野鳥とその行動も観察できましたし、成果も上げて素晴らしい観察会となりました。

  

  

 そして第2部は森吉山麓高原自然再生協議会(事務局:秋田県自然保護課)が担当する植樹活動です。ここからは秋田県自然保護課の職員2名にバトンタッチして進めていただきました。

  

   

       

 野鳥に興味を持った方々が集まっての野鳥観察会後の植樹ですから、願いは一つ『○年後に私の植えたブナがクマゲラの営巣木になりますように』です。

 植え穴を掘ると意外にも条件の良い土で、植樹後の成長にも期待が持てそうな感じでした。今回は割と狭い範囲に密集して植樹しましたが、どうなっていきますかね。みんな大きく育ってくれると良いですね。

 

 

   

   

 最後になりましたが、参加してくださいました皆様、ありがとうございました。スタッフの皆様、お疲れ様でした。

  

 

ページ先頭へ↑

2016年06月17日磐梯朝日国立公園 第8回 月山を外来植物から守ろう

磐梯朝日国立公園 古川望

 6月12日(日)、「磐梯朝日国立公園 第8回 月山を外来植物から守ろう」が開催されました。

 

 このイベントは、月山にもともと生育していなかった外来植物を、手作業によって除去していこうという活動です。今回はスタッフを含め43名の皆様と活動してきました。

 

 今回のイベントでは月山8合目の駐車場付近において、外来植物「セイヨウタンポポ」の除去を行いました。セイヨウタンポポの種子が「わた毛」になって飛んでしまう前のこの時期に除去作業を行うのは、昨年に引き続き2回目となります。

 

【セイヨウタンポポ除去作業中の様子】

 

 作業時間1時間弱で、37.1kgもの量を除去することができました。この場所のセイヨウタンポポが減った姿を、来年見ることができるのではないでしょうか。

 

 除去作業の後は、月山8合目弥陀ヶ原湿原の観察会を行いました。実は、通常この時期は月山8合目までの道路は通行止めとなっており、自らの足でたどり着かない限り弥陀ヶ原湿原を見ることはできません。ただ今回は、外来植物除去を含めたイベントということで、特別に許可を得て8合目に入らせて頂いております。そのため観察会は普段は中々見ることのできない、誰もいない早春の弥陀ヶ原湿原の景色と花々をゆっくりと楽しんだ、特別な観察会となりました。

 

【湿原観察会の様子】

 

 ご参加いただきました皆様、汗ばむ気温の中でも根気強い作業をありがとうございました。また、弥陀ヶ原湿原でのガイドを担っていただきました羽黒地区パークボランティアの皆様、ありがとうございました。

 

 ところで、どのようにして外来植物の分布は高山にまで広がったのでしょうか。それは種子が登山者の服、靴、工事用資材等に付着して運ばれてきたからだと考えられています。そのため月山8合目の登山道入口には、靴底マットが敷設してあります。登山道に入る前に、靴底に付着した植物の種子等を落としてから登山等をお楽しみ頂くことも、外来植物の分布を防ぐひとつになります。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

【靴底マットで種子落とし】  

 

 (今回の外来植物の駆除作業は関係機関・土地所有者の了承を得て実施しております。月山の8合目駐車場より上は、磐梯朝日国立公園に指定されており、植物の採取は外来種であっても許可を受けなければ実施できませんのでご注意ください)

ページ先頭へ↑

2016年06月15日パークボランティア活動で公園名のプレート設置を行いました

三陸復興国立公園宮古 古館 百合子

 突然ですが、みなさんは【パークボランティア】という言葉を耳にしたことはありますか?

 パークボランティアとは、全国の国立公園などで活動しているボランティアさんのことで、標識や自然歩道などの修理や、美化清掃を行っています。宮古周辺で活動している【三陸復興国立公園中部地区パークボランティア】には22名が所属しており、浄土ヶ浜ビジターセンターの野外イベントのサポートやみちのく潮風トレイルの管理などを行っています。

 

※パークボランティアについて詳しく知りたい方は下記URLからご覧いただけます。

https://www.env.go.jp/park/workers/index.html

 

 先日のパークボランティア活動では、標識に記載されている【陸中海岸国立公園】の公園名の表示を【三陸復興国立公園】に変える作業を行いました。名称が変更されたのは3年前ですが、名称がそのままになっていた場所が数か所あったので、ボランティアさんのお力を借りて直してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普代村・黒崎園地にある案内看板です。ここでは公園名を変更するほか、【環境庁】のままになっている省庁名を変えたり、老朽化により落ちてしまった【アンモ浦展望台】の板を取り付ける作業を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電動ドリルを使いプレートを固定すること15分...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板が息を吹き返しました。これからは看板の役割をしっかり果たしてくれることでしょう。

 

実は...木材でできたこのプレートは、4月に行ったボランティア活動で作製したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左上から時計回りに)

① 木材をノコギリで適当な大きさに切断している様子

  1. ② 木材に防腐剤を塗っている様子

  2. ③、④ スポンジに絵の具を染みこませ、自分たちで作製したテンプレートの上から板に文字をのせている様子

  3.  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【完成したプレートを持って集合写真】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【取り付けたプレートの前で集合写真】

今後もボランティアさんたちとともに国立公園を訪れる方々のことを想って活動していきたいと思います。

 

ページ先頭へ↑

2016年06月13日第3回草刈清掃活動イベント

三陸復興国立公園八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

6月4日に種差海岸インフォメーションセンター運営協議会主催の、

「第3回草刈清掃活動イベント」が行われました。

この日は一般の方々、20名程度が参加して、

種差の北須賀のオオイタドリなどの刈り取りをしました。

伸びすぎたオオイタドリは視界を遮り、

道も歩きにくくなっていたので、

今回の刈り取りで景観も良くなりました。

草刈り後は種差漁港女性部の方達が作ってくださった、

漁師鍋をいただきました。

次回は10月に開催予定との事で、

種差の美しい景観を地域のみなさまと保全していけたらと思います。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ