ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年10月20日十和田八甲田の秋みつけた

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

十和田八幡平国立公園管理事務所の伊藤です。

長月は足早くすぎ去り、神無月もすでに半ばをすぎました。気温が10度を下回る日もあり、

外を歩いていて手足が冷たいと感じることもあります。

テレビのニュースでは八甲田の初冠雪の映像が映し出され、スキーが趣味の一つの私は、心躍ります。

標高が400mほどの十和田湖畔は、秋色が濃くなってきました。

管理事務所の周りだけでも、こんな秋の風情を味わえることに幸せを感じます。

【甘い香のカツラの葉】         【苔とモミジ】

【色づくニシキギ】           【オオウバユリの実と蝉の抜け殻】

先日「ヒメマスの遡上風景が十和田湖畔に秋を連れてくる」と地元の方に教えていただきました。

6月に稚魚の放流式の様子をお知らせしましたが、その稚魚が3~5年して産卵のために生まれた場所に帰ってきます。

広い十和田湖畔を旅して迷わず生まれた場所に帰って来る神秘、生物の不思議、はるか太古から育まれてきたのでしょうか?

私は、三陸沿岸で生まれ育ち、鮭の遡上を身近に見てきたので、どうしても見てみたいと思い、放流した場所に行ってみました。

【6月に背びれに印しを付けて放流された稚魚】