ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

三陸復興国立公園 大船渡

64件の記事があります。

2020年06月15日初夏の自然環境調査*大船渡市首崎(こうべざき)

三陸復興国立公園 大船渡 坂本麻由子

こんにちは。大船渡自然保護官事務所の坂本です。

東北北部、梅雨入りしたと宣言がありましたが、ここのところ快晴の日が続いています。

梅雨入り前のまぶしい太陽を存分に楽しまなくてはもったいないですね。

今日は大船渡市の秘境の国立公園「首崎(こうべざき)」の巡視の様子をご報告します。

首崎はこの日記でも毎年1度はご紹介している場所です。

4時間かけて歩いてやっと到着できる、人里もビジターセンターもないひっそりとした国立公園。

三陸復興国立公園で指定植物とされている"マルバダケブキ"の開花時期を予想して

今年は6月上旬に様子を見に行ってきました。

間もなく満開を迎えるというちょうど良い時期にあたり、

見渡すかぎり黄色に輝く岬を見ることができました。

写真では収めきれないあの感動・・・技術がなくて輝きをお伝えできずすみません。

岬の先では青い空、青い海のもと絶景を収めることができました。

三陸復興国立公園といえばリアス海岸。南部のリアスは柔らかく優しい海岸線。

首崎先端に来るとひと目でその意味がわかります。

実は内緒にしたい絶景スポットです。

浮かぶブイが描く海上絵。

これは魚をとるための定置網という罠なんですよ。

帰り道に見つけたかわいいもの。

まだ若いウリハダカエデのしなる枝の先に作られていました。

最初下から見上げたときはおおきななにかのタマゴかな?と思ったのですが

枝を引っ張って上部をのぞいてみたら中には親指の爪の大きさほどの小さな鳥の卵が。

巣は私の握り拳よりも小さく、この中で親鳥が卵を温めたりエサやりをしていると思うと

かわいくてかわいくて仕方ありませんよね。

後で調べたところ、既に巣立ちの時期は過ぎていたので、

この残っていた卵は孵りそびれた一つだったようです。

そしてみなさんはあまり会いたくないですかね?(私は爬虫類好きなので)

まだ6月とはいえマムシが活動していました。

カサカサの枯れ葉にうまくカモフラージュしていますよね。

自然の草の上に素足で数分立っているだけでストレスが減る・・・ 

なんてことを耳にしました。

いつも緑に囲まれて仕事をしている私たちのストレスはマイナスか?

ということになってしまうので信憑性はなんともいえませんが

自然が癒やし、心落ち着く場所であることはきっと変わらないのでしょう。

身近な自然。空、川、公園でも沢山の発見の種は落ちています。

外へ出てゆったりと時間を過ごせるとき、その種を探してみませんか。

ページ先頭へ↑

2020年06月04日ご案内します 「みちのく潮風トレイル」*鍬台峠(くわだいとうげ)後編

三陸復興国立公園 大船渡 坂本麻由子

みなさんこんにちは。大船渡自然保護官事務所の坂本です

今日は前回の続き みちのく潮風トレイル*鍬台峠 後編 をお届けします。

                                  前編はこちら

一里塚のクリンソウ&ワラビ畑を抜けるとそこは大船渡市と釜石市の境、

鍬台峠ピークになります。

ピークには環境省のみどころ説明看板が設置されています。

設置業者は仕事とはいえ、資材を担いで山を登り、きちっと据えてくれました。

地図をじっくり作り込んだり、現地下見をしたり、設置後の最終検査など

私たちも同行した場面も多々ありますが、色々な人がこの道に関わっていることを

歩く方々に想像してもらえたら嬉しいです。

いよいよ釜石側へ下りていきますよ。

こちら側は南の大船渡側とは全く違う表情を見せてくれます。

石畳や石垣が残っていたり、

深く切り通して道になっていたり、

かつての交易路であったことが想像できます。

そして巨石に絡みつく根や風化して砕けた岩などからは時の流れを感じます。

まさに浜街道、歴史道。

摩訶不思議な岩が現れました!

『一刀両断石』前保護官が名付けていました。

大きな丸い岩の上部がスパッと切れずれている・・・不思議です。

歴史道も下りはあっという間、もったいないので振り向きながら歩くことをお勧めします。

林道へ合流した後久々に見た海が!(ちょっとだけ)

これだけでもなんだかホッとしていまいます。

おや?どっちでしょう?

最後の最後に油断大敵。

地図を見てこの先分岐があるなと頭に入れ、見落とさないように歩かないとですね。

正解は右です。

少し行くとカエルの大合唱が聞こえてきました。水辺が近いですね。

昨年の秋の台風で水の流れが変わったようで、

小さな池だったところが大きな池に変わっていました。

そしてその池の端が決壊、小さな滝が出現しています!

ルートを横切って水の流れができてしまったのでちょっとした沢渡り気分。

その後お供えのような動物の頭蓋骨やかわいい植物を発見しながら進み、

集落が見えてきました。もう間もなくゴールです。