ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

秋田

1032件の記事があります。

2007年10月15日【実施報告】観察会:紅葉の赤水渓谷散策

秋田 足利 直哉

 昨日の日曜日に森吉山麓を舞台にした今年最後の観察会を行いました。週の半ばまでの天気予報はその日だけピンポイントで雨でしたが、前日の予報では晴れ!当日も現地に向かう車窓に朝日が眩しく入り込む絶好の行楽日和となりました。
 参加者は40名。9歳の少年から71歳の元気な方まで幅広い層から参加していただきました。幅広いと言えば今回は東京都府中市からもご家族で参加して頂きました。「テレビで放送された赤水渓谷がとてもすばらしく是非行ってみたい」との思いでわざわざこの観察会のためにお越し頂きました。県内から参加した方々も「ず?っと行ってみたかった」とおっしゃる方が大勢いました。改めて私は良いところで仕事してるなぁ?なんて思ってしまいました。

 まずは3班に分かれてブナの森を歩き6月の観察会で行った桃胴の滝がある桃胴沢とこの日の目的地である赤水沢の合流点を目指します。森の紅葉は3分程度でしょうか?ようやく色づき始めたカエデやウルシの朱赤が目をひきます。歩道の脇には名残を惜しむようにトリカブトとリンドウがどちらもたった1輪咲いてました。

皆さん念願の赤水渓谷を楽しみに歩いていきます。

 沢の合流点からは赤水渓谷沿いの歩道へ!この日は「天国の散歩道」と賞される赤水渓谷に人気が集中!渓谷の紅葉を見ようと多くの人が向かっていきます。やや道悪の歩道を進み、入渓前の滑りやすい1枚岩を慎重に下るとそこには森吉を代表する景勝地が待ってます。

赤水渓谷に降り立つとこの光景が目に入ります。

 渓谷はとても穏やかで気持ちの良い風が流れ、カワガラスの鳴き声も心地よく響きます。渓谷沿いの斜面には色づいた葉が見え、その赤や黄に混じって針葉樹の常緑や空の青や水面の輝きも全てが主役級の美しさです。もう何処を見て良いのか迷ってしまいます。こういう時、自分のボキャブラリーの無さに情けなくなりますが、きっとどんな言葉を使ってもこの美しさは形容しきれないのだろうと思います。
 でもそこは渓谷ですから、上ばかり見ているわけにはいきません。赤水渓谷には大小数多くの甌穴があって中には背丈を優に超える深さの物もあります。それ以外にも深みもありますから十分に注意が必要です。

浅瀬を選んで進んでいきます。


足下に気をつけながらも目線は自然に上へ・・


赤水渓谷は一枚岩が浸食されて出来たU字状の穏やかな渓谷です。

 天国の散歩道とは良いコピーを付けたものだと感心しますが、同時に納得もします。自然に顔がほころび笑みが溢れ、気分は穏やかになり時間がゆっくり流れるような錯覚をおこします。「えっもう帰る時間なの?」という声が聞かれましたが、後ろ髪を引かれつつ帰路へとつきました。

皆さん満足げに帰路につきました。

 少し気が早いですが、来年もまた魅力たっぷりの森吉山麓で観察会を実施する予定です。秋田自然保護官事務所一同、皆さんとお会いする日を楽しみにいたしております。

ページ先頭へ↑

2007年10月11日アニマルトラック

秋田 足利 直哉

秋田自然保護官事務所の足利直哉です。今、山を歩くとクリやドングリやトチの実など様々な木の実が見られ、サワモダシ(ナラタケ)やナメコなどのキノコも見られます。秋の実り真っ盛りです。

 そんな木の実やキノコを見ながら歩いていると、登山者の足跡に混じって動物の残した痕跡を見ることが出来ます。
 以前受講した講習会で「アニマルトラック」とは動物が残した痕跡全般のことを総称したものだと教わりました。英語のanimal=動物とtrack=通った跡・足跡を併せてanimaltrack=動物の通った跡・動物の足跡と解することが出来ます。日本語の足跡と言う表現は英語のそれとややニュアンスが異なるので、私の場合は書籍等を参考として、長く続く一連のアシアトを【足跡】とし、1つの足によって付けられたものや、非連続的なアシアトを【足痕】と表記するようにしています。
 足跡・足痕が残りやすいのは砂の上や雪の上です。どちらも柔らかくて爪や肉球なども観察できて見つけた時は、ついついじっくり見てしまいます。個人的に動物の残した痕跡は、山や森など自然の中に入る時の楽しみの一つです。今回は最近見つけた砂の上の動物の足跡と足痕の一部を取り上げてみました。

カモシカの足痕ややずんぐりした太めの蹄が特徴的。

ツキノワグマの足痕これは前足と後ろ足の違いや爪痕が明瞭に残ってました。

タヌキ(?)の足痕。4指が確認できる。やや幅が広いのでタヌキの物と推定しました。右に写るのは比較対象の私の足です。


「おまけ」胸高周囲が2mを越える大木ブナに残ったツキノワグマの爪痕。途中滑ったであろう痕跡も見えます。

1枚目から3枚目までは、森吉山麓の赤水渓谷にて撮影。4枚目は白神山地のモニタリングサイト内にて撮影。

ページ先頭へ↑

2007年10月04日コジュリンの巣

秋田 足利 直哉

だいぶ朝晩は冷え込むようになりましたね?。先日、朝の通勤通学時に自転車を運転する人の中に手袋をしている人を見かけました。まだ日中は上着なしで過ごせますが・・・

 暖かい日が続いた10月1~3日に大潟草原鳥獣保護区の特別保護区内で鳥の巣を探してきました。鳥たちの生活に支障の無いようにすっかり小鳥の姿が無くなったこの時期に行いました。期間中に見つけたのはコジュリンの巣が二つとキジのねぐら(?)を3ケ所などです。写真は両方ともコジュリンの巣と言うことでした。上段の写真を巣1、下段を巣2として大まかな様子を言いますと・・

コジュリンの巣1

巣1・・短軸8cm×長軸12cmの楕円形
   密生しているノイバラの中にあって地上からの高さ95cm
   形が崩れ巣自体も落下寸前の不安定な状態
   周囲は背丈を超えるヨシ・ススキが繁茂し東側1m程度のところに背丈の低いヨシ原が広がっている

コジュリンの巣2

巣2・・直径11cmの円形で厚みは3cm程度
   イグサの株の中にあって地上からの高さは15cm
   イグサにしっかりと絡まり安定感もある
   周囲は1m程度の背丈の低いヨシが広がり、見通しがよい

この小さな巣からもいくつものドラマが想像できました。一緒に巣を探した方々と色々想像を膨らませて話を知るのは楽しいですね?。勉強になります。ここから巣立ったコジュリンたちは今ごろ何処でどのように過ごしているのでしょうか?

ページ先頭へ↑

2007年09月28日森吉山麓高原への道路復旧

秋田 足利 直哉

秋田自然保護官事務所の足利直哉です。秋田では明日から国体がスタートします。街には県外のナンバーがいつもよりかなり多く、交通量自体も多いようです。大会期間中の安全と選手の皆さんの健闘を祈念いたします。

 さて先日の豪雨によって不通となっていました森吉山麓高原への県道比内森吉線が突貫工事によって仮復旧を致しました。あくまでも『仮』ですので道路崩落の現場や土砂崩れの現場の生々しさを横目に見ながら慎重に通過することになります。県道森吉比内線は都合三カ所の片側交互通行区間があります。その先、森吉山麓高原へ続く市道大印ノロ川線は10カ所を越える道路の崩落がありますが、何とか通行可能との県と市の判断で明日土曜日から通行が出来ますが・・・普通車に限定されます。大型車両は通行できませんのでご注意ください。また道路の崩落現場には何の処置も施されてはいませんので慎重に通過しなければなりません。当然車同士のすれ違いも出来なくなっていますので速度をいつも以上に控えて通行ください。譲り合いもお願いします。

市道大印ノロ川線の崩落箇所・・この様な崩落が10カ所以上

 さて秋田自然保護官事務所が所管する森吉山野生鳥獣センターですが被害もなく道路の開通に合わせて再開致します。センターを拠点とした各歩道も地元有志の方々が歩道・木道の補修を行いました。桃洞滝や兎滝まで散策を楽しむことが出来ます。しかし・・いつも以上に慎重な行動をお願い致します。また黒石川林道や高場森林道は崩落によって通行は出来ません。ご注意ください。

地元有志の方々による木道の補修作業

ページ先頭へ↑

2007年09月20日森吉山・森吉山鳥獣保護区へのアクセス道路被災状況

秋田 足利 直哉

秋田自然保護官事務所の足利直哉です。
去る9月18日未明までに降った豪雨によって森吉山周辺は大きな被害に見舞われました。昨日その状況を確認しに行ってきましたが、被害の大きさに絶句してしまいます・・・

でも何とかその中から森吉山鳥獣保護区となっている森吉山麓高原・太平湖?小又峡・中ノ又?立又渓谷等へ向かう道路の被災状況を取り上げます。ただしこの情報は私の私見も含まれていて、正規の情報ではありません。道路情報等は各専門機関にお問い合わせの上、正確かつ最新の情報を得るようにしてください。
・先ず国道105号線は北秋田市阿仁から南に向かうことは出来ません。土砂崩れと道路崩落が起こっているそうです。
・今回最も被害の大きかった阿仁前田地区から太平湖へ向かう県道は、連瀬沢付近で道路崩落、電柱流出、電線切断となっています。
・その県道から分岐して野生鳥獣センター等へ向かう市道もやはり崩落と土砂崩れで通行不可能だそうです。
・大館市比内から太平湖に向かう道路も土砂崩れの連続で通行は不可能だそうです。つまり森吉山荘、杣温泉、森吉山麓高原等は電気もない状態で孤立しています。

阿仁前田?太平湖間の県道上、連瀬沢付近の被災状況
・比立内から打当を経て安の滝、立又渓谷へ向かう県道も打当集落を過ぎた辺りから土砂崩れが連続していて通行不可能です。
・阿仁スキー場へ向かう道路はやはり道路が崩落していますが、辛うじて片側車線のみが残り通行が可能です。しかしその現場を通過するには肝を冷やします。また至る所に小規模な土砂崩れの痕が見られます。阿仁スキー場ゴンドラは今週末も予定通り運行するそうですが、登山道の状況把握までは出来ていないそうですから安全との保証はありません。

阿仁スキー場アクセス道路上の被災状況

このように森吉山鳥獣保護区には今の所、何処からも立ち入ることは出来ません。また各登山道などの安全が確認されるまでには尚一層の時間を要します。被災地は復旧に向けて動き出しましたがまだまだ立ち直るまでには時間が必要です。

ページ先頭へ↑

2007年09月10日地元の中学生

秋田 足利 直哉

秋田自然保護官事務所の足利直哉です。

 先週木曜日に森吉山鳥獣保護区のある北秋田市の鷹巣中学校1年生4名が引率の先生1名と連れだって野生鳥獣センターに来所されました。「郷土の自然」をテーマにして取り組んでいる彼らが、自分たちの学校の校歌にも歌われている森吉山にはどんな動物や鳥や昆虫が住んでいるのか調べる目的です。
 まず私が『森吉山周辺の自然環境や森吉山鳥獣保護区について』概要を話して、センターの案内解説員から館内の展示物やよく見られる動物や鳥の話をしてもらいました。はじめ緊張していた生徒達ですが徐々にうち解けてきます。一緒に館内の展示物を見て回る時には会話もスムーズになっていました。
 来月の下旬にはこれまでの学習成果と今回の見学などを踏まえて発表する機会があるそうで、熱心に質問したり、生徒同士で「これもメモした方が良いな!」とか「ここも写真撮っておいて!」等と発表資料作りを見据えて熱心に取り組んでました。多分教室で見せる顔よりもイキイキしていたのではないでしょうか?

案内解説員の佐藤が館内の展示物・施設の説明をしました。

 この日は天気も良かったので森の散策もしました。周辺の森にもキツツキたちが採餌した枯木があります。生徒達はその穴に指を入れて『すっと下まで続いているよ』とか『この穴にキツツキが嘴を突き刺して、舌で虫を捕まえたんだね』等と早速体験学習です。そこで私が『クマゲラが営巣できそうな木を探してみよう』と課題を出しました。地元の研究者達によるとクマゲラは「ある程度の太さと高さがあって、低いところに枝が無く真っ直ぐで、風が吹き込まない方向に開けた空間がある場所にあるブナ」を選ぶそうです。すると早速「あれなんて良いんじゃない?」とある生徒が言えば『周りの木が混んでいるからダメだ』と別の生徒が言い、またある生徒が『これは周りに木がないし太いから大丈夫じゃない?』と言えば『右の枝がなければ良いんだけどな?』と別の生徒が答える。『自然がイッパイのように見えるけどクマゲラ目線ではそうじゃないんだな・・』といった感想が漏れます。そうなんですよね・・人間は自分たちの感覚で色んな事を言い、行動してしまうけど鳥や動物の感覚になればいつもの森も違って見えてくるのです。豊かに見える森も人間が自分本位の利用をすれば動物や鳥の命を危険さらす可能性だってあります。この生徒達には私の言いたかったことが伝わったようで嬉しかったです。

みんなでセンター周辺の森を散策しました。

 しかし残念なことにキツツキたちが採餌した枯木の根元に空瓶が落ちていました。一人の生徒に拾って貰ったのですが、瓶を私に渡す時『誰だ!キツツキの大事な餌場にゴミを捨てるのは!許せない!!』と怒っています。その後も飴の包み紙などを拾いましたがその都度腹を立てています。『ここでクマゲラが餌を食べられなくなったらどうするんだ』『クマゲラが住むこの森を汚すんじゃない』と・・・
 私の話のまとめとして『クマゲラの棲むこの森は北秋田市が全国に誇る日本の宝物だからみんなで大切にしていこう』と言ったのですが日本の宝はそれだけではなかったようです。この生徒達も『北秋田市が誇る日本の宝物』です。

ページ先頭へ↑

2007年09月05日ステップ1と2

秋田 足利 直哉

秋田自然保護官事務所の足利直哉です。大潟草原鳥獣保護区ではヨシ原にいた小鳥たちの声や姿がなくなり、ちょっと寂しくなりました。夏の終わりです。

でもそこは国指定鳥獣保護区!他にも野鳥が観察出来る場所は沢山あります。今日はその環境で野鳥勉強中の私が色々な方々からアドバイスを頂いて自分なりに感じた野鳥観察のポイントを書きます。私のように野鳥に興味を持ち始めた方々の参考になれば幸いです。

ステップ1『自分なりの探鳥地をもつ』
 双眼鏡や図鑑をもっていざ野鳥観察へ!
 →でも何処に行けば野鳥にあえるの?
 →鳥獣保護区だから野鳥がたくさんいるだろうと思ってきたけど本当にたくさんいて何処をどう見て良いか解らない。
 と言うことはありませんか?ちなみに下の例は私の体験談です。そこで・・
先ずは身近な場所に自分なりの野鳥観察の場所を決める。欲張らずにはじめ、小さな公園や池に絞って観察すると良いようです。私の場合電車通勤をしているので、毎朝の駅のホームや車窓が自分なりの観察ポイント。大潟では南の池と西部承水路が重点的な観察ポイントです。

<ゴイサギ成鳥>今、南の池ではゴイザギがたくさん見られます。

ステップ2『観察記録をつける』
 観察時に見た野鳥を可能な限りメモします。名前が解る場合は種類を記入しますし、解らない場合は大きさ・色・鳴き声などなどなんでもとりあえずメモして後で図鑑を調べる手がかりにします。
 メモの内容は場所・日時・気象状況は勿論、鳥の種類・数・行動など気が付いたことならなんでも!それを1年間継続すると1年後には驚くほどのデータ量になり、それが渡りの時期や繁殖期を知るきっかけになって知識の幅も広がっていくそうです。
 私の自己評価ですが、6月に比べ少しは役に立つ記録が出来るようになって きました。


<ゴイサギ幼鳥>はじめはこれがゴイサギとは知らずに特徴をメモしてきていました。メモが役に立った一例です。

観察場所を絞って、記録を付けていたら幼鳥の羽色が淡くなってきた事に気づきました。

ページ先頭へ↑

2007年08月31日高場森にて

秋田 足利 直哉

 秋田自然保護官事務所の足利直哉です。今日で8月も終わり!森吉では夏の終わりと秋の始まりが混じり合い、季節の移ろいを感じることが出来ます。

 そんな中、火曜日に高場森へ巡視に行ってきました。高場森は標高900m、森吉山本峰から遠くはずれ、登山者の姿を見る事はほとんどありません。しかし高場森は643haの広い範囲に、通常標高650m前後が分布域とされる天然杉が広がり『桃洞・佐渡のスギ原生林』として天然記念物に指定されている隠れた名山です。花粉症の原因として悪者扱いされているスギですが、標高850~900mに自生するスギの大木には言葉を失います。

天然スギ・胸高直径は約90cm、樹高は25m前後です。

高場森の北側には、トウド沢が複雑に入り組み、手つかずのブナ林が豊富な鳥獣保護区の特別保護地区が広がります。この森の中からはクマゲラをはじめとするキツツキたちのドラミングの音が心地よく響き渡ります。そんな森の向こうには、十和田八幡平国立公園の八幡平エリアが望めます。焼山(1366.1m)や八幡平(1613.3m)、畚岳(1577,8m)を眺めて的確な名前を付けたものだと感心していました。焼山は今も火山活動を続ける荒涼とした山肌が見えるし、八幡平はなだらかに広い台地状の姿だし、畚岳も確かにそこだけこんもりして※注モッコのようです。それをゆっくりと見ていたら、そこに人が横たわっているように見えてきた!同行していた畠山レンジャーに「あの辺り、人の顔に見えませんか?」と聞いてみたら「本当だ、なんか観音様にも見えるな」と・・そう言われるとさっきまで鼻筋の通った綺麗な女性を思い描いていたのに観音様に見えてくるから不思議です。(少なくとも我々にはそう見えていました)

あの山々では鹿角自然保護官事務所のAR大堀さんが活躍してます。

目線を南側に移していったんですよ・・・すると!

あえて写真に細工はしませんでした。いかがですか?見えますか?

もしかして・・・このクマゲラが棲む豊かな森も、天然杉が分布する奇跡の森もこの観音様が見守っていてくれたから?全く信心のない私がそんなことを思うなんて!と自分でもちょっと驚きましたが、後世に残していかなければならない自然の中に今、自分が居るのだと感じ、アクティブレンジャーとして出来ることを精一杯やっていこうと決意を新たにした巡視でした。

※注:モッコとは土木工事や農作業時に土や砂を運搬するのに用いた、縄などを網状に編んで四隅に釣綱を付けた物で、そこに2本の棒をさし、前後二人で担いだ。

ページ先頭へ↑

2007年08月21日【実施報告】自然観察会『森吉山麓高原ブナ林で森林浴』

秋田 足利 直哉

秋田自然保護官事務所のアクティブレンジャー足利直哉です。
8月19日(日)森吉山麓高原で自然観察会「森吉山麓高原のブナ林で森林浴」を実施しました。

 この日起きると窓の外からは激しい雨の音。もう一度寝ようかと思ってしまったほどでした。思い直して出かけましたが観察会には秋田市から参加する方も多数。当日になって欠席者が出てしまうのではないかという不安が・・・(残念ながらその不安は的中しました)
しかし、秋田峠を越えて森吉山のある北秋田市が近づくと雨は止み、道路は乾いていました。野生鳥獣センターが近づくと雲間から僅かに青空も除いています。明るい兆しに迎えられて森吉山麓高原に到着しました。

 34名の参加者が集まり、畠山レンジャーが観察会のリーダー・スタッフを紹介し、コースの概要・注意事項を説明して観察会が幕開け。その後森吉山荘さんのご協力で、一同バスに乗って黒石川林道とノロ川登山道の出会いまで移動。降りたところで3班に分かれて順次歩き始めました。

森吉山野生鳥獣センターのレクチャー広場でオープニング

登山道入口で各班に分かれて散策・観察会開始です。

 空は雨を堪えていましたが、曇天独特の生温さを感じていましたが、驚いた事にブナ林に入った途端蒸し暑さが消え去り、風も無いのに汗が引いていくのが解ります。ブナ林にはエアコンのドライ機能が付いているようです。皆さんも「いや?涼しな!」「山の中さはエアコン効いてるな!」と涼しさを実感している様子でした。※「 」内は秋田弁でお読みください。


大きな森の懐に潜り込んでしまったような錯覚さえ覚えます。

 この日、印象的だったのがキノコ。登山道沿いには色々なキノコが顔を出していましたが、中でも真っ赤でツルツルしたキノコと褐色の大きなキノコが目を引きました。私の印象は間違いなくどちらも毒キノコ!!しかも猛毒に違いない!!と思ったのですがなんと・・食べられると言うではありませんか!!もう話題はそのキノコに集中。赤いキノコはタマゴダケ。毒キノコの代名詞のようなテングダケ科のキノコですがこれは肉厚で美味いらしい。褐色のキノコはアカヤマドリ。美味と言うほどではないが食べ応えのあるキノコだそうだ。
そうは言っても誰も採ろうとはしない。だってねえ・・・苦笑

<タマゴダケ>
「これを食べる勇気はない」と言う方が大半でした。

<アカヤマドリ>
小学生の男の子は「メロンパン」と呼んでました。なるほど・・・

 結局、雨は持ち堪え無事に観察会は終了。この日一日、さわやかなブナ林や印象的なキノコを見ながら一緒に歩いてすっかりうち解けた参加者同士が連絡先を交換しあう姿に心が温かくなった一日でした。
『注意』キノコは自己判断せず必ず詳しい方に確認してもらってから食べるようにしましょう!!

 尚、東北地方環境事務所のHPにも観察会の報告記事があります。併せてご覧ください。

ページ先頭へ↑

2007年08月17日ただいま勉強中!

秋田 足利 直哉

残暑お見舞い申し上げます。秋田自然保護官事務所の足利直哉です。
 
 秋田自然保護官事務所が所管する鳥獣保護区に『大潟草原鳥獣保護区』があります。
 さて・・秋田県の地図を思い浮かべてみてください。何となくタツノオトシゴの横顔に似ていませんか?鼻に当たる部分がナマハゲで有名な男鹿半島。そして目に当たる部分が八郎潟残存湖と干拓によって生まれた大潟村です。大潟草原鳥獣保護区は西より(鼻に近い方)のほぼ中央に位置します。(秋田県の目頭とでも言いましょうか?)

大潟草原鳥獣保護区は大きく3つのブロックに分けられます。
?特別保護地区・・東側を防風のための松林がベルト状に連なり、その西側に         干拓以来ほぼ変わらないヨシ原が広がる。
?東区・・干拓記念「南の池公園」とその北側の未利用地。
?西区・・八郎潟残存湖の西側(西部承水路)が大きく蛇行している箇所の野石     橋以南。
 それぞれの地区に特徴があり、その違いによって観察できる鳥も実に様々です。現在は丁度夏鳥が子育てをほぼ終え、草原の小鳥たちのオーケストラはその規模を縮小していますが、水面では遠足にでも出かけるかのように親鳥と一緒になって行動範囲を広げる幼鳥の姿が多く見られるようになりました。上空の猛禽類も春先に比べて随分数が増えたような気がします。
 
 私自身、野鳥に関してはまだ勉強を始めたばかり。見かけた鳥・鳴き声の聞こえる鳥の名前が判別できるのは、ほんの一部(ごく僅か?)それでも双眼鏡を覗いて見えた鳥が、知っている鳥であれば「あっ○○だ!」となんだか妙に嬉しい。反面、折角見ても種類が解らなければ悔しさにも感じられる残念な気がします。でもその鳥を自分なりに特徴を観察したり、写真に納めたりして、あとで図鑑を見て調べる。そこで種類が特定できて、また別の日にその鳥を観察したときは、思わず「おおおおおおぅ!居たぁ?○○だぁ?」と一人大感動しています。
 数少ない私が知っている鳥の中から今日現在、ヨシ原や承水路の水面で観察できる鳥を撮影してきました。しかしなかなか皆さんにお見せできるような写真を撮るのは難しいです・・・涙



<ホオアカ>
頬に紅をさしたような羽根色が名前の由来。ヨシの先に比較的長く留まって鳴いているので発見も撮影もしやすい。


<コジュリン♂>
黒頭巾が特徴で、連続して鳴くので発見しやすい。頬に注意して観察するとよく似たオオジュリン♂と見分けられる。


<カンムリカイツブリ♀・幼鳥3羽>
承水路で繁殖しています。幼鳥は「うり坊」のような縞模様が見られます。この幼鳥たちは自分で魚が捕れるようになってきました。

 
 もっともっと頑張って良いシーンが撮れるようにしないと・・でも見とれてしまってなかなかカメラに手が行かないんですよ・・これが目下の悩みです!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ