ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年10月

15件の記事があります。

2020年10月30日冬への準備1(田代平湿原歩道沿いの踏み外し防止ロープ撤去)

十和田八幡平国立公園 村田 野人

こんにちは、十和田八幡平国立公園管理事務所の村田です。

 今回は久しぶりにパークボランティアの皆様と作業したので、その報告です。

今、十和田八幡平国立公園は紅葉の真っ盛りですが、紅葉の次は雪の季節ということで、国立公園に関わる事務所ではこの時期冬への備えが始まります。その1つが、歩道沿いに設置した踏み外し防止用のロープ柵の撤去です。国立公園にいらした利用者が、きれいな景観に目を奪われて危険な場所へ入って行かないように、入っていったために貴重な自然が回復不能なダメージを負わないように、歩道沿いのあちこちにはロープ柵が設置されています。そのまま冬を迎えてしまうと、雪の重みでロープが切れてしまったり、杭が折れてしまったりするので、来年も使えるようにこの時期に撤去し、きちんと整理しておきます。

当日、田代平湿原に八甲田地区パークボランティアの方が6名集まってくださいました。いずれもベテラン揃いで、作業内容は私よりも熟知しているくらいです。集まって数分も話せば、作業手順は決まってしまい、それぞれが回収する予定のロープ柵の場所へと向かいます。

田代平湿原は、八甲田山の北東側、田代牧野と温泉の中間にある湿原です。湿原には池塘が点在し、それらをつなぐように周遊する木道が設置されています。木道から見える八甲田山の景色はとても迫力があります。

木道

<田代平湿原の景観(青森市の工事により解説板と木道が新しくなりました!)>

パークボランティアの皆様はとても手際よく、杭とロープをまとめていきます。あまり手際がよいので写真を撮っている暇がありません。作業を開始して1時間ほどで、ロープ柵をすべて回収し、入り口の駐車場へ戻りました。

PV活動風景

<回収の作業の様子>

ロープ柵<回収されたロープ柵>

長年の経験から設置場所の地図と記号が書かれた札を回収したロープ柵につけてきちんと整理しています。これで来年の春の設置もスムーズに進みそうです。

ページ先頭へ↑

2020年10月29日「猪苗代湖クリーンアクション2020」

磐梯朝日国立公園 田中謙行

「猪苗代湖クリーンアクション2020」

こんにちは。裏磐梯自然保護官事務所の田中です。

10月24日(土曜)に「猪苗代湖クリーンアクション2020」の活動をしてきたので写真と共に報告です。ヨシの刈り取りは白鳥浜、水草及びゴミ回収は天神浜で行った。

この活動は、猪苗代湖の水環境を保全するため、県民、事業者、行政、関係団体が協働してヨシの刈り取り、漂着水草及びゴミの回収をするもの。

猪苗代湖湖岸のヨシ群落は、湖内に流入した窒素やリンを吸収する水質浄化機能があるため、地上部が枯死する時期に刈り取るなど、ヨシ群落の適切な保全・管理が重要であり、また、湖岸には毎年多量の水草が打ち上げられ腐敗によって水質汚濁の一因になっており、湖の環境や景観を損ねているため、回収する必要がある。

まずは、開会式の様子。

水草(作業前)の様子。

作業の様子。

作業後の浜。きれいになりました。

サギも大喜び。作業後に現れました。

午後に作業が無事に終了したので、そのまま猪苗代湖をドライブ一周することにした。

写真で湖畔を紹介します。

猪苗代湖の天橋立でしょうか。

猪苗代湖に虹が架かった。

白鳥さん、こんにちは。

今回はここまで。

是非、猪苗代湖にもいらしてください。

ページ先頭へ↑

2020年10月29日蔦沼に虹

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

蔦沼は十和田八幡平国立公園十和田八甲田地域の南に位置する、蔦七沼の一つです。

蔦沼周辺の山々の紅葉が、日が昇る短い間だけ、太陽に照らされて赤く見える様子が

「死ぬまでに一度は見たい絶景」とメディアで取り上げられ、

近年たくさんの観光客が国内外から訪れるようになりました。

特に早朝の時間帯は、蔦沼に設置してあるデッキに入りきらない人が、湿原に踏み込んで写真を撮ったり

駐車場に入ることができない車が路上駐車して通行の妨げになったりと、問題になっていました。

今年度、デッキの混雑防止、周辺道路の渋滞対策、環境保全のため、

またコロナウイルス対策を目的とした新しい試みとして、

紅葉の最盛期の蔦野鳥の森への完全事前予約制による入場制限と有料化を

10月22日~27日の6日間実施しました。