ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

十和田八幡平国立公園 十和田

364件の記事があります。

2021年05月11日十和田湖日記

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

「おとこもすなる日記といふものを 女もしてみむとてするなり」

通勤路でふと頭の中に浮かんできたフレーズは、

高校時代大好きだった授業のひとつ

「古典」のなかにあった「土佐日記」の冒頭でした。

日々、外の業務が増えるこの季節、

日記を記す時間がなかなか無いのですが、

写真だけは増えていきます。

そんな日常を写真でお伝えしようと思います。

〈5/2奥入瀬渋滞対策業務に向かう途中の奥入瀬渓流〉

〈5月2日:奥入瀬渓流渋滞対策業務〉

朝はみぞれの寒い一日、大きな渋滞もありませんでした。

〈5/6満開のサクラと橙色から萌葱色に変わりつつあるカツラ〉


〈満開のオオヤマザクラと白きたおやかな櫛ヶ峯〉

〈5/7休屋から子の口に向かう途中、宇樽部湖畔のニリンソウ群落〉

〈花びらは5枚~9枚までを見つけました〉

〈5/9十和田八甲田地区パークボランティアの皆さんと西湖畔自然観察会〉

〈雨だからこそ見られる花の風景〉

長い雨にあたった花びらが、水分を含んで透き通ってガラス細工のようです。

〈愛おしくて近くに顔を寄せてしまいます〉

〈西湖畔に多く見受けられる、クルマバツクバネソウ:葉が5~8枚まで見つけました〉

〈オヒョウの葉っぱは何故にこんな形なのでしょう?〉


〈カルガモの毛繕い:器用に足も使う〉

〈カツラの倒木には様々な植物が根付いて小さな庭園になっています〉

〈西湖畔の歩道は今ニリンソウロードになっています〉

日々刻々と変化する季節を楽しむ、そんな心のゆとりを持って生きたいものです。

ページ先頭へ↑

2021年05月07日時は流るる

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

4月の最終週の始まり、顔にあたる空気の冷たさを感じつつカーテンを開けると、

一面の白い風景が目に飛び込んできました。

淡雪がはらはらと舞い落ち、

やっと目覚めた植物達は白い綿菓子のような衣装をまとっているようでした。

と、日記を書き終えて連休に入ってしまいました。

〈4/26業務の途中で笹森展望台からの岩手山と皮投岳〉

連休明けて出勤すると、湖畔や休屋の桜が咲き始めていました。

〈5/6十和田湖畔休屋北駐車場のソメイヨシノ〉

〈5/6生出キャンプ場 春紅葉と桜〉

少し時は過ぎてしまいましたが、業務で出会えた風景をご紹介します。

春紅葉のトップバッターのカツラは桃色()から橙色(若芽)に模様替えし、

太陽をあびてキラキラ輝いています。

山燃えるという言葉がぴったりの季節になってきました。

〈左 カツラの若葉  右 サワグルミ〉

〈きらめくカツラのかなたに白きたおやかな櫛ヶ峯〉

以前紹介した酸ヶ湯インフォメーションセンターと、リニューアルした奥入瀬渓流館の様子や、

蔦沼、酸ヶ湯周辺の様子をお知らせします。

〈酸ヶ湯インフォメーションセンター入り口〉

〈展示の一部〉

〈リニューアルした奥入瀬渓流館内部とオープンデッキ〉

〈静寂〉

〈蔦野鳥の森にて〉

〈オープンにむけて除雪を進めている酸ヶ湯キャンプ場〉

植物や動物が生き生きと躍動を始める季節となりましたが、

標高の高い場所はまだまだ気温が低く、しっかりとした防寒対策が必要となります。

コロナ対策等の備えもしっかりしつつ、楽しんでいただければと思います。

ページ先頭へ↑

2021年04月27日展示物のネタの収集

十和田八幡平国立公園 村田 野人

ここ数日、十和田湖は晴れの日が続いています。休屋地区の桜の開花も今年は早くなりそうです。

サクラとヒヨドリ<桜の蜜を吸うヒヨドリ>

 昨年度からビジターセンター等の展示物の作成に関わっています。写真は、その成果の1つ、酸ヶ湯インフォメーションセンターの展示です。大幅に改修しました。近くにいらした際は3密に注意しながら見ていただけるとうれしいです。

酸ヶ湯インフォメーションセンター<改修した酸ヶ湯インフォメーションセンターの展示の一部(クロサンショウウオ)>

 昨年度の展示物の作成業務では、鳥類や植物など自然に関する部分についての情報収集や素案の作成を行いました。今年度は、文人大町桂月の情報を収集しています。大町桂月は明治時代に十和田湖や八甲田を世に広く紹介した人物のひとりで、十和田八幡平国立公園の指定に関わる重要な人物です。目下、資料を読み進めていますが、読めない字やすぐに意味がとれない熟語に四苦八苦しています。私が困った単語を下記にいくつか書きます。皆様すぐわかりますか?

「慊らない」

「洛陽の紙価を高める」

「満目」

「僊化」

「東道の主人」

「心遣り」

ページ先頭へ↑

2021年04月21日渡り鳥飛来状況調査

十和田八幡平国立公園 村田 野人

4/19420と十和田湖は春の嵐に見舞われ白波が岸に押し寄せる天気でした。


十和田湖

 本日は、渡り鳥飛来状況調査の報告を行いました。野鳥における高病原性鳥インフルエンザ対策の一環で行っているものです。管理員の方が毎月3回鳥獣保護区内の決まった範囲で野鳥の生息状況と異常行動をする野鳥の有無について調査してくれます。私は、調査結果を確認し、例年と比較して異常の有無や渡りの進行状況を推量、今シーズンの調査の終了時期などについて検討した上で東北地方環境事務所に報告します。

 高病原性鳥インフルエンザにかかりやすいカモ科鳥類の個体数はだいぶ減りましたが、4月末まではまだまだ気が抜けません。

 調査の詳しい結果については、下記の環境省webページをご確認ください。

"https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/migratory/ap_wr_transit/index.html"

ページ先頭へ↑

2021年04月21日南八甲田1001ピークめざして

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

4月19日の通勤時、雪を屋根にのせた車が前を走っていて驚きました。

標高1000m以上はまだ降雪の可能性もあるので、油断はできません。

十和田湖畔はカツラの花のピークで、ほんのりと色づいています。

桃色とも違う、形容しがたい色なので、実際に皆さんにみていただきたいといつも思います。

橙色になってくるとそれは新芽が芽吹いてきた合図です。

〈事務所の近くにある2本のカツラの大木〉