ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

三陸復興国立公園 宮古

142件の記事があります。

2009年08月10日浄土ヶ浜でカヤック体験

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

お久しぶりです。宮古自然保護官事務所の高屋敷です。
この夏は安定しないお天気ですね。陸中も毎日ぐずついた天気が続いています。8月の第1、第2の土日はイベントが実施されましたが、幸運なことにちょうどそのときばかりはお天気に恵まれ全て開催することができました。

今回は昨日開催した「シーカヤックで海の上から浄土ヶ浜」について紹介したいと思います。浄土ヶ浜は2006年に日本快水浴場100選のうち、海の部で特選に認定され、現在陸中海岸国立公園を代表する観光地にもなっています。澄んだ海水は上からみると太陽の光で、エメラルドグリーンに輝きます。

 そんな浄土ヶ浜で新たな魅力を発見してほしいということで、NPOいわてマリンフィールドの滝澤氏を講師に迎えシーカヤック体験を行いました。普段見慣れている陸からみる浄土ヶ浜ではなく、海側から見る風景や、海水の透明度を感じてもらえれば嬉しい!と思っていたのですが、結果、予想以上の反響でした。

 この日はベストコンディションで波も無く、穏やかな海だったので、全員が青の洞窟までカヤックで行くことができました。私も参加者と一緒に青の洞窟までカヤックで行ったのですが、神秘的な海の洞窟は光に反射し、青、緑に輝き言葉では表せないほど美しかったです。洞窟の中はひんやりとし、静寂した空気が流れ別世界へ来たようでした。浄土ヶ浜では多くの海水浴客でにぎわっているのに、海ではこんな静かな時間が流れていることも初めてしりました。

 ほとんどの参加者はこの青の洞窟を初めて知ったという人も多く、浄土ヶ浜の新たな魅力の発見が出来たのではないかと思います。他にも、海上をカヤッキングすることで、海水の透明度に非常に驚かれたかたもいらっしゃいました。参加者は地元の方がほとんどでしたが、「こんな素晴らしい場所があったなんで知らなかった~。また来たい」という声を多くの人から聞くことができ非常にうれしく思いました。参加者からそのような声を聞き疲れも吹き飛びました!

 今年の浄土ヶ浜でシーカヤックのイベントは終了しましたが、青の洞窟へは、浄土ヶ浜マリンハウスさんで船で案内してくれます。是非、自分の目でみて青の洞窟の美しさそして、浄土ヶ浜の素晴らしさを実感してほしいと思います。


どっちが早いかな~。浄土ヶ浜の海は、底まで見えるくらい綺麗だね~。という声が聞こえてきそうです。

パークボランティアさんもこの日はご夫婦での参加です。青の洞窟へミニ旅行!

ページ先頭へ↑

2009年06月19日海と空と浜辺

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

 陸中海岸国立公園では今、ハマナス、ハマギク、ハマエンドウ、ハマヒルガオ、スナビキソウなどの植物が花を咲かせています。植物のピンクやムラサキと海、空の青のコントラストを体験できるのは今の時期だと思います。波の音を聞き、海岸いっぱいに広がるハマナスと潮風の香りは気持ちをリラックスさせてくれます。これこそまさに海の国立公園だからこその醍醐味だと思います。
 
 



宮古の花であるハマギク。

ハマエンドウの他にもハマヒルガオ、スナビキソウが広がります。

ハマナスの香りが広がります。

ページ先頭へ↑

2008年12月03日潮吹き穴の季節

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

 みなさま、こんにちは。宮古自然保護官事務所の高屋敷です。
 普段はなかなかお目にかかれないもので、これからの季節に見られる機会が増えるものを陸中海岸国立公園冬に向けての見所パート1として紹介します。
 陸中海岸は岩手県久慈市から宮城県気仙沼市までの太平洋に面した国立公園です。ですので、海の状況によっていつも違う景観を楽しむこともできます。
 初冬の今のオススメは・・・。ずばり宮古市にある、「潮吹き穴」です!冬になり、海が荒れてくると、この潮吹き穴は本領発揮をします。海が穏やかな夏は、ほとんど潮吹き穴は潮吹きをしている姿を見せてはくれません。なかなか潮吹きを見せてくれないので、地元の人からは別名「ほら吹き穴」とも呼ばれています。波の方向、風の方向、波の高さこの3つがそろった時に、この潮吹き穴は素晴らしい潮吹きを見せてくれます。冬はこの条件がそろいやすく、「ド~ン!」という音と共に20メートル以上にも及ぶ潮吹きをみせてくれます。浄土ヶ浜からでも見えるくらいの大きな潮吹きは目の前でみると「うぁ~っ!」と声に出してしまうほど、迫力があり、そして「やっとみれた!」という思いになります。
 夏のお天気が良い日にはほとんど見られないこの潮吹き穴。今まで何人もの観光客がこれを見られずに帰ってしまったことでしょう。でも、今からがチャンスです!陸中海岸国立公園にはまだまだ見所満載です!


浄土ヶ浜からでも潮吹き穴が見えました!


11月13日保護官が撮影した潮吹き穴です。冬の潮吹き穴はこれからもっと迫力を増してくるでしょう。

ページ先頭へ↑

2008年04月03日春の訪れ

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

 お久しぶりです。宮古自然保護官事務所の高屋敷です!
今日は宮古市にあります臼木山をぐるっと巡視してきました。お天気は曇り空でしたが、気温は暖かく、散歩で訪れた人たちともたくさん出会えました。
今日の私の巡視目的の一つは、一昨日みたカタクリの蕾が花開いているか。という事でした。臼木山は「桜山」として知られていますが、カタクリの群生地としても、地元では有名です。歩く所がないくらいにカタクリの花でいっぱいになります。そのカタクリ、第一号を一昨日発見しました。ムラサキ色にちょっこり咲いている一輪のカタクリを・・・!私が見たときは、まだ少し咲き途中の様子でした。しかし、今日見たら、なんと、隣のカタクリも咲いていました。その後臼木山をぐるっと一週しましたが、やはり開花していたのはそこの2輪だけで、後は、蕾と芽を出したてのカタクリでした。
 来週には山全体がカタクリの花で染まることでしょう!

 あと一つ!桜も咲いていました。十月桜という桜を始め、小さくて、可愛い花をつけていた桜。臼木山には約100種、800本の桜があります。
 臼木山の春はもう、始まっています!


2輪のカタクリ

今年臼木山一番のカタクリ



小さなさくら

ページ先頭へ↑

2007年11月07日秋の遊歩道

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

 こんにちは。宮古自然保護官事務所からです。

 陸中海岸国立公園は10月後半から11月上旬が紅葉の真っ盛りです。

 先日歩道調査で釜石にある御箱崎灯台へいきました。

 歩道は紅葉を迎えた木々が落とした落ち葉で歩くたびに音がします。

 もう木々は冬支度をしていました。そんな遊歩道を進んでいくと、ピンク色

 をしたマユミの実、そして紫色の実をつけたムラサキシキブがとても可愛ら

 しく遊歩道に沿って私を楽しませてくれました。

可愛らしい植物つながりで・・・・紹介させていただきます。 

 少し前のことですが・・・。10月24日に早池峰山に登ってきました。
  
 頂上で思わぬものを見ることができました。是非みなさんにも見ていただき

 たいと思います。
 

今時期、御箱崎神社への遊歩道沿いにたくさんのムラサキシキブを見ることができます。



雪の花です。頂上でふと足下を見たときに見つけました。雪の花は光を浴びてきらきらと輝いていました。


ページ先頭へ↑

2007年08月13日陸中海岸国立公園が紹介されます!

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

 おはようございます。

宮古自然保護官事務所、アクティブレンジャーの高屋敷です。

 先日(11日)NHKの1日密着取材を受けました。大きなカメラでどきどきでした。アクティブレンジャーになり、2ヶ月ですが、まだまだ、勉強中というのがよ?く感じていただけると思います(苦笑)。もう、本当に暑さと緊張で汗が止まらなかったです!言葉も何を言っているのか・・・
 私はそんな感じでしたが、NHKの皆さんはこだわりを持って、暑い中ず?っとカメラを回し、陸中海岸国立公園の素晴らしさを伝えようとしてくださっていました。
 1部ではありますが陸中海岸国立公園の素晴らしさが分かって頂けると思います。

 今回は私が自然便りを発行するときに毎回巡視しています浄土ヶ浜、そして私が一番落ち着く所ということで生まれた町田老の山王岩に行きました。

 放送予定日は8月22日の夕方6:10?NHKの番組の中だそうです。
今回は岩手だけでなく東北地域すべてに放送されるということですので、陸中海岸国立公園がどういうところなのか、見て頂ければ光栄です。

 この場を借りて・・・、NHKの皆さん、暑い中本当にお疲れ様でした。
 そして、このような機会を作って頂きありがとうございました!

 宮古では現在クルマユリがかわいい花を咲かせています。

 クルマユリは他のユリに比べて小さな花をつけ、可愛らしいです。

11日のナイトハイクで星の観察をしました。流れ星もみれました。

ページ先頭へ↑

2007年08月08日 初めまして!

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

 8月8日(水)雨
 初めまして。こんにちは!宮古自然保護官事務所の高屋敷です。2ヶ月が経ちました。最近はめまぐるしく毎日が過ぎています・・・。
 なんとかブログを投稿したい!!と思いますが少し緊張しております。

 7月26日から宮古ビジターセンターに2名のサブレンジャーが来ていまして、昨日は2人に陸中海岸国立公園の田野畑を紹介しました。
 鵜の巣断崖と北山崎へ・・・。
 



山背でくっきりとは見えなかった鵜の巣断崖ですが、東京からきたサブレンジャーは喜んでいました。

記念に1枚!

ページ先頭へ↑

2007年05月08日花の色は…

三陸復興国立公園 宮古 熊谷 由美

GWも終わり、浄土ヶ浜周辺の桜はほとんど散りましたが、
変わりに八重桜系が見頃となっています。

事務所前の八重桜



また、ヤマブキが咲き始めました



チゴユリも開花しました。




あんなに咲き誇っていたカタクリは、種を育んでいます。
季節の移ろいは早いですが、来年の新しい命の誕生を楽しみに待ちましょう。

ページ先頭へ↑

2007年04月24日浄土ヶ浜のさくら

三陸復興国立公園 宮古 熊谷 由美

浄土ヶ浜の第一駐車場にあるさくらがほころび始めました。



今日は気持ちのいい晴天でした。青空にうす紅色の花びらがきれいです。



浄土ヶ浜にはたくさんのさくらがあります。
他のもだいぶつぼみが膨らんできました。
ゴールデンウィークが見頃になるでしょうか。

ページ先頭へ↑

2007年04月19日姉ヶ崎の花

三陸復興国立公園 宮古 熊谷 由美

今日は宮古市内から車で20分ほどの姉ヶ崎に行ってきました。
姉ヶ崎には宮古ビジターセンターや休暇村陸中宮古があり、
その周辺に歩道や広場が整備されています。
ここを会場に4/28に自然観察会を行うため下見に行ったのですが、
いくつか花が咲いていたのでご紹介します。

花ではありませんが、↓この植物の名前がかわかりますか?
ヒントは見たまんまです。答えは最後に書きますね。




↓オオカメノキの花です。開花し始めたばかりです。




↓フデリンドウです。つぼみが毛筆の筆先に似ているからだそうです。





最初の写真は「ヤブレガサ」です。
名前の由来は写真の姿のとおり、破れた傘に似ているからだそうですが、
もう少しして葉を広げた状態になるとちょっとわかりづらいかもしれません。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ