ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

三陸復興国立公園 宮古

142件の記事があります。

2012年03月22日東北海岸トレイルモニターツアー 第1回 報告

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

3月17日(土)、3月18日(日)に第1回目のモニターツアーが開催されました。
首都圏からの一般モニター16名、関係者21名が参加しました。

3月17日(土)【大沢海岸~姉ヶ崎まで約5.6㎞】

 大沢海岸から姉ヶ崎までの自然歩道は、陸中海岸国立公園の中でも、多くのアップダウンがある歩道のひとつで、健脚者向けのコースです。春には、カタクリやフクジュソウ、沢沿いにはニリンソウの群落を見ることができますし、今の時期だと、木々の合間から見える海の景色も格別です。

出発地点である大沢海岸に到着し、ガイドから簡単なコース説明を受け、準備体操をしたあと、歩き始めました。いよいよ東北海岸トレイルモニターツアーの開始です!第1回目のガイドは地元のパークボランティアでもある田屋さんと寶さんが務めてくださいます。
 風景や植物の解説を聞きながら歩きます。植物の解説の際には、ねじれた松が強い海風に耐えていることや、山菜の地元での活用の方法なども紹介されました。モニターは、積極的に質問をします。普段私も気づかなかったこともあり、とても参考になりました。ガイドの仕方でも気を配るポイント等勉強になりました。
 登った分だけ下るという、その繰り返しでしたが、風景や歩くことを楽しみながら歩き、モニターの皆さんは海が見える度に写真を撮っていました。長い自然歩道でも、「疲れた」といってくったりする事は無かったと思います。時間通りに到着し、怪我人など出すこと無く、全員無事にトレッキングは終了しました。
その後は親睦を兼ねた意見交換会でモニターや関係者が交流を深めました。



3月18日(日)【田老漁港~真埼灯台まで 約5.4㎞】
 田老を代表する奇岩・三王岩や、大きく被災した沢尻海岸を通ります。三王岩はあの大きな津波にもかかわらず、姿を変えることなくしっかりと3つ並んでいます。沢尻海岸から真崎までの自然歩道には、春にはマイヅルソウや紅色の花をつけるイワカガミなどの群落を見ることができます。約1時間30分でコースをまわることができ、お手軽コースのひとつです。

 津波で大きな被害をうけた田老の漁港をスタートした私たちは、三王岩へ向かいました。途中には、崩れた歩道脇の岩や、海に浮かぶ大きなコンクリートの塊を見ながら進みます。周辺の景色は、生々しい跡が残っていますが、海水のきれいなことに、感激していたモニターもいました。カメラを持っている人は写真におさめています。

 三王岩を通過し、登り階段を上ったあとは、車道を歩き沢尻海岸を目指します。途中の日当たりの良い場所ではフキノトウが芽を出し始めていました。思わぬサプライズで春を感じることもできました。


沢尻海岸に近づくにしたがって、被害の大きさが強く残っているのに気づきます。道路やトイレ、休憩所が流出した沢尻海岸では、津波の恐ろしさと力の強さを目の当たりにしていました。



 少し休憩したあと、真崎へむけて、林間の歩道に入ります。最初は少しきつめの登りがあります。海を右手に、心地よい風を感じながら先へ進みます。湾曲した海岸沿いの風景や、アカマツの間をくぐり、真崎へ到着しました。
ゴールの灯台まではあと少しです。最後の登りを約5分歩き続け到着。トレッキングは、ここで終了です。記念撮影をして、灯台をあとにしました。




津波でも形を変えなかった三王岩(写真上)と被害の大きかった沢尻海岸(写真下)です。



昼食は地元の食材を使った煮物やホタテ、ウニの乗った「復興べんとう」を食べて、宮古の味を経験してもらいました。「うまい!」という声が聞こえてきます。歩いた後だからこそ、より一層おいしく感じるのかもしれません。

午後は、浄土ヶ浜の散策です。初めて来た人がほとんどでした。ウミネコや白い岩肌の浄土ヶ浜をバックに記念撮影をしているモニターもいました。「花巻、平泉、盛岡には旅行で来たことがあるけれど、沿岸には来たことがなく、来ると良いところですね。また来たいです。」という声も聞かれました。
 
浄土ヶ浜散策を終え、いよいよ帰りの時間です。モニターの方々は2日間ガイドをしてくださった田屋さん、寶さんと名残惜しいお別れをしていました。浄土ヶ浜で、みなさんが互いに手を振り合い、お別れをしました。また、みなさんが陸中海岸の来てくださいますように・・・。
 第1回目のモニターツアーでは、海岸沿いの風景と、陸中の自然歩道の特徴でもあるアップダウンを体験してもらいました。そして、大きく被災した場所も実際に見ることによって、津波の恐ろしさも実感してもらえたかと思います。
モニターの方々には「体験記」というものを作成していただき、後日提出していただくことになっています。どのような感想をお持ちになったのか、とても楽しみです。

第2回の様子は、次につづきます・・・。
 19日・・・姉吉~魹ヶ埼灯台 (宮古市)
 20日・・・漉磯~ロラン局跡地(山田町)

ページ先頭へ↑

2012年03月13日復興への取り組み 第1弾! ~東北海岸トレイル素材探し~

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

 
 東日本大震災が発生してから1年が経ちました。
宮古では昨日から雪が降っています。震災当時も雪がちらつき、寒さに耐えていたことを思い出します。
1年経過した現在でも、海岸沿いの浜辺や流失した施設など、かつての姿を思い出すのが難しい場所もあります。しかし少しずつではありますが、再び立ち上がろうと地域の方々が一生懸命に前に進んでいます。ここでがんばる姿、東北の立ち上がる姿を是非、見に来てほしいです。みなさんが来てくださることにより、それが東北沿岸に住む人たちのパワーとなります。

東日本大震災で発生した津波はまさに陸中海岸国立公園を襲いました。浜辺を飾った海浜植物、海辺にあったキャンプ場などはその多くが姿を変えてしまいました。環境省では、地域とともに立ち上がろうと、現在、「三陸復興国立公園(仮称)」の構想を検討しています。そのひとつが、「東北海岸トレイル」です。青森県蕪島から、福島県松川浦までの間に、地域の自然や暮らし、震災の痕跡、利用者と地域の人々など様々なものを「結ぶ道」と設定し、新しい利用形態を構築するとともに、災害時には避難路に利用する事などを目的とした長距離歩道です。
 陸中海岸国立公園にはたくさんの魅力があります。しかし、浄土ヶ浜や北山崎などの景勝地への観光客は多くても、自然歩道の利用者が少ないのが現状でした。
 


 そこで、「東北海岸トレイル」のアピールポイントや課題点等を確認して、今後の検討に役立てようということで、3月17日(土)~3月20日(日)の4日間にわたり、「東北海岸トレイルモニターツアー」が開催され、首都圏からの参加者が国立公園の自然歩道を歩くことになりました。(募集終了)

 当日ガイドをしてくださる方と、所要時間やトイレの有無などを確認しながら、3月17日と18日に歩くルートの下見をしてきました。岩手県宮古市の大沢海岸~休暇村陸中宮古までと、同市 田老漁港~真崎海岸までの区間です。歩道には、雪が残っていたり、落ち葉が詰まっている沢がありましたが、出来る範囲で措置してきました。
 この自然歩道は、津波によって一部流失した箇所も通ります。地元ではない人が歩くと、どのように感じるのだろう・・・。とても気になります。国立公園が沢山の人に利用されるための大切な資料として多くの人の意見を聞きたいと思います。
 



雪道の自然歩道。ここからは、浄土ヶ浜の裏側を見ることができます。




沢にたまっていた落ち葉を取り除き、水の流れを正常にもどしました。






道路まで、飲み込んだ津波の跡です。ここも当日のルートになっています。


ページ先頭へ↑

2011年10月28日『種刺海岸』

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

今、陸中海岸はコハマギクが断崖の岩を飾り、春や夏とはひと味違った風景を見ることができます。

 10月25日盛岡や宮古の森林ボランティア、宮古地区のパークボランティアの皆さんとともに、宮古市重茂半島にある種刺海岸で清掃活動を行いました。ここは自然歩道を歩くか、船でしか行くことの出来ない場所で、毎年秋のトレッキングイベントで利用していました。可愛らしいドット模様の石が印象に残る浜でもあります。

 震災後の今年5月、調査に来たときは、津波によって折られた痛々しい木々がたくさん残り、大量の漂着物が浜いっぱいに打ち上げられていました。しかし、地元の漁協の方々が少しずつ清掃活動をされており25日、海岸に着くと漂着物がまとめられていました。
 
 今回はj地元の漁協さんが船を出して、私たちを現地まで運んでくださいました。森林ボランティアの方々がチェーンソーを使って潮をかぶって立ち枯れした木々の処理を行い、私たちは海岸に打ち上げられた物を波の来ないところまで運び、分別します。漂着したものの中には、遠くから流れ着いたと思われるものもありました。震災前に行っていた海岸清掃とは異なり、拾っても拾っても終わりは見えません。それでも、みなさんは着実に作業を続けました。
 午後3時、この日の作業は終了。汗びっしょりです。みなさんがそれぞれの役割で、時間いっぱい活動しました。しかし、大量の漂着物や立ち枯れの木はまだまだたくさん残っています。今後も清掃活動は続きます。



自分の体より大きなものもありますが、すべて人力での作業です。

震災前の種刺海岸

現在の種刺海岸

ページ先頭へ↑

2011年10月12日花を見せてくれたハマギク

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

みなさん、こんにちは。
宮古自然保護官事務所の高屋敷です。震災から7ヶ月が経ち初めてAR日記を更新します。
陸中海岸国立公園は、3月11日の東日本大震災の影響を大きく受けました。海岸沿いの施設や、防波堤、そして街並みは、すっかり姿を変えてしまいましたが、浄土ヶ浜や三王岩、鵜の巣断崖などは、以前の姿を残してくれています。震災後初めてその姿を見たときは驚きとうれしさがどっと押し寄せました。

震災直後は絶望的だと思っていたハマナスやハマエンドウが僅かではありますが、夏に花を見せてくれました。今は、ハマギクが力強く根を張り、見頃を迎えています。

沢山の人の言葉や、支えがあり、それが励みになり現在復興に向けてみんなが一生懸命に活動しています。みなさんからいただいたメッセージやご支援を忘れることはありません。
これから、復興に向けて前進していく様子をみなさんに伝えて行きたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。


浄土ヶ浜ではハマギクが見頃を迎えています。

ページ先頭へ↑

2010年10月12日陸中海岸国立公園パークボランティアのお祝い!

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

みなさん、お久しぶりです。宮古自然保護官事務所の高屋敷です。
10月9日(土)に、陸中海岸国立公園パークボランティア(宮古地区)の定例会を行いました。実はこの日はいつもの定例会とは少し違っていて・・・。

☆祝・受賞!!
 毎年10月は、環境省で定める「全国自然歩道を歩こう月間」です。多くの人が自然や文化に恵まれた自然歩道を歩くことによって、自然への理解を深めることを目的としています。
そこで!環境省では自然歩道歩こう月間の今月、自然歩道の維持、管理、その適正利用などに関し、特に顕著な功績のあった者に対しその功績をたたえ、表彰が行われます。

なんと!!環境省の2010年度自然歩道関係功労者表彰に、陸中海岸国立公園では3名、うちパークボランティアから2名が選ばれました。(全国では14名)岩渕要夫さんと寶由夫さんです。2名は平成2年からボランティア活動を続け、自然歩道の維持管理などに尽力下さっています。
岩渕さんは、大正14年生まれでパークボランティアでは最高齢です。ボランティア活動には毎回の用に参加し、トレッキングイベントでは先頭をつとめてくださっています。
寶さんは、率先して自然歩道にある枯死木の処理し、自然解説もお手の物!

定例会の始めに国立公園・保全整備課の北橋課長より賞状の伝達式が行われました。
ボランティアの仲間から盛大な拍手を受けた二人は、いつもに増して輝いていました。これからもどうぞよろしくお願いします。

☆日頃の感謝をこめて・・・
今回の定例会では、10月16日(土)に開催予定の自然ふれあいイベント「宮古の秋を味わい体験」の下見と試作品作りを行いました。いつもなら、ここで終わるのですが、今回はプラスして、日頃活動に力を貸してくださっているパークボランティアさん達へ感謝の気持ちをこめて、「パークボランティア感謝デー」とさせていただき、美味しいご飯と自分たちで作った成果物を囲みながら、秋の空のもと、たくさんの事を語り合いました。箸をマイクに熱唱する方もいれば、昔話に花を咲かせる人、そして、長老(御年85歳!)の歌も非常に素晴らしかったです。みなさんの笑顔を見ることができ、こちらも自然とニコニコしました。
 賞を受賞した方はもちろんのこと、受賞していなくてもみなさんがそれに値する程、熱心にそして愛情を持ってボランティア活動をしてくださっています。陸中海岸国立公園は、人情たっぷりで、そうした方々の支えがあって成り立っているのです。表彰の伝達式、そしてパークボランティア感謝デーを通じて改めて感じました。
 次回は、9日の活動内容の様子を紹介したいと思います。
竹を使ってのバウムクーヘン作り、火起こし体験など、初挑戦の奮闘ぶりを紹介しますので是非楽しみにしていてくださいね!




美味しいご飯をみんなで囲み、嬉しいきもちを歌で表現しています。
みなさんの笑顔が素敵でした。



大正14年生まれの岩渕さんは、トレッキングでは先頭を努めてくださるとても頼もしい人です。マタギで培った経験をもとに、色んな事を教えてくださいます。




北橋課長から賞状を授与される寶さん。寶さんは、危険木処理の達人です。

ページ先頭へ↑

2010年06月11日波打ち際トレッキングのオススメ その2

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

みなさん、こんにちは。こちらは今日も、ヤマセに囲まれています。 

さて、先日に続き、波打ち際コースの紹介をします。
今回は真木沢海岸に到着してからです。
(前編は6月10日のアクティブレンジャー通信をご覧下さい)

目の前がぱぁ~っと明るくなり、波の音が間近に聞こえると、そこは真木沢海岸です。海岸には、鮮やかなピンク色をしたハマナス、そして砂浜はハマエンドウで飾られています。ハマナスの香りはやさしい海風にのって、浜辺に広がります。
私は一年の中で一番6月~8月にかけての浜辺が大好きです。陸中海岸の浜辺は色とりどりの海浜植物で飾られるからです。今年もその時期がやってきたことを実感し、胸を躍らせました。

 真木沢海岸を通過すると、ここから、鵜の巣断崖のトンネル通過が始まります。ヘッドライトをつけて、真っ暗なトンネルを進みます。断崖に掘られたトンネルの中は、私たちを普段味わえないような世界に引き込みます。トンネルの壁は、当然ながらごつごつした岩!これがまた、たまらないんです!!

トンネルとトンネルの間には、波打ち際と通る浜辺や岩場があり、浜を見れば打ち上げられたコンブや貝、山側をみれば岩からアズマギク、そしてニッコウキスゲを見ることができました。

5つのトンネルを越え、到着点間近では、波のタイミングを見て素早く移動しなければならない場所があります。この波との駆け引きが非常にわくわくします。波がサァ~ッと引き始めたらすぐに渡り始めなければいけません。タイミングを間違えてしまうと・・・、わかりますね?足がすこ~し、涼しくなります。
ここぞとばかりに(?)シャッターチャンスを狙いましたが、今回同行してくださった方々はベテランで、もちろんあわてる様子もなく、立ち往生しキャッキャしてしまったのは、私だけでした。

 最後の難所を通過し、浜辺を歩くこと数分後、白池海岸に到着。この日約2時間の波打ち際歩道の巡視を終えました。

陸中海岸の壮大なスケールの断崖を下から見上げる迫力、そして海に広がるハマナスの匂い、上手く写真で紹介することができません。是非、この夏、波打ち際トレッキングをしてみませんか!?新たな自然の発見があること間違いなしです。

最後に・・・波打ち際を通過するので事前に海の状態、そして潮汐を調べる必要があります。



じっと波のタイミングを見る平坂さんです。

やっぱりいつ来ても魅力的だなぁ~と渡辺さんから聞こえて来そうです

トンネルの中を少し紹介します。是非実際に体験していただきたいです!!

ページ先頭へ↑

2010年06月10日波打ち際トレッキングのオススメ その1

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

こんにちは。

6月8日、私は田野畑村の自然歩道調査を行いました。
自然公園保護管理員の平坂さんと、田野畑村役場の渡辺さん、菊地さんも同行してくださいました。鵜の巣断崖から、白池海岸までの約3.2㎞の海岸沿いコースです。

陸中海岸国立公園の自然歩道と言えば、海を見ながらのアップダウンのコースをイメージする方も多いと思いますが、もっともっと魅力があります!!
名付けて「波打ち際トレッキング」です。夏にはもってこい!のオススメ歩道です。

その様子を『鵜の巣断崖~真木沢海岸』『真木沢海岸~白池海岸』 の2回に分けて紹介します。

『鵜の巣断崖~真木沢海岸』 約1.4㎞ 
「鵜の巣断崖」・・・200mもの断崖が綺麗に5列に並ぶ姿は大自然の屏風にも見えます。その断崖の中腹にウミウの巣があることから、「鵜の巣断崖」と名前が付きました。まずは展望台からその様子を見て、歩き出しましょう!「今から、この断崖を通過するんだなぁ!」と・・・。

軽く身体を動かして、さぁ、出発です!鵜の巣断崖の駐車場脇から歩き始め、進んでいくと、花期を終えたチゴユリやマイヅルソウ、エンレイソウの他、ハナイカダやオダマキを見ることができました。林下をしばらく歩くと、海から「ヤマセ」というこの時期特有の濃い霧が海風と共に自然歩道に吹き込んできます。海は目前だ!と、はやる気持ちを抑え危険木等の確認をしながら前に進みます。
 目の前が少しぱぁ~っと明るくなると、そこは・・・・。
ここから、海風を浴びながら波打ち際のトレッキングが始まるのです。

次回は、『真木沢海岸~白池海岸』までの波打ち際コースの紹介をします。
お楽しみに・・・



大きなトチノキを見つけました

これが鵜の巣断崖!よく見ると断崖の下に小さなくろ~いトンネル、見えませんか?この断崖に掘られたトンネルを5箇所通過するのです。

ページ先頭へ↑

2010年05月31日~緑の波を宮古に~

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

~海の波と緑の波~

 みなさん、こんにちは。宮古自然保護官事務所の高屋敷です。今年でアクティブレンジャーになって4年目。今年もどうぞよろしくお願いします。

今年は国連で定めた国際生物多様性年。世界中で、いきものの命のつながりについて考える年です。宮古自然保護官事務所では『生物多様性』という言葉を皆さんに知っていただきたく、イベント等で、いきもののつながり、いのちのつながりについて紹介をしてきました。
 
昨日開催したグリーンウェイブでも植樹の前に、深谷保護官から『私たち人間は、多くのいきものの恩恵を受けて生活を営んでいる』等、生物多様性について簡単に紹介しました。
『生物多様性』という言葉を聞いたことがない人が多かったですが、みなさん非常に真剣に聞いて下さっていました。お話の後はリアスハーバー宮古を利用している、小さな子供から高校生、そして保護者の方々と共に22本の木を植樹しました。海の波と緑の波・・・。ヨットハーバーを利用する方も、そして、海を愛する地元の方々も是非、宮古にこの波を見に来て下さい。
 
先ほど・・・昨日参加してくださった高校生のお母さんからお礼の言葉をいただきました。
「『生物多様性』という言葉に非常に関心を示し、テレビでその言葉が出るとじっくりと見ていました。」ということでした。電話口で非常にうれしくなりました。

まずは、知ることから始めましょう。 「生物多様性」





ページ先頭へ↑

2009年09月10日陸中海岸・今日の海

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

こんにちは。宮古自然保護官事務所の高屋敷です。
今日は、浄土ヶ浜と山田方面に巡視に行きました。今日の空はいつもと違って、濃い雲がたくさん浮かんでいました。その合間から太陽が顔を出すと、海は綺麗に輝きます。
今回は本日のスペシャルを少し、みなさんに紹介したいと思います。これを見て、「陸中海岸国立公園に行ってみたいわ~」と感じていただければ嬉しいです。

宮古ではツリフネソウやセンニンソウの花が見頃を迎えています。それ以外にも、クリやクルミ、そしてアケビ、ヤマブドウがそろそろ旬を迎えます。海の幸は秋の魚と言えばサンマが有名です。見て・感じて秋を楽しみましょう!




荒神海水浴場。白い砂と透明な海水は、何度みても感激します!


荒神海水浴場の海水の透明度はこの通り!泳いでいる魚もとても気持ちよさそうです。

ページ先頭へ↑

2009年08月25日本日の魹ヶ崎灯台は・・・

三陸復興国立公園 宮古 高屋敷 七恵

お盆が過ぎてから、忘れた夏を取り戻すかのように、今日も宮古は快晴です。
今日は本州最東端でも知られる魹ヶ崎灯台の巡視にいきました。お天気にみんなも喜んでいるのでしょうか、なんと、今日は4回もリスに遭遇しました!私の目の前でアカマツの木をぐるぐるまわって2匹のリスは追いかけっこをしていました。シャッターチャンス!と思いきや、リスの動きのあまりの速さに逃してしまったのが残念!
 他にも、セミの鳴き声や野鳥のさえずりを聞きながら気持ちよく灯台を目指し、歩くこと約2時間・・・。

林道を抜けるとそこには大きな灯台が目の前にそびえ立ちます。真っ白い灯台は真っ青な空に映えていました。夏はヤマセの影響でなかなかスッキリと晴れない陸中ですが、この日は海と空の境目もくっきりと見えて非常に綺麗でした。
 今日はみなさんに、その様子を紹介します。

先にも述べましたが、魹ヶ崎灯台は、本州最東端でも知られ、全国各地から多くの人が訪れます。灯台横にある東屋にはここを訪れた人が記念に言葉を残す為の「思い出ノート」があります。8月12日に更新されたノートですが、すでに68名の方々が様々な思いをこのノートに寄せていました。「やっと着いたぞ~!」「ついに最東端制覇!」「すごく綺麗な場所ですね」等々。
 ノートを通じて、色んな人がどんな思いでここに立ったかというのが伝わってきました。私は少しの時間そこでノートを広げ、ほんわかする気持ちで灯台をあとにしました。

 10月24日は魹ヶ崎灯台を歩くウォーキングイベントがあります。昨年はこの時期ダイモンジソウを見ることができました。今年はこの日に灯台の扉が開かれます。一般の人が灯台に上れることはこの時がチャンスです!灯台の上から美しい自然を見てみませんか?


自然歩道から見える海です。

本日の灯台です!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ