東北地域のアイコン

東北地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

夜空を見に行こう!

2020年12月04日
宮古

みなさん、こんにちは。宮古自然保護官事務所の古館です。

前回、夕日・夕焼けを見に行こう!と題してご紹介しましたが、今回は日の入り後の夜空をご紹介します。

夕方の空も綺麗でしたが、夜空も魅力たっぷりです。

 

【浄土ヶ浜の岩のシルエットと星空 111418時半頃撮影】

※白線は十二星座。点線の星座線は、星が写真に写らなかったため、おおよその位置です。ご了承ください。

 

この日は浄土ヶ浜ビジターセンターのイベントで星空観察会を開催。

講師の方をお招きし、今見られる星空と惑星についてお話いただきました。

15日が新月ということもあり、多くの星を観察。参加者のみなさまもユーモアたっぷりの楽しいお話と満天の星空に大満足の様子でした。

 

ちなみに...9月にも仕事で星空を撮影する機会がありました。

【浄土ヶ浜の星空 92121時頃撮影】

11月の写真にも写っている星座がこの写真にもあります。見つけられますか?

 


【三王岩の星空 9224時半頃撮影】

季節や時間帯によっても観察できる星が違ってくるので、楽しみが尽きません。

 

【満月と浄土ヶ浜の岩 113016時半頃撮影】

夜空を見上げる楽しみは、星だけではなく月も同じ。

月明かりがあると星は見えにくいですが、月の満ち欠けの変化を観察するのも面白いです。

環境省では、星空観察を通じて光害(ひかりがい)などを知り、環境保全の重要性に関心を深めていただくこと、星空を観光や教育などの地域資源としても活用していただくことを目指し、星空観察を推進しています。

ぜひ、星空観察情報サイトもチェックしてみてください。

  

これから一段と寒くなってきますが、空気が澄んでいる今、夜空を見上げてみてはいかがでしょうか?

※防寒対策をしっかりと行い、風邪を引かないようにしましょう。また、足元など周りの環境に気をつけて観察しましょう。

 

では、また!