ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

磐梯朝日国立公園 羽黒

226件の記事があります。

2018年09月26日朝日連峰・飯豊連峰 合同保全作業

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

 皆さん、こんにちは。大分ご無沙汰してしまいました。

少し時間が経ってしまいましたが、今年度の朝日連峰、飯豊連峰における合同保全作業の報告をします。

地元山岳会、その他の朝日・飯豊連峰を愛する人々により、この登山道の保全活動は10年以上続いてい

ます。

【朝日連峰 合同保全作業】

 9月1日(土)~2日(日)の二日間、朝日連峰三方境において実施されました。今回の作業にあたって

は、8月5日、6日の大雨による災害で登山口の手前徒歩20分位の箇所に林道崩落が発生し、通行止めにな

っており、開催前日も更なる豪雨で開催が危ぶまれましたが、集合場所の変更や乗り合わせによる車両台

数の調整、前日夕方の林道の状態確認などを経て実施に至りました。

 朝日の作業は、今回で11回目を数え、風衝地で裸地化が進んでいる三方境では4回目の作業となります。

 

                <三方境での作業の様子(上空から)>

 参加者の中で経験者を班長に選出、4斑に分かれて雨水による洗掘を押さえる小ダムの補修を中心に

作業を行いまいた。

                <作業の様子>

今回は、11団体、32名の方々の参加がありました。

【飯豊連峰 合同保全作業】

 9月8日(土)~10日(月)の三日間の日程で、飯豊連峰玄山道分岐付近において行われました。現場が

山深い飯豊連峰でも中心部に位置しており、初日は移動日に設定、本山小屋に到着した人から、事前に荷

上げしていた保全資材の運搬作業を行いました。9日、風雨が強く、雨を含んで重くなった資材を苦労し

て運び、保全作業開始。洗掘された登山道を土砂とヤシ繊維を詰めた土嚢で補修したり、ササや土砂を混

ぜてヤシマットで巻いたロールを作り、登山道へ流入する水を減少させるべく水切り対策を行ったり、裸

地化しているところには、黄麻ネットやヤシネットを被覆、現地で採取した植物種子の播種を行い、試験

的な植生復元を行いました。少ない人数ながら、皆さんの段取りの良さで作業は順調に進み、無事に作業

を終えることが出来ました。

<作業中の様子>               <集合写真>

今回は、7団体、19名の方の参加がありました。

 両保全作業とも、当日の作業に加え、事前の資材荷上げにも大勢の方々にご協力いただきました。

作業に関わっていただいた朝日連峰・飯豊連峰を愛する多くの登山者や山岳関係・地域関係者の皆さまに

この場をお借りし厚く御礼申しあげます。

ページ先頭へ↑

2018年07月23日国立公園看板ペンキ塗り

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

こんにちは。羽黒自然保護官事務所の澁谷です。

7月21日(土)、月山ビジターセンターの職員さん、羽黒地区パークボランティアの皆さん

と一緒に国道112号線沿いに2箇所(西川町・鶴岡市)ある磐梯朝日国立公園 出羽三山地域

看板のペンキ塗りを行いました。数年に一度、羽黒地区パークボランティア活動の一環と

して行っている作業です。

                   <作業前>

暑い日の作業なので、熱中症対策として帽子を被ったり、手ぬぐいを被ったり、水分補給用

ドリンクも多めに持つなど万全の体制で臨みましたが、作業場所自体の標高が高いのと、こ

の日は爽やかな風があったので、さほど暑さを感じることもなく、もくもくと文字を塗りま

した。3日前からビジターセンター職員さんとパークボランティアさん数名とで下塗りをし

てくださっていたので、作業がはかどり助かりました。

2班に分かれての作業でしたが、私は西川町側の看板塗りでしたので、その作業風景を。

              <もくもくと白ペンキを塗っているところ>

                   <作業後、完成♪>

いかがでしょうか? 

ちょっとペンキが垂れてしまったところもありますが、それはご勘弁。

文字がくっきりして、気持ち良くなりました。

国道112号線、山形方面から鶴岡に向かう場合、高速を下りてすこし行くと向かって右手に

現れる看板、湯殿山スキー場を過ぎて走ること5分のカーブのところに右手(後ろ向き)に

見える看板の2つです。

ご通行なさる際、ここが国立公園なんだと思いながら見ていただけたら幸いです。

ページ先頭へ↑

2018年07月10日月山弥陀ヶ原湿原

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

7月9日(月)月山8合目の巡視に行って来ました。

平日午後ですが、駐車場には50台位の自家用車がずらり。観光バスは1台。

登山口に設置した外来種対策用の足ふきマットで靴底を拭いて、いざ出発。

<ニッコウキスゲが盛りです。>

右側通行の木道を歩いていると、ふと左側を歩く可愛い先客を発見。

ビンズイもニッコウキスゲを見ながら散歩でしょうか?やがて茂みの方へ

飛んで行きましたが、しばらくご一緒しました。

<木道を歩くビンズイ>

<オゼコウホネ>

オゼコウホネは最近咲き始めたようです。この日は目視で16個開花を

確認しました。これから日に日に開いていくのが楽しみです。

ワタスゲも湿原を渡る風に気持ちよさそうに揺れていました。

他には、ヨツバシオガマ、ハクサンフウロ、イワツツジ、マルバシモツケ、

イワイチョウ、ウラジロヨウラク、コバイケイソウ、トキソウ、ハクサン

シャクナゲ、ミツガシワ、ハクサンチドリ、ヤマハハコなどが、現在の

弥陀ヶ原湿原で楽しめる花ですが、名残おしそうにイワカガミも咲いてい

ますし、雪解けの遅かったところではミズバショウもまだ見られます。

キンコウカもちらほら、これから本格的に咲きはじめるようです。

弥陀ヶ原湿原の木歩道コースは、1周約2キロ。ゆっくり歩いて60分で

高山植物を気軽に楽しめることもあって、大変人気です。

湿原の植物を楽しみに弥陀ヶ原湿原へいらっしゃいませんか。天然のお花

畑は、今、オレンジと白と緑のコントラストが綺麗です。

------------------------------------------

■お知らせ■

○月山8合目駐車場トイレについて

鶴岡市で管理しているトイレがありますが、老朽化により今シーズン改修工事が(7月10日~)

行われています。仮設トイレの利用となりますので、ご承知おきください。なお、トイレ利用1回

につき100円の協力金のお願いをしています。

○月山8合目までの県道211号線について

月山8合目までのアクセス道、通称月山公園線(県道211号線)は、幅員が狭く、路線バス、

観光バスも多いです。昨年の土砂崩れ崩落部分の法面工事もやっていますので、十分ご注意の上

ご通行ください。

 

ページ先頭へ↑

2018年06月26日月山VCイベント 初夏を彩る高山植物観察会

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

みなさん、こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の澁谷です。

6月22日・23日、月山ビジターセンターイベントで月山に登って来ましたので、現在の

月山の様子をお伝えします。

6月22日午前11時、月山へのアクセス道"県道月山公園線"が冬季閉鎖から開通しました。

月山ビジターセンターにて高山植物観察会開会式後、バスで8合目駐車場へ移動、昼食を

とって登山開始です。その前に、私は一仕事。毎年設置している外来植物除去用のマットを

設置しました。登山される方は、足ふきにご協力どうぞよろしくお願いいたします。