ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年06月30日白神まるごと体験博覧会

白神山地 野原七恵

6月30日に白神山地ビジターセンターで白神まるごと体験博覧会のオープニングセレモニーが開催されました。

「白神まるごと体験博覧会」の開催期間中には、世界自然遺産白神山地やその周辺での様々な体験プログラムを博覧会に見立てて実施します。

そのことで、より多くの人に白神山地の魅力や価値を体感してもらおう!という目的で7月1日から9月30日の3ヶ月間にわたり体験博覧会が開催されます。

白神山地は11月~5月までアクセス道路が冬期閉鎖となりなかなか近づくことができない場所です。

ブナの緑も深くなり、沢歩きにもちょうどいいハイシーズンに様々な体験ができるという魅力的な企画です。

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kankyo/shizen/shirakamimarugotohaku.html

↑詳細は青森県自然保護課HP(上記URL)まで

今回は、西目屋自然保護官事務所も実行委員として参加しているため、セレモニーに出席してきました。

白神山地ビジターセンターの大型映像を見ることができる映像体験ホールで開催されました。

200席近くある会場もガイドさんや午後からのイベント参加者も含めて、多くの人で賑わっていました。

オープニングで津軽笛奏者の佐藤ぶん太、さんの演奏と共に白神山地の景色を映像で紹介。

実行委員会名誉会長である青森県知事の三村知事からの挨拶。

続いて友好交流協定を締結している韓国で初めて世界自然遺産に登録された「済州火山島と溶岩洞窟」を有する済州特別自治道からのゲストの挨拶。

実行委員会の構成団体の紹介。

と、セレモニーらしく進んで行きます。

「白神まるごと体験博覧会」としては「白神山地の清流を水遊びしながら登るシャワークライミング」や「ゴムボートで川を下ってくるラフティング」、「白神岳を海から望むシーカヤック体験」など夏らしい体験プログラムが多く用意されているのがウリです!とのことで...

それぞれ体験を提供する団体から、写真などで簡単にプログラムの紹介がありました。

業務で山と沢ばかりに行っている私には、特に海の体験は休みの日に行こうかしら...と、ついつい誘惑されてしまいました。

最後に博覧会の開幕宣言です。

会場みんなで手をつないでバンザイをして博覧会のキャッチフレーズである「来たか、白神山地」の言葉とともに開催を宣言しました。

白神山地の世界遺産地域はほとんど手つかずの森なだけあって、なかなか簡単に入ることはできません。

でも、周辺地域にも豊かな自然や文化が残っているのが白神山地の魅力だと私は思います。

そんな地域の魅力を気づかせてくれて、体験することのできるイベントが博覧会開催期間には多くあるようです。

興味があるかたは夏休みなどを利用してぜひ白神山地に遊びにきてください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ