東北地域のアイコン

東北地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

おかえり ギース

2021年09月24日
仙台

 こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

 秋風が心地よく感じられるようになり、今シーズンの初雁は9月17日、51羽のマガンが国指定伊豆沼鳥獣保護区に渡ってきました。(宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団発表)

 野鳥の高病原性鳥インフルエンザの発生抑制と被害の最小化に努めるため、環境省の取り組みの一環として、今シーズンも9月上旬から渡り鳥飛来状況調査を国指定伊豆沼鳥獣保護区で実施しており、9月下旬の調査を9月22日に行いました。その際のマガンの様子です。

 ただいま! マガンの家族は伊豆沼を目指して私の上空を過ぎてゆきました、あと少しで到着です。

こちらの家族も稲刈りがすすんでいる特別保護地区を確認するかのように伊豆沼を目指してます。

農道の上空によく見るとマガンの群れが飛んでいます。

  目指していた伊豆沼の様子です。沢山のハスの葉に覆われていてどこに降りたらよいか私たちの目線ではわかりません。空からは、ここだと見えるのでしょう。写真中央に赤丸しているところに長旅を終えて水面でマガンが休んでいるようです。伊豆沼・内沼自然再生事業の一環でハス刈りを行ったところを利用していました。この日は、およそ1500羽、マガンの声が久々に響きわたりました。

 10月になると、ハクチョウも渡ってきて、伊豆沼・内沼をはじめとする宮城県北部越冬地は冬の渡り鳥で一層にぎやかな季節を迎えます。

 

 おかえり ギース