ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年06月22日みちのく潮風トレイル階上町区間と八戸市区間の現地調査

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

みちのく潮風トレイル階上町区間、八戸市区間の現地調査をそれぞれ路体管理をしている

市町担当者さんやサテライトの方々と行いました!

階上町区間。

小舟渡(こみなと)海岸ではハマナスが鮮やかに咲いています。

潮風や紫外線で脆くなったトレイルテープを付け替えたりなど、

階上町区間は沿岸から内陸までの34kmの区間のため、チェックする箇所が多めでした。

ハマの駅あるでぃ~ばを訪れたところ、

公務で町の魚「アブラメ」の稚魚を放流してきたという階上町長さんに偶然お会いしました。

ハマの駅あるでぃ~ばでは新鮮な地元のお魚さんを購入出来るほかに、

店内にあるレストランで階上町が誇るアブラメ料理を食べることができます!

ぜひお立ち寄りください!

6/1撮影。

6月にしては珍しく暑い日が続き、階上岳のヤマツツジもすっかり時期が過ぎてしまいましたが、

見頃を迎えるとこのような美しいヤマツツジを見ることができます!

八戸市区間。

ヘッド&エンドポイントの蕪島でみなさんと出発前に撮影。

スタートして直後、コンブ漁をされている方がいらっしゃいました。

大量のコンブにビックリ!

鮫角灯台付近や中須賀など、三陸復興国立公園種差海岸のニッコウキスゲは見頃を迎えております。

八戸市区間はみちのく潮風トレイル1,025kmの中で1番距離が短く、

高低差もほとんどなく、遊歩道が多いため易しい区間となっております。

トレイルを初めて歩くという方は八戸市から歩き始める人が多いため、

みちのく潮風トレイルに淡い恋をするには最適な区間だと思っております。

(その後南下するにつれて「こんなはずじゃなかったー」というお声も聞こえてきたりして・・・)

陽射しの強さが気になり夏を待つ季節の6月、

気持ちよくみちのく潮風トレイルを歩く事ができるよう、今後も情報収集、現地調査を続けていきます!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ