東北地域のアイコン

東北地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

温かい目で見守ろう

2021年05月21日
仙台

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

4月20日に「コアジサシ繁殖前の準備」を投稿いたしましたその後をお伝えします。

 

嬉しいことに、4月下旬からコアジサシの飛来が確認されるようになりました。

ゴールデンウイークには、「蒲生を守る会」の皆さんも、コアジサシとシロチドリの繁殖地を守るための看板設置をしてくださいました。

5月下旬に入り、コアジサシは営巣誘致地の砂山を中心に広範囲で確認され、30羽以上が観察できました。

 もちろん、砂山には近寄らず、このように遠くから双眼鏡で観察です。複数のコアジサシが飛び、時折干潟にダイビングする様子も観察できます。

 キィッ、キィッ、蒲生干潟にコアジサシの声が響いてます。

 

改めて蒲生海岸、蒲生干潟に訪れる皆さまへお願い

4月下旬から8月までの間は、干潟周辺、砂浜で繁殖、子育てする鳥たちにとってとても大切な時間です。

子育て放棄とならないように、どうぞ近寄らず遠くから、温かい目で見守るようご協力よろしくお願いいたします。