東北地域のアイコン

東北地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

師走の賑わい

2020年12月17日
名取

こんにちは、名取自然保護官事務所の富樫です。

何かと忙しい師走ですが、今月は2点のご報告です。

【その1】「トレイル巡視業務」

12月初旬に初めてみちのく潮風トレイルの路線巡視を行いました。

と言っても初めてなので、石巻自然保護官事務所管轄の

路線巡視に参加させていただきました。

巡視区間は牡鹿半島の根元に位置する大六天山です。

トレイルルートを南下する方向で小乗浜からスタートし、

大六天山→針浜まで巡視しました。

巡視ポイントは概ね以下の通りです。

・路線の状況確認:崩落その他、トレイルとして安全に歩ける状態を保っているか等

・路線障害物の整備:倒木・雑草繁殖等により歩くことの妨げになっていないか等

・標識(トレイルテープ含)の確認:破損、消失、適切に指標となっている状態であるか等

ということで、倒木をのこぎりで切除したり、、、

向こうとこちらで見通しを確認し、

トレイルテープの位置を付け直したり、

そして、今回の巡視で気付いたことがありました。

◎歩く方向(北上または南下)によって標識の見え方は違う。

どちらからの方向でも目に留まる位置に付けること。

◎季節によっても標識の見え方は変わる。

        ・冬期は足元の標識(杭型)は落ち葉に埋もれて見えにくい

・目線のトレイルテープは冬枯れで見通しがよい。

(夏期はこの逆の状態)

トレイルテープは季節の状況に応じて付け直した方がよりわかりやすい。

今回の気付きを所轄管内(福島県:松川浦~宮城県:東松島町まで)での

巡視に活かそうと心に刻んで下山したのでした。

石巻自然保護官事務所のNさん、Hさん、そして宮古自然保護官事務所のWさん

ご指導、ありがとうございました。

トレイルの標識は自然の中で目立ち過ぎず、でも大事なところで

ハイカー(この道を歩いてくださる皆さま)にそっと寄り添う存在であるように

今後とも維持管理に努めて参ります。

【その2】「みちのく潮風トレイルPRイベント @仙台駅」

さる12/11()13()の3日間、JR仙台支社様のご協力により

駅構内の「ヨリ未知SENDAIポータル」をお借りして

みちのく潮風トレイル(以下MCT)のPRイベントを開催しました。

今回の目玉は大型スクリーンに映し出される四季折々の風景を歩く

ハイカー達の映像です。

         みなさん一列に並んで鑑賞中。    防潮堤を歩くハイカーの映像。

私の上司(仁王立ちの女性)も思わず観入っておりました。

ご来場いただいた皆さまは...

映像を観て初めてMCTを知った方々

既にMCTを楽しまれている方々

MCTのコミュニティ繋がりで初めてお会いする方々

(中には熱狂的なMCTファンの方々も)

新幹線待ちの合間にふと立ち寄り、映像に観入り、全線マップを受け取り

新幹線ホームへエスカレーターで上がって行かれた方

そして...

青森県;蕪島から福島県;松川浦まで全線を通しで歩く

ハイカー(スルーハイカー)もお立ち寄りくださいました。

左が大阪から歩きに来られたスルーハイカーさん

右は名取トレイルセンターのIさん

(彼もまたスルーハイカーなのです)

お立ち寄りいただいた2日後、無事、松川浦に到着したと

ご本人様からご報告をいただきました。

本当に多くのみなさまにお立ち寄りいただき、

誠にありがとうございました。

既に歩き終わった方々

今、歩かれている方々

これから歩こうと思われた方々

また、そうでない方々も

関係者一同、みなさまのまたのお越しをお待ちしておりますので

どうぞ、みちのくを楽しみにいらしてください。

                 左:浦戸諸島MCT専用航路 U船長

                 中:私

                 右:名取トレイルセンターIさん

                 (映像:タートルHさん)