東北地域のアイコン

東北地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

蕪栗沼クリーン作戦

2016年10月24日
仙台

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

初雁情報から1ヶ月が過ぎ、伊豆沼や蕪栗沼周辺では、沢山のマガンが飛び交っています。沼周辺、田んぼ、上空、どこにでもマガンがいる、その鳴き声に混じりオオハクチョウの大声も響き渡るそんな季節となりました。それはそれはにぎやかです。

 

毎年恒例になっている大崎市田尻観光協会主催「蕪栗沼クリーン作戦」に参加してきましたので報告いたします。

 

クリーン作戦の主力は、地元大貫小学校の5年生、6年生の皆さんです。開催日を休日から平日に変更してから授業の時間を割いて参加しています。そして蕪栗沼に関わる皆さんと一緒に蕪栗沼に通じる道路の清掃活動をしてきました。私たちの清掃状況を見守るかのように上空をマガンが飛んで行きます。

 

 

 

上の写真が2016年今回、そして下の写真は2010年のものです。ゴミの量が減っているなと思いませんか。継続している結果でしょうか。それとも・・・・。いつか、ゴミを道端に捨てる人がいない、ゴミゼロになったらと願っています。

クリーン作戦に参加の皆様、お疲れ様でした。

 

 

私たちが清掃活動をしているころのマガンの群れです。写真を拡大すると奥にも無数のマガンが飛んでいるのがわかります。

伊豆沼や蕪栗沼周辺に渡ってきているガン類は合わせて10万羽を超えているようです。これからまだまだ増える予定です。

 

ガン類の朝の飛び立ち、日中の田んぼでの行動、ねぐら入り、一日を通して、越冬するガン類の観察ができます。ぜひ、宮城県北部3つのラムサール登録湿地にいらして、ガン類の日本最大の越冬地を堪能してみてはいかがでしょうか!