東北地域のアイコン

東北地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

なすびさんと歩いた国指定仙台海浜鳥獣保護区

2016年03月23日
仙台

こんにちは、お久しぶり!仙台自然保護官事務所の鎌田です。

何と、今年初めての日記です。はずかしいな!ちゃんと仕事はしていたのですが、日記にしたためることができないでいました。ごめんなさい。

今日は、みちのく潮風トレイルのルートを歩いているなすびさんと私も歩いたので報告いたします。

これまで三陸復興国立公園を11月から歩かれていましたが、3月20日仙台市に到達いたしました。待ち合わせは、仙台市JR仙石線中野栄駅で午後1時。名取市閖上のメイプル館まで歩きます。いざ出発です。

仙台市のルートはまだ決まっていませんので、私のよく知っている国指定仙台海浜鳥獣保護区を一緒に歩くことにしました。震災前のこと、震災直後のこと、いろいろ話しながら歩きました。

まずは、蒲生干潟の日和山に登っていただきました。ほんの数秒で登頂です。なすびさんらしい笑顔でポーズをしていただきました。

荒浜では、震災で亡くなられた方々に長く長く手を合わせておりました。ここまでの間には、神社やお地蔵様いたる所で手を合わせ、なすびさんの優しさを感じました。

なすびさんは、みちのく潮風トレイルの公式フェイスブックに歩きながらその日、その時の様子を伝えながら歩いています。ですから、県道10号線を歩いていると、ダンプのクラクションや、車の窓を開けて、「なすびさん、応援しています。」「がんばって!」声援がありました。また、車を引き返して、わざわざ車を止めて、差し入れまで、それはそれは、なすびさん効果です。声援は、私の脚にも力を与えてくれます。沿道の人々の声は、遍路さんのお接待のようにも感じられました。「なすびが歩く みちのく潮風トレイル」を多くの皆さんに見ていただいていることも実感しました。

午後1時から歩き続け、間もなく5時20分、名取市との境近くの井土浦、名取大橋近くで歩いているなすびさん。

スピードは、私に合わせて、いつもよりゆっくり目のようです。予定していた6時に名取市閖上のメイプル館に到着です。早速、フェイスブック用に写真をパチリです。

日が長くなってきたとはいえ、すっかり暗くなり、閖上の日和山のあずまやで一休み、5時間、約25㎞を一緒に無事歩くことができました。なすびさんありがとうございました。

そして、応援してくださった沿道の皆様、ありがとうございました。

なすびさんは、今日も宮城県沿岸南部を歩いています。フェイスブックをチェックしてみてください。

https://www.facebook.com/nasubi.michinoku.trail/