ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2008年07月18日ホオアカの尾羽

仙台 三宅 源行

蕪栗沼の周辺を歩いているとホオアカをよく見かけます。


ホオアカは名前の通り、ほっぺたの辺りが赤いのが特徴です。



飛び立つと、尾羽の両端に白い羽が見えます。

以前、尾羽の両端に白い羽があるのは、ホオアカや、ホオジロの仲間「エンベリザ属」の特徴の一つなんだよ、と教えてもらったことがあります。
(但しエンベリザ属でも例外はいますし、ヒバリなど他の種類でも尾羽の両端が白い種類がいます。)

当時、「エンベリザ」という言葉がなんだかカッコ良くて、しばらく仲間内で連呼していた思い出があります。

ホオジロの仲間の尾羽を見るとその頃を思いだして、ちょっと恥ずかしい気持ちになります。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ