ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2008年07月11日ハシボソガラスの子

仙台 三宅 源行

仙台のアクティブレンジャーの三宅です。

先日、伊豆沼へ行くと、ちょっとカラスが「カー」でも「ガー」でもないような、ちょっと聞き慣れない声で鳴いていました。

鳴き声の主を見てみると、ハシボソガラスの子でした。


クチバシの中がまっ赤!

親鳥からエサをもらっている期間は、クチバシの中が赤い事が知られています。そして、次第に色が変化し成鳥と同じ黒色になっていくようです。

ヒナの口の中の色は、親鳥がこれを見るとエサをあげたくてあげたくて仕方がなくなる信号のような役割をしているようです。

ヒナは巣立ってからも、しばらくの間は親鳥からエサをもらうので、
聞こえてきた鳴き声は、親鳥にエサをねだる声だったのかもしれません。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ