世界遺産地域の位置

白神山地は、青森県南西部と秋田県北西部の県境に位置しています。青森県の鰺ヶ沢町、深浦町、西目屋村、秋田県の藤里町にまたがっています。青森県側は12,627ha(74%)、秋田県側は4,344ha(26%)です。

世界遺産地域の面積は合計16,971haで、全域が林野庁所管の国有林です。
世界遺産地域は、特にすぐれた自然環境でほとんど人間が手を加えていない核心地域(コアゾーン)と、核心地域の周辺部の緩衝帯としての役割を果たす緩衝地域(バッファゾーン)に区分されています。

白神山地地域概要図
 面積
核心地域10,139ha
緩衝地域6,832ha
合計16,971ha

※詳細図はこちらのpdfデータをダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている必要があります。(「Get Adobe Reader」ボタンをクリックするとダウンロードできます。)

*Adobe、Adobeロゴ、Adobe AcrobatはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。