トピックス(2015年4月〜2016年3月)

2015年05月22日

磐梯朝日国立公園磐梯吾妻地区における利用者数調査について(お知らせ)

 環境省では、磐梯朝日国立公園磐梯吾妻地区の環境保全対策の基礎データである利用者数を把握するため、主な利用地点である磐梯山、雄国沼、五色沼、一切経山・鎌沼の登山道等において赤外線式センサーによる自動計測を実施しています。計測機器の設置箇所は磐梯山4箇所、雄国沼2箇所、五色沼2箇所、一切経山・鎌沼1箇所です。
 平成26年の利用者数は磐梯山が約2万3千人、雄国沼[登山道利用者]が約8千人、五色沼が約12万1千人、一切経山・鎌沼が約2万5千人でした。
 計測結果と機器の設置箇所につきましては、別添資料をご参照ください。

測定結果.pdf[PDF:226KB] 計測機器位置図.pdf[PDF:1.7MB]




東北地方環境事務所
国立公園課長 佐々木 真二郎
担当:裏磐梯自然保護官事務所
自然保護官 二神 紀彦
Tel:0241-32-2221

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ