トピックス(2011年4月〜2012年3月)

2012年02月16日

「冬の蔦~スノーシューで行く森散策~」(お知らせ)

東北地方環境事務所

 十和田自然保護官事務所では、「冬の蔦~スノーシューで行く森散策~」を開催致します。
 観察会では、スノーシューを履いて歩きながら冬にしか見ることができない景色や動物の足跡、雪の造形物等を観察することで、冬の魅力を知って頂くと共に、冬の森について学んで頂きます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

1 行事名

「冬の蔦~スノーシューで行く森散策~」

2 主催

環境省東北地方環境事務所十和田自然保護官事務所

3 趣旨

 スノーシューを履いて雪に親しみながら歩き、冬にしか見ることができない景色や動物の足跡、雪の造形物等を観察することで十和田八幡平国立公園十和田八甲田地域の豊かな自然や、国立公園に対する国民の理解を一層深めてもらうことを目的として自然観察会を開催するもの。

4 実施内容

(1) 開催日時
平成24年3月10日(土) 荒天時中止
10 : 30~15 : 00
(2)開催場所
蔦野鳥の森(十和田市)
(3)募集人数
20名(先着)
(4)集合場所
蔦温泉駐車場
(5)申込方法
電話又はFAXで住所、氏名、生年月日、年齢、電話番号、レンタル希望の有無、当日の連絡先を十和田自然保護官事務所あてにお申し込みください。
受付期間は2月27日(月)~3月7日(水)8 : 30~17 : 00までです(土日除く)。
電話 : 0176-75-2728 FAX : 0176-75-2746
(6)締め切り
3月7日(水)17 : 00(但し、募集人員になり次第締め切ります)
(7)参加経費
一人100円(傷害保険料)を当日ご持参ください。
※ スノーシュー ・ ストック ・ スパッツをお持ちでない方にはレンタル(500円)もご用意しております。
※ 携帯トイレ(有料)もご用意しております。
(8)参加資格
小学生以上で一日3時間程度のハイキングができる体力がある方
(小学生の場合は保護者同伴での参加をお願いします)。
(9)持ち物
登山用の服装、防寒着(上下)、リュックサック、手袋、帽子、防寒長靴または登山靴とスパッツ、スノーシュー、ストック、雨具、サングラス、飲み物、昼食、行動食。
その他使い捨てカイロがあると便利。
※ 申込時にスノーシュー、ストック、スパッツのレンタル(有料)と当日携帯トイレの購入も可能。
(10)スケジュール
10 : 30 参加者集合 ・ 受付
10 : 40 開会式
11 : 00 蔦温泉駐車場発
12 : 30 長沼着(昼休憩)
13 : 30 長沼発
14 : 30 蔦温泉駐車場着
15 : 00 解散
(11)荒天の場合
中止の場合は前日の夕方6時までに判断しご連絡します。ただし天候により当日中止の可能性もあります。
【連絡先】
環境省東北地方環境事務所
十和田自然保護官事務所
担当 : 舟橋、嶋村、種村
〒018-5501
青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486
TEL : 0176-75-2728 FAX : 0176-75-2746
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ