報道発表資料

2018年05月29日

みちのく潮風トレイル亘理町・山元町区間の開通について(お知らせ)

 環境省では、東北太平洋岸を南北につなぎ、交流を深める自然歩道として「みちのく潮風トレイル」の設定を進めています。 このたび、宮城県亘理町から宮城県山元町までの約40㎞の区間で路線の設定及びルートマップの作成を終えたので、6月5日に開通するとともに、これを記念して環境省東北地方環境事務所次長より亘理町長及び山元町長へルートマップを手交しますのでお知らせいたします。

1.みちのく潮風トレイルについて

環境省は、東日本大震災を受け、「グリーン復興プロジェクト」を進めています。これは森・里・川・海のつながりにより育まれてきた東北の自然環境と地域の暮らしを後世に伝え、自然の恵みと脅威を学びつつ、それらを活用しながら復興を後押しするものです。

このプロジェクトのひとつとして、青森県八戸市から福島県相馬市まで、未開通区間を含めると全長900kmを超える自然歩道、「みちのく潮風トレイル」の設定を進めています。

これは、海岸部を通る自然歩道としては国内最長となります。

2.亘理町~山元町区間の開通について

○亘理町から山元町区間の約40㎞の区間について、6月5日をもって開通します。

○開通にあたり、環境省東北地方環境事務所次長より亘理町長及び山元町長へルートマップを手交いたします。日程は下記のとおりです。

  ※取材をご希望の報道機関の方は下記日時にお集まりください(事前登録不要)。

【マップ手交式開催日時】

日時:平成30年6月5日(火)9時30分~10時00分

場所:亘理町役場西会議室

(住所:〒989-2393 宮城県亘理郡亘理町字下小路7番地4)

日時:平成30年6月5日(火)11時00分~11時30分

場所:山元町役場第三仮庁舎1階大会議室 

(住所:〒989-2292 宮城県亘理郡山元町浅生原字作田山32)

 ルートマップは、開通後に以下のURLで公開しますのでご参照ください。

http://tohoku.env.go.jp/mct/route/

<参考>

現在までに、

①青森県八戸市から岩手県久慈市までの約100km(平成25年11月29日)

②福島県新地町から福島県相馬市までの約50km(平成26年10月9日)

③岩手県岩泉町小本から岩手県宮古市浄土ヶ浜までの約51 km(平成27年7月22日)

④岩手県野田村野田から岩手県普代村普代浜までの約24㎞(平成27年8月3日)

⑤岩手県釜石市から岩手県大船渡市までの約144km(平成27年9月14日)

⑥岩手県普代村普代浜から岩手県田野畑村鵜の巣園地までの約34km(平成29年1月22日)

⑦宮城県女川町から宮城県石巻市石巻港までの約70km(平成29年4月13日)

⑧宮城県南三陸町歌津から宮城県南三陸町戸倉までの約38km(平成29年4月30日)

⑨宮城県気仙沼市唐桑町から宮城県気仙沼市本吉町までの約100km(平成29年7月4日)

⑩岩手県陸前高田市小友町から岩手県陸前高田市気仙町までの約40km(平成29年7月21日)

⑪岩手県大槌町吉里吉里から岩手県大槌町小鎚までの約24km(平成29年8月10日)

⑫岩手県久慈市小袖海女センターから岩手県野田村陸中野田駅までの約14㎞(平成29年9月26日)

⑬宮城県名取市から宮城県岩沼市までの約22km(平成30年4月24日)

の計 約711kmが開通しています。 ※( )内は開通日

■ 問い合わせ先
東北地方環境事務所
国立公園課長 木住野 泰明
担当:牧野 友香
電話:022-722-2874

  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ