報道発表資料

2017年06月14日

報道発表:平成28年度磐梯朝日国立公園朝日地区における入山者数調査について(お知らせ)

環境省では、磐梯朝日国立公園朝日地区の環境保全対策の基礎データである入山者数を把握するため、登山道入口等において赤外線式センサーによる自動計測を実施しています。平成24年度よりの計測結果を取りまとめましたので、お知らせします。

計測結果は、表1のとおりです。なお、機器の設置箇所につきましては、別添資料1をご参照ください。

          表 1 朝日地区における登山者カウンター計測結果


※1 平成26年度の④朝日鉱泉口、平成26~28年度の①日暮沢口は、平成25年7月豪雨災害により登山口へのアクセス道が通行止めとなっていたため、計測を実施していません。

※2 異常値やダブルカウント(1秒間に複数計測)したものは、データ処理(削除)を行いました。ダブルカウントは、当該登山口の機器設置箇所においては、道幅が狭く1秒間に複数人通過する可能性は非常に少なく、登山者のストック等による誤計測と考えられるものです。

※3 計測数は機器により計測された入山者及び下山者の延べ数となっています。

別添資料1:朝日地区自動計測器設置箇所.pdf

問い合わせ先

東北地方環境事務所

国立公園課長 木住野 泰明

担当:羽黒自然保護官事務所

自然保護官  下本 敬己

Tel. 0235-62-4777



地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ