報道発表資料

2014年05月21日

報道発表:大潟草原野鳥観察舎のリニューアル開館について(お知らせ)

環境省 東北地方環境事務所
野生生物課長 伊藤 勇三
秋田自然保護官事務所
自然保護官 瀬川 涼

リニューアルした「大潟草原野鳥観察舎」を、大潟村創立50 周年となる本年5月24日(土)から12 月までの間の土曜、日曜、祝日(午前9時から午後3時まで)に、大潟村のスタッフが常駐・開館して皆様にご利用いただけるようになりますので、お知らせします。

1. 経緯

昭和48(1973)年に大潟村内でオオセッカ(国内希少野生動植物種)の繁殖が初めて確認されたことから、昭和52(1977)年には国指定大潟草原鳥獣保護区が指定されました。オオセッカの保護・繁殖を推進するため平成6(1994)年に管理棟を整備し、調査、管理の拠点施設として使用してきましたが、整備後20 年が経過したことから老朽化対策工事を実施し、この度「大潟草原野鳥観察舎」としてリニューアルいたしました。
大潟村ではオオセッカの他にも、チュウヒなどの猛禽類、ヒシクイ、マガンなどのガンカモ類など数多くの野鳥が確認されることから、野鳥観察を目的に来訪される方も多く、大潟村の生物多様性の普及広報、自然とのふれあいの場所として「大潟草原野鳥観察舎」を活用いただけるように、大潟村創立50周年の本年5月24日(土)から12月までの間の土曜、日曜、祝日に大潟村のご理解、ご協力を得て、開館することといたしました。

2. 開館期間及び時間

原則として4月から12 月までの間の土曜、日曜、祝日、午前9時から午後3時まで。ただし、12 月は道路の除雪状況によって閉館する場合もありますので、利用される場合は予めご確認下さい。
なお、開館していない平日については、今年度作成したセルフガイドマップ(別紙参照。観察舎入口横に常備し、無料配布しています。)を用いて観察舎併設の観察台及び周辺での野鳥観察を行うこともできます。
また、平日に観察舎を団体等で利用を希望される場合には、事前に下記までお問い合わせ下さい。

大潟草原野鳥観察舎の位置

住所:秋田県南秋田郡大潟村西5丁目4
※県道42 号線沿いに観察舎への誘導標識を設置しています。

道標
案内地図

<参考>観察舎の写真

写真1 写真2
観察舎入口 2階観察室の様子

添付資料

【問い合わせ先】
環境省 秋田自然保護官事務所
〒010-0951 秋田県秋田市山王7丁目1-4 秋田第2合同庁舎1階
TEL: 018-867-8588 / FAX: 018-867-8589
担当:瀬川

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ