報道発表資料

2011年11月25日

環境省子どもパークレンジャー事業~白神山地の食文化&自然の素材を使ったクリスマスクラフト~

東北地方環境事務所

 環境省東北地方環境事務所(白神山地世界遺産センター西目屋館)では、白神山地の自然と人とのつながり(文化)を学んでもらうため、子どもを対象とした自然体験プログラムを開催しています。

 平成23年度は全3回のプログラムを計画しており、今回は第3回『白神山地の食文化&自然の素材を使ったクリスマスクラフト』の募集をします。

 白神山地の里山の人々の食文化である「目屋豆腐」作りを目屋マタギから教わり、体験を通して現在の食との違いから白神山地の豊かさを学びます。また、近づくクリスマスにむけて白神山地の自然素材を使い、「わたし」らしい飾り物作りを行います。多くの方々のご参加をお待ちしております。

1 行事名

 白神山地の食文化&自然の素材を使ったクリスマスクラフト

2 主催等

 環境省東北地方環境事務所

3 趣旨

 主に地域の子どもたちを対象に、自然の素材を使ったものづくりを通じて、白神山地の自然に育まれた白神の文化を学ぶことを目的として、自然体験プログラムを実施するものです。

4 実施内容

テーマ

 『白神山地の食文化&自然の素材を使ったクリスマスクラフト』

開催日

 平成23年12月18日(日)

会場

 環境省白神山地世界遺産センター 西目屋館

内容

 目屋豆腐作りから白神山地の里山の人々の食文化を体験し、現在の食との違いを知り、白神山地の豊かさを学びます。また、近づくクリスマスにむけて白神の自然素材で飾り物作りを行います。

対象者

 小学3年生から中学生と参加を希望するその保護者
 (子どもだけの参加も可能です。)

定員

 20名程度(先着)

集合

 白神世界遺産センター西目屋館(9:00)集合
 弘前駅からはマイクロバスにて白神山地世界遺産センター西目屋館まで送迎もあります。
 (その場合は、弘前駅前シティーホテル横郵便局前8:30集合)

参加費

 500円

持ち物

 エプロン、バンダナ、軍手、飲み物、お弁当(お昼に手作り豆腐とおからドーナッツを食べますが、足りない方はご持参ください)

5 申込方法

事前申込制

 参加希望者は電話、FAX又はe-mailでご連絡ください。

申し込み先

 NPO法人岩木山自然学校
 電話/FAX 0172-83-2670
 e-mail:pwonder@infoaomori.ne.jp

【問い合わせ先】
環境省東北地方環境事務所
 西目屋自然保護官事務所 担当:野原(のはら)
 〒036-1411 青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1
 TEL 0172-85-2622 / FAX 0172-85-2635

※ 記録写真の使用について
今回のプログラム中に撮影した写真をホームページやパンフレット等に使用させていただく場合があります。

別添資料

 チラシ [PDF 459KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ