報道発表資料

2011年11月18日

冬の渡り鳥観察会 ~今年も二本立て!動物園と蕪栗沼で見てみよう2011!~

東北地方環境事務所

 環境省東北地方環境事務所と仙台市建設局八木山動物公園及び大崎市はこの冬も二本立てで「冬の渡り鳥観察会」を開催致します。
 第1回観察会では、八木山動物公園にて、冬の渡り鳥であるガン・カモ類を間近で観察し、その生態と野鳥観察の基礎を学びます。
 第2回観察会では、ガン・カモ類の集団渡来地でラムサール条約登録湿地である蕪栗沼で、9万羽にも及ぶ渡り鳥たちの圧倒的躍動感、存在感を体感していただきます。多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。

1 行事名

 「冬の渡り鳥観察会
 ~今年も二本立て!動物園と蕪栗沼で見てみよう2011!~」

2 主催等

 東北地方環境事務所・仙台市建設局八木山動物公園・大崎市による共催

3 趣旨

 宮城県内では、ガン・カモ類をはじめとして多くの渡り鳥が越冬します。特に天然記念物であるマガンは、全国に飛来するうちの約8割が宮城県内で越冬し、9万羽ものマガンが冬を越す蕪栗沼はラムサール条約に登録されています。今回の観察会では、宮城県の冬の代表的な渡り鳥であるガン・カモ類について、動物公園内でその生態、特徴や観察の基礎を学んだのち、蕪栗沼周辺水田で実際に彼らが生活する姿を見て、宮城の自然の豊かさや自然観察の楽しさを知っていただくことを目的にしています。

4 実施内容

(1)日時及び場所

第1回
平成23年12月18日(日) 雨天決行
八木山動物公園(仙台市)
第2回
平成23年12月25日(日) 雨天決行
蕪栗沼(大崎市)

(2)募集人員

 20名(原則2回とも参加できる方)

(3)集合場所

第1回
八木山動物公園ビジターセンター
第2回
JR古川駅及び化女沼駐車場(詳細は参加者にお知らせします。)
集合場所~蕪栗沼間は大崎市のマガン楽園号で移動します。

(4)申込方法

 参加希望者はハガキ、FAX又は電子メールで参加者の住所、氏名、年齢、電話(携帯)番号、第2回の集合場所についてJR古川駅集合か化女沼駐車場集合を明記し、下記【連絡先】までお申し込み下さい。

(5)申込期間

 12月1日(木)~12月12日(月)必着
 申込み多数の場合は抽選とします。参加の可否については集合場所の詳細等とあわせて連絡します。

(6)参加経費

第1回
大人400円 子供100円(入園料)
第2回
一人100円(損害保険料込み)
各回時にご持参下さい。
動物公園の駐車場料金400円は各自負担となります。

(7)参加資格

 原則として2回の観察会に参加できること。半日程度の歩行移動ができること。中学生以下の場合は保護者同伴のこと。未就学児不可。

(8)持ち物

 野外で活動しやすい服装(特に防寒対策を忘れずに)。汚れてもいい靴(スニーカー・長靴等)。

(9)スケジュール

第1回 (観察会の前後は園内の見学が可能です)
12時45分
参加者集合・受付(八木山動物公園ビジターセンター)
13時00分
開会式・観察会開始
15時00分
解散
第2回 (マガン楽園号で移動します)
13時00分
参加者集合・受付(JR古川駅)
13時30分
参加者集合・受付(化女沼駐車場)
14時00分
開会式・観察会開始
16時00分
蕪栗沼でマガンのねぐら入り観察
(天候により変更になる場合があります。)
17時00分
観察終了(化女沼駐車場、JR古川駅へ)

(10)荒天の場合

 原則として雨天決行としますが当日の天候により中止する場合は参加者にご連絡いたします。

(11)緊急時の対応

 事故等の発生に備え、傷害保険に加入しますが、活動は原則自己責任となりますので、ご留意ください。

【連絡先】
環境省 東北地方環境事務所 仙台自然保護官事務所
 担当:森林・鎌田
 〒980-0014 仙台市青葉区本町3-2-23仙台第二合同庁舎6階
 TEL:022-722-2876 FAX:022-722-2872
 e-mail:TOHOKU@env.go.jp

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ