ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年10月

13件の記事があります。

2021年10月28日登山者カウンター回収

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

先日朝日連峰に設置している、登山者カウンターの回収に行ってきました。

●朝日鉱泉

とても肌寒い朝です。気温は10度位だと思います。今までの、夏が少し残っているような雰囲気とは違い、

空気も乾燥し、冬特有のツンとした香りがします。朝日鉱泉の駐車場は珍しく車でいっぱいでした。

ナチュラリストの家までの林道はもう落ち葉でいっぱいです。

登山者カウンターを回収する私にとっての一番の難関はこの吊り橋。伝わりますでしょうか。足が少しずれたらヒュードボンです。下の水はとっても美しいエメラルドグリーンなのですが私はそれどころではありません。

無事に立っていてくれました。約一ヶ月ぶりの再会です。元気に動いていてくれたようです。

●古寺鉱泉

古寺鉱泉の渓流はいつ見てもきれいですね。古寺鉱泉は登山者カウンターが尾根の上にあるのでそこまで急登をどんどん登らなくてはなりません。

このあたりは黄色い紅葉です。紅葉のシャワーを浴びているようです。

松ぼっくりを発見しました!

古寺鉱泉の登山者カウンターもしっかり立っていてくれました。尾根なので寒い風が吹いています。

登山者数をメモリーに記録し、ねじを外し、ザックに詰めていきます。

私の愛用の90リットルザックに回収した器具を詰めたらザックの原型がなくなりました。

20キロ弱あるのではないでしょうか。

これを担いで登山口まで下ります。重いですが、がんばっています!

●日暮沢

日暮沢もカウンターの回収をするには尾根まで登らなくてはなりません。

すっかり冬支度をしてしまった景色が広がっていました。

ここもしっかり立っていてくれました。

帰り際、ふと道標を見ると爪痕が。熊でしょうか。

朝日連峰の登山者カウンターは残り一つ、飯豊の登山者カウンターも残り一つです。

こちらは11月上旬頃に回収予定です。

今年度はカウンター情報の取りまとめをしていきます。

彼らが活躍するのは、また来年!

ページ先頭へ↑

2021年10月27日磐梯山登山道巡視

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 村上英夫

パークボランティア活動の一環で、ボランティアの方々とご一緒に磐梯山の登山道巡視を行いました。10月22日(金)は前日に降った雪が残る肌寒い一日でしたが、風がほとんど無く、日が差すと暖かく、登山中は少し汗ばむ程でした。裏磐梯スキーを出発し、ゴミを拾いながら登山道の状況を確認し、植生を観察し、火口原、天狗岩、弘法清水を経て山頂へ。帰路は中ノ湯跡から銅沼経由でスキー場へ戻りました。途中で目にした風景の一部をお届けいたします。

〈磐梯山〉

   〈山頂の祠〉                   〈山頂より猪苗代湖を望む〉


ゴミ袋はいっぱいになりましたが、「ゴミ」と言うよりは「落とし物」という雰囲気の物ばかりでした。マスク、タオル、飲みかけのペットボトル、開封されていないエナジージェルを拾得。キャンディーやキャラメルの袋もありましたが、ポイと捨てたというより、歩行中にポケットからこぼれ落ちた感じです。

〈西吾妻方面〉

〈ナナカマドと霧氷〉

稜線から西吾妻方面がきれいに見えて、グランデコスキー場のコースに残った雪が、この地を訪れるアサギマダラの輪郭のようでした。前日に発達した霧氷は、午後には陽射しを浴びてほとんど落ちてしまいました。
     〈桧原湖と天狗岩(右)〉                    〈銅沼〉


〈櫛ヶ峰〉

カラマツが黄色に染まるのはこれからですが、山はもう冬支度。11月5日には弘法清水小屋も閉まる予定。山に入るには、困難な状況を考慮した装備と計画が必要な時期になりました。

ページ先頭へ↑

2021年10月26日秋の森吉山~記録に残す・未来に残す~

秋田 成田苑子

こんにちは!

秋田自然保護官事務所の成田です。

お天気に恵まれながら実施した、森吉山野生鳥獣センターでのイベントの報告です。

●森の撮影会

紅葉が始まった10月上旬。

渡部広志さんを講師にお招きして「森の撮影会」を開催しました。

桃洞の滝を目指して歩きながら、撮影するときのコツを教えていただきます。

秋の森には、キノコや木の実がたくさん!

足元に頭上にと様々な角度にカメラを向けて立ち止まりながら進みます。

 

 

そして今回の目的地・桃洞の滝へ!

水の流れと色づき始めた葉と青空とのコントラストがとても美しい空間になっていました。

昼食後は来た道を戻り、野生鳥獣センターへ。

最後はみんなで撮影した写真を見せ合いました。

同じ景色を同じ時に味わった参加者の皆さんですが、

写真で切り取る部分がそれぞれ違っていて様々な森の見方があると気づかせてくれました。

100年後の森づくり

10月下旬の気持ちのいい週末に「100年後の森づくり」を開催しました。

この日は肌寒さがあるもののとっても気持ちのいい天気!

野生鳥獣センター前にあるブナの木の紅葉も青空に映えていました。

今回のイベントは森吉山ブナ林再生応援隊との共催で、

森吉山麓自然再生協議会の皆さまにご協力いただき開催いたしました。

まずは、ミニトレッキングということで、森吉山麓自然再生協議会会長の青木さんに

案内をしていただきました。特に植物の解説をしていただき、

目で、手で、口で、鼻で森を感じながら楽しく歩くことが出来ました。

 

次は、今回のメインイベントの植樹です。

森吉山ブナ林再生応援隊事務局の藤原さんに指導していただきながら行いました。

今年のセンターでのイベントでも何度か実施している植樹ですが、いつもとは少し違う方法です。

これまでは、苗木を植える場所に穴を掘って土を入れて植える、という方法でしたが

今回は木枠を作って、その中に苗をまとめて植えるという方法に挑戦です。

植えた苗木たちが、森吉の厳しい冬を乗り越え、100年後には多くの生きものが暮らす森になってほしい。

そんな思いを込めて、大切に植えました。

 

お昼休憩のあとは、アルミ缶を使ったランタン作りです。

NPO法人冒険の鍵クーンの村田さんに指導していただき、

秋の夜長を楽しむのにもってこいのランタンを手作りしました。

中に入れた灯りが揺らぐのが心地いい、素敵な作品になりました。

 

参加していただいた皆さま、ありがとうございました!

この100年後の森づくりで、今年度森吉山野生鳥獣センター運営協議会が主催するイベントは全て終了となります。

参加していただいた皆さま、開催にあたってご協力いただいた講師の皆さま、

そして何より奥森吉の自然に感謝いたします。本当にありがとうございました。

11月からは森吉山野生鳥獣センターは冬期閉館となります。

また来年、お待ちしております!

ページ先頭へ↑

2021年10月25日『僕たちの気仙町』魅力発信~陸前高田市気仙小学校

三陸復興国立公園 大船渡 坂本麻由子

皆さんこんにちは。大船渡自然保護官事務所の坂本です。

10月の長雨が明け、すっきりとした秋晴で空に吸い込まれそうな三陸です。

岩手県陸前高田市広田小学校でみちのく潮風トレイルを題材にした出前授業をご紹介してきましたが、この秋同市内の別の小学校でも授業に取り入れたいというお話をいただき、2週続けてみちのく潮風トレイル授業に行ってきたのでご紹介します。

陸前高田市気仙(けせん)小学校の6年生が取り組む「地域の魅力を発信する」授業のひとつのツールとしてみちのく潮風トレイルを活用します。

気仙小学校は東日本大震災で全壊、2019年に気仙町の今泉地区に造成した高台に移転整備されました。壊滅的な被害を受けた陸前高田市は街全体の土地造成から長い間かけて行われていたため、気仙小学校の完成は岩手県の公立学校再建の中では一番最後でした。今回の授業の主役6年生は男子7、女子2の9名のクラスです。

私が出向く前から授業の中でみちのく潮風トレイルの勉強をしていたという6年生のために、担任の先生から「実際のハイカーに会えないかしら」というご要望があったので、昨年全線踏破されたみちのく潮風トレイルを管理運営しているみちのくトレイルクラブの加藤正芳理事においでいただき、歩いたときの装備やみちのく潮風トレイルの魅力などお話いただきました。

その中で加藤さんに「陸前高田市の印象」を聞いてみたところ、震災直後に同市を訪れた時の街の姿やその後の復興進度を見ての感想などに加え、"気仙大工"や"けんか七夕"などの歴史・伝統のお話がありました。外の

人からみた陸前高田の印象を聞き、彼らにとっては当たり前の地元ネタが"魅力"として認められているんだと、自信・誇りに繋がったのではないでしょうか。

最後に加藤さんへみんなからの質問タイムが設けられ、賑やかな時間が教室に流れました。用紙いっぱいに真剣にメモを取っていたみんな、何を感じ取ってくれたでしょうか。

その翌週、みちのく潮風トレイルの気仙町ルートを実地体験しました。実は気仙町を通るルートはほんの5キロほどで、気仙小学校もルートから少し外れています。しかしせっかく陸前高田市に来てくれる人や気仙町を歩いて通ってくれるハイカーに、気仙町の魅力を知って帰ってほしいという思いで、まずは公式ルートを実際歩き、どんな魅力が隠れているかみんなで探そうという授業です。

(左)小学校から公式ルートまでは新しくできた避難路を下りました。気仙川河口脇に見える建物は震災遺構になっている旧気仙中学校校舎です。

(右)漁港を通れば地元の漁師さんたち皆さん声をかけてくれました。地域の宝である子どもたちが地元の勉強をしている姿は応援したくなりますよね。

(左)今は生徒一人に一台タブレットが支給されています。いいなと思ったものをじゃんじゃん撮影していきます。

(右)この地出身という担任の先生がルートを逸れておもしろい道を案内してくれました。秘密基地に繋がるようなワクワクする小道、先生が子どもの頃よく遊んだ道だそうです。

(左)途中お食事中のシカに遭遇した場面ではもちろんタブレットで撮影会です。シカも逃げずにモデルをしてくれました。

(右)昔ながらの防波堤からは海がよく見えます。みんな揃って寄りかかり、漁港から出て行こうとする船となにやら大声でやり取りしていました。


(左)公式ルートから少し逸れたところには歴史を物語る史跡が点在しています。後に鉄砲隊となる足軽たちの住居跡について先生が説明しているところです。

(右)最後の浜では、自由に遊ぶ時間を先生が用意していました。震災後海と少し疎遠にならざるを得ない雰囲気の中育ってきた彼ら、先生はこうした時間を過ごさせたいと思ってこられたようです。男子たちはカニ探しに夢中でした。

気仙小学校の生徒たちはこの他にも様々な地域学を行っているそうです。気仙町の今泉地区は江戸時代は仙台藩気仙郡の行政中心地で、河川や街道の交通要所でもありとても重要な土地でした。気仙大工による立派なお屋敷が狭い路地をはさんでひしめき合うように建ち並び、幼い頃に訪れた私にも「どこか他と違うまち」という印象でした。津波で壊滅したこの地区の今はその当時を思い出すのが困難なほどきれいに整地された状態です。物として残せなかった歴史は記録し、そして語り継ぐことが必要です。未来を背負って立つ子どもたちが学ぶ地域学に、まだ始まったばかりのみちのく潮風トレイルが活用されて嬉しく思いながら、50年後100年後にこのトレイルにも語り継ぐ歴史ができているのかな...と遠い目。気が早いですね。子どもたちに負けないよう、私も地域についてもっと深く調べ、微力であっても伝えていきたいと思っています。

ページ先頭へ↑

2021年10月20日朝日連峰・以東岳 冬の到来

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

寒いですね。庄内では月山も鳥海山も初雪が降り、より堂々とした出で立ちになりました。

コハクチョウも次から次へ南下してきています。

さて、先日の一気に冷え込んだ日に、朝日連峰の以東岳に行ってきました。

登山道保全資材の管理、登山道巡視、以東岳避難小屋の小屋閉め作業をしてきました。

朝から悪天候。一向に晴れる気配はありません。紅葉を楽しみにしていたのになぁと、一同どんより気分で

登山開始です。

吊り橋の架かっている沢も濁流でした。

※泡滝登山口から大鳥小屋の間に架かっている橋は、大鳥小屋の小屋閉めの際に回収されます。事前に情報を得てから登山するようにしてください。

天気には恵まれませんでしたが、キノコが沢山出ていました。

イタヤカエデの木の幹に沢山出てきています。

倒木にも所狭しと並んでいます。

大鳥池につきました。周りの紅葉は、、、思ったよりもまだ標高が高いところが盛りですね。大鳥池の周りはあと1、2週間といったところでしょうか。

雨は止まず、気温もぐっと下がっています。

秋の名物と言えば、ナナカマドの真っ赤な実でしょう。ナナカマドは燃えにくく、七回竈にかけても燃えないというところからその名がついたとか。大鳥池の周りには沢山生えています。

二日目の朝はさらに気温がぐっと下がり、朝から大雨でした。徒渉地点もなかなかハード。カメラは出せませんでした。急登を登る中、雨の質が変わったと思ったら、みぞれでした。

もう少しで以東岳避難小屋に着く、、、と思った矢先、みぞれはなんと雪に変わりました。10月中旬の朝日連峰はもう雪が降るのです。

最初は雪化粧で済むと思っていましたが、、、

雪+暴風の大荒れの天気になってしまいました。これでは作業はできません。以東岳避難小屋に転がり込み、暖かくして天候が回復するのを待ちます。避難小屋の存在というのは本当にありがたいです。

少し回復した時を狙い、一気に小屋閉めの作業に取りかかります。私も微力ながら手伝わせていただきました。ベンチの解体は強風に手がかじかみ、カメラのシャッターを押すのもひと仕事です。ベンチを解体し、看板を外し、水をためる設備を外していきます。

視界は5mもありませんでした。

ほんの一瞬の晴れ間をとらえました。たったの数時間でこの雪景色です。朝日連峰の冬は甘く見てはいけませんね。登山の際はしっかり防寒グッツを持ってきてくださいね。

山に登るとどこかに神様が居るような気がしてくるのは私だけでしょうか。

3日目は残りの小屋内の掃除、水場までのロープや杭の回収、水くみ、網戸外し等の作業を終わらせ、下山です。

以東岳避難小屋の夏期管理体制に入るのはまた来年。いよいよ冬季管理になります。管理人はいませんが、小屋の鍵は開いています。

トイレや小屋の利用はマナーを守って次の人が快適に過ごせるようご協力お願いします。

この日も一瞬晴れました。小屋閉め作業を頑張った人へのご褒美です。

ナナカマドは、一日で雪をかぶってしまいました。かんざしのようでかわいい姿です。

少し下って上をみると、雪が降ったところと降っていないところは横に一本の線があるかのようにきれいに分かれているのが見えました。

今年度は、5回ほど以東岳に登りました。これにて今年度の以東岳での仕事は終了です。

おまけ。ホオノキに目を作って遊んでいる人がいました。自然のものはなんでも芸術品になってしまうので不思議です。ぜひ落葉のきれいな山に遊びに来てください。防寒対策、雨対策、地図、食料等の十分な準備をしてから山に入ってくださいね!

ページ先頭へ↑

2021年10月19日インターンで高校生がやってきた!

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

みなさん、こんにちは。宮古自然保護官事務所の古館です。

105日~7日の3日間、宮古市内の高校生3名が職業体験(インターン)で訪れました。

 

【体験1日目】

浄土ヶ浜ビジターセンターで行われるクラフトイベントにて使用される貝紹介カードを作っていただきました。

 

貝を拾うところから、図鑑等を見て分類・調査し、楽しく貝のことを学べる名刺サイズのカードとなりました。デザインもそれぞれ工夫して描いてくれて、可愛く仕上がっていますよね。

 

【体験2日目】

浄土ヶ浜園地内の歩道を点検しながら、案内板の清掃や文字を修正するシール貼りなどを行い、隅々までピッカピカに磨いてくれました。

 

3日目】

翌週にみちのく潮風トレイルのトレッキングイベントを控えており、ルートの下見を行うパークボランティア活動と重なったので、一緒にルートの下見・点検をしていただきました。

 

パークボランティアのみなさんから植物などについて色々と解説いただきつつ、交流を深めていました。

心なしか、パークボランティアのみなさんもいつも以上に楽しんでいる様子でした。

また、ルートの目印となるテープの付け替えやゴミ拾いも実施。

最終的には45リットルゴミ袋2袋分がパンパンになりました。

 

高校生インターンのみなさま、3日間お疲れさまでした!

この場を借りて御礼申し上げます。

 

また、これからは紅葉狩りを楽しみながら歩けるシーズンを迎えます。

ぜひみなさまもトレイルを歩きにいらしてください。

 

では、また!

ページ先頭へ↑

2021年10月16日晩秋

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

昨日の通勤時の気温は7度でした。

しかし八甲田の初冠雪の便りはまだ聞こえず、雪の降るのが待ち遠しい私はわくわくする季節です。

先日、業務で行った蔦沼、田代湿原、雛岳の今の様子をお伝えします。

例年、パークボランティア活動として行っている田代湿原のロープ撤去を、コロナ禍で中止としたため、

管理官と二人で行いました。

〈撤去したロープと杭は一人分20キロ以上〉

華奢な管理官ですが、ネパール6000mの経験があり、いつも頼もしいです。

パークボランティアの皆さんは軽々とあっという間に終わる作業、

日頃の活動には本当に頭が下がる思いでした。

〈距離が短く平坦なので二人で何とか運びました〉

〈何を思う?〉

〈こちらを見ています〉

〈湿原に彩り:ナナカマド ハイイヌツゲ〉

〈蔦沼から赤倉岳、1001ピークをのぞむ〉