ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年4月21日

3件の記事があります。

2021年04月21日階上岳の山開き安全祈願祭

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

4/16に三陸復興国立公園階上岳の山開き安全祈願祭が行われました!

毎年、快晴の天気に恵まれる安全祈願祭ですが少々風が強かったです。

神事の後は鳥屋部登山口前へ移動しテープカット。

通年登る事ができ、地元の方から愛される階上岳は739,6メートルの標高の山で、

3合目と8合目にはバイオトイレが整備されているので登山初心者でも登りやすいです。

登山口付近のオオヤマザクラも見頃を迎え、春到来を感じさせます。

リフレッシュやコロナ渦の運動不足解消にぜひ登ってみてください♪

ページ先頭へ↑

2021年04月21日渡り鳥飛来状況調査

十和田八幡平国立公園 村田 野人

4/19420と十和田湖は春の嵐に見舞われ白波が岸に押し寄せる天気でした。


十和田湖

 本日は、渡り鳥飛来状況調査の報告を行いました。野鳥における高病原性鳥インフルエンザ対策の一環で行っているものです。管理員の方が毎月3回鳥獣保護区内の決まった範囲で野鳥の生息状況と異常行動をする野鳥の有無について調査してくれます。私は、調査結果を確認し、例年と比較して異常の有無や渡りの進行状況を推量、今シーズンの調査の終了時期などについて検討した上で東北地方環境事務所に報告します。

 高病原性鳥インフルエンザにかかりやすいカモ科鳥類の個体数はだいぶ減りましたが、4月末まではまだまだ気が抜けません。

 調査の詳しい結果については、下記の環境省webページをご確認ください。

"https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/migratory/ap_wr_transit/index.html"

ページ先頭へ↑

2021年04月21日南八甲田1001ピークめざして

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

4月19日の通勤時、雪を屋根にのせた車が前を走っていて驚きました。

標高1000m以上はまだ降雪の可能性もあるので、油断はできません。

十和田湖畔はカツラの花のピークで、ほんのりと色づいています。

桃色とも違う、形容しがたい色なので、実際に皆さんにみていただきたいといつも思います。

橙色になってくるとそれは新芽が芽吹いてきた合図です。

〈事務所の近くにある2本のカツラの大木〉