ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年6月

16件の記事があります。

2018年06月27日種市小学校の海洋環境保全教室と漂着ごみ分類調査2018

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

6月14・15日に八戸海上保安部主催の「海洋環境保全教室と漂着ごみ分類調査」が洋野町の種市小学校で行われました。

14日に4年生の教室で海洋環境保全教室を行い、

海上保安庁の方から家庭排水やごみがもたらす影響について学び、

海の環境を守る大切さを教えていただきました。

初めて知る事も多く、わたしもすごく勉強になりました!

八戸自然保護官事務所からは「みちのく潮風トレイル」についてお話し、

トレイルを歩く人たちがみる洋野町の景色や魅力を、

海岸線の環境を守るポイントと一緒にお伝えさせていただきました。

また、多くの生徒さんが「みちのく潮風トレイル」を知っていて、歩いたことがあるとの事でした!

きれいな海岸線が魅力の洋野町、海がきれいだからウニが美味しい洋野町、

そんな洋野町の魅力をトレイルを歩く人たちにたくさん伝えていってくれたらと思います!

15日は小学校からすぐ近くの海で海浜清掃を行いました。

海浜清掃は毎年大潮の時期に行ってます。

干潮でウニの増殖溝も見え、ちょうどウニ漁の真っ最中でした!

海浜清掃の後は拾ったごみの分類をし用途や種類に分けて記録しました。

ロシア語で書かれた漂着ごみもありました。

外国からの漂着ごみと思われるものもありましたが、

わたし達の日常生活に由来するごみも多くありました。

少しでもごみを減らし、青い海を未来に残していきたいですね!

ページ先頭へ↑

2018年06月26日爽やかな浄土平湿原

磐梯朝日国立公園 楊 寛明

皆さんこんにちは、裏磐梯自然保護官事務所の楊です。

今回は磐梯朝日国立公園の吾妻連峰の東側に位置する浄土平湿原の様子をお届けします。

前日の雨雲が過ぎ去り、爽やかな風が吹いていました。

この日は、ワタスゲが見頃を迎えており、一面に群生している所がありました。

【湿原から見た噴火口】

 

【ワタスゲ】

ワタスゲは高層湿原に生育するカヤツリグサ科の多年草です。

写真の白い部分は果期の小穂で、風と光を浴びキラキラと光輝いていました。

浄土平湿原では、木道のすぐ脇にも自生しているため、間近で見ることができます。

【イソツツジ】

他にもイソツツジなどが湿原を彩っています。

浄土平にアクセスする、磐梯吾妻スカイラインでは、晴れていれば猪苗代湖まで眺望できる箇所もあります。(吾妻八景 双竜の辻)

日々の疲れを癒やしに、磐梯朝日国立公園にお越しになってはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2018年06月26日月山VCイベント 初夏を彩る高山植物観察会

磐梯朝日国立公園 澁谷 満紀

みなさん、こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の澁谷です。

6月22日・23日、月山ビジターセンターイベントで月山に登って来ましたので、現在の

月山の様子をお伝えします。

6月22日午前11時、月山へのアクセス道"県道月山公園線"が冬季閉鎖から開通しました。

月山ビジターセンターにて高山植物観察会開会式後、バスで8合目駐車場へ移動、昼食を

とって登山開始です。その前に、私は一仕事。毎年設置している外来植物除去用のマットを

設置しました。登山される方は、足ふきにご協力どうぞよろしくお願いいたします。

<月山8合目登山口:外来植物除去用のマット>

緩やかな道ではありますが、8合目から9合目の間には、約400m位の間残雪を歩きます

ので、雪に慣れていない方や、天候によっては簡易アイゼンなどがあると良いかもしれ

ません。

31人の大所帯、私もスタッフの一員としてトランシーバをぶらさげ、中ほどにて参加

者の方の様子を見つつ歩きます。アイゼンに慣れていない方へ装着などのサポート。

いろいろなお花を楽しみながら、参加者のみなさんと登りました。

上段左より、シラネアオイ、ツマトリソウ、ハクサンイチゲ、ミヤマシオガマ、チング

ルマ、クロユリ、ミヤマウスユキソウ。