ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年8月

13件の記事があります。

2016年08月26日森吉山麓高原 オオハンゴンソウ駆除作戦

秋田 足利 直哉

 全国各地で行われているオオハンゴンソウ駆除作戦を国指定森吉山鳥獣保護区でも実施しました。主催したのは地元のNPO法人冒険の鍵クーンで、森吉山野生鳥獣センターの運営協議会事業ともなっているので秋田自然保護官事務所の2名も参加しました。

 8月21日(日)午前10時に森吉山野生鳥獣センターに一般参加の方々、森吉山岳会の会員有志、米代東部森林管理署上小阿仁支署の職員の方々、北秋田市商工観光課職員、主催者スタッフなど総勢34名の方々にお集まりいただきました。

   

         

 オオハンゴンソウの抜取り作業を行ったのは昨年とほぼ同じ場所。昨年は広い範囲に繁茂していたオオハンゴンソウをガンガン引き抜いていたので45㍑のゴミ袋70袋も回収していましたが、今年は小さく花も付けていないようなオオハンゴンソウが多くなっていて、それに手こずり作業範囲も広げられず、回収したのは38袋でした。個人的にはもっとガンガン広い範囲を引き抜いた方が良かったと思いますが、ほとんど移動しない代わりにじっくりと丁寧に引き抜き作業を行っていただきました。回収したオオハンゴンソウのゴミ袋の数はざっと半分程度に減っている事になりますが、袋には隙間が少なくビッシリと詰め込まれているので一つ一つの袋は重かったです。それを斜面下から持ち上げるのはなかなか大変でした。

    

 今年参加してくれた方々は昨年も参加してくれた方が多かったのですが、作業終了後には『今年はちっちぇ物が多がったども、これはこれで難儀だな』『抜くのも腰痛ぐなるども、ずっとしゃがんでるのも容易でねな』等と感想が聞かれました。みなさんお疲れ様でした。

 森吉山野生鳥獣センターのイベントには毎回、森吉山荘さんにご協力をいただいて、温泉入浴料割引という参加者特典を提供いただいてます。この日の作業後も短時間でしたが暑くて大変だったと思います。ある男性は『さぁ風呂さ入って汗流して帰るがっ』と言って帰って行きましたので、きっと温泉で体力回復していかれたことでしょう。

 最後になりましたが、参加いただきました皆様、どうもありがとうございます。オオハンゴンソウ駆除にはまだまだみなさんのお力が必要ですので、これからもよろしくお願いいたします。

  

  

ページ先頭へ↑

2016年08月19日「山の日」制定記念第9回月山を外来植物から守ろう

磐梯朝日国立公園 羽黒 古川望

 8/11「山の日」に月山姥ヶ岳リフト上駅周辺で、外来種除去イベントを実施しました。当日は晴天!リフトに乗って上駅へ向かう途中、朝日連峰がくっきりと姿を見せてくれました。また、当日は「山の日」とあって、多くの登山者が訪れている様子が確認できました。

【当日の登山者の列】

 

 リフト上駅に到着して、外来種の除去を行います。今回は鎌を使用しての作業です。除去対象となる植物は3つ、①エゾノギシギシ、②オオバコ、③セイヨウタンポポです。作業中は一般登山者の方へ向けて、「外来種除去作業中」の掲示を4カ所に設置し、34名で作業を行いました。作業時間2時間で110.3kgもの外来植物の除去をすることができました。

【掲示・除去作業の様子】

 

【除去作業の様子】

 

 除去作業後は姥ヶ岳への登山を行いました。今年はキンコウカの当たり年で、金色にきらきら光る湿原や、見頃のニッコウキスゲを見ながら歩いて行きます。

【姥ヶ岳への登山の様子】

 

 姥ヶ岳での作業を終えた後は、「道の駅にしかわ」で月山原水の温泉、水沢温泉に入浴し、汗を流して山の日のイベントを終えました。朝早く集合いただきましたパークボランティアの皆様、また暑い中作業してくださった皆様のおかげで、怪我なく無事に作業を終えることができました。ありがとうございました。

【当日集合写真】

 

 また、準備・下見・当日のリフト乗車について月山観光開発株式会社様には多大なるご理解・ご協力いただきましたこと、この場をお借りして感謝申し上げます。

 

 6月の外来種除去イベントに続き、今回もバスに乗る際に靴底マットを使い、靴の種子を落としています。現在月山8合目に同じものが設置してありますので、通行される際は使用のご協力お願いいたします。

ページ先頭へ↑

2016年08月17日山の日制定記念 森吉山麓星空観察会

秋田 足利 直哉

 各地から「山の日」制定記念行事の報告があるようですが、森吉山野生鳥獣センターでも『山の日制定記念 森吉山麓星空観察会』を実施しました。森吉山麓は一部で「とっても星空のキレイなところ」と口コミで評判になっています。私も個人的に気に入っていて年に1~2回、キャンプ場に泊まって星空を眺めています。先日もこのエリアにあるキャンプ場に泊まった時、キレイな星空を見て感激しました。今年は『山の日』が制定されるし、その時期には流星群が見られるかも・・という事で、企画した新規の観察会です。

   

 講師には秋田大学教育文化学部の田口先生と毛利先生にお越しいただいて、まだ明るいうちから望遠鏡や観察会の準備をしながら天体観測を行いました。

     

 まずは様々な恵みをもたらしてくれる太陽の観察です。でも皆さんも知っているように太陽を直接望遠鏡で見ることは絶対にやってはいけません。ではどうやって太陽を観察するの?と思っていましたが、それ用の器具があるんですね。下左の写真が望遠鏡で太陽を観察している様子で、下右の写真が太陽を投影した像です。しっかりと黒点も見えていました。

   

 陽が傾き始めた頃、観察会を始めました。星空観察会をこんな明るいうちに始めるの?と不思議に感じるかも知れませんが、実は明るくても天体観察ができるんです。講師の田口先生のネタですが、この日は明るいうちから3つの天体が観察できていました。皆さん3つ全部上げられますか?一つは先ほど紹介した太陽ですが残り2つ答えは・・・。下の写真ではそんな話をしながら望遠鏡の使い方、星座早見表の使い方などを教えていただいている場面です。

      

     

 天体観察に興味を持っていてこの日を楽しみにして下さっていた方も多くいらっしゃいましたので、望遠鏡の使い方も星座の位置やその探し方なども真剣に聞いていました。実際に観察する際には、ご家族で参加される方々には家族で1台の望遠鏡を使っていただけましたので、それぞれ色んな星を探しては望遠鏡で観察していました。講師の毛利先生によればこの日は日月火水木金土の天体が観察可能という超貴重な機会だったようで、だから太陽が沈む前から観察を始める必要があったのです。実際まだ明るさの残る空を見上げると点々と輝く星が見えました。

    

  

         

 望遠鏡の使い方も直ぐに慣れてどの家族もどのグループもそれぞれで星を探して望遠鏡で観察していました。辺りが暗くなってくると一層星が明るく輝き出します。星空の観察をするときには大人も子どももワクワクが止まらないようで、土星を捉えた望遠鏡には直ぐに列が出来て、皆さん土星の輪をしっかりと観察して、感激の声を上げていました。

   

    

  

 天体望遠鏡で星を観察していると思いのほか早く星が動いて直ぐに望遠鏡の視野から外れてしまいます。これこそが地球が自転している証拠で、じっくり観察しようと思うと星を追いかけるのが結構大変です。家族やグループで観察していると、3人目くらいになるともう『何も見えない・・』なんてことが起こります。なのでお父さん達は忙しく星を探し、望遠鏡に捉える作業を繰り返していました。またこの時間帯になると流星も見え始め、望遠鏡で星を眺めるか、空を見上げて流れ星を探すか、ますます忙しくなってきました。私自身もとっても楽しく過ごしていましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎていき、終了時間となりました。

   

 森吉山野生鳥獣センターの灯りを消すと周辺には人工の光がありません。だから星空の観察には絶好の場所ですが、帰りの事も考えて観察会は駐車場で行い、森吉山野生鳥獣センターからの帰り道にはしばらくの間、街灯がないのでまだ宵の口のうちに解散するように心がけました。

   

 最後になりましたが、参加して下さいました皆様ありがとうございました。是非来年も企画したいと思うのでその際は是非またご参加下さい。講師をつとめて下さいました秋田大学教育文化学部の田口先生、毛利先生本当にありがとうございました。主催者スタッフとして観察会に携わっていましたが、仕事しながらもワクワクしっぱなしで、星空への興味が膨らんでヤバイくらいです。

  

  

  

ページ先頭へ↑

2016年08月17日オオハンゴンソウ一斉防除について

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 畑中 亮輔

 裏磐梯自然保護官事務所の畑中です。事務所のある裏磐梯では、お盆を過ぎたこともあり、暑さが幾分和らいできました。また、朝夕は涼しく、空を見上げると秋の気配が感じられるようになってきました。

 さて、例年地元の関係機関の方々と協力して実施している「オオハンゴンソウ一斉防除」を8月4日に五色沼周辺で行いましたので、お知らせします。

 当日は炎天下の中、大きいものになると高さ2mにもなるオオハンゴンソウを大粒の汗を流しながら、一生懸命抜き取り作業を行っていただきました。総勢43名の方々にご参加いただいたこともあり、60Lのゴミ袋で80袋と非常に多くのオオハンゴンソウを防除することができました。作業に参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真左上:作業の様子  写真右上:作業の様子

写真左下:作業の様子  写真右下:防除したオオハンゴンソウ 

 

 五色沼探勝路付近では、オオハンゴンソウの数は少なくなりつつあるものの、裏磐梯地区にはまだ多くのオオハンゴンソウが見られます。パークボランティアの方々にも協力していただいて、7月から9月にかけて毎週防除活動を行っています。引き続き、関係機関の方々と協力して活動を続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パークボランティアによる防除活動の様子 

 

 最後に、裏磐梯自然保護官事務所では、8月27日(土)に自然ふれあいイベント「五色沼を散策しながらオオハンゴンソウについて学ぼう」を開催します。五色沼周辺を散策しながら、豊かな自然環境にふれるとともに、オオハンゴンソウ等の外来生物が生態系に与える影響などについて学んでいただきたいと考えています。

 参加費は100円(保険代)で、事前申込みが必要となります。応募締め切りは22日(月)までとなっておりますので、興味のある方は裏磐梯自然保護官事務所(0241-32-2221)までお気軽にご連絡ください。皆様の参加をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2016年08月16日夏休みの自由研究応援企画:ネイチャークラフト

秋田 足利 直哉

 台風の動きが気になるところですが、皆様いかがお過ごしですか。

  

 働く皆さんは「もう夏休み終わっちゃったよ」という方も多いかも知れませんが、児童・生徒・学生達はまだまだ夏休みの真っ直中で、各地で夏休み中の子ども達に向けたプログラムが行われています。森吉山野生鳥獣センターでも、夏休みの自由研究を応援しようと、毎月実施しているネイチャークラフトで子ども達が大好きなクワガタを木片で作るプログラムを実施しました。

  

 でもただ作るだけじゃ、わざわざ遠い森吉山野生鳥獣センターまでお越しいただくのも申し訳ないので、森吉に生息するクワガタの話なんかも交えて、しっかり勉強もしつつ作品作りに励んでいただきました。

  

     

    

 使う木片は、春先に森吉山野生鳥獣センターなどがある森吉山麓高原へのアクセス道路を塞いでいた倒木を処理した際にでるブナの木や、子ども向けプログラムで使った流しそうめん用の竹など材料もエコ素材を使っています。それを家具職人という経歴を持つスタッフが大まかなパーツにして、それを組み立てていくというものでした。

  

  

 中には此処で作った作品と勉強したことを本当に夏休みの自由研究の成果として提出するという子どもも何人か居て、企画した者として本当に嬉しかったです。

 出来上がった作品はなかなか生き生きとしていて、それぞれが図鑑や写真などを見て好みのクワガタを模して作っているのがよく分かる作品ばかりでした。

  

 森吉山野生鳥獣センターでは9月には「蜜蝋キャンドル」、10月「フォトフレーム作り」とクラフト体験イベントを予定しています。詳しくはこちらのHPをご覧ください。

http://www.ku-n.jp/mwlc.html

  

 参加者も募集中です、皆様の参加お待ちいたしております。

    

  

ページ先頭へ↑

2016年08月15日山の日制定記念行事が開催されました

十和田八幡平国立公園 工藤紀恵

こんにちは。盛岡自然保護官事務所の工藤です。

お盆を迎え盛岡市内は秋の気配を感じる風が吹くようになりました。

 

8月11日は各地で山の日制定記念の行事が執り行われましたが、網張ビジターセンターにおいても十和田八幡平国立公園八幡平地域指定60周年記念 山の日制定記念として「トークイベント 岩手山に魅せられて」が開催されました。

イベントでは国立公園八幡平地域南部の象徴的な存在である岩手山に様々な方面から関わってきた3名の方に、岩手山によせる思いを語っていただきました。

 

岩手山地区パークボランティア会長の阿部丕顕さんからは、日頃のボランティア活動の一部として岩手山九合目避難小屋の維持管理や、山頂部の誘導ロープ設置作業などについてお話がありました。

山岳写真家でツアーガイドの中山大太郎さんは素晴らしい写真の数々を紹介。また年齢を重ねたことで、山とのつきあい方が変わってきたといったお話も伺うことができました。

版画家で、日本山岳会岩手支部長の阿部陽子さんは、豊富な登山経験から登山中の熱中症予防法やストック利用について等様々なお話がありました。

お一人30分の持ち時間でしたが、お三方とも時間がまだまだ足りないようでした。それだけ岩手山への思いが胸にあふれていると言うことなのだと思います。

トークイベントに参加された約70名の方々は、ゲストのお話にうなずいたり、おぉっと声を挙げたりしながら熱心にお話を聞かれていました。

私自身も岩手山との関わりについて、また山の日について考えさせられる1日となりました。

 

会場の様子と、当日の岩手山の姿です。

ページ先頭へ↑

2016年08月10日白神山地 藤里町のオススメ

白神山地 野原七恵

立秋も過ぎ、西目屋村はだいぶ秋らしく朝晩は涼しくなってきましたが...

夏休みに、これから山に行こうかしら...という方はたくさんいると思います。

なので、宮古の古館さんに便乗して私も夏のお出かけスポット紹介します。

白神山地は青森県と秋田県にまたがっている広大なブナ林が続く山地です。

(写真は、5月末に秋田県八峰町二ツ森登山道からみた世界遺産地域)

私は普段は青森県側にいますが、秋田県側にも素敵な場所がたくさんあります。

気軽に白神山地のブナ林を散策したい!という方には藤里町にある「岳岱(だけだい)自然観察教育林」がオススメ。

ここ数年はアクセス道路が土砂崩れや工事などで通行止めになっており、なかなか行くことができない場所になっていましたが、今年は8月12日15時から通行止めが解除され、お盆の13・14・15日は行くことができます。

※まだ工事が続くため、8月16日以降しばらくは土・日・祝日のみ通行が可能となっておりますので、ご注意ください

上の写真にもさり気なく写っていますが、一足先に通行させてもらい、先週のうちに入山者数を計測するためのカウンターを設置してきました。

夏からのオープンですが、いつもより多くの人が来るかどうか...調査結果を見守りたいと思います。

結果は1月頃に白神山地世界遺産センターHPで公表予定です。

http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/research/

【岳岱のオススメその1】

"400年ブナ"という、その名の通りに推定樹齢が400歳という巨木ブナをすぐ近くで見ることができます。

数年前に枝が折れてから元気がどうか心配していましたが、苔むしてきて味が出てきて良い感じです。

【岳岱のオススメその2】

大きな岩とブナの風景がキレイです。白神山地の他のブナ林とは違った雰囲気を楽しめます。

私は、ここを歩いていると白神山地をイメージにしているというアニメ映画のオープニングをいつも思い出します。

【岳岱のオススメその3】

私の一番のオススメはブナ林からの湧き水が楽しめることです!

地元のガイドさんがコップを置いてくれているので気軽に飲むことができます。

昨年にはテレビの撮影でわざわざ採水しに来たほどの超軟水です。

そのまま飲んでも良し!沸かしてお茶やコーヒー、カップ麺につかっても良し!とても美味しいです。

ただ...残念ながら、私が撮った写真ではなかなか良さ伝わりません...

ぜひ、足を運んでいただき、味わってもらえれば分かるかと思います。

世界自然遺産の白神山地に行ってみたいと考えている皆さん。岳岱もこれからの旅行のコースに入れてみてはいかがでしょうか?

また、夏には青々とした涼しいブナ林の中にいるだけで気持ちがいいものですが、せっかくなら色々なことを知りたい!と思う方へのお知らせです。

新しく白神山地について学んだガイドの皆さんによる、岳岱自然観察教育林の「お試しガイド」が月1回開催されるそうです。第1回は9月18日(日)開催予定とのことです。

紹介しておきながら詳しくは、私もまだ知りませんが...後日、白神山地世界遺産センター藤里館のFacebookでお知らせがあるので、要チェックです!!

→https://www.facebook.com/shirakami.fujisatokan

ページ先頭へ↑

2016年08月10日高田大岳巡視

十和田八幡平国立公園 阿保 聡

 登ったことがある方はわかると思いますが、長年笹藪に覆われて悪路として名高い北八甲田山系高田大岳(1552m)の登山道が、今年ついに刈り払いが行われましたので、先月巡視に行ってきました。

 以前はとても普通に登山ができる状態ではありませんでしたが、今回の刈り払いによって登りやすくなりました。しかし、広範囲のぬかるみや苔むした洗掘場所があるので注意は必要です。

刈り払われた登山道刈り払われた登山道2

 ここの登山道はとにかく直登が続くのでなかなか登り甲斐がありますし、登山者もまだ多くないので紅葉などの混雑時期には穴場になるかと思います。

山頂から

 山頂から少し小岳側に歩いたところから小岳方面を撮った写真です。当日は1300m以上が所々ガスに覆われる天気でしたが、幸い雨には降られずに済みました。雨天時はかなり滑ることが予想されますので、さらに注意が必要です。

 今年は、雛岳登山道分岐~高田大岳小岳鞍部までの登山道も刈り払いが行われ、縦走も含めルートのバリエーションが増えそうで楽しみです。

ページ先頭へ↑

2016年08月10日伊豆沼・内沼 「はすまつり」開催中

仙台 鎌田 和子

こんにちは!仙台自然保護官事務所の鎌田です。

今日は、お盆も間近に迫ってまいりましたので、ぜひ皆様を極楽浄土の世界にご案内いたします。

国指定伊豆沼鳥獣保護区の伊豆沼・内沼では、7月下旬から「はすまつり」が開かれており、連日大盛況です。ハスの花も見頃を迎えております。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

極楽浄土を体感するには、遊覧船(有料)をおすすめいたします。船着場は、伊豆沼に2ヵ所、内沼に1ヵ所ありますので、お好みの場から乗船ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

写真の通り、見渡す限りハスに覆われているのですが、陸からは遠くにピンクの花と葉を見ることにとなります。船であれば、航路沿いで間近にハスの花を写真撮影もできるし、極楽浄土を身近に体験できること請け合いです。船頭さんのガイドと今朝咲きたての花を紹介していただけます。おすすめですよ。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

おすすめはハスだけではありません。沼で見ていただきたい花を二つ紹介いたします。

一つ目は、遊覧船に乗船すると、ハスの花より、水面スレスレに小さな白い花が一面に咲いているところがあります。これは、ガガブタの花、聞きなれない花の名ですが、水面に鏡で蓋をした見たいに覆うことから名がつきました。近年、ハスの繁殖力が旺盛なため、在来種であるガガブタの群生を見る機会が減少しています。しかし、今年は、昨年よりガガブタの花が多いように感じられます。チャンスです。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

次におすすめするのは、私の一押しです。沼周辺の水路を埋める黄色い花、アサザです。今、沼や田んぼ、水路といった湿地は、お花畑となっています。

冬と違った華やかな伊豆沼・内沼をお楽しみください。「はすまつり」は8月31日までとなります。

ハスの花には一番発色の美しい時間帯があります。それは、午前8時ごろ、いつか船頭さんから教えていただきました。お盆休みにぜひ出かけてみてはいかがでしょうか!

伊豆沼・内沼にお出での際は、宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター、栗原市昆虫館、登米市淡水魚館の3つの施設がありますので是非お立ち寄りください。

ページ先頭へ↑

2016年08月10日夏のお出かけスポット紹介その②~浄土ヶ浜~

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

こんにちは、宮古自然保護官事務所の古館です。

 

今回も引き続き夏のお出かけスポットをご紹介、第2弾は浄土ヶ浜です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浄土ヶ浜といえば、この場所からの情景が思い浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、実はこの場所以外にも見どころスポットがあるのです。

 

浄土ヶ浜周辺には、野鳥や植物、潮風を楽しみながら歩くことができる散策路や美しい海を眼下に眺められる展望所がいくつもあります。

今回はその中から、浄土ヶ浜を訪れたらぜひ足を運んでいただきたい展望スポットを2つご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは【御台場(おだいば)展望台】。青く透きとおった海で海上遊覧を楽しむ小型船と浄土ヶ浜の白い岩を眼下に眺めることができます。また、浄土ヶ浜の岩の奥に目を向けると、ロウソクのような形をした細長い岩【ローソク岩】や、絶滅危惧種のクロコシジロウミツバメが繁殖を行う島【日出島(ひでしま)】が見えます。イソヒヨドリなどの野鳥が展望台周辺にやってくることもあるので、野鳥の声に耳を澄ませながらゆったりとしたひとときを過ごせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つめの展望スポットは【竜神崎(りゅうじんざき)展望所】です。こちらは、遠くの山々をバックに宮古湾が一望できる展望所で、視界が良ければ岩手県で2番目に標高が高い【早池峰(はやちね)山】までくっきりと見えます。私は、このベンチで景色を眺めながらお弁当を広げてランチタイムを過ごすのがお気に入りです。日差しをよけられるベンチもあるので、読書やお昼寝をしても気持ちよいかもしれません。

 

 

浄土ヶ浜周辺を散策してみたくなりましたか?

ご紹介した2つの展望所への散策コースをはじめ、浄土ヶ浜周辺の散策路は、浄土ヶ浜ビジターセンターで配布している散策マップ【浄土ヶ浜フィールドガイド】に載っています。

 

ご紹介した他にも展望所があるので、訪れた際にはマップを手にしながら各展望所からの眺望をお楽しみください。

 

ただ、【やませ】という冷たい風が海から吹いてくると視界がまっ白になって、今回ご紹介した景色などが見られなくなってしまうこともあります。

そんなときに、浄土ヶ浜の対岸にある山【月山(がっさん)】に登るとこのような景色が見られることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やませが海岸に近い場所を包み込んでいて、浄土ヶ浜周辺もまっ白!まるで雲海のように広がって幻想的な景色が広がっていました。

こんな幻想的な景色を楽しめるのも三陸復興国立公園の一つの魅力ですね。

月山は、やませが吹かない日でも眺望は美しく、宮古市街地を見下ろしながら、遠くの山々や太平洋の雄大さを感じることができる絶景スポットです。

 

 

8月も中旬となり、夏も残りわずかとなりました。

休日を利用して三陸復興国立公園へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ