ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2015年10月

8件の記事があります。

2015年10月28日秋のふれあいデー

白神山地 伊藤 亮平

 今月10月17日~18日に、毎年白神山地ビジターセンターで夏と秋に開催される、ビジターセンターふれあいデーが行われました。ふれあいデーも今回で19回目になります。

                                                西目屋自然保護官事務所では、夏のふれあいデーと同じく「草木を使ったちびっ子アート教室」という工作ブースを出展しました。

内容は秋らしく木の実や落ち葉を使った工作と体験コーナーとして落ち葉プールを用意しました。

                                                木の実の工作ではどんぐりのこま作り、トチの実の笛作り、葉っぱのしおり作りをしました。

                                                   どんぐりのこまは、頭の部分に画鋲などで穴を空けて、そこに軸としてつまようじを刺すだけなので簡単です。形や大きさによって回り方も少し変わってきますが、少し縦長で重みがあるものがよく回る感じがしました。

                                                トチの実の笛は、実に小さな穴を空けてそこから中の黄色い実を取り出して中を空洞にします。完成した笛を吹くと「ピーッ」という高い音や「ホー」という感じの少し低めの音が出ました。吹き方や実の形によって変わるのでしょうか?

トチの実は見た目が栗に似ているので、最初は栗と間違える方もいました。見た目は似ていますが、栗のようにとがった部分がないことで見分けられます。また、渋みが強いので栗のようにすぐには食べられません。動物達も食べないのか、山に行くときれいな状態のトチの実がたくさん落ちています。

 

しおりもちょうど紅葉の時期なのでカラフルなものが出来ました。

                                                                                                                                         
                                                               

落ち葉プールはダンボールでできた囲いの中に多量の落ち葉を入れたものです。裸足で歩いて落ち葉の感触を楽しんだり、落ち葉に埋もれてみたり、入ってみるとなかなか楽しいです。

                                                この他にもたくさんのイベントが行われていました。ビジターセンターには行ったことがあるけれど、ふれあいデーはまだ、という方は次の機会に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2015年10月27日晩秋の白神山地

白神山地 野原七恵

天気予報に"雪"が混じり始めて、そろそろ冬支度か...と思ってくる季節になってきました...

...が、この時期に入山者数カウンターを設置してきました。

春の雪どけと共に道路が崩れて、冬期閉鎖を解除せずに通行止めになっていた「白神ライン(県道28号)」の復旧工事が終わったそうで、10月31日に無事に開通するそうです(雪が降らなければ)。

白神ライン沿いにはいくつかの登山道や歩道の入口があります。

西目屋自然保護官事務所では、それぞれの登山口に入山者数カウンターを設置して、世界遺産地域にどのくらい人が入っているのかを調べています。

「アクセス道路が開くのであれば、登山者が来る可能性もある!」ということで、カウンターを伊藤ARが頑張って組み立てています。

冬期閉鎖までの約2週間で何人入るのか...誰も入らないのか...結果が楽しみです。

結果は1月末くらいに発表しますので、ぜひ白神山地世界遺産センターのHPもご覧ください。

http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/research/check_enter/

また、一昨年から白神山地の動物相調査のための定点カメラも設置しています。

データを回収してきたところ、上の写真のカウンター(太夫峰登山口)の近くに設置しているカメラではツキノワグマが撮れていました。

カウンターを設置した場所の周りにもクマの糞がたくさん落ちていて、道路が閉鎖されて人が入っていないだけあって、クマさんたちはのびのび生活していたようです。

冬眠前で活発に動いている時期ですので、登山に行かれる方は気をつけて行かれてください。

ちなみに今の白神山地は、紅葉はすでに終わっていました。日当たりが悪い場所や低木に色づいた葉が残っているくらいです。

個人的には葉の落ちきったブナ林も好きなので、残り少ない晩秋の白神も皆さんに楽しんでもらえたら良いなと思っています。

ページ先頭へ↑

2015年10月19日実施報告:秋田の「秋」、森吉の「森」の撮影会

秋田 足利 直哉

 気持ちの良い爽やかな秋の日が続いている秋田です。週末、各行楽地は多くの人で賑わっていたようです。森吉でも週末にかけて紅葉の最盛期を迎えていて、多くのハイカー、カメラマンが訪れていました。そんな中、10月18日(日)森吉山野生鳥獣センター運営協議会主催で『秋田の「秋」森吉の「森」の撮影会』を開催しましたのでご報告いたします。

  

 地元の「もりよし写真クラブ」と秋田県北部をフィールドに活動するアマチュアカメラマン富樫弘さんにお願いして、地元の方ならではの撮影ポイントや視点を教えて貰いながら桃洞滝コースを歩いてきました。

  

  

 参加して下さった方々は皆さん普段からカメラを携えて方々を歩かれていて、カメラも使い慣れている方ばかりで、撮影会中は専門用語がバンバン飛び交っていました。

 この企画は、時間的な余裕を持って実施する事を心がけていて、多少撮影が長引いて遅れるような方がいても急かすようなことはしません。とは言ってもその場で何時間でも粘るのは無理がありますので、撮影ポイントと狙い目の時期や時間、天気などをお伝えして自分が狙った写真が撮れるような情報をふんだんに盛り込んでいただきました。きっとまた来年、再来年、あるいは季節を変えて森吉を訪れてただくきっかけになったのではないでしょうか?

 この日の会話の中に『カメラマンというのはわがままで、良い天気の日には日射しが強すぎるとか、曇の日には画が暗くなるとか、風が吹けば木々が揺れて画が乱れるとか、とにかく好きなことをいう。でもだからこそ何回でも通って自分が納得できる写真が撮りたいと思って、また通ってくるんだ。』というのがありました。なるほどカメラマンとはそういう人達なのか?と妙に納得してしまいました。

 

 私も一緒に歩きながら撮影しましたので、恥を忍んで一部をご覧に入れます。

 

定番スポットのブナ林にて。多くの方々が撮影しているポイントですね。

  

桃洞滝にて。滝本体が影になってましたので手前の紅葉を主題にしてみました。

 

紅葉+岩肌+峰の針葉樹+青空と森吉山麓の渓谷の特徴を詰め込みました。

 

横滝を斜めから。此処も定番のスポットです。

 

 きっと私もこの先、何度となく足を運んで写真を撮る事になるんだろうなと思った一日でした。来年以降のことは全く話していませんでしたが、参加された方、講師それぞれ『来年はこうした方が良い』『来年はもっと早い時間から』など色々とご提案を下さいました。と言う事はまた来年も参加したいと思っていただける企画なんだと嬉しく思いました。ところで皆さんはどんな写真が撮れたのでしょうか?いつかその写真が見てみたい足利でした。

 

ページ先頭へ↑

2015年10月09日クマゲラ生態写真展のお知らせ

秋田 足利 直哉

 明日から3連休という方もいらっしゃるかと思います。ご予定は立てられましたでしょうか?もしまだ何処に行こうかも寄っていらっしゃるのであれば、森吉山麓はいかがでしょうか?

 

 10月1日(木)~11月3日(火)、森吉山野生鳥獣センターで『クマゲラ生態写真展』が開催中です。この企画は、岩手県立博物館で開催された『クマゲラの世界~未知なる生態にせまる~』の巡回展として、実施するものです。森吉山野生鳥獣センターのある国指定森吉山鳥獣保護区はクマゲラの生息地となっており、本企画は森吉山麓のブナ林にも生息しているクマゲラに興味を持って頂ける内容になっています。

  

 展示作業は、岩手県立博物館の学芸部長さんとデザイナーさんがやってくださいました。さすがに本職の仕事と感嘆してしまいました。普段私達がやっている写真展の展示作業がいかに稚拙かってくらい洗練されていました。当然仕上がりも素晴らしく見応え満点です!!


  

開催期間:平成27年10月1日(木)~11月3日(火)

開館時間:午前9時~午後4時30分 (期間中無休)

入 館 料:無料

主  催:岩手県立博物館

公益財団法人岩手県文化振興事業団

協  力:一般財団法人セブン-イレブン記念財団

公益財団法人イオン環境財団 

NPO法人本州産クマゲラ研究会

  

 クマゲラは国内では北海道と本州の一部に生息する日本最大のキツツキで、国指定天然記念物、環境省版レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

   

 今、森吉山野生鳥獣センターはクマゲラで埋め尽くされていると言っても過言では無いくらい、あちこちにクマゲラの写真、カービング、絵画、イラストなどでイッパイです。本企画展の写真や資料に加えて、既存展示の生態解説コーナーや調査の様子をまとめた写真、壁画など・・・まさにクマゲラに特化した施設になったようです!

  

 森吉山野生鳥獣センター基点の渓谷の紅葉も赤い葉が色づき、鮮やかさを増してきています。連休中に見頃を迎えるかも?というエリアもあります。渓谷&紅葉の景色を眺め、森吉山野生鳥獣センター帰着後はペレットストーブで暖を取りながらを企画展をご覧になるというプランはいかがでしょうか?皆様のお越しをお待ちいたしております!!


   

ページ先頭へ↑

2015年10月06日天然ドライフラワーアレンジメント 展示とワークショップ

秋田 足利 直哉

 高い山からは雪の便りが聞かれるようになり、平地でも朝晩はかなり冷え込むようになってきました。森吉では暖かい上着は欠かせなくなっています。季節の変わり目ですから体調管理に注意して過ごしていきましょう。

  

 10月1日から11月3日までの期間、今年で3回目となる『天然ドライフラワーアレンジメント展』が開催中です。特に女性に人気の展示で、昨年『自分でも作ってみたい』という声が何件か聞かれたと言う事で、今年は作家さんにお願いして、10月4日(日)に『天然ドライフラワーアレンジメント ワークショップ』を開催しました。

 『天然ドライフラワーアレンジメント』とは、野山、草原、道ばたなどで枯れ果てている植物を利用して造形作品を制作するもので、そのまま放っておくと風に飛ばされたり、雪の下に埋もれたりして朽ちて行くであろうものをアレンジを加えてオブジェとして再生しているもので、仙北市在住の佐藤さんのオリジナルの作品です。

 今回はそうした作品作りに挑戦したいという声を受けて、ワークショップの開催を検討しましたが、そもそも材料を集めるのが大変な上、その扱いにも気を遣わなければなりません。そこでおよそ1年前にワークショップでの講師と参加者分の材料集めを併せてお願いしたところ、快く引き受けていただいたので実現したものです。とは言っても・・・作品の特性上、材料を集めるのはなかなかに大変だったようですし、数時間のワークショップで作品を完成させるための下準備もして下さったようで、色々とご苦労やご配慮をしていただいて開催する事が出来ました。

  

  

 左上:材料。事前にある程度形にしていただいた物を利用させていただきました。右上:材料を各自に配布して・・・左下:自分の作りたい作品をイメージします。右下:時に講師の佐藤さんのアドバイスも受けながら作品作りをしました。

  
  

 今回参加して下さった方は全員女性で、しかもご自分で何らかの作品作りをされている方も数名いらして、芸術的センスというますか・・・作品作りへの探求心と言いましょうか・・とにかく繊細な材料を使って、(私の想像を遙かに超えた←失礼。。)素敵な作品が完成しました!!

  

 
 参加された方々の作品です。同じ様な材料を使って作りましたが、皆さんそれぞれ個性を発揮し、色々と工夫なさって素敵な作品が出来上がりました。今頃はご自宅の何処かに飾られていることと思います。

   

 ↑こちらは講師を務めて下さった佐藤由美子さんの作品展です。本作品展は森吉山野生鳥獣センターが閉館する11月3日(火)まで続きます。是非間近でご覧になっていただき、自分でも作ってみたいとか、ご自宅に飾ってみたいなどと興味を持たれましたら森吉山野生鳥獣センタースタッフへお声かけ下さい。

  

ページ先頭へ↑

2015年10月02日秋の蔦野鳥の森整備

十和田八幡平国立公園 十和田 大野 花南

10月1日(木)に蔦野鳥の森の歩道整備を行いましたので、

その様子をご紹介いたします。



ニュースで爆弾低気圧が北上中と報道されており

天候が心配されましたが、作業中は風もなく、

青空が広がっていました。嵐の前の静けさでしょうか。



パークボランティアの方16名と当所3名の合計19名が3班に分かれて、

野鳥の森を2時間半ほど掛けて整備作業を行いながら歩きました。
作業内容は案内板掃除、側溝の泥かき、笹の刈払い、枯死木の撤去等です。

 

カエデの葉が色づき始めていましたが、蔦の紅葉の見頃はもう少し先の

10月下旬頃かと思われます。蔦沼までは歩いて10分ほどで行けますので、

近くにお越しの際はぜひ足を運んでいただけたらと思います。

↑ 長沼 / 蔦沼

冷たい風の日が続いていましたが、この日は日差しが温かく、動いていると汗が出した。

そのような中、一生懸命進んで作業に当たってくださったパークボランティアの皆さんに

感謝の気持ちでいっぱいになります。朝からの作業、大変お疲れさまでした!


-------------------------------------------------------------------------------

十和田ビジターセンターにてアクティブレンジャー写真展開催中です!
(10月1日~31日)
HP: http://www.env.go.jp/park/towada/guide/towadavc/index.html
Facebook: https://www.facebook.com/vc.towada

ページ先頭へ↑

2015年10月02日お帰りなさい!渡り鳥の季節

仙台 鎌田 和子

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

今日は、秋の渡り鳥の様子をお伝えします。

宮城県北部栗原市、登米市に位置する国指定伊豆沼鳥獣保護区では、現在次から次とマガンやオオヒシクイ、カモ類が伊豆沼・内沼をめがけて飛来しています。

9月19日に、初雁14羽が確認され、写真は9月25日、68羽でした。この時は、周囲の田んぼもまだまだ稲刈りは進んでおらず、マガンの声も聞こえない静かな田園風景でした。

10月1日の伊豆沼です。四方の空からマガンが沼に降りてきます。車の窓を開けると、マガンの声が響いてきます。思わず、空に向かって、「お帰りなさい!」声を掛けていました。

稲刈りを終えた田んぼにもこの通り、マガンでいっぱいです。伊豆沼周辺だけでちょっと数えてみたら17000羽位になりました。先週カウントした68羽が250倍です。これからまだまだ増えていきます。

マガンの季節の始まりです。当然、観察の方もこれから多く訪れることになります。是非、見ていただきたいと思いますが、観察ルールを守って、人にやさしく、野鳥に優しく、ゆずりあいの精神で、楽しく観察できるようにお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2015年10月01日秋の気配

十和田八幡平国立公園 十和田 畑中 亮輔

 十和田自然保護官事務所の畑中です。

 十和田湖周辺では、夏から続いたオホーツク海気団から吹く冷たく湿った風(ヤマセ)が原因で曇空が続いていましたが、最近やっと秋晴れが見られるようになってきました。紅葉も徐々に進み10月20日頃が紅葉の見頃と予想されていますので、是非足を運んでいただき、秋の十和田湖を満喫していただければと思います。

十和田湖を一望できる瞰湖台展望台

 

 十和田湖より一足早く紅葉が進んでいる八甲田の状況を見てきましたので、お知らせ致します。当日の予報は、晴れとなっていましたが八甲田は雨風が強く、時折霰が降る初冬のような天候でした。肝心の紅葉ですが、例年よりも早く進んでおり紅葉スポットの毛無岱では見頃を迎えていました。紅葉を見に山へお出かけの際には、天候が急変することも考えられるため、しっかりと準備をしたうえで、楽しんでいただければと思います。

毛無岱の紅葉                                                                       

 

 最後に今年も和井内養殖場の十和田湖からの魚道にはたくさんのヒメマスが産卵のため、急流の中を力強く泳ぐ姿を見ることができました。紅葉だけでなく、ヒメマスが遡上する姿を見ると今年も秋になったなと実感します。

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ