ラムサール条約登録湿地 蕪栗沼・周辺水田の飛び立ち・ねぐら入りの観察について

観察期間と時間

○期 間:10月中旬~2月上旬

○時 間:飛び立ち、ねぐら入りは日の出、日の入り時刻の前後からはじまるため、日の出、日の入り
     の約30分前の現地入りをおすすめします。以下の時間帯が現地入り目安です。

・朝の飛び立ち 

11月初め:5:30頃、12月初め:6:00頃、1月初め:6:30頃

・夕方のねぐら入り

11月初め:16:00頃、12月初め:15:45頃、1月初め:16:00頃

蕪栗沼・周辺水田の観察場所

観察場所

アクセス

東北自動車道「長者原サービスエリア・スマートインター」から約25分
東北自動車道「築館IC」から25分
JR東北新幹線「くりこま高原駅」からタクシー 約25分
JR東北新幹線「古川駅」からタクシー 約30分
JR東北本線「瀬峰駅」からタクシー 約10分

大崎市・栗原市・登米市の宿泊・観光

一般社団法人 みやぎ大崎観光公社
http://www.mo-kankoukousya.or.jp/

栗原市観光ポータルサイト ぎゅぎゅっとくりはら
https://www.kurihara-kb.net/

一般社団法人登米市観光物産協会
https://www.tome-city.com/

観察するときの留意事項

  • 防寒対策を十分に
  • 足元を照らす小型のライトがあると便利
  • 事前にトイレを済ませてください
  • 駐車後は速やかにエンジンを切ってください
  • 野鳥のために、ライトやカメラのフラッシュで沼を照らすことはやめてください
  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ