東北地方環境事務所野生生物の保護管理>ブラックバス駆除マニュアル

ブラックバス駆除マニュアル

<前のページ次のページ>


/目次 /伊豆沼・内沼の現状 /駆除の前に /人工産卵床の製作と設置 /観察と駆除 /稚魚の駆除 /定置網による駆除 /池干しによる駆除 /他地域における取組み /おわりに/

(3)人工産卵床製作に必要な工具

● ペンチ・ニッパー

結束バンドを増し締めする場合や、余分な部分の切断に使用します。

● カッターナイフ

下敷き用やカバー用のプラスチック製のネットの切断に使用します。ネットは滑りやすく、また簡単に切断することができますので怪我をしないように軍手をはめて作業しましょう。


● ディスクグラインダー

苗ポットトレイを切断するのに使用します。ディスクが高速で回転するため大変危険を伴います。使い慣れた方にお願いしましょう。

● ハンダゴテ

カバーを取り付ける時、目合いが小さいため結束バンドが入りません。このため、ハンダゴテをカバーに当て、穴を少し広げるために使用します。カッターを使用すると亀裂が大きくなるため壊れやすくなります。

カバーを溶かして穴を開けるため、煙が出ます。必ず換気のよい場所で行ってください。また、高温で熱くなりますのでやけどには注意しましょう。


<前のページ次のページ>


出典 「ブラックバス駆除マニュアル 〜伊豆沼方式オオクチバス駆除の実際〜」(2006年3月 環境省東北地方環境事務所 (財)宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団)
Copyright(C) Tohoku Regional Environment Office, Ministry of the Environment. All Rights Reserved. 環境省東北地方環境事務所