トピックス(2021年4月〜2022年3月)

2021年12月24日

専門的知見を有する期間業務職員(希少種保護増殖等専門員)の募集について

1.募集職種  

希少種保護増殖等専門員(非常勤の国家公務員)

※国家公務員法の適用を受ける非常勤の国家公務員としての採用・任用です。労働契約とは異なります。

2.募集者   

環境省東北地方環境事務所

3.勤務地及び募集人数

(1)勤務地   鳥海南麓自然保護官事務所(猛禽類保護センター内)

(2)住所    山形県酒田市草津字湯ノ台71-1  電話:0234-64-4682

(3)募集人数  1名

4.業務内容

東北地方のイヌワシ等希少猛禽類にかかる以下の業務

(1)イヌワシ等希少猛禽類にかかる生息情報収集及び調査等

  ・イヌワシ等希少猛禽類の生息情報収集及びデータとりまとめ(関係者調整含む)

  ・イヌワシ等希少猛禽類の現地調査

(2)環境省あるいはその他の団体等が行うイヌワシ等希少猛禽類保護活動への技術的な指導並びに協力等

(3)イヌワシ等希少猛禽類の生息環境改善のための業務実施にかかる関係者調整及び技術的な指導等

(4)イヌワシ等希少猛禽類にかかる地域の研究者、調査団体等との情報交換、協力体制の構築及び情報の収集

(5)猛禽類保全に関する普及啓発業務

  ・猛禽類保護センターの利用者に対する展示解説等の補助業務、猛禽類保全に関する普及啓発業務

  ・観察会や自然体験プログラム等の立案及びその実施にかかる補助業務

(6)その他上記に関する業務(会計、庶務を含む)

5.応募要件

(1)動物生態学、野生生物管理学、生態系保全学又は関連分野に関する学士以上の学位若しくは同等の知見を有すること。

(2)猛禽類の調査に関する実務経験(大学等での研究期間も含める)を2年以上有するとともに、東北地方における現地調査の実施が可能であること。

(3)普通自動車第一種免許以上を有すること。

(4)パソコンを使った電子メールによる連絡・相談、基本的なパソコン操作(Microsoft Word,Excel,Powerpoint等)及びデジタルカメラ編集ソフト、GISソフトの操作が業務において支障なく行えること。

(5)公務に対する強い関心と、国民全体の奉仕者として働く熱意を有すること。

(6)心身ともに健康で、任用予定期間中継続して勤務が可能であること。

なお、以下に該当する方は、応募できませんのでご了承ください。

①日本の国籍を有しない者

②国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者

・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者

・一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者

・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

③平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)

6.雇用条件

(1)雇用期間

   令和4年4月1日から翌年3月31日まで

   ※前年度勤務実績が優良の場合、1年の任期が連続2回まで更新できる場合があります。

(2)勤務日数

   原則として、月~金曜日までの週5日勤務(土、日曜日、祝祭日及び年末年始(12/29~1/3)は休日。

   業務の都合によりこれらの休日に勤務を命じられた場合は、週休日の振替又は代休を取得することができ

   ます。

(3)勤務時間

   8時30分~17時15分(休憩時間12:00~13:00)

   (業務の都合によっては早朝からの勤務もしくは超過勤務あり)

(4)給与関係

   俸給:日給9,310円~13,650円(学歴・職歴等を考慮の上決定)

   諸手当:通勤手当、扶養手当、住居手当、超過勤務手当、期末・勤勉手当、出張旅費など(当方規定によ

       る)

(5)加入保険等

   雇用保険(雇用から6ヶ月間のみ加入)、健康保険、厚生年金保険に加入(一部自己負担有り)

   ※18日以上勤務した月が連続して12ヶ月を超えた場合であって、引き続き同一任命権者の基で勤務する

    場合は、国家公務員共済組合に加入します。

(6)身分・服務

   非常勤の国家公務員となり、国家公務員法の適用を受けます。

   在職中はもちろん退職後においても、職務上の秘密を漏らすことは禁じられています。(守秘義務)

(7)その他

   ・年次休暇は採用日から6ヶ月間はなし、採用日から6ヶ月間継続勤務し、全勤務日の8割以上出勤した   

    場合、次の1年間において10日付与

   ・退職手当有り(国家公務員退職手当法の規定による)

   ・勤務地への赴任に要する旅費の支給はありません。

7.応募方法

次の書類を応募書類送付先宛に郵送又は電子メールにて提出して下さい。

(1)履歴書(市販品又はパソコンで作成可)に以下必要事項を記入したもの  1部

   ※応募者本人と連絡の取れる住所、電話番号(携帯番号含む)及びE-mailアドレスを必ず記載すること。

(2)学位の取得を証明する書類(学位記の写し、証明書等。最終学歴のみで良い)

(3)研究歴、職歴を説明する書類

   これまでの研究歴、職歴の概要を時系列で記載する。任意様式でA4版1枚にまとめること。

   ※野生動植物の調査に関する執筆論文や著作があれば添付すること。

   ※職務経歴については二次選考後に勤務先からの証明書を求めることがあります。

(4)自己PRに関する書類

   これまでの経歴を踏まえて、4.業務内容に関してどのように貢献できるのかを記載する。任意様式で

   A4版1枚にまとめること。

   ※応募の秘密については厳守します。また、応募書類については、目的外に使用しないことをお約束し、

    使用後は、当方で処分させていただきますのでご了承願います。

<応募書類送付先>

郵送:〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町3-2-23仙台第2合同庁舎6F

   東北地方環境事務所  希少種保護増殖等専門員公募係

電子メール:THK_SAIYO@env.go.jp

8.応募期間

令和3年12月24日(金)から令和4年2月4日(金)必着

※応募用紙類は郵送又は電子メールにて提出してください。

※封書又は電子メールの件名に「希少種保護増殖等専門員応募」と記載してください。

※2月4日以降に配達又は送信されたものは無効となります。

9. 選考方法

(1)一次選考

  書類審査:提出いただいた書類により行います。

  ※一次選考結果は、本人宛に郵便で通知します。

  ※一次選考合格者には、二次選考の情報を連絡します。

(2)二次選考

  一次選考合格者に対し面接により行います。

  ※日時及び会場:別途連絡 (2月14日(月)~2月25日(金)のいずれかの日を予定)

  ※新型コロナウィルス感染状況によっては、WEBによる面接となる可能性もありますのでご了承くださ

   い。

  ※二次選考結果は、本人宛通知します。

  ※選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられませんので、予めご了承下さい。

<申込先>

郵送:〒980-0014

   宮城県仙台市青葉区本町3-2-23 仙台第二合同庁舎6階

   環境省東北地方環境事務所 希少種保護増殖等専門員公募係

電子メール:THK_SAIYO@env.go.jp

<問い合わせ先>

環境省東北地方環境事務所

電話:022-722-2870

担当:総務課 新江  野生生物課 大木

  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ