トピックス(2020年4月〜2021年3月)

2020年10月16日

十和田湖畔自籠岩・空中散歩(ヴィアフェラータ)ツアー実証実験の実施及び内覧会の開催について(ご案内)

この度、十和田八幡平国立公園十和田湖畔休屋地区に隣接する自籠岩歩道におきまして、日本全国で森林を活用した自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」を運営している(有)パシフィックネットワークの主催により、国立公園満喫プロジェクトとして自籠岩のガイドツアーを実施します。

1.催行期間

令和2年10月24日(土)~11月8日(日)

      

2.催行場所

青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋 自籠岩歩道

       (受付場所:同地内御前ヶ浜(乙女の像近く))

3.催行内容

別紙ご参照ください

4.主  催

(有)パシフィックネットワーク

5.協  力

環境省東北地方環境事務所十和田八幡平国立公園管理事務所

6.参加方法

  ウェブもしく電話にて

  ○申込先

  https://www.facebook.com/viaferrata.towadako

TEL: 080-7357-5259 (10月12日~11月8日の間のみつながります)

【事業背景】

十和田湖畔にある自籠岩は、霊山十和田信仰において、十和田山開祖の南祖坊が修行を行った場と伝わる、十和田八幡平国立公園特別保護地区内に位置する岩です。当地には江戸時代以降に据え付けられたと思われるハシゴが残置しているのみでしたが、老朽化が進み、安全に到達することが難しくなっていました。

環境省では「国立公園満喫プロジェクト」における「十和田八幡平国立公園ステップアッププログラム2020」において、登山道を活かしつつ、十和田信仰に触れる地として、自籠岩を安全に楽しめる場所と位置づけ、今回の実証実験を行います。

本事業の主催者(有)パシフィックネットワークは、森林を活用した自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」を日本各地34箇所で運営しており、岩場の多い自籠岩の歩道では、空中を滑空するチロリアントラバースや、人工的な設備による安全確保をを行いながら岩場を登頂できるヴィアフェラータといった手法を用い、安全に利用者を岩の頂上まで到達させることができます。

国立公園における実証実験としては、初の試みになります。

問い合わせ先

環境省東北地方環境事務所十和田八幡平国立公園管理事務所

担当:安藤

青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486

 TEL:0176-75-2728 FAX:0176-75-2746

 e-mail: RO-TOWADA@env.go.jp

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ