トピックス(2011年4月〜2012年3月)

2011年10月04日

「3R推進月間」における廃棄物の不法輸出入及び不法投棄の監視強化活動について

東北地方環境事務所

 環境省では、毎年10月を「3R推進月間」と定め、地方自治体等との連携のもと、循環型社会の形成に向けた取組を全国一斉に推進しています。
 東北地方環境事務所では、近年、アジア各国の急速な経済成長を背景に、リサイクル等を目的とした循環資源の国際移動が活発化していることから、3R推進月間の一環として、税関の協力の下で廃棄物等の不法輸出入監視に係る取組の強化を図ります。また、山形県で実施される不法投棄監視合同スカイパトロールに参加いたします。

 アジア各国の急速な経済成長に伴う資源需要の増大等を背景に、我が国からの循環資源の輸出が急増している一方、脱法的に廃棄物等を海外に輸出しようとしたり、相手国での環境上不適正な処理に伴い問題を引き起こしている事例が指摘されております。
 このような状況を踏まえ、3R推進月間の活動の一環として、税関等との連携・協力の下、不法輸出入防止に向けた水際対策強化の取組を重点的に実施します。
 また、ごみの不法投棄対策については、不法投棄を発生させない環境づくりをさらに強化するとともに、国民的取組として展開するため、東北地方環境事務所では、10月12日に山形県で実施される不法投棄監視合同スカイパトロールに参加します。

■東北地方環境事務所が実施・参加する主な取組

(1)廃棄物等の不法輸出入監視に係る取組の強化

 税関による貨物開被検査への環境省職員の立会強化
 事業者から事前相談のあった貨物の一部への環境省職員による現地確認
 輸出入関係事業者に対し、パンフレットの配布やバーゼル法等説明会の開催等を通じた廃棄物等輸出 入管理制度や事前相談制度に関する周知 等

(2)不法投棄監視合同スカイパトロール

    日時:
10月12日(水)13:15~15:00
    内容:
ヘリコプターによる上空からの不法投棄発見、監視等
    会場:
山形空港(東根市大字羽入字柏原新林3008番地)
    参加機関:
山形県、山形県警察本部、東北地方環境事務所

■問い合わせ先

 環境省東北地方環境事務所 廃棄物・リサイクル対策課
 課長:草川 祐介
 課長補佐:田村 一夫
 廃棄物・リサイクル第二係長:縄野 正衡
 廃棄物等対策調査官:高岡 勇太
 022-722-2871(直通) 022-724-4311(FAX)

■関連情報

 「リデュース・リユース・リサイクル推進月間」における地方環境事務所による廃棄物等の不法輸出入監視に係る取組強化について(環境省ホームページ)
 http://www.env.go.jp/press/14265.html
 バーゼル法等説明会の開催について(東北地方環境事務所ホームページ)
 http://c-tohoku.env.go.jp/to_2011/0831a.html
 有害廃棄物の輸出入について(環境省ホームページ)
 http://www.env.go.jp/recycle/yugai/index.html
 廃棄物の不法投棄対策に関する取り組み(環境省ホームページ)
 http://www.env.go.jp/recycle/ill_dum/index.html

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ